前回の記事で書いた、エクストリームフィネスベイトシステム。
これをやるにあたり、技術的な問題点を理解し解決しなければ、ラインブレイクが多発してしまい、釣りどころではなくなってしまう。
今回はこの事について少し触れてみよう。

まずこの釣りの要点は、魚の引きに対して、「可能な限りラインを出さないこと」にある。
極細PEラインにフロロ2ポンドを6メートルとるセッティングだと、間違いなくラインの破断強度よりも魚の方が重いはずである。
当然、スピニングタックルだとドラグを出して魚を弱らせてから、じっくりとランディングと言うのが常識だと思う。
しかしEXフィネスベイトでは、「ラインを出す=ラインブレイク」と言う結末になってしまうのである。

これは、スピニングリールとベイト
リールの構造上の問題で、スピニングリールがドラグを出しながら巻き取れるのに対して、ベイトリールはそれが出来ないのである。
全く出来ないかと言えばそうではないが、圧倒的にドラグ性能が違い過ぎる為に、ほぼ不可能である。
この事から、ベイトリールでドラグを出して、ライトラインで魚にプレッシャーをかけながら、魚をコントロールして寄せて来るなど出来ない。
ではどうするのか?
ドラグの代わりになるモノで、魚をコントロールするのである。

ロッド→ラインの伸び→フックの伸び→腕の関節、そして限界点に達する直前に、リールのクラッチを切って、少しだけラインを出す。
この動作でやれば、ほぼリールのクラッチを切るまでに、魚が弱っています。
過去にこの方法で、63センチ4650gのバスを、僅か1ポンドのフロロラインで釣り上げた事がある。
ラインの破断強度の10倍以上の魚である。

構成する全てのパーツを把握しながら釣りをする事で、結構なサイズの魚に対してラインを出さずにランディングできる。

ただ、これをマスターするには、何万匹ものバスを釣り、何万匹もの他魚種を釣る必要がある。