U's piano school /ユーズピアノスクールのブログ

U's piano school /ユーズピアノスクールのブログ

千葉県柏市光ケ丘にあるピアノ教室 ユーズピアノスクールが皆さんにお届けする最新のピアノレッスン情報です。もっとピアノが上達したいという方、必見です!!
〒277-0065柏市光ヶ丘3丁目 TEL:04-7172-3745または080-5066-4595
E-mail:utako.matsuzaki@gmail.com


$U's piano school /ユーズピアノスクールのブログ
<U's pianoschool>

ユーズ ピアノスクールのブログへようこそ!!

音楽や 音楽にまつわるさまざまを

発信しています

♪無料体験レッスン 随時受付中♪

お気軽に お問い合わせ下さい!






緊急事態宣言解除されたとは言え

まだまだ油断は禁物の都市近郊であります


さてさて 当スクールでは今年に入り

大幅な講師陣の新旧交代がございました





11年間ご指導を賜った 大内陽子講師
16年間ご指導を賜った 長山絵美講師
に代わり 
以下のフレッシュな講師陣が加わりました


今後ご指導を賜りますので
宜しくお願い申し上げます

 

生井澤 日向子(なまいざわ ひなこ)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学、同大学院音楽研究科修士課程修了。
大学院在籍中に声楽科ティーチングアシスタントを務め、修了時にはピアノ演奏優秀者に選抜される。
ポーランド国立ショパン音楽大学大学院修士課程を首席で修了。
修了時の論文・実演で最高評価を得る。
留学中にはヨーロッパ各地の国際コンクールにて入賞。
日本・ポーランド両国において多くのソロリサイタル、コンサートを開催し好評を博す。
これまでにピアノを万仲典子、故竹島悠紀子、故田辺緑、多美智子、有森博、Bronisława Kawallaの各氏に師事。

海老沼 日菜(えびぬま ひな)

東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。
5歳よりピアノと作曲を学ぶ。ヤマハ音楽教室、U’sピアノスクール出身。
在籍当時、第35回ピティナ・ピアノコンペティションD級全国大会入選。
某声楽教室発表会にて在籍生徒数十名のピアノ伴奏、その他数々のコンクールでピアノ伴奏を務める等、伴奏者として多くの舞台をこなす。
また、アンサンブルの舞台にて自身で編曲したものを披露する等ルの舞台にて自身で編曲したものを披露する等、演奏だけでなくアレンジ・編曲活動にも力を入れている。

これまでにピアノを松崎右多子氏、菊地裕介氏、ピアノデュオを米田栄子氏に師事

あっという間に師走に入りました


今年は未曾有のコロナ禍に全世界が見舞われ
踠き苦しみ さながら1年間が5年間のように
感じた年でありました

さて 教室では発表会終了後
念願の鬼滅の刃祭りが繰り広げられております




コミックス23巻が発売され 完結を見ました
様々なアレンジで 生徒達が鬼滅ソングを奏で


私も 毎日違った柄の鬼滅柄マスクを着用し
応戦
結構生徒達が喜んでくれております

来週は煉獄杏寿郎柄マスクが仲間入りしますが
着用は 教室内でのみに致します
昨日は 
今年度 当スクールの日ピアノ発表会でした


コロナ禍の中 近隣学校で感染者が確認され
何回ももう開催出来ない と諦めかけましたが

ステージを細かく分け
席数も1/3以下 来賓記名 検温 換気 消毒
考えられる限りの 感染拡大防止対策をして

開催致しました

生徒にとっても 講師スタッフにとりましても
大変思い出に残る 貴重な回となりました



今年度のメッセージとプログラム
お持ち帰りのお花も鉢植えに致しました


今回は 頑張って竈門禰󠄀豆子のコスプレに…

分かって頂ける方には ウケました…
ここのところ 少し暖かな陽気の関東地方


来週は 今年度の当スクールピアノ発表会です

今年は コロナウイルス大感染につき
全てのイベントは 決行不可能かと諦めておりましたが

感染防止対策を強化し 開催決定となりました

近隣の学校で 感染者確認の情報等があり
様々な対策を講じても 全く安心は出来ません




今回のプログラムの一部です

生徒の思い 私達の思いは様々ですが

今回開催に踏み切れたのは
周りの人々のご尽力が有ればこそ

感謝致します


おまけ画像
生徒が竈門ねずこのマスクをプレゼントしてくれました
レッスン時に着用しようか 思案中でございます


久しぶりの投稿です


ここのところグッと寒くなり

コロナも終息どころか 増加傾向にありますね


教室でも 感染防止対策に忙しく

そろそろ加湿器を出さなくては

と思う毎日です


さて 久しぶりにグッと来る物に出逢いました




月刊ピアノ今月号の裏表紙です

ピアノを弾く人なら(そうでなくとも)
心を撃ちぬかれる写真

流石ヤ◯ハさんやるなぁ〜〜

この1枚の写真から
祈り 希望 期待 憧れ 光 焦燥 孤独 

その他様々な物が感じられ
昨日から 生徒に

先生この写真見ると涙出る
と言って 見せています

さあ 明日も発表会前の
怒涛のレッスンです