日中文化芸術専門学校の留学生

テーマ:

留学生が在留資格の更新を認められず、帰国する境遇に陥ったのとの報道がありました。

 

在留資格更新申請が不許可になった留学生が在籍していた学校は、大阪府天王寺区にある観光系の専門学校「日中文化芸術専門学校」です。

 

報道によれば、この日中文化芸術専門学校は、定員を大幅に上回る学生を入学させていたことが大阪府の調査によって判明したため、定員に沿う人数にとどめるよう大阪府が是正を求めていたのですが、この求めを無視して、今年も定員を上回る人数の留学生に入学を認めたため、入国管理局が悪質と判断し、このような不許可処分となったとのことです。

 

この記事をネットで読んだときの第一印象は、いまだにこんなずさんな経営をする学校があったのかという点です。

 

一昔前までは、このような法に触れる経営はかなりありました。

 

定員をオーバーする留学生を受けいる学校や、週28時間以内と制限される留学生の規制を超過するアルバイトを黙認して出席率などに無頓着な学校などです。

 

このような学校に入学する外国人も、留学とは名ばかりで実態は職業に制限が課されていないアルバイトで賃金をかせぐいわば出稼ぎの隠れ蓑に使われていたことは、当時のニュースなどでも大々的に報道されていましたので、ご記憶の方もいらっしゃるかと思います。

 

監督官庁は、このような違法状態を放置するわけにいかないので、留学を隠れ蓑にする留学生という名の移民労働者に対する取り締まりを強化するとともに、所属する学校機関に対しても留学生の管理を厳格にするよう指導してきました。

 

この結果、外国人留学生を受け入れる学校は、行きすぎる懸念すらあるほどの厳格な管理で留学生の出席率や学校外でのアルバイト活動を把握しています。少しでも甘い管理によって留学生が違法就労したことが所轄の監督官庁によって判明すると、学校自体の運営がなりたたなくなるほどのペナルティが課されます。

 

このような状況になっている今、監督官庁の是正も無視して定員オーバーの数を受け入れたこの日中文化芸術専門学校は、稼げるときに稼いで、そのあとは閉鎖するなりして逃げるといった計画のもとに学校を運営してきた確信犯と言わざるを得ません。

 

この日本文化芸術学校は、今後、留学生を受け入れても入国管理局は在留資格(留学生ビザなど)を許可することはまずないでしょうから、学校の経営を維持できなくなるのはほぼ間違いないかと思います。つまり学校の閉鎖ですが、自業自得としか言いようがありません。

 

他方、とばっちりを受けたのは、ずさんな経営に対する処置に巻き込まれてビザがもらえなくなった留学生たちです。

 

今回の在留資格更新申請に対する不交付処分の決定は、入管側からしてみればやむを得ない判断でありあますが、留学生たちにはなんら落ち度がないよういも思えます。報道によれば、帰国を余儀なくされた留学生の数名は学校側を相手取り民事訴訟を提起したとのことです。おそらく学費などの返還請求でしょうが、学校の閉鎖まで視野にいれた杜撰な経営を続けてきた経営者たちから学費などを回収するのはかなり大変ではないかと思います。

 

このような悪質な学校が閉鎖に追い込まれるのは当然です。私もこのような学校とは拘わらないように細心の注意を払わないと、自分自身の身がもちません。

 

本当に気を付けたいものです。

 

 

 

*************************

初回ご相談無料

 

東京都町田市鶴川2-19-8

行政書士うすい法務事務所

代表 行政書士 申請取次 磨井崇(うすい たかし)

携帯電話:090-6560-7099

 

メール:usuitks1967@gmail.com

 

サイト:http://gyouseishoshi.main.jp/

 

Facebook: https://www.facebook.com/takashi.usui.71

 

Line id:usuitks

 

LINEQRコード

*************************

 

フォトウォーク~館林駅東口

テーマ:

館林市にある東部スカイツリー線館林駅東口です。

館林といえば、日本で1、2位を争う高気温をマークする町で有名ですが、やはり9月の下旬にさしかかる時期は熱波を感じることもありません。

 

東駅前にある記念像を撮影しました。

 

読売巨人軍の碑とぶんぶく茶釜の碑。

この二つの碑が連立しています。

 

 

 

なんとも奇妙な組み合わせでした。

 

 

 

まずはジャイアンツの碑を見てみましょう。

 

初Vを飾った幻の野球場があったのですね。昭和11年のことです。

 

この巨人軍による初Vは、ウィキペディアにも記載してあります。

 

昭和11年に関するウィキペディアは、こちら

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/1936%E5%B9%B4

 

同年に起きた出来事をつらつら読むと、2月には2.26事件が勃発。

他にも日独防共協定の締結やソビエト連邦でのスターリン憲法の制定など、世界大戦に向けた軍靴の足音が聞こえる世相だったようです。

 

このような社会の中での野球のニュースは、きっとたくさんの夢を人々に与えたことでしょう。

 

 

 

 

 

 

次に、ぶんぶく茶釜。

 

 

このきわめて有名な昔話が、館林とどんなご縁がるのだろうかと、またまたウィキペディアを読んでみました。

 

ぶんぶく茶釜のウィキペディア記事はこちら。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E7%A6%8F%E8%8C%B6%E9%87%9C

 

この記事を読むと、日本全国に伝承されてきた昔話ではありますが、そもそものルーツが館林であり、この昔話に登場するとされる茶釜がこの館林にある茂林寺にあったと言い伝えられてきたのですね。

 

たぬきの石像が立てられているのも納得です。

 

と、いうわけで、読売巨人軍の初V記念碑とたぬきの石像が連立する駅前、でした。

*************************

初回ご相談無料

 

東京都町田市鶴川2-19-8

行政書士うすい法務事務所

代表 行政書士 申請取次 磨井崇(うすい たかし)

携帯電話:090-6560-7099

Line id:usuitks

メール:usuitks1967@gmail.com

 

サイト:http://gyouseishoshi.main.jp/

 

Facebook: https://www.facebook.com/takashi.usui.71

 

LINEQRコード

*************************

 

 

新宿駅西口京王京王百貨店付近にて撮影。ビッグイシューの販売員が立っている場所、そして喫煙所のそばです。

 

この写真で後ろ姿が移っているのは、救世軍のボランティアの方々。街頭に立ち、道行く人々に義援金を求め、それを受け取る活動をなさっている方々です。社会鍋として有名ですので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この救世軍の街頭募金活動は、年末が中心です。

 

今日はまだ9月。

 

なので、街角で救世軍の姿を見るのにはまだ3か月ほど後のことになります。

 

さて、救世軍が受けた善意の寄付金は、社会の貧しい人たちの支援へと回ります。

この伝統は、終戦直後から今日に至るまで変わりません。

 

毎年、たったわずかの硬貨を募金してきました。その時にボランティアの方々とかわす言葉の中に、時代を感じています。世相を語るというほどのものではないですが、それでもいろいろと率直な気持ちを伺うことに意味を感じています。

 

昨今急速に貧困化している日本ですが、この貧困の様を敏感に感じている方々の率直な意見や気持ちはとても示唆深く心にとどまります。

 

そして、このような貧困の中にある日本で暮らす人たちを見つめるにつれ、私自身にも感じるところも出てきます。同じような気持ちは、ビッグイシューを街角で購入するときにかわす販売員さんとの会話にも感じています。

 

新約聖書には「受け取るよりも与えるほうが幸いである。」と箴言が記されていますが、わずかな硬貨の義捐や、400円弱のビッグイシューを購入するときに、人々とかわして私に向けて発せられる正直な言葉は、まさに、この箴言の正しさを感じるところだなと思っています。

 

ご関心を持たれた方はこちらのサイトへ

救世軍公式サイト:http://www.salvationarmy.or.jp/

 

ビッグイシュー公式サイト:https://www.bigissue.jp/

 

*************************

初回ご相談無料

 

東京都町田市鶴川2-19-8

行政書士うすい法務事務所

代表 行政書士 申請取次 磨井崇(うすい たかし)

携帯電話:090-6560-7099

Line id:usuitks

メール:usuitks1967@gmail.com

 

サイト:http://gyouseishoshi.main.jp/

 

Facebook: https://www.facebook.com/takashi.usui.71

 

LINEQRコード

*************************

 

アルバイトで雇用している外国人留学生を、学校卒業後は正社員として雇用したい場合、ビザをどうすればいいかわからない会社の社長さんや採用担当者さんも多いと思います。

 

そこで、会社がアルバイト留学生を正社員として雇う場合に手当しなくてはならないビザ(在留資格)の問題について解説します。

 

1.外国人留学生を社員として雇用する場合のビザの基本的な考え方

外国人の留学生を社員として雇用する場合には、ビザを「留学」の区分から「技術・人文知識・国際業務」に変更することがほとんどです。

 

ここで在留資格(ビザ)の区分の「技術・人文知識・国際業務」とは、いわゆる日本の企業や個人事業主さまが外国人を雇用する際に適用される在留資格。ホワイトカラーに分類される業務を従事していただく場合のビザです。

 

営利目的の法人や個人事業主と雇用契約を締結して外国人を雇用する際には、この「技術・人文知識・国際業務」以外にも「技能」などがありますが、一般的な業務はほとんどこの「技術・人文知識・国際業務」の区分です。「技能」は、料理人などの技術を持った方向けの在留資格です。

 

従いまして、留学生が学校を卒業して日本の企業などに就職する際には、「留学」の区分から「技術・人文知識・国際業務」への在留資格変更申請を入国管理局へ申請する必要があります。社員として就労させるには、この申請によってビザ(在留資格)の変更が許可されなければなりません。

 

2.業務内容に制限はあるか?

留学生は、資格外活動が認められれば週に28時間を限度として業務内容に制限なくアルバイトが可能です。ただし、当然ながら風俗などは就労不可です。風俗などの仕事は、たとえ資格外活動の許可をいただいていたとしても不法在留となり摘発されたら刑事罰を受けるおそれがあります。

 

他方、「技術・人文知識・国際業務」は、在留資格許可処分申請書類に記載した業務にしか就労できません。そしてさらに具体的な業務内容が、雇用契約書及び雇用理由書(就労理由書)に記載されることになりますが、この業務内容以外の業務に従事することも認められません。

 

例えば、翻訳通訳の業務に従事する旨で申請した外国人の社員に、営業をお願いしたり、倉庫内軽作業に従事させるのは不法就労にあたり違法行為です。

 

では、在留資格変更申請の際に入国管理局に提出する資料にはどのような業務であってもよいかというと、単純労働の就労は認められません。単純労働とは、業界としては、建設現場での作業員や荷物運送のトラックドライバー、スーパーのレジ係、工場でのライン工などが当てはまるというのが一般的な理解です。

 

従って、留学生としてアルバイトしてもらっていたときにお願いしていた業務を社員として引き続きお願いしたいとしても、その業務が単純労働にあてはまるケースであれば、ビザは許可されないのが原則です。

 

ちなみに今あげた単純労働に従事している外国人就労者もたくさんいますが、当然のことながら違法就労ではなく、このような業務への就労が可能なビザ(在留資格)を取得しています(と思います)。例えば永住権、定住権、日本人等配偶者といったところでしょうか。これら身分に対して許可される在留資格を持っている外国人は、就労の制約なく就労が可能です。また、留学生と異なり、週に28時間以内という就労時間の制約もありません。

 

3.ビザが出やすい業務内容としてどのようなものがあるのか

入国管理局は、従事する業務に外国人労働者が就労することを許可するかどうかをさまざまな視点から実質審査するようです。ビザが出やすいかどうかの判断も、この視点からまず検討することが必要かと思います。

 

この審査の視点(基準)として以下を挙げます。なお、これらの審査基準は、入国管理局から得た情報ではなく、私の経験や推論から個人的に推察したものであることをご理解ください。

 

・就労する申請人(外国人留学生のことを言います)の学歴や職歴

 

申請人が日本の大学を卒業した外国人留学生であれば、会社などで従事する業務内容は不問とされます。

 

他方、専門学校を卒業して専門士を取得した留学生は、専門学校で専攻した分野(国際教養ビジネスだったり福祉だったり)に関連した業務であるかどうかが重要となるようです。例えば、会計の専門学校を卒業し、会計学の専門士を取得した留学生が会社で翻訳通訳の業務やプログラミングの業務に従事するという内容の申請は、この審査基準により不許可となる可能性が高いです。

 

・所属機関(外国人留学生を雇用する会社など)の業務内容

 

たとえば運送業だけを営む会社が翻訳通訳の業務で外国人を雇用するという理由で在留資格の変更を申請した場合、その申請内容に不自然さを感じるかと思います。荷物の集配と配達車両や運転手の管理などで仕事をする会社がなぜ翻訳通訳を必要とするの?というわけです。

 

さらに、うがった見方ではありますが、入国管理局は、この会社が、ビザを取得する目的でのみ文書上の架空の業務を作り上げて申請し、ビザが下りたら運送業の補助に従事させるのではないかとの疑いを持つかもしれません。ですので、この疑問を申請書によりふしょくできなければ入国管理局が許可をださないのは当たり前かと思います。このように、会社の業務内容に照らし、不自然な業務に従事するのかどうかも審査基準に入るかと思います。

 

また、単純労働には在留資格を出さないのが政府の方針ですので、従事する業務が単純労働ではないことを具体的かつ明確に説明する必要があります。例えば、マーケティングに従事させる予定であるとして雇用理由書を作成しても、単にマーケティング業務に就労予定と説明するだけでは不十分です。具体的な業務内容につき詳細に記載しなくてはなりませんし、その業務内容が、創造性や知的活動を要求するものであることを満たす必要があります。言い換えれば単純労働ではないということを説明する必要があります。例えばマーケティングの業務と称しながら、消費者から回収したアンケート結果をえんえんとパソコンのエクセルにデータ入力するだけの仕事というのは単純労働と評価され、在留資格がでないようです。

 

・所属機関(外国人留学生を雇用する会社など)の規模など

 

例えば従業員が5名しかいない派遣会社に翻訳通訳の業務に従事するとの理由で8名の外国人留学生を雇用するという申請は、その会社の規模や業務量に照らし、必要性に欠けると評価されるようです。会社の規模や業務量などに照らし、必要な人数であるという基準を満たさなければなりません。

 

・報酬体系など

 

外国人の社員に支払う報酬が一定水準を上回らなければ許可はおりません。あまりに低い給料を雇用契約書に記載した場合は、申請人が日本で生活できないと判断されて不許可になります。よって、一定水準以上の給与を支払う契約書を締結する必要があります。もちろん、雇用契約書通りの賃金を支払わなければ、ビザの更新のときに問題となりえます。

 

以上のように、どの仕事をお願いすればビザが出やすいかという疑問に対する回答は形式的に返答できるものではなく、申請人(留学生)と所属機関(留学生を社員として雇う会社など)の経歴や業務内容などを実質的に勘案して具体的に検討する必要があります。

 

このような条件をクリアする雇用理由書(採用理由書)の作成は、なかなか難しいところもありますが、在留資格変更申請の許可を得るために、添付することを強く推奨します。

 

もちろん、この申請内容に虚偽(うそ)があってはいけません。ウソをついても入国管理局はうそを見抜きますし、仮に運よく(?)在留資格の許可処分が下って就労ビザが認められても、ビザの更新のときにつじつまが合わなくなります。

 

そしてうそが発覚したら、刑事罰もあります。うその書類を入管に提出して在留資格をだまし取るのは、犯罪であることを十分に納得してください。

*************************

初回ご相談無料

 

東京都町田市鶴川2-19-8

行政書士うすい法務事務所

代表 行政書士 申請取次 磨井崇(うすい たかし)

携帯電話:090-6560-7099

Line id:usuitks

メール:usuitks1967@gmail.com

 

サイト:http://gyouseishoshi.main.jp/

 

Facebook: https://www.facebook.com/takashi.usui.71

 

LINEQRコード

*************************

 

今朝起きたら、セミがないていました

テーマ:

 

おはようございます。

 

三連休の初日ですが、東京の天候は曇り。最高気温は30度近くまで上昇する予報です。

 

さて、今朝起きたとき、ツクツクボウシが鳴くのが聞こえました。

 

今日は9月22日。この時期にセミがなくなんてと少し驚きました。

 

そこで調べてみることにして、ウィキペディアでツクツクホウシの情報を読みます。

 

Wikipediaには、ツクツクホウシは10月初旬まで地上で生存し鳴くことがある、とありました。

 

たしかに練馬の光が丘公園では、10月に入った日にツクツクホウシが鳴き声を聞いた記憶もあります。

 

そうすると、今日ツクツクボウシの鳴き声を聞くのも不自然な現象ではないわけですが、少し考えてみます。

 

セミは地上で成虫になって約7日間しか生きられません。ということは、今日鳴いているセミは、早くて15日には地下から地上へ現れて孵化したことになりますが、この一週間は秋の到来ということで気温が低い日々が続きました。一昨日は寒いくらいでした。

 

この低温の環境で、セミは生きてきたのですね。

 

そして、今日、鳴いているわけです。鳴き声から察すると、一匹だけ。

 

夏の終わりを告げるセミの鳴き声にふさわしいように感じました。平成最後のセミの声を記憶にとどめようと、思います。そして、盛夏の暑さを知らずに地上に出て生きて鳴いたセミのことも。

 

ツクツクボウシの鳴き声はこちら

 https://www.youtube.com/watch?v=mWM34v1Z0kU

*************************

初回ご相談無料

 

東京都町田市鶴川2-19-8

行政書士うすい法務事務所

代表 行政書士 申請取次 磨井崇(うすい たかし)

携帯電話:090-6560-7099

Line id:usuitks

メール:usuitks1967@gmail.com

 

サイト:http://gyouseishoshi.main.jp/

 

Facebook: https://www.facebook.com/takashi.usui.71

 

LINEQRコード

 

*************************