みんなの中古車市場てす
 
今日のトピックはこちら..
 
「輸入車ブランドは夢を壊さないで欲しい」
 
 前回7日に某欧州車ブランドの残念な一面を図らずも書いてしまいましたが、残念ながら今回はその第二弾とも言える内容になってしまいそうです
 
 今回の動画はあるオークション会場に出品されていた 平成24年式 AUDI A1 TFSI スポーツPの室内を撮影したものです

 私たちは8年ほど前、オークションに出品される平成10年前後のゴルフⅢや後継車のⅣ、ニュービートルの天張りが剥がれ垂れまくっているのを取り上げ

「日本は小さな市場ではないので材質改善に取り組んで欲しい」

と度々書いてきました。前回取り上げたニュービートルなどは業者オークション出品車両の約8割が垂れていると言う状況....

 ところが状況は全く改善されず、経済政策の実質的な失敗により日本の購買力がガタ落ちしたこともあり、おそらく本社のあるドイツでは日本の市場は眼中にはなく、やはり大陸(中◯)の上客を重要視しているのでしょう。これはJAIAさんの輸入車試乗会参加車両が年々減少していることを見てもわかります

 しかし、日本においては同じVWグループでもAUDIはヒエラルキー的にはかなり上に位置すると考えるファンは多く、実際そのようなお客様に支えられているにも関わらずこの有り様では示しがつかないのではないでしょうか?VWと同じクオリティーでは納得しないでしょう

 こう書くと「日本と欧州のの気候が違うから」という人が出てきます。メーカーを愛する気持ちは大切ですが8年落ちの国産車(商用車や軽自動車を含め)で天張りが剥がれて垂れる車などまずあり得ないから書くのです。欧州車オーナーの中には今だに軽自動車は「安っぽい、格下」と思っている人がいますがそんな人は是非タフトやデイズ等今時の軽自動車を見る事をお勧めします。室内の作りだけでなく安全装備機能などはメルセデスと同レベルに来ているのですから

 AUDIさん、品質改善を宜しくお願いします。あんなにカッコいいショールームなんですからオーナーさんの夢は壊さないで下さいね




 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 
 
 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「自動車メーカーは夢を壊さないでほしい」

 

 本日の動画はVWの車種構成の中でベースに位置する「UP!」のシフトノブです。某オークション会場で下見をしていたのですが・・・4年落ち、走行3万Km評価点4点という上物のハズなのですがご覧の通り。こんな感じにも関わらずしらっと輸入車コーナーに出品されていました

 

 おそらく大手の出品店さんでしょう。。。例えば私のような一登録店が同じ車を同コーナーに出品したとしましょう。評価点は瞬時に3.5点に格下げされ 「シフトレバー不具合」 を書かれ、追加で「室内ウス汚れ」くらいは書かれるでしょうね。。。

 

 今日は愚痴が重要ポイントなのではなく僅か3万Km強しか走行していない個体がこんな風にペランペランになってしまうということについてどうなのでしょうか?という事です

 

 ディーラーの方には本社へよりクオリティーの高い材質と造りを提言して欲しいということはメーカーを問わずこちらのブログでも過去何十回と書いてきましたが勿論弊ブログは見ていないにせよ改善されたためしがありません。その気が全くないのかもしれません・・・

 

 ドイツ本社は他のドイツブランド同様最大のマーケットである大陸の某国(中国とも言う)のご機嫌はとるでしょうが、今となっては経済、政治、民度で後進国に成り下がりつつある日本の購買層など気にしていられないのかもしれませんね

 

 やはり昭和生まれの人間はドイツ車に「質実剛健」をイメージし、不格好だけど長持ちして壊れないイメージを未だに持っていると思います。数十年前にレクサスをまるごとバラして各パーツから材質までとことんコストダウンを真剣に学んだメルセデスは有名ですが・・・同じドイツで「国民車」という車を製造しているブランドの車が走行3万Km程でカランカランいってるところはできれば目にしたくありません。たった1台の話かもしれませんがイメージは大切です

 

 といわけで同じような残念ネタをもう一つ拾ってきましたがそちらは後日また。。。

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

弊社営業車のオドメーター、絶好調でまだまだ距離を刻みます

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「あまりいい加減なことは言わない方がいい。。。」

 

 新型コロナウイルスの影響をもろに受けている中古車屋ですが、時間だけはあるので(お金は目減りしていますが)ゆっくりと中古車購入ガイド的なサイトを見ていましたが、ちょっと気になるページがいくつかあったため取り上げてみました。ある自動車業界ブログで日産がスズキからOEMを受けて売りまくった某車を取り上げていたのですが

 

 

◯ 乗り出し30万円くらいでは走行20万Kmも走った過走行の車しか買えない

 

◯ 60万円ほどでようやく「まとも」な車が買える

 

後はオイル管理の悪い車は買うな、エアコンのコンプレッサーから音がでている車は買うな、エアコンは多くの部品が仕事を受け持つのでコンプレッサーだけ交換しても治らない云々・・・

 

こんな記事いる?店頭価格しか見てないのか業界と言っても少なくとも仕入、販売に携わらない人間が書いているとしか思えない。こんな記事をまともそうな顔をして書かれてはある意味迷惑。しかもこのような薄い内容の記事に限って最後に出てくるのは

 

 「ディーラーで下取りゼロと言われた車が、一括査定で20万円になった」

 

という広告で締められているところにも注目。まさしくこのような記事は一般的に言われるクズ記事と呼んで構わないでしょう

 

 上記のような記事に惑わされる人は少ないでしょうが、率直に言わせてもらえば走行8万Km~10万Km程の10年落ちの軽自動車を乗り出し20万円以下で数十台仕入れ、法人さんに収めて整備、車検を請け負う私のような会社の人間から言わせれば日本の軽自動車をバカにしてはいけないということだけはお伝えしておきたい。また、一般の人たちを不安に陥れた後に手放すことを考えさせて買取屋のページに誘うようなことは止めて頂きたい。

 

 買取屋も大小関係なく、相変わらずのいい加減さで、先日弊社にドラレコの取付相談に来られたお客様の事ですが・・・平成20年式 HA24Sアルト(グレードはG)に乗っていらして、今年春に車検をとったばかりの走行35千Km! 修復歴無しで、車検時に新品タイヤに交換したばかりの上玉車を大手買取店に持ち込んだところ

 

「抹消手数料として1万円を支払って下さい」

 

と言われたそうです・・・3年落ちのHDDナビまで付いてそれはないだろう・・・という事と車検を取ったばかりで抹消する意味がわからない・・・「お前はバカか?」という有名芸人さんの名言が聞こえてきそうです

 

 全く予定はありませんでしたが「手放すなら業者オークション価格で買取らせていただきますよ」とお伝えしたところ快諾されたのでリサイクル預託金も取ったばかりの車検費用もきっぱり月割でお返して買い取らせていただきました。これで最悪業者オークションに出してもプラマイゼロなら「有り」、なぜならうちは次の車両の案件をいただけただけでもありがたい話だからです(もちろんドラレコ付きで)


ところが今回の場合、お天道様は弊社を見放さなかった。。。買い取ったばかりのアルトが2日後に乗り出し25万円で買われていきました。。。現在某センサー誌では5万Kmの同グレード車が車両価格のみでほぼ同額で売られています。

 

 「逆にお前は安売り王か?」と業者に指摘されるかもしれませんが、コロナ渦のこの時代です。狡(こす)い事をしてたんまり儲けようとか、ザクッと仕入れて3ケ月置いておいてグー&センサーにUPしておけば売れるだろう!とか、商品車なのか解体車なのかわからないような車を置き場にゴロゴロ置いて「いつか仕上げて売れるんだ」などという商売は全く通用しない時代に間違いなく突入しているのです

 

 オイル管理やエアコンの弱点などは今や個人オーナーがプロ並の整備を実施して画像に収めUPしている時代。消費者は未使用車であれ、走行10万Km走った車であれ、トラックであれバンであれ、知識と経験を豊富に持つ中古車屋の的確なアドバイスを求めているのだと思いますよ

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「ネットで買った2万円の車!という楽しい動画は見るべし!!」でも中古車屋は・・・

 

 最近動画共有サイトに多くUPされているネタとして、ネットオークションで格安で購入した車をあえてネタにしてちゃんと乗って帰ることができたとか、自分なりにアレンジしたり改造する内容のものを多く見かけるようになりました。中にはリーフのバッテリーを交換したり、天ぷら油で走れるように改造する強者までいらっしゃって、車を生業とする中古車屋としては嬉しい限りです。どのような形であれ車を購入して楽しむ人達は我々からすればある意味財産でもあるからです

 

 で、実は。。。というほど大げさではありませんが、中古車屋がとりあえずの代車とか通勤用車両を身内に頼まれたりするといった場合、お客様から引き取った(値段を付けられなかった)車を整備、登録するのが最速&最適なのですがそのような案件が無い場合、やむなく業者オークションで仕入れるわけですが、そのような時、一般の皆さんが安く購入する額の10分の1ほどで仕入れる事が少なくありません

 

 内輪ネタにはなりますが、業者オークションのコーナーによっては千円売切スタートというような出品車も存在します。しかも旧規格の時代の軽ではなく例えば平成21年式日産モコ「S」走行8万Km、1千円スタート売切的な車が普通に存在します。このような車両の多くはディーラーが値段を付けずに買い取ったような車両なのでお客さんからタダで下取ってオークション会場に出品するものの、主力の販売力のある車両も含め何十台と出品するため数の原理で成り立つのです。但しこのようなロープライスでの売切コーナーは下見する側にかなりの眼力がないとババを引いてしまうことがあるため油断は禁物ですがそれでも5千円以下で落札するようなケースは意外に多いのです

 

結果 

 

車両落札価格 3000円 

落札手数料 9000円 

リサイクル預託金9200円

などという明細になってしまいます。車両価格より落札手数料の方が高額。。。

 

そしてこんな車に限って思い入れを持ってしまうので綺麗に仕上げて整備しますし、展示車両の台数が少なくなるととりあえず穴埋め的に展示したりするとこんな車両に限って驚くほど早く売れてしまうことが多い

 

 こんな車を安価で打ってくれる小規模中古車屋さんは意外に多いので立ち寄った時に聞いてみるのも一つかもしれません。例えば「社長さんの乗っているその車は売り物じゃないんですか?良さそうですね!」なんて切り出してみて下さい。勿論社長がメルセデスとかジャガーに乗っているようなところでは自殺行為ですが。。。

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「地球環境保護に協力して車を壊すことになってもヨイ?」

 

 昨今、車関連で明るいニュースが無いこと(もちろん新型コロナウイルスの影響もあるでしょうけど)もあって、またその話題か?というような記事(というかネタ)がネット上を飛び交っているようですが、そんな中でまた

 

「オイル交換は世間でいわれるような頻度で交換すべきなのか?」

 

的な記事をよく見かけます。結局巷では5000Km、半年に一度、いずれかどちらかに達した時点で交換を推奨するのはどうなの?的な内容で、メーカーは1万Km、中には3万Kmでの交換を指定しているところもある云々という内容も紹介されていました。地球保護と同時に今どきのエンジンは耐久性もUPしているなどとも書かれています

 

 記事に書かれている内容は読み手の皆さんが判断すべきですので私からなにかを申し上げるものではありませんが、中古車屋として新規、顧客を含めたお客様のオイル交換を月間20台前後行っている身として書かせていただくならば

 

 「メーカー指定の交換サイクルでエンジンを壊しても知りませんよ」ということは申し上げておきます。事実私もドイツのスポーティーなイメージで有名な某ブランドの車に乗っていましたが、推奨オイル交換サイクルの2万Kmがどうにも心配で1万Kmちょっとで我慢ならずフィルターを開けてみたところ、濾紙のみを交換するタイプの濾紙そのものがボロボロになり崩壊寸前という事がありました

 

 メーカーの指定に間違いはないのでしょうが問題は乗り手の運転の仕方や運転する頻度、つまり使用環境によりオイルの劣化は変化するという事です。全くもって命拾いをした思いでしたがこれが現実です

 

 ディーラーで丸投げしてもリッターあたり1200円くらいのオイルを4リッター入れて、フィルターまで交換しても8000円前後でしょう。これでエンジンを最良の状態にしておけるなら安いもの、エンジンを壊したら話しになりません。普通車の場合、定期的にオイルが交換されているなら交換直後のエンジンの変化に大きな違いはありませんが軽自動車となると話は異なります

 

 軽自動車のオイル容量は2.3~3リッター弱程度のものが多いのですが(フィルター交換を含む)たったこれだけの量のオイルで酷暑も極寒もある日本中で活躍しているわけです。我々中古車屋が扱うことの多い平成18年~26年辺りの軽自動車の場合、エンジンオイルの交換前と後ではエンジンが見違えるような変化を見せます。おそらく経験のある方はその変化を知っているからこそ自分で交換しているのかもしれません。それだけ変化を感じることができるのです

 

 しかし・・・交換後1000Km前後までは元気を維持できてもその距離を越すと「がくっ!」とエンジンの廻り方が異なりはじめ、あとはゆっくりと劣化していき元気を失っていきます。上記の1000Kmあたりの変化の境目を「腰が折れる」などと呼ぶこともあります。軽自動車の場合新品オイルに交換して800Kmも走行するとオイルは既に汚れてきます。その状態のオイルを見ただけで驚かされますが、そのまま5000Km、1万Km交換しないなんて考えただけでゾッとします

 

 より深く入り込んだ話になると厄介なオイル談義になってしまいますので避けますが、私どもとしては商売目的ではなく、皆さんの何十倍もの車を視ている経験上から言うならば、オイルはまめに交換された方が結果的にはエンジンを長持ちさせることになります

 

 ※ オイルをご自身で交換された場合、廃油は普通ゴミで出せる処理商品も販売されていますが、近くのスタンド等に行って引取をお願いすれば多くの場合受けてくれます。大手のスタンドであれば回収後再利用されるためこちらも十分地球環境の手伝いになります

 

 サスティナブルとか言う言葉が流行りでSNSで使用すれば自分が「賢く」見られ映えるようですが、そんなのファッション雑誌とJ-Waveの午後の放送に任せておけばよいのです

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら

 

「ちゃんとした画像を載せなきゃ」

 

画像はページを閲覧していて表示された買取店の広告です。まぁ仕事柄このような画像が頻繁に表示されるのですが、重箱の隅を突っつくような事を書かせていただくならば・・・

 

 6年乗った◯◯◯が115万円で売れた理由・・・と謳っていますが。。。

 

見る側の捉え方は2つあるかと思います。一つは

 

「6年落ち」のセレナが115万円で買い取られたという受けとり方

 

もう一つは

 

「6年間乗った」セレナが115万円で買い取られたという受け取り方

 

下段は非現実的ですが日本語としてはそういう捉えられ方もあるかと。。。

 

現実的な話で追ったとして、果たして6年落ちのセレナは画像のモデルでしょうか?

 

6年落ちといえば画像のC25(型式)セレナではなくC26セレナにモデルチェンジしているはず

 

 

 

「だから何だ?」当然そのような声が聞こえてきそうですが、買取会社さん自らが「こんな広告打っておきゃひっかかるだろう?」なんてもし考えているとすればそれは違うんじゃないでしょうか?

 

 みんカラなどのSNSを見れば、セレナに限らず一般ユーザーの皆さんが非常に詳しく自分の車を勉強してメンテナンス情報を共有していることはご存知だと思います。特にSNSを利用していない人だとしても、買取に出す時くらいは自分の車の車検証を隅から隅まで見て、何年式で中古車としてはいくらくらいで店頭に並んでいて、ざっくり逆算すれば買取価格はこれくらい・・・と猛烈に勉強するわけです。今は中古車検索サイトなどで提供するネットカタログの情報も非常に詳しく表示されています。。。

 

 一般ユーザーが買取店の広告を見て、デタラメな車種の表示で真剣に価格を出してくれるだろうか?と敬遠されてしまいます。少なくとも私のところに来られるお客様なら間違いなく避けるでしょう。お客様を軽々しく見てはいけません

 

 SEO業者さんからお聞きした話ですが、今現在買取店の利用者数が激減しているそうです。もちろん新型コロナウイルスの影響も少なからずあるのかもしれませんが・・・利用者としてはグダグダ電話がかかってきて、ウソか本当かわからない買取額に振り回されるのに辟易しまたディーラー買取に戻っているという大方の見方のようです

 

 確かに言われてみればラジオCMでも一括買取の広告が激減しました。横浜あたりでは買取店1社だけかもしれません。費用対効果が悪くなっていることに業界の人たちも気づいているはずなのです。これが元の市況に戻れば買取市場も活況になるでしょうか? 

 

 買取店さんが頑張ってくれないと中古車市場は廃れてしまいます。一球入魂ではありませんが広告も誠実さと真実を一瞬&一発で伝えるものでなければいけないと思いませんか?

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「結局手で開閉するこのシカケ!!」

 

今日の画像は日産さんのルークスのカタログを一部転用させていただいています。機能は・・・

 

 ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉(挟み込み防止機構付)

 

 買い物を終え、荷物を両手で持った状態でスライドドアをドアノブで明けられない時に使う機能なのは皆さんもご周知のことと思います。足先をステップ下にそっと寄せるとセンサーが検知して電動スライドドアをスルスルと明けてくれる便利な機能です

 

 同様の機能の一つとして、リアゲートが同じようなシカケで電動で開閉するというのがあります。国産の高級SUV車や欧州車の高級SUV車に備わることが多いのですが、国産車は試す機会がないためわからないものの・・・

 

 JAIAさんの試乗会で欧州SUV車で試したことのある私達の経験から言うと・・・

 

「この機能を一発で開閉させた事が一度も無い!」

 

 というのが正直なところです。この機能を持つ殆どの車がセキュリティー上の都合でエンジンを切ってキーフリーキーをポケットなどに入れたまま足をそっと伸ばし開閉させるケースが多いのですが、とにかく多くの場合一発で反応しない。。。というか開閉しない!試乗車で何度も試していると

 

 「これ、荷物を地面に置いて、手で開けたほうが早くないか?」

 

ということになる。多くの場合間違いなくこういうオチになります。安全装置が多すぎるのかもしれませんね。ステップ下を猫が通っただけで開いたりしてはダメなわけですから。。。

 

 気が利かないとクレームを考える前に、所詮は人間の身体に敵わないということを肝に銘じて車に接することが重要だということです

 

 ※ 他の機能でも同様の経験をしましたが機会が有りましたらこちらで書いてみようと思います

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「ポス席の着席数を減らし感染対策」

 

 こちらもUSSさんのある会場の画像になります。昨日の話題に続きますがとうとう2人で一組のポス席のひとつを潰し、2人掛けの席を1人で利用するよう要望が出されました。確実なことは言えませんがこの前の週に東京会場で実施したのが最初だと思われます

 

 こうしてソーシャルディスタンスを取って感染予防に取り組みましょうという会場側の働き掛けが具体的に実施策として取られるようになりました。しかし・・・ソーシャルディスタンスって調べてみると「社会的距離」のことのようですがセーフティーエリアとかの方がわかりやすいような感じもします

 

 しかし残念なのが中古車屋の悲しい性!このように会場側が策を打ってくれているにも関わらずあえて二人がけして話している会員が少なくない上、飲み物を飲む際に邪魔なのかマスクを外している人もいて・・・まぁ~いい迷惑です。撮影したこの日は後ろの席の人が二人がけの上時々咳き込むため、即座にルールを守っている人たちが座るエリアに空席を見つけ移動しました

 

 中古車屋の中には社会的規則に馴染めず、人生の中で度々開き直り、社会的ルールを今話題の強調圧力と勘違いして会社勤めができなかった人間がある一定数いることは間違いないのですが、今のように自分の命に関わるような緊急事態でもいい年してルールを守れない人がいるのは実に悲しい話です

 

 皆同じ方向を向いて協力しないとウイルスの封じ込めはできませんよ!

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「業者オークションにも影響が・・・」

 

 画像は3月のUSS横浜会場のものです。中古車のオークション会場でも新型コロナウイルスを警戒しマスク不足が大々的に話題になっている中でも来場したマスク未着用の会員にマスクを配り、入場時にはエントランスに置かれたアルコールで必ず消毒するよう会場の方が促していました。今のところ来場者からの感染者や、会場がクラスター感染の場になったという情報は一切聞いていませんが、このような努力が結果となって現れているのでしょう。

 

 同じ港湾エリアに位置するTAAオークション会場などは新型コロナウイルス対策として「会場には来ないでほしい」 下見は有料の下見代行サービスを利用し、入札はパソコンからネット経由で参加してほしいという方法を取っています。これも間違いのない予防策ではありますが100万円を優にこす相場の車両なら十歩譲ってネットのみで完結したとしても、私のようにロープライスのコーナーで隠れた宝物を探すような者にとっては実車をみられないのは致命的な打撃となるため、ここ最近は下見ができるUSS横浜会場に自ずと足を運んでしまいます

 

 とにかく相手は目に見えないウイルス、会場側に任せっきりではなく我々も仕入れの場を失うようなことがないように消毒と徹底的な手洗いで攻防することが大切です

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

2015年ミラノ市内で撮影したオペルアダム

(みんちゅう事務局撮影 一切の転載、転用を禁止します)

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日の呟きはこちら・・・

 

「オペル再上陸・・・売ってみなきゃわからないのが正直なところ!」

 

 今年明け頃からドイツの自動車ブランド「オペル」がPSAグループに買収され日本再上陸するという話題が度々出ていました

 

 ヤナセが販売しながらも悪夢のような販売台数と、驚くほど低い商品精度からまるで逃げるように撤退したブランドがオペルでした。おかげで日本国内の欧州車好きの人たちの間でも悪いイメージを持つ人が多いのは事実です

 

 ここのところの新型コロナウイルスの影響でガタガタの日本経済市況の中で予定通り発売に至るかどうかは疑問ですが、とりあえずはウイルスの影響は無いと仮定すると・・・

 

 このニュースが公式に発表された後のSNSはとにかくオペルに対しての悪評の嵐でした。中古車として扱いの経験を持つ私も随分と手を焼いた車でした。故障したとお客様が預け入れをすると不具合の現象がとことん出ない!お客様の許可を頂いて70Kmとか100Kmほども試乗しても現象が出ないためお客様にお返すると・・・翌日にオーバーヒートでエンジンが致命的な打撃を受けるなどということの繰り返し

 

 ウィキペディアから一部転用させていただくとオペルが日本を撤退した理由とは・・・

 

目が肥えた日本のユーザーから「他のドイツ車と比較して地味であり、信頼性や高級感も劣りプレミアム性にも欠けるブランド」と認知されてしまったことなどから、オペルの日本での販売は激減した。

 

 確かに事実でした。しかし。。。PSAグループに買収されたことが理由で日本再導入が検討されたのではないのではないか?とも思うのです。目の肥えた日本ユーザーに見放されたオペルでしたが、ユーザーに見限られ実質オペルが日本での新車販売を終えた2006年で、オペルというブランドそのものも消滅したような印象を持つ人もあるいはいるかもしれません。。。

 

 しかし、オペルはなくなりませんでした。ずっと発売を継続して日本未導入の新型車を現地で次々と発表し、エリア限定と言われた欧州では地味ながら販売実績を積み続け決して消滅しないブランドとして生き延びてきたのです。カスケーダとかインシグニア等のスタイリッシュな車種を見れば、セネターやカリブラを知る世代の人たちは驚かれるかもしれません。そして我々がイタリア視察に行った2015年のミラノやフィレンッェでは画像のオペル「アダム」が街中を席巻していたのです(街中アダムだらけ!) あまりにも日本のイメージとかけ離れた状況に 「これは尋常じゃなく売れている!」という印象を持って帰国したのです

 

 このような経験から私達は導入するメリットが全く無く再上陸するのではないな?という思いでこのニュースを見ていました。PSAグループに入り、良い意味でスケールメリットを出して、正直マイナスイメージが定着している日本の評判をプラス方向に塗り替えて欲しいと思います

 

 スタイリッシュなプジョー、前衛的だけど日常使いが可能で手に入れやすいシトロエンやDS、そして実用的だけどカッコ良いオペル・・・みたいになれば選ぶ側も楽しくなるじゃないですか?

 

あとは新型コロナウイルスが導入に影響するかどうかにかかっていそうです!

 

 

 

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01