みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「ブログを更新してないと言えば・・・」

 

 もう、ウチしかないでしょう!と言われそうですが、中古車屋だってコロナの影響でもうねぇブログどころじゃない時期もあんのよ・・・持続化給付金でなんとか食いつないだ後はソーシャルディスタンスの影響でジワジワと車が売れ始めているのでなんとか首の皮一枚でいきているようなものです

 

 先日みんちゅう運営委員の皆さんで打ち合わせをしていたところ、ブログの更新が滞っている・・・というハナシでAI機能をフル活用してアプリから車の画像を送るだけで買取価格が決まるという謳い文句で一斉を風靡した「DM■オート」のブログが昨年より滞っているということで、本家のWEBを見るとWHAT`S NEW のページも昨年1月から一切UPされていません

 

 そう言われてみると弊社に来られるお客様も海賊や大きなモーターに騙されたとかいうハナシは年中お聞きしていますが

 

 スマホの画像で他社より15万円も高く買ってもらえた。。。なんてハナシは聞いたことがありません。で、やや真剣に評判等を見てみると数年前になにやら一気にかいてもらったかのようなすりごま的なブログ記事などが見つかりました

 

 どうなんでしょうか?C to B というのはやはり難しいのでしょうかねぇ?今も元気でご活躍ということでしたらお知らせ下さい。私達の認識不足ですのでこちらで紹介させて頂きます

 

 かいぞくやおおきなモーターさんでトラブルのは実車を見ていながら後日修復歴が見つかった時「返金制度」で、当初の見積もり決定額から減額されるところなのは皆さんもご周知の通り

 

 今どきプロでもなかなか見抜けない修復歴が多い中DM■オートさんもなかなかやるものだと思っておりました。

 

 「画像を送ると、AIが画像分析で修復歴の有無、修正機跡なんかもバシバシ見抜くのでしょうか」

 

 だとすれば素晴らしいシステムですね!それならコンシューマーなんかに目を向けないでUSSさんと組んで、出品車両を撮影すればたちまち修復歴が見つかるとか、我々中古車屋と契約して下取りや買取車両を撮影すれば瞬時に修復歴が見抜けるというような使い方の方がお金になりやすそうです

 

 やはり、ミラノで勝手にシトロエンC4 カクタスを査定するみんちゅう運営委員のように実車。現車ありきだと思います。。。私見ですけどね

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「メルセデスの中古車を買う人は絶対に見なければならない動画」

 

 突然このような書き出しになっていますが。メルセデスの中古車を購入する人、特に平成17年頃から今日に至るメルセデス、巷で「専用診断機がなければ修理不可能」と言われているような年式のモデルを購入したい人は絶対にこちらの動画を見ることをオススメします。

 

 例によりリンク、転載、文章での勝手な紹介に伴うクレームを避けるため一切こちらでは動画共有サイトのアドレス等貼れませんので、アカウントで検索する場合は「小田オート」で検索して下さい。検索した後は自分自身が検討しているモデル以外のもの、場合によってはポルシェやアウディも目にすることができますがとにかくメルセデス・ベンツの特徴をよく掴んで下さい

 

 私達素人の目には破損した部品が原因なら一目瞭然なので修理のしようもあります。で、警告灯が点灯したらその場所を探すために診断機をあてて不具合箇所を探し・・・修理して完了というイメージではないでしょうか

 

 ところが今日日(きょうび)のメルセデスは違うのです!!

 

 私も動画で確認してよぉ~く頭に叩き込みましたが。もはやメルセデスは

 

WINDOWSのOSと同じなのです!!

 

 ハードの故障もさることながら不具合が発生したら、不具合箇所を司るユニット(時にシステム)のバージョンンUPを実施して、更にエラーを消去してりセットをかける。小田オートさんのある動画ではパワーウインドウが故障し、ハード面での不具合かと思いきやパワーウインドウユニットのバージョンUPを実施して対応し修復、動画の終わりには「お決まりの不具合」とかサラリと仰っています

 

 それから、ノーマルのメーターパネルをAMGバージョンに書き換えたり、デイライトを本国同様(日本仕様のようにヘッドライトも同時点灯してしまうのを分離させる作業)に変更するコーディングという作業を手慣れた一連の作業でササッと実施しています(コーディングの作業時間はかかるようですが)

 

 とにかく、一度見ていただきたい!一般の人も業者もそして自動車評論家と呼ばれる人も必ず見ていただきたい!中古車を購入する場合に有意義な参考資料になるはずです。中古車屋の立場に立っても是非見ていただきたい。プロの世界でノウハウは金になるからと表に出さない業者が多い中、小田オートの社長はあえて「業者様」と言ってエラーチェックする際のコネクタのピン番号等なども惜しげもなく公表されています

 

 大阪にあるにも関わらず九州や北陸、時に首都圏のメルセデスの専門業者までもが小田オートさんに持ち込んで難攻不落の厄介な修理を依頼しています。これらを拝見していると・・・

 

 横浜辺りで小洒落た店舗で「メルセデス・ベンツ専門店」と謳って商売されているところって・・・信用できんの?と思うはずです。おそらくこのような専門業者も小田オートさんで直してもらっているんじゃないかなぁ~?

 

 とにかく悪いことは言いません、メルセデス・ベンツの不具合で頭を抱えている方はプロ、アマを問わず小田オートさんの動画を見ることです!!

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「ディーゼル車に乗りたがる人に妙な幻想を持たせないでくれ!」

 

 やや乱暴なタイトルですが、昨年末弊社に来られたお客様が次期車両はディーゼルエンジンの欧州車で検討されているというお話をお聞きしました。こちらは商売ですので「そうですか」「いいんじゃないですか」とお聞きしていたのですが検討の前段階でこんなことを話されていました

 

「今どきのディーゼル車はエンジン音も静かでガソリンエンジンとそう変わらないそうですね」

 

「今どきのディーゼル車は長く乗れるので10万Kmオーバーまで乗れるそうですね」

 

「やはり今はディーゼル車なんでしょう?リセールも高いと聞きました」

 

等々もう止まらない勢いで惚れ込んでいる様子。。。

 

 そこで「どこで仕入れた情報ですか?」とお聞きすると、動画共有サイトにUPされていた評論家の方々のレポートとWEBに記載されたレポート記事を参考にしたそうなのです。お聞きした方の動画レポートを確認してみると確かに上記のように静かであるとか、ガソリンエンジンと間違うほどとか、さすがディーゼル、ビッグトルクで重い車重もグイグイ引っ張るとか・・・もうねぇ~ちょっとちょっとって感じなのです

 

 結構ですよ・・・バリバリのディーゼルエンジンを楽しむのも。。。但し

 

 新車を買うのであれば。。。

 

 上記お客様は中古車両を探しているのです。できれば「忖度して、されて」という大人の事情もあるでしょうが検討している一般人を迷わせるようなことは書かないで本当のことを書いていただけないかと思います

 

 新車から5年落ち、5万Kmまでなら何も心配することなくディーゼルエンジンを楽しむことができるでしょう。しかし6年落ち、10万Kmに届こうとするディーゼルエンジンの欧州車を購入するのであれば、僅かに残るダシを楽しむために身も凍るような故障の多さとそれをカバーできる修理費用とロスする時間と引き換えであることは承知しておくべきです。

 

 だいたいディーゼルエンジンは欧州車だろうが国産車だろうがガラガラいいます。街中歩いていて交差点などで走るメルセデスやBMW、VWやプジョー、MINIをよく注視して下さい。結構な音出ててますよ!!ジャガーであっても同じ!特に車内に対する遮音はバッチリであっても限界はあり、社外には結構音を逃しているメーカーが殆どです。また、Eクラスのブルーテックを例に取ると、ビッグトルクとパワーでディーゼルエンジンを感じさせないとか書いている先生もいらっしゃいますが

 

 1.9トンを越す車重をガラガラ言わせながらモッサリ走り出だす様はトラクターのようであり、どう見ても機敏に走るスポーティーなものではないのです

 

 10万Kmも越すといろいろと不具合が出てきます。例えば本日の画像。皆さんが「神」クラス級に崇めるメルセデス・ベンツのEクラスブルーテック(W212 ディーゼルエンジン)のメーターパネルです。「アドブルーを確認、取り扱い説明書を参照」と出ています。取説を見れば解決するように見えますが立派な故障。しかも定番のアドブルーヒーター故障などでは社外品で部品代7万円前後+工賃(がっびぃ~ん!) 

 

 加えて画像右端にオレンジ色の点灯がちょっと見えますが、これはエンジンチェックランプが同時に点灯しているところで画像の車両はEGRバルフの不具合(ほぼほぼ煤による汚れ)で正確なデータを取り込めずエンジンチェックランプを点灯させています。6万円ほどかければディーラーサービスで清掃の上、診断機で再診断して治る「かも」しれませんが現状はあくまで故障の状態

 

 で、僅かな希望を持って自分で修理しようと思うかもしれませんが、動画共有サイトで修理を行う動画をUPでしている人は国内ではほぼほぼ皆無、海外には猛者がいて自分で故障を治す動画をUPしていますが、メルセデスに限らずディーゼルエンジンのエンジンルームは部品点数が多いためぎっしり身が詰まっているのが常で動画共有サイトでUPされている状態に持っていくのに周りのパーツを時間をかけて取り外さなければならない・・・しかもメルセデスなどでは国産車で使用する一般的な工具ではなく星の形をしたヘクスローブソケット等を持っていなければ取り外しさえできない。。。

 

 悪い事はいいません、ディーゼルエンジンの欧州車を買うなら新車で。部品手配がいつでもついて修理も迅速にというのであれば売れまくりのマツダの一連のディーゼルエンジン車を購入して下さい、その方が皆さんのためです

 

 

※ アドブルーについては詳細を記載しませんので皆さんで調べて下さい。排気ガスを綺麗にするために使用される尿素で上記Eクラスクラスでは20リッター強の専用タンクをリアトランク下に納められています。そのためスペアタイヤは無く、ランフラットタイヤを採用していますが、めちゃくちゃ乗り心地が悪いため中古車を購入する際には必ず試乗するようにして下さい。家族を敵に回します

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

  

あけましておめでとうございます

 

今年は一日もはやく以前の生活に戻れる事と

 

楽しい自動車生活を送れる事

 

皆様が健康に過ごせる一年であることを祈りたいと思います

 

 

本年も宜しくお願い申し上げます

 

みんなの中古車市場運営委員一同

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「とにかく事実は事実としてお伝えしなければならない」

 

 みんなの中古車市場です。おかげさまで来年の輸入車試乗会の案内を頂戴しておりますが、このコロナ渦の中、無事に開催されるのか否かを今から心配している運営委員です。

 

 さて本文に参りましょう。テキストにするとまた「勝手にリンクを貼りやがって」とか「勝手に画像使って」とクレームが来るためあえてどこのブランドのお話なのかは文字にしませんが画像のブランドの販売店さんでの事です


 今年夏頃、過走行のW212 Eクラス ブルーテックを近くのオークション会場で仕入れたのですが覚悟はしていたとはいえ自走でオークション会場から搬出し5Kmも走行したところでメーター内の液晶表示に早速ブルーテックの警告灯が点灯、その後まもなくEGRの不具合によるエンジンチェックランプも点灯して予測通りとはいえ賑やかなメーターパネルとなりました

 

 こんな状況でも一切ノークレームなのがプロの世界。過走行車ですから仕方ありません、覚悟を決めるしかないのです。で、改めて室内を見れば天張りはたるみ、ドアには凹みもあり。。。仕入れたくせに感情移入ができないというか(プロ意識に欠けますね)不具合の対応で数日明け暮れ、室内やボディーの清掃も手つかずのままでした

 

 そこでいよいよ正確な不具合解消のためにはどれくらいの費用がかかるのかを判断して商品車として売るのか? 赤字覚悟でオークションに再出品して売るのか。を判断すべく提携先工場で専用診断機で診てもらいましたが・・・肝心要の最終不具合ポイントがつかめないためいよいよハラを決めて上記販売店のサービスに予約持ち込みを実施しました

 

 「オークションで仕入れた車です」「過走行車です」「症状はコレコレでこうです」と正直に伝えた後で

 

 「以前芝浦の方のディーラーさんで最終的な原因を突き止めるのに2万円強の診断機費用がかかりました。こちらでも同様程度の金額が必要ですか」と借りてきた猫のように小声でお聞きすると・・・

 

 「他の販売店はわかりませんが、弊社では最終的な原因を探るにあたり5千円~6千円前後ほどみて頂ければよいかと」

 

 と仰るのです。「うそっ!びっくり」それなら安心!!

 

 と、とにかくお願いすることにして数日後、お電話を頂いて伺うと診断機の結果が出ていました。結果的には数万円の費用はかかるものの、無事に復活する可能性が高い事、ディーゼルエンジンも走行距離を重ねるといろいろと交換部品、清掃パーツも出てくる事等々熱心に説明頂き、整備見積書も明快なものでした

 

 ですが・・・「これだけ距離も走られていますし商品車としてはどうでしょうか?」と穏やかにサービスの方が仰るので「お勉強を兼ねて自社の社用車として使用しましょうかね?」なんて応えたのですが。無理に修理をすすめるでもなく業者の立場に立って自然に接してくれてプロながら非常に安心したのであります。弊社のようなクズのような業者を相手にしてくれた事だけでもありがたいと思っていたのですが。そして最後にサプライズがありました。。。

 

 車を置き場からエントランスまで持ってくるので少し待つように言われたので「商品車ですから自分で置き場まで取りに行きますよ」とすかさずお伝えしたのですが。あまり無理を言ってご迷惑をおかけしても申し訳ないので、まだ残る戴いたペットボトルのお茶(コロナ渦だからだそうです)をチビチビ飲んでいるとほどなく呼び出されエントランスに向かいました。

 

すると・・・目の前にピッカピカに磨き上げられたウチのE350ブルーテックが鎮座しているではないですか!!上記のように不具合に振り回され私が一度も洗車しなかった車をホイールの外も内側も、ドアエッジ、ウインドウの縁、フロントグリルの隅々に至るまでピカピカにしてくれていたのです

 

 我々中古車屋にとっても洗車に関してはプロ中のプロですから手を抜いたり、ササッと済ませた洗車は完全に見抜けます。こちらのディーラーの方がどれだけ細かく洗車してくれていたのか手にとるように分かりもう感動モノです!

 

 しつこいようですが一見(いちげん)さんであるそこいらへんの中古車屋が診断依頼で持ち込んだ車に対し、真摯な対応をしてくれた上に車両をピカピカに磨き上げてくれていたというお話なんです

 

 その後ブルーテックはどうした?とかお前はどこの中古車屋だとかいう話は置いておき。。。どうでしょうか、自分がここのブランドの新車を無理なく購入できる人間だったら。。。このようなお店で買いますね。。。間違いなく

 

 グーグ○の口コミではこのブランドに相応しくない人間がこのお店に対して不適切な書き込みをしているのも散見されますが

 

事実はこうです

 

 そもそも根っからのお金持ちは他と比較する必要がないので比べたり、やっかんだり妬んだりしません

 

 私共もこちらの輸入元ディーラーから何の恩恵も受けておりませんが事実は事実として書かなければなりません。

 

 新車購入なら、こんなお店だな・・・グッド!

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「新車購入時の有利な商談を勉強するには何が一番参考になるか?」

 

本日のタイトルは上記のような内容にしてみました。

 

すでに購入したいブランド、車種、あるいはグレードまで決まっていて、いざこれから商談に臨もうという時買う側としては何を参考にすればよいでしょうか?

 

「自動車評論家の意見?」

 

これはどうでしょう?全く参考にならないとは言いませんが車の性能について専門的に書かれていたり動画で話されても専門用語で煙に巻かれているような印象が強くないですか?それになんと言っても有利に仕事をさせてくれるメーカーさんへの忖度は(おそらく)確実に存在しますから一般の人たちには伝わりにくいかもしれません(手出して♡カーズとか言われてもなぁ~)

 

「動画共有サイトで値引きを勉強する」

 

これは有効かもしれません。各ブランド毎の特徴などもわかりやすく紹介してくれている方もいらっしゃいます。唯一デメリットといえばユーチューバーのような度胸が自分自身に備わっているか否かが少し問題になるかもしれません

 

「自動車専門誌に書かれた値引き交渉成功術とか、値引き実績などという記事を読む」

 

 これも参考になるかもしれませんが、すでに一昔二昔の感が否めませんね?なにより紙媒体の定期刊行誌がほとんど絶滅していることも問題です。WEB版で書かれていないわけではありませんが、ここにもメーカーへの忖度が存在しますので腹を割った内容でないことは確実です

 

 

 

「じゃぁ何が参考になんのよ!」と言うと・・・

 

私達中古車屋の立場として言わせてもらうと・・・

 

確実に言える事は・・・

 

「Twitterで愚痴をぶちまけている自動車販売店の営業マンの呟きを読む事!!」

 

 これにつきます!自動車関連で検索して同様の呟き(というより時には毒を吐く)を見てよ~く読んでみると・・・彼らが良い商談を進めたくなる客と、そうではない客について明確に書いているのを見つけることができますので是非参考にしてみて下さい

 

 メーカーが異なっても重要な接客ポイントはどの営業マンにも共通するようなので必ずや参考になるでしょう。「こんな客は嫌だ」とか「こんな客とはとことん商談してみたい」という呟きに達するまでには彼らが吐く自社のブラック度自慢、薄給、バカな上司やサービスフロントとの確執等々、山のように吐きまくられた愚痴をくぐり抜ける必要がありますが長いトンネルの先には必ず「光明」が見えてくるはずです。ちなみに私はそこに行き着いたからこそこうして書いているのです・・・!!

 

 具体的な商談に入る前に、最低限人としての会話をすすめることが重要でしょう。客も人間なら売る側も人間です。対等の立場であることを忘れてはいけません。すでに修理で合見積とって依頼しなかったり、代車を借りて「満タン返し」と言われながらスットボケて半分返しにしたり、定休日に担当営業に電話を何度も入れていた等々の「前科」がある人は行くディーラーそのものを替えるところから考えたほうが良いかもしれません

 

 「幸運を祈ります」

 

 God bless you!

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 


 
みんなの中古車市場です

今日のトピックはこちら

「中古パーツ屋さん、頼みます!」

 本日の画像は某オークションサイトの画面になります。一昔前、中古車屋が中古パーツを探す際は馴染みの解体屋さんに行って手配するのが普通でした。しかし今はネットでいつでもどこからでも検索してオーダーできる便利な時代になりました。

 ネットオークションでは同様の商品が選び放題という車種の部品もあるわけですがそんな中で特に私が慎重に選ぶのは外板パーツ(フェンダーやバンパー、ボンネットなど)になります

 選ぶ際にはスタート価格や即決価格、商品の状態はともかく、何より重要なのは「カラーナンバー」の記載でしょう。それでも取り外した車両情報を細かく記載してる出品者ならまだしも、車種のみの記載で「状態は画像の通りです」と書かれた時点でまずは選択肢から外れます。

 次にカラーナンバーの記載がなく、例えば単に「シルバー」とだけ書いた出品者の商品もやはり外します。こちらは同じシルバーでも何種類もある中で必死に探してるわけですから....。でこのような条件をクリアした商品をウォッチリストに上げた後で送料、納期を確認して最終的に入札先を選ぶのです

 出品されてる皆さんココがポイントですよ❗解体前にコーションプレートでカラーナンバーを確認しておくだけの手間で入札率は全く変わってきます

 しかしカラーナンバーを記載しても即決価格200円のボロボロのバンパーで同じ地域内の発送にも関わらず送料12000円..とか言うのもダメです (タイヤの出品などで多く見かけますね)
 
 上記の理由で落札すると大概過去に購入したことのある業者さんだったりします。結局は丁寧な説明に尽きますし、このような業者さんは商品の扱い、梱包も丁寧で納期も早い!

 


中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

  
 
 
 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「参考にした方がよいかもよぉ~」

 

 今日の内容は以下になります。。。

 

 新車でも中古車でもムーヴキャンバスを買うなら。。。

 

 

「ツートンを選べ!!」

 

 

 買取屋やディーラーや自動車評論家がこう書いていたとか動画共有サイトでこう言っていたとかあるかもしれません。。。

 

 そもそも自動車評論家は中古車相場に詳しくないので参考にはなりませんし、ディーラーの営業マンに「期末セールだから」「在庫一掃だから」とか言われてダマされたように買わされる(誰も選ばないようなグレードやボディーカラーの新車を買わされる)ケースってありますよね? しかし余程メリットのある内容でなければ避けたほうが良いかもしれません

 

 今回の提言はもともとソリッドカラーが好きだという人はスルーしていただきたいのですが我々中古車屋が見ている様々な業者オークション会場の相場データにはハッキリと落札価格に差が出ているから取り上げるのです

 

 イメージカラーなの?というくらい街中で見かけるムーヴキャンバスはツートンカラーばかりでしょう?悪いことは言いません・・・データが語っています、つまりは手放す際のリセールが大きく違ってくるということ!!

 

「悪いことは言いません、買うならツートンっ!!」

 

以上!

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「なんやかんやと面倒なんです!」

 

 久しぶりの更新となってしまいました。みなさんお元気でしょうか?こちらのブログを持ち回りで書いていたみんちゅう運営委員である中古車屋の社長連中も大変不謹慎な言い方ですが新型コロナ特需で忙しくなり、結局一人で書いているような状況が続いております。

 

 ただ更新が遅れているだけなのですが、一つ言い訳をさせて頂ければ、とにかく面倒なのです、ブログを書くということは。特に私達がというわけではないと思うのですが

 

以前のように記事を引用すれば・・・

 

「転載、転用は記載をすれば良いということではない」とクレームが入り

 

 転載、転用がダメならと記事へのリンクを貼ると

 

「許可なくリンクを貼らないでくれ」とクレームが入り

 

 ある自動車ジャーナリストの前向きな記事を転用で採用させていただいた際には記事を書いた本人からならまだしも、出版社を通してクレームを入れてくるという状況、よほどのプライドでお仕事されているのでしょうが

 

 私達のブログがどれだけの影響力を持つというのでしょうか?最高のセキュリティーで情報を保護し、タダで一部の中古車販売店に掲載台数無制限でサーバーを開放しているにも関わらず未だに掲載台数はたったの3万5千台チョロ!(これを書いている中古車屋から見ても事務局員の熱意が全く伝わっていないことに腹立たしさすら感じます)

 

  こんなサイトのブログにも関わらず書いている内容は誰かがチェックでもしているかのようにクレームは届きます。画像、動画のUPなどもってのほか。SNSではインフルエンサーが何を転用、転載しても何も言われないのにねぇ・・・

 

 それにしても日本の一部の自働車評論家のキン○マと(男性に限って表現させて頂きます)ケ◻️の穴の小ささには呆れ返ります。そんなにご自身の記事にプライドをもたせても、結局内容が読者に伝わらなければどうにもならないと思いますが・・・。まぁ結局車でお仕事をされている以上悪いことは書けないのが正直なところでしょう

 

 昨日日本カーオブザイヤーの選考結果が出たようですが。これも推して知るべし。ある試乗会で目撃したメーカーの方が某評論家の方にこそっと話したあの言葉が甦ります

 

 「今日の試乗会は○○さん(有名な自働車評論家)に乗っていただきくて○○(某高級スポーツクーペ)を持ってきたんですよ!」

 

 こんなこと言われれば誰だって悪くは書けないというものでしょう。。。私らなんか良いこと書いてもクレーム入りますからね。。。

 

 あああ面倒くさいし、ウザったい・・・ったく!!

 

 と愚痴っていますが、明日のオークション出品車両に気になるものが数台出ているので私のブログもこの辺りで失礼します

 

 皆さん、秋深まり、ドライブにはもってこいの季節です、良い自働車ライフをお楽しみくださいね

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01

 

 

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日の大トピックはこちら・・・

 

 欧州プロサッカー、ベルギーサッカーリーグの1部チーム「STVV」シント=トロイデンWの公式スポンサーとして認定されました
 日本の公式WEB TOPページからスポンサーのバナーをクリックしていただけますとシルバースポンサーとして認定されていることがわかります
 日本語公式ページはこちら https://stvv.jp/

 

 欧州サッカーに興味のある方なら、みんなの中古車市場の本気度がおわかりになるかもしれません
 ここ数日フェイスブック経由で見た方からSNS経由での連絡等頂いておりましたが、正式には上記のことがすべてになります


中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、


ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 

https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01