みんなの中古車市場です

 

 今日のトピックはこちら・・・

 

「だから言わんこっちゃない!!」

 

 先日、非常に落胆した口調で、知り合いの同業社長が電話をよこしました

 

 「先日〇〇のオークションでセリの時間に立ち会えないので〇〇フ(トラック名)の1.5tのドライバンに指値をしたんだけどさ・・・

 

 ずいぶん安く買えたと思ったら・・・

 

 LPG車だった!!」

 

 もう・・・かけてあげる言葉も見つかりません。。。!!常々天然ガス車とかLPGとかの車両に間違って入札しないように出品票の使用燃料の欄を必ず確認しなければダメだよ!!と言っているし、私たちの業界の常識なのですが。。。やってしまったようでした。しかもディーゼルエンジンのトラックの相場で指値を入れたためありえないくらい(相場より相当高額で)落札してしまったのです。。。

 

 「いや、待ってください、LPGガスタンクの容器使用期限がまだ残っていれば何かしら売る方法は見つかりますよ!」

 

 と声をかけたのですが。。。タンクの容器期限。。。

 

 平成28年夏で切れていた。。。!!

 

 イヤ、ちょっと待てよ、ドライバンなんだからリアとサイドにスライドドアがあればつぶしが効くからなんとか売れる!!

 

 サイドのドアが無かった。。。!!(ある意味希少車!)

 

 こんな時はみんちゅう加盟店の皆で知恵を出し合って助けあう!!確かに間違って入札したことが発端だけど、他人事で笑っていられるだろうか?私たちだっていつ気のゆるみでこんな事故に遭うかもしれないのです!

 

 とうわけで、あらゆるメディアでUPしてとにかく年末を乗り切る勢いで売ることにしました。私はネットオークションの撮影係を承りましたので、頑張って撮影です!!

 

 というわけで、中古車屋のよもやま話でした。。。

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!
 

 

 

 

 

 

AD

 

 

 みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「車の話しじゃないけどこの名前ご存知でしたか?」

 

 昨日の記事の中で「ゴルフスコアを記入するのと同じ鉛筆」と書いていて・・・これってあまりにも不甲斐ない書き方だよな。。。と反省しつつ製品になっている以上は名前があるに違いない!と検索してみました

 

 中古車屋さんがUSSさんのオークション会場や、ゴルフ場のスコア記入で使用している「プラスティックに鉛筆の芯が埋め込まれ、ポケットにひっかけられる・・・あのペンの正式名は。。。」

 

 

 「ペグシル」

 

 でした!!大阪市に本社を置く、ゴルフ関連商品を扱う岡屋株式会社さんが昭和49年に発売したのが始まりだったようです。牛乳のフタを開ける道具がヒントとなったそうです。開発中のご苦労は公式サイトで見ることができます

 

 岡屋株式会社さんペグシルページはこちら。。。

 

 おそらくかなり利幅の少ない商品だとは思いますが3000本、31500円からの注文を受け付けているようです。また、ポケットに引っかけるあの部分に広告をプリントすることも可能ですので使用状況に応じて様々な使い方ができそうです

 

 今は鉛筆の部分がボールペンになっている「ペグシルボール」という商品も出しており、こちらは500本(10,000円)(税別)※名入れの場合は、3,000本~からとなっています

 

 どうでしょうか、図らずも忘年会ネタを皆さんに提供したような内容になってしまいましたが、中古車のオークション会場で利用されているという接点があるということでご了承を戴ければ幸いです

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!
 

AD

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「さすが業界標準・・・凄い!!」

 

 今回は業界向けの内容ですので、一般の方は「そんなものがあるんだ」程度で流していただければ幸いです。

 

 中古車屋の経営者ならだれもが知っているオークション運営会社、USSさん。業界でこのオークションに入会登録していない車屋は「もぐり」とまで言われている(これはあながち間違いではない)今や業界標準のオークション運営会社です。このUSSさんが提供している会員限定オークション専用サイト「CIS情報サービス」 私たちにはなくてはならないツールであると同時に、今のようなネットを通じた中古車売買のスピードに欠かせない情報を提供してくれるサイトでもあります。全国のUSS会場のオークション出品情報は当然ながら、自社の出品車両情報。例えば自社出品車両の評価点や専用サイトでどれだけの会員が見たのか、お気に入りに登録している人は何人いるのか?同じ出品会場に同じ車種、グレード、年式の車が何台出ていて出品予定時間はどうなっているのか・・・等がわかるため売る側も買う側もデータを十分に分析してセリに臨むことができるのです

 

 数年前よりスマートフォン専用サイトも立ち上がりましたが、システムを運営しているCISさんがサイト内で会員に向け「どのような機能があれば使いやすいですか?」という希望をアンケートで頻繁に投げることによってより使いやすいサイトに変更してくれています。しかしその精度が高く使いやすいうえ変更スピードが早過ぎて驚いています!おそらく今の使用内容で十分過ぎるはず、中古車屋のわがままなど聞いていたらキリがないと思いつつも要望を聞いてから僅か2.3ケ月でどんどんシステムが更新されているのです

 

 運営サイトの窓口や、USSさんの各会場の方々の一部作業をネット上から処理できるサービスの新設は大賛成ですが、スマホ専用サイトと連携することで発生する新たな要望にもどんどん応えてくれています

 

 例えば、9月下旬から追加された「スマホアプリから地方会場の下見代行サービスを申し込むことができる機能」などは😢が出るほどうれしいもので、例えば地方に登録納車に出かけていて事務所を留守にしている時に、中古車探しを依頼されているお客様から「条件の枠を広げたので早めに探してほしい」などという連絡を頂戴したとしましょう。検索したら名古屋の会場にその日ピッタリな出品車両があったとすると・・・タブレットPCなどを追加登録していない私などは事務所に戻りパソコンを通して依頼するしかありませんでした。ところが今度は出先からスマホアプリから依頼できて、現地の検査員の方から直接連絡をいただけるようになりました。確かにネット上で見る出品票の情報は正確ですが、お客様によりチェックポイントは異なりますから下見は重要です

 

 しかし驚きなのはUSSさん会員の中でCISサービスを利用している会員は未だ6割前後だという衝撃的事実!!確かにオークション会場で紙のリストを手に取ってタダでくれるゴルフスコアを記入するのと同じ鉛筆で車両をチェックしながら下見をする・・・でもタダで食べられるモーニングの時間も外さない・・・あとは自分の山勘!!それでも良いのですが、CISデータを利用している会員は下見をする車両のリストアップは前日までに全て済ませ、下見をする車両の優先順位をつけて来ています。モーニングを食べる頃にはターゲティングした車両のチェックは全て終了しているケースが殆どなのです。それだけではなく下見車両の直近相場データも確認済みのため、年式などの基本情報に実際の程度を加味した入札額まで予測してきています

 

 「安く買えたと思ったら使用燃料がLPガス(または天然ガス)だった!」

 

とか「2WDかと思ったら4WDだった!」などという間違いはほぼありませんし買い間違えで損した時間内にネットを駆使することに抵抗の無い業者は数台の売買を終えていることも十分に考えられます

 

 毎月の利用料が勿体ないとか聞きますが、行き当たりばったり経営で出してる損失の方が利用料をはるかにこしていることに気づかないんですよね。。。

 

 話がそれました、CISさん、これからも使い倒して弊社なりに利用させていただきますのでこれからもどうぞ宜しく!!

 

 

 

 

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「いったい何需要?」

 

 今日は最近クラウンでちょっと潤っている知り合いの業者さんの話題です。足立区に店舗を持つその業者さんは不定期にUSS横浜会場に仕入れのために来られたり、時々入札会などで自社の仕入れを行っているそうですが、先日USS横浜会場で昼食を食べている時の事です。。。

 

「今151系前後のクラウンのバックオーダーを5台ほど抱えています」

 

「ええっ!」と思わず口にしてしまったのですが、そう言われてその場でオークション専用サイトで直近相場を見てみると、過走行のものを除いてちゃんと値段が付いて落札されているのです。。。

 

 「それって、誰が?まさかの外人さん?というかどの国の需要なの」

 

ところが、その業者さんが仰るにはオーダーを戴いている人の年齢も性別も国籍までもがバラバラだというのです。ということは外国人の人もいるってことなのですが・・・何が直接魅力的なのかがわからないとハッキリ仰っていました。。。

 

 「確かに・・・平成10年以前の旧規格のキャリイに値が付くのは北米のバイヤーが持っていくというのはハッキリしていてどれだけ走行していても修復歴があっても定規で計ったようにほぼ同じ相場だったりするけど・・・ここにきてクラウン・・・しかも151とか171とかをオーダーするというナゾはどうしてもわかりません!ただし排気量は小さい方が人気だそうです。。。

 

 日本では自動車税が高額だし、海外でも国によっては小さいエンジンの方が良いところもあるし・・・やっぱりナゾです

 

 そんな話を聞いた後にヤードに出品されているクラウンにそっと乗車してみるのですが・・・昔からラクな運転ポジションで付いているものは全てついている。。。だけどこの年式でなければならない理由は見えてきません

 

 よくわかりませんが、セダン人気復活!とかいうニュースもあり、中古車市場が活況になることは良いことではありませんか?

 

 どれ、ウチでも1台仕入れてみようかな・・・

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「ウソじゃありません、メトロもそうです!」

 

 先日24日にイタリアの公共交通気j間のシートは質素で決して豪華ではないということを書きましたが不覚にも「バスの画像だけUPして皆がそうだみたいな書き込みはいかんな!」的なことを本日開催されたTAA横浜会場でお会いした同業者の方に言われましたのでこちらで一つの証拠画像をUPしましょう(疑り深いのはタメよタメ!)

 

 今回の画像はミラノの地下鉄(メトロ)車内で現地人の知人女性と乗車し「観光客丸出し」の感じで堂々と撮影しましたので被写体となったご婦人にも何のクレームもなく撮らせてもらえたのですが、御覧下さい、これはミラノの地下鉄(メトロ)の車内シートです

 

 どうですか?間違いなく簡素でしょう?オールプラスティックという感じがすぐにわかりますね。背もたれのところはかろうじて色の違う「プラスティツク」ですが、特にすべり止めが施されているわけではありません。座面は何の加工もされていませんのでツルっツルです!しかし凄いと思わせるのは、シートが一人分づつお尻のカタチに成形されていること!日本人のようにスッとぼけて7人座りの席に6人で座ったり、本来満席のシートに無理に割り込んだりすると・・・となりのシートとの山の稜線部分に座って実に居心地が悪くなるため無理して座るような人は目にしません

 

 〇〇オートの社長さん、わかっていただけました?言った通りでしょう?今度機械があればトラム(路面電車)の車内も撮影してみます

 

 ※それにしても平日の昼間の車内で普通のご婦人が乗車していらしたのですが、普通のご婦人の洋服の色使いもちょっと素晴らしいと思いませんか?子供の頃から美しいカタチと色使いの中で育つと普段着もこうなるのでしょうね。。。さすがデザインの国です

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「オートバックスで買える電動バイク(否自転車)」

 

 

 先日、仕事で運転中ラジオのある番組で電動バイクの事が紹介されていました。実際にレポーターが乗って実況していたのですが、それが今回画像でUPしたオートバックスで発売される折りたたみ式電動自転車バイク「グラフィット 「glafit」

 

 レポーターが「これ、完全に原付ですね」と叫んでいたのが印象的だったのですが、これまでにもあったなんちゃって電動自転車(実際にはモーターのみでも走行してしまう法に触れる商品)や、ヘルメットが必要な本格的な外観ながら大陸性の作りの悪い安物で購入後1ケ月もしないうちに壊れてしまう物等々でしっかり使えそうなものがありませんでした。しかし、このグラフィットはきちんとした原付登録ながら折りたたみ式のコンパクトさ、いホイールモーターのため外観上は電動バイクに見えないスタイリング、リチウムイオン電池はフレーム内に巧妙に隠されUSBポートまで付いてる

 

 自転車走行、完全電動走行、そしてハイブリッド走行という3パターンで使用できる本格さ!!しかもオートバックスで購入可能だし現在は先行予約という形でネットで注文が可能!

 

 特に集合住宅や戸建でもスペースを取らない折りたたみ式という事で、通常使用での保管スペースも取らない上、気軽に車に積み込んでどこにでも持ち歩けるのも大きな魅力で重量はたったの18Kg、WEBでは通常の原付バイクは約70kgと書かれているのでどれだけ軽量なのかがわかります

 

 これは欲しい!!動画も是非ご確認下さい!!

 

 

 

 これはちょっとしたブームになりそうです!!

 

 価格は15万円(税込)

 

 WEBページはこちら

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「公共交通機関のシートは快適でなくても良いと思う事」

 

 今回は完全に私見ですので勝手で書かせてもらいますが、何かの際のネタとして見ていただければ幸いです。日本で利用するバスや電車では度々席の譲り合いが問題になったり感動話になったりしています。確かにその通りと思いますが昨今流行りの「海外で過ごす日本人を追いかける番組」などを見るとそこで目にする海外の公共交通機関の車内があまりにも簡素で「日本は恵まれ過ぎているのではないか?」と感じることがあります

 

 簡単に言うと、どうも海外の多くでは公共交通機関はあくまで移動が目的であり快適に乗る必要はないのではないか?という事。日本の場合バスでも電車でも長距離を走らないものであってもシートは1時間以上も快適に座っていられるように作られていますが、上記の番組等で見かける海外の乗り物のシートは本日の画像のような簡素なもの・・・

 

 画像は一昨年みんちゅう出張で行ったイタリアはフィレンツェのミケランジェロ広場から市街地に戻る際に乗車したバスの車内を撮影したものです。

シートを御覧ください。私たちの感覚だと一見して「アレ!ウレタンをそのまま貼ったか?」と思いませんか?  とんでもない・・・ウレタンどころか浴室で使う椅子のようにプラスティックそのままでできているのです。しかも標高の高い丘から下る路線のため、下りコーナーを何個もクリするのですが、バスの運転手もアレツサンドロ・ナニーニ宜しく(有名なイタリア人F1パイロット)全く減速しないでコーナーを攻めるため左右に揺られるうえコーナー奥でセオリー通り限界レベルのブレーキングをするため撮影しながら座っていた私もプラスティックのシートから何十回もズレ落ちそうになりました。それでも誰もクレームを言うわけではなく黙って乗っています。旅行者が訪問地を全て知っているようなことを書いてはいけませんが、田園都市線で急行電車を2本ずらして乗り込む殺気立った通勤客の椅子取りゲームのようなセコさはバスでもトラムでも地下鉄内でも見かけることは無く、積極的に座ろうとする若者やサラリーマンも見かけないのが不思議です。。。

 

 国民性と言えば全て終わりになりますが、自家用車をリビングと間違えているかのような使い方をする日本人は公共交通機関にも同じ快適性を求めた結果、ファブリックの立派なシートを生み出したのではないでしょうか?激務なんだから移動中くらい休ませてくれ・・・って、スマホいじりに忙しくて休んでいるようには見えませんが。。。

 

 みなさんはどう感じますか?

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「パイオニア、シリアル通信対応の業務支援用ETC2.0ユニットを発売」

 

 

元記事はこちら、ETC2との連携によるメリットが書かれています

 

パイオニアは、シリアル通信に対応した業務支援用ETC2.0ユニット「ND-ETCS20B」を発売する。

新製品は、シリアルポートを装備するドライブレコーダーやデジタルタコグラフ、タクシーメーターなど、各社の車載機にETC料金や通過したゲートの情報を送信できるシリアル通信に対応。利用データを活用して、利用履歴の管理やリアルタイムな有料道路の乗り降り管理などを行うことができる。

 

<以下略> 2017年11月22日(水) 11時30分 レスポンスさんより一部転載(画像も)

 

 かなりETC2の機能も充実してきたようです。今回の記事はパイオニアさんの広告記事ですが、同社が持つ業務用カーナビシステムと接続することで様々なメリットを活かすことでできるようになっています。主に業務用として活躍するETC2というイメージが強いですが、同社が提供するクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の様々なメリットについても書かれています

 

 このようなニュースを頭に置きながらNEXCO東日本さんなどで提供する高速道路料金検索のページには既に従来のETCとETC2とでは別料金の枠が設けられていることにお気づきでしょうか?プロドライバーにメリットが発生することは様々な意味で良いと思いますが、既に現金払いとの差が少なくなっている従来のETCが強制的にETC2に変更せざるを得ないようになる流れになるのではないかと心配しています。現在利用中の従来型ETCにも何の不満もないのですが、ドラレコの需要が急拡大している今、個人利用者であってもたとえばドラレコデータをクラウド上で管理するシステムを提供するようになるかもしれませんし、このような方法で個人利用者から料金を取ることで新たな利益獲得の窓口とするのも自然な流れになるのかもしれません・・・

 

 まだ、使えるだけに、なかなか踏み出せないな。。。

 

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「輸入車がエライとかのハナシではない事実」

 

 

 先日、買い取りの件で新規のお客様が見えました。オリンピックマークに似た欧州車ブランドの中型4WDワゴンの買い取り依頼(最も売れているのはこのもう一つ下のモデル)だったのですが結果的に買取交渉は決まりませんでした、どうやら欧州車至上主義のようなお考えの方のようで

 

 「なぜそれしか値が付かないのか?」「何か間違っていないか?」「国産車の買い取り価格と間違っていないか?」と時には口調をやや荒げて仰るのですが、最後には「こんなに安い値付けをされるとは軽自動車じゃあるまいし・・・」と仰り、もう一度大手買い取り店に行って交渉するということで帰られました。私どもではこんなお話しで深入りするつもりは毛頭ありません。大手買い取り店で安値を付けられたから当店に来られたのは間違いなさそうでしたが大手と張り合って業者オークション相場を少しでも上回る値付け額で買いとるつもりは毛頭ありません。ましてや欧州車ですし、お客様も新規の方です。「どうぞ大手さんで交渉してください」とお帰りいただきました

 

 私たちは過去に何度も何度も「欧州車、欧州高額車を新車で買う方に足を向けて寝られません」と申し上げてきました。もちろん頭が下がる思いですということも。。。なぜなのか、リセールを考えたら新車で購入することなど怖くてできないからです。しかし真のセレブと言われる方々は常に新車しか購入しませんのでリセールで生じるマイナスなどなんともないのです

 

 よく「新車で購入し陸運支局でナンバーを付け封かんをパコーンと付けてられた瞬間数十万も値下がりしてしまう車がある!」というようなことを専門誌やSNSなどで目にします。これは日本標準と呼ばれる巨大業者オークション会場のデータを見れば明らかな事実です

 

 輸入車においてはメーカー認定中古車至上主義と言われ、我々のような中小の中古車屋がいくら頑張って値付けしても胡散臭いと反響は無いわけですが、一つ重要なことをお伝えしておくと、輸入車ディーラーに並ぶ認定中古車の一部の車両はディーラー自ら台数を稼ぐため未使用車をおろした車両が多いのですが、店頭に並べる車の台数が足らない場合、上記のような大手業者オークション会場から落札&仕入れるという事実を知っておくべきです。それを独自の整備を施し認定中古車として店頭に並べれば、未使用車なのか仕入れた車なのかはわかりませんよね?

 

 さて、古い日にちに遡って更新などしている弊ブログ、反響も薄いため上記のお客様が乗っていらした車の現在の業者オークション相場をお知らせしましょう。国産車や軽自動車をの悪口をさんざん仰っていらしたからというわけではなく、なぜ高額で買い取れないのか・・・

 

 平成28年式 A〇DI A6ア〇ントT△SI ク〇トロ◇ライン 走行5千Km

 車検平成31年6月迄 ボディーカラー シルバー

 新車時車両価格 8△5万円

 業者オークション相場価格 460万円(買い取り価格でなく業者AA相場のため買取り価格は更に安値)

 走行が少なくてもナンバーを付けた直後に150万円以上のダウンは確実‼️

 

 中古車検索サイトでいくらで売られているのか見ると気絶しそうになりますがディーラーから認定中古車を保証付で150万~200万円のプレミアム価格を上載せして買うのは良いと思います、アベノミクスで日本経済が潤っているのは先の選挙の結果を見てもわかりますから、経済の活性化のためにも購入していただきたいと思います

 

 ただ私のような貧乏層の感覚としては新車購入時に10万円値引いてもらい、1.9%のローンを組んだとしても・・・蒸気機関車で新幹線を追うくらいの値落ちのスピードではとうてい追い付かないのは明白となります

 

 1年落ちだから700万円で買ってくれと言われてもそれば無理というもの、メルセデスならまだしも中身は超巨大独逸ブランドの車と基本同じなのですから

 

 新車で購入してくださる人に足を向けて寝られないというのはこのような理由からです

 

 保証継承は購入者の皆さんにお任せすることになると思いますが(個人情報保護の見地で私たち中古車屋が代行するのがやりにくい世の中になっているため)上記価格のような安価で購入したい方はみんちゅう登録店にて購入をご相談下さい

 

 

 ※ワゴンRやムーヴの方がはるかに値落ちスピードは遅いのです!ヴェルファイアやエルグランドも同じですよ!

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!

 

 

 

 

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「売っても買ってもダメです!」

 

 YAHOOで会員登録をされている方のところに上記のようなメールが送られてきていませんか?これはYAHOOからの公式なメールです。個人も多くの人が出品するヤフオクと違い、ヤフーショッピングはヤフー側が出品するに相応しいと判断した中小の企業が売り上げの手数料をYAHOO側に支払うことで利用できるネットショップになります。しかし、このように社会的影響が少なくない企業や個人経営のショップで「シートベルト警告音キャンセラー」などと銘打って大量の商品が紹介されているのです。本日夜8時現在、前記商品名で検索をかけるとまだ580件を超す商品が表示されます。

 

 「シートベルト警告音キャンセラーって何?」と思うかもしれませんが、要はシートベルトを締めていなくても警告音がならないようにするものです。商品説明などでは「助手席などに重い荷物を置いた時などに便利」などと表記されていることが多いようですが、実際にはシートベルトを締めなくても警告音が鳴らない様にする違法商品とも言えるのです。トヨタ車などではある程度の重量物を助手席座面に置くと助手席側のシートベルトが装着されていないことを知らせるブザーと警告灯が点灯するのが正常ですが、これをキャンセルしてしまうわけですから違法性が高いというより完全に違法な書品です。しかも中には「本商品を使用しての事故については一切の責任を負いません」とまで表記されているものもありますし、商品の多くが2個セットで売られていることからもわかるようにまるで違法であることを初めから認めているかのようです

 

 おそらく車検制度を管轄する国交省などからの通報があってYAHOOに警告があったのではないかと思われますが、これは「売っても買っても罪」絶対に購入しないようにしてください

 

 ※余談ながら、このレベルの出来上がりでこの価格???レベルの粗末なものまで売られています

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、
ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。
ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。
https://goo.gl/WcPlp    

 

みんちゅうはSEO対策もバッチリ!グー&センサーさんとの併用で広告効果が各段にUPします!!