みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「夏休み夏季講座 countach の発音」

 

 ネットで縦横無尽に情報が錯そうしている現代なのにも関わらず

 

 過去にランボルギーニ countach を本場イタリア人は

 

 かうんたっく

 

 とは発音しない!!という車に興味のない方にとってはこれ以上どうでも良い情報もないのですが、ホームページとか掲示板とかが主流だった頃、自称欧州車博士のような方がいらしてよく蘊蓄を伺ったものです。しかしそのままで良いですか?いい加減に情報を押さえておいて・・・SNS真っ盛りの現代においてこれは押さえておきたいところですね?

 

 いくら日本人に「くんたっち」とか「くんたっし」と呼ばれているらしいと言われても本場の発音はどうなの?という疑問が出てくると思います。

 

 そこで本場の発音を動画共有サイトで検索してみましたので御覧下さい

 

 

 いかがでしょうか?あえて日本で表現するなば・・・「くんたぁ~っし」

ですね?アクセントに注意して発音したいところです。「くん」にアクセントではなく「たぁ」のあたりにアクセントをおいて発音する感じでしょうか?

 

 いかがでしょうか?みんちゅう夏季講座、Countachの正式な発音でした。

 

※イタリアで日本人が「くんたぁ~っし」を目撃したことを興奮気味にイタリア人に説明しても国民の7割は車好きなイタリア人は日本人が「かうんたっく」と発音しても「あっろーら!くんたぁ~っしの事ね」とほぼほぼ理解してくれるので全く心配ありません。しかし私たちが言うポルシェは「ぱーしぇ」と聞こえるし、フォードは「ふぉるど」とハッキリ言うし、ルノーはそのまま「るねうると」と発音することの方がくたぁ~っしよりも衝撃的なことを頭のどこかに置いておいてください。尚、「H」は文字では使用しますが会話においては発音しないのでホンダのことは「オンダ」になり、平井さんは「イライさん」橋本さんは「アシもとさん」になってしまうことも覚えておいてくださいね。

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「新型 ジムニー が「Gクラス」風に変身!? カスタムキットが先行予約開始」

 

日本が世界に誇るチューナー、「Liberty Walk」(リバティウォーク)が、スズキ『ジムニー』をメルセデス『Gクラス』風に変身させる夢のキット「G mini」をインスタグラムで発表した。

リバティウォークと言えば、アーティストのジャスティン・ビーバーを始めとする海外セレブも注目しているチューニングブランドだ。これまでもダイハツ『コペン』用の日産「GT-R」風キットも発売している。今回発売予定のキットは、その名も「G mini」。Gクラス風のコーナーインレットに、LEDデイタイムランニングライトを備えるフロントバンパー、ツインバー付きグリル、ブラックスキッドプレート、サイドステップ、シルバートゥフック、アグレッシブなルーフやパワーバルジ・ボンネットフード、ワイドフェンダーは、まさにベイビーGクラスだ。

価格は不明だが先行予約が始まっており、9月に正式発売される模様だ。

 

 カスタムキットと呼べるに相応しい仕上がりでカッコ良いじゃありませんか!!このテの商品、中でもGクラスに似せた商品は過去にもジムニーでいくつもありましたが、後年業者オークションに流れてきたものを見るとFRPでいい加減に成形した安っぽいものばかりでした

 

 なぜいい加減と呼んでしまうのかというと、発売当初はなんとか組上げてそれらしく仕上がったで「あろう」商品も雨風にさらされて数年も経つと製造当時のFRPの材料をどれだけ吟味して作られたのかはすぐにバレてしまうからです。

 

 ボンネットのラッチなどもズレてくると締まり難くなる上、ラッチに合わせるとフェンダーとのチリが合わなくなる、無理に合わせるとひび割れや割れが入る等、品質が良ければ最高級の「なんちゃって」商品になりえますが、上記のようないい加減な商品だと「ビンボーくさい」になってしまいます。

 

 今回のリバティーウォークさんの商品は頭の先から足の先までしっかり作られた感じでキメられています。商品名もなかなかおしゃれじゃないですか?早速自社ブログでも紹介されています。

 

 価格や詳細はこれからのようですが、要注目です!

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

 



みんなの中古車市場です

今日のトピックはこちら...

ニキ・ラウダの担当医師 「肺移植をしなければ余命は数週間だった」


ニキ・ラウダの担当医師は、一時、ラウダは人工心肺装置のように機能するポンプでしか生存できない状態だったが、6時間の肺移植手術によって回復について楽観的であると述べた。

3度のF1ワールドチャンピオンであるニキ・ラウダが8月2日(木)にオーストリアのウィーンで肺移植手術を受け、無事に成功したことを手術を担当したウィーン総合病院が発表された。 

報道によると、ニキ・ラウダは最近スペインのイビサで家族と休暇中に病気を患い、“重度の咳”に悩まされたため、休暇を切り上げてウィーンへと戻っていたという。

ウィーン総合病院は年間おおそ120回の肺移植を行っている実績があり、医師によると、当時のニキ・ラウダの容体は“かなり深刻”だったと語った。

ウィーン総合病院の胸部外科部長のウォルター・クレペトコは「過去7日間、ラウダ氏はポンプでしか生き続けることができませんでした」とコメント。

また、ウォルター・クレペトコは、肺移植手術を行わなければ、そのような状況での余命は数日、もしくは数週間だったと述べた。

「決して簡単とは言えない状況だったことを考慮すれば、我々は進展に非常に満足しています」

8月6日(月)にウィーン総合病院が発表した声明では、手術後24時間が経過した時点でニキ・ラウダは完全に意識があり、抜管して自発呼吸が可能な状態にあると述べた


<途中略> F 1-Gate.com さん8月7日記事より一部転用

もと記事はこちら是非ご一読ください

 今月末2日に第一報を目にしましたが一時はかなり厳しいという報道もあり心配していました。

 ニキラウダというF 1パイロットの名前をご存知ない方も多いでしょう。戦績の凄さはあえてこちらでは触れませんが彼こそ正しく不死身の男としてレジェンドになった人なのです

 私が中学生の頃大活躍をしていたニキラウダでしたが、ある日テレビニュースの第一報で流れた二ュルブルクリンクでの事故映像を見た時間違いなく「もうダメだ」と思いました。それだけ長時間炎に包まれていたからです。この事故で肺に大きなダメージを受けたことは知りつつも長い時間生死をさ迷った後に見事に生き延びたニュースは彼のファンのみならず当時のF 1ファンを喜ばせ勇気づけてくれたのです

 当時を知る人たちは尚更今回のニュースを見て心配したと思いますが、病状も回復し安定に向かっているようで何よりです

 隣のスイスで療養しているシューマッハのその後も気になります



 中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら

 

「損害車買取のタウ、水没車4000台超を買取---実績 平成30年7月」

 

 

損害車買取のタウは8月2日、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)の被災地復旧に向け、水没車両4000台超を買い取ったと発表した。

西日本豪雨により水害を受けた車両は、約7万台と想定される。こうした車両は被災地の交通インフラの復旧を妨げる要因の一つにもなり、その処分が大きな課題となる。タウでは、豪雨災害発生直後より「被災地復旧支援チーム」を立ち上げると同時に、全国の提携レッカー業者に支援を呼びかけ、水没車両の迅速な引き取りに取り組んできた。

タウでは今回の豪雨災害によるの総買取台数を約5000台と予測。災害発生から約3週間にあたる8月1日時点の買取台数は4000台を超えた。買取車両は車内の泥や砂を洗浄し、約60項目の査定結果と20枚程の損傷箇所を撮影した画像とともに、同社ウェブオークションを通じて世界118か国に向けて販売する。

同社は、引き続き水没車の迅速な買い取りにより、大切な車を無くした被災者の経済的サポートに加え、被災地の早期復旧への寄与を目指し、取り組んでいく。
国土交通省は、平成30年7月豪雨の被災地を使用の本拠とする車両の自動車検査証の有効…

《纐纈敏也@DAYS》

 

  水没車の扱いがどれだけのものかはご存知でしょうか?フロアが水で隠れるくらい水没してしまえば「水没車」の評価になり、オークションに出品すれば即座に評価点無し、入札される確率はほぼゼロになってしまいます。買取店に持ち込んでも値段は付来ませんし、走行管理システムにデータが残りますのでどこに持ち込んでも判明してしまいます。

 

 ただでさえ上記のような扱いに加え災害被災車ですから破損もひどく引き取りも困難な場合もあると予測される中、積極的に買取を進め4000台もの買い付けをしたタウさんは社会的にも重要な役割を担ってくれたと言えるでしょう。ニュースでは引き取り後の売却ルートを押さえているために買取が可能だと話していましたが、良い意味で他の業者がやりたがらないことを率先してやってくれることで利益を上げて欲しいと思います

 

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw0

 

 

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「業界標準という怖さ」

 

 弊社(今日のブログ担当は中古車屋)も仕事の都合上陸送会社最大手であるゼロ陸送さんに登録しています。ある程度の取引を認められるとネット上から陸送依頼をかけることができるのですが、先日ちょっと気になることがありました。

 

 USS東京さんに搬入すべく陸送依頼をかけると、USS東京さんから弊社に届ける時の金額よりも3000円以上高額な表示が画面に出るのです。

 

 「えっ?ええっ?」

 

 まずはサービス窓口の方に連絡を入れると、間もなく担当営業の方から連絡がありました。現在の担当者の方はどうにもやる気を感じさせない方なのですが・・・陸送費の件で問い合わせると

 

 「USS東京さんから御社へのお届け利用頻度がある程度あるためあの金額になっていますが、御社からUSS東京さんに搬入する台数は少ないので業者価格の定価になっています。これは規則ですので変えられません」

 

 で終了!ふとイヤな予感がしてUSS名古屋やTAAさんで利用することの多い会場の陸送費用を見てみると軒並み金額がUPしているではないですか!!そもそも同じ拠点から出して、搬入するのに金額が変わる不思議にも疑問だらけですが、価格のディスカウントの基準は申し上げられないというのです。これって忖度で成り立っている今の日本みたいですよね!

 

 月に10台以上の利用がある知り合いの業者でも同様の対応がとられていましたのでおそらく基準は不明確ながらある程度の取引があってもディスカウントはされないのかもしれません。

 

 改めて法人契約した際の書類に目を通してみましたが、その中の特別料金と書かれた弊社向けの料金一覧に会場入れ、会場出しで料金は別枠設定されていません。今までに「今後は会場搬入と搬出は別枠扱いになる」というアナウンスやファクス、メールでの告知があったかというと無いわけです。これは完全にないわけです。初めて取引した際の営業マンなどはやる気満々で、いろいろと細やかな対応をしてくれ、初めて利用するオークション会場でも手際よく価格を提示してくれたのですが前任者は前任者なのでしょう、片っ端から通常価格に戻されています

 

 あまり愚痴は言いたくありませんが、期末の繁忙期は陸送の受付を強制的に停められるし、年末年始も早々に受付を切り上げる、そして今年の年度末など1ヶ月半ほどに渡ってネットからの受付停止をかけて大手取引先の陸送を最優先していたことは明らかな事実だったわけですが、それでいて上記のようないつの間にやら値上げ攻勢!!おそらくどこかに逃げ道作って「いや、この時にこのように告知しています」というのでしょうが、業界最大手、業界標準とは実に怖いものです。

 

 中古車屋の皆さん、どう思いますか?これは私の独善的な意見だと思われますか?数々の陸送業社を淘汰して場合によっては吸収して最大手の陸送会社になったわけですが、文句を言うなら取引していただかなくて結構です!というくらいの勢いで担当営業に対応されたらたまりませんね!

 

 陸送費は展示車両の価格に反映されます。誰も被ってくれませんから当然ながら車両価格にのってしまうわけです。で、年に何度か上記の次期は利用できなくなる。そして地域によってはヤフー陸送サービスの一般利用者価格よりゼロ陸送料金の方が高額になる。これが現実なのにも関わらず、前出の担当営業マン曰く

 

 

 「今年の年末か来年初頭に値上げを予定していますがご了承下さい」

 

 了承できる?こんな現状で?

 

 まったく業界標準ってエライものですね・・・いやぁ~参った参った!!

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「ahead7月号より付録がつくように・・・」

 

 今月最終日の案内になってしまったのですが、今月号のahead7月号にカーセンサーさんの「EDGE」が同封されてきました。本来であれば前号から付く予定だったようですが、諸事情により今月号から同封されるようになったようです。

 

 今の時代で考えれば非常にコアでレアな輸入車の知識を高められるような内容が満載なので、私たち中古車屋などにとってはかなり面白い内容だと思います。EDGEに出ている輸入車専門店さんの広告を見ても「あっ、やっぱりね」という業者が名前を連ねており、アメブロでも有名なロールスロイスの専門店さん「シーザートレーディング」さんも広告を出されています

 

 aheadさんは当初のように無料の定期刊行誌ではなく、冊子代に送料が含まれるようなイメージで年間購読する形を取られてきました。見開き両面記事のページもあるのですが、毎月連載されるページは片面の広告主が反対側の記事を支援するような形をとっており、事情を知らずこちらのブログに転載し「広告主の心象を悪くするから」とaheadさんからお叱りを頂いたこともありました。今回のEDGEさんの同封にはそんな広告費や運営費等の大人の事情が感じられます

 

 リクルートさんが圧倒的な資金で運営するカーセンサーさんとタグを組んだということはaheadさん側としては大変魅力的なコラボなのかもしれませんが、リクルートさんの過去の数々の吸収合併などの経緯を見ると今までのようなaheadさん独自の面白い記事の内容が大人の事情で消えてしまい、気付いたらカーセンサーさんの傘下媒体になっていた。などということにならないか少し心配しています

 

 来月からも二冊同時に届くでしょうが、記事の内容を手放しで楽しんで良いものかどうか、創刊からのファンとしてはやはり心配です・・・

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01  

 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「きっと同世代」

 

 お客様からお預かりした下取り、買い取り車両は入庫時にナビを初期設定に戻し、過去に入力されたデータを消去するのは今時の中古車屋の常識です。しかし先日オークション代行依頼を受けて仕入れた国産車のナビを確認すると前オーナーさんのデータが残ったままになっていました。個人情報がどのような形で漏れるかもしれませんんので弊社で初期設定に戻して全消去したのですが。。。

 

 HDDに落とし込まれた音楽データを確認したところ表示された画面が本日の画像です。「荒井由実」時代の松任谷由実さんのアルバム「COBALT HOUR」が入っていたためちょっと他のタイトルを確認すると、松任谷さんのアルバムもほぼ全て収められていることが判明しました。この時点で立派に個人情報を見ていることにはなるのですが・・・

 

 走行距離に似合わないくらい綺麗な室内外で、エンジンルームのオイル交換ステッカーなどを見てもそこそこきちんとメンテナンスされた車両だと判断して、オークション会場で入札してきた車ですが、荒井由実世代が前オーナーだったとすれば、この車はある意味「当たり」だったか!と少し嬉しくなりました。50歳代のオーナーさんが乗っていた(あくまで、かもしれない)車、19年落ちですがおそらく家族の成長とともにミニバンの用途が薄れたのかもしれませんね

 

 ここで、こんなアーティストの曲が入った車はヤバイ!という話ではありません。綺麗に乗られた車のHDDに「Sex Pistols」のデータが入っていても全く問題はないのですが、一通りパンクロックを経験していたとしても自ずとユーミンを聴くと「やっぱり安らぐ」と戻ってしまう自分がいたりするものです・・・ね?

 

 こんなお客さんと荒井由実の時代から自分自身はこうだったああだったと話したらさぞかし楽しかっただろうと妄想しつつ、売り先が決まっている車両のため涙を呑んでデータを全消去しました

 

 ※中古車屋の皆さん、関わった車のHDDデータは全て消去しましょう

 

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「んなのあるかい!ムキー

 

 

 行きつけの中古車屋さんにお世話になっている皆さん。車を買い替える時はお店の方の言う事を良く聞いて、ある程度の幅を持たせて車探しを依頼してくださいね?

 

 グレードくらいならまだしも、走行距離は◎◎Km以下、ボディーカラーはパールホワイトで8人乗り、パワースライドドアが両方に付いていて、鈑金などの加補修の必要のない評価点4点以上で探してくれ!とか言ってないですか?穏やかに受けてくれるお店なら余程良い社長さんだと言えるでしょう。

 

 弊社でも(本日のブログ当番は中古車屋)お客様や業者からの依頼で車探しをしますが、業者からの依頼でおそらく今年上半期で最も迷惑な難易度の高いオーダーを受け・・・すぐに断った案件をご紹介しましょう。

 

 「すみませんが、いすゞフォワードの4tを探してほしいんですよ」

 

  GEtできる確率 100%

 

 「エンジンは5.2リッターのターボエンジンで・・・」

 

  Getできる確率 90%

 

 「マニュアルミッションで」

 

  Getできる確率 90%

 

 「ワイドサイズのベッド付きで・・・」

 

  Getできる確率 60%

 

 「荷物室はウイングで・・・」

 

  Getできる確率 40%

 

 「あっ、そうそう格納式じゃないパワーゲート付で・・・」

 

 Getできる確率 20%

 

 「中温冷蔵冷凍車で・・・」

 

 Getできる確率 4%

 

 「で・・あと肝心なコトを忘れてた・・・エアサスね」

 

 Getできる確率 1%

 

 

 「お断りします!!」

 

 

 「んなのフツーのオークションデータで見つかるかぃ!」 ウイングのパワーゲート付きくらいでほぼフルオーダーに近いのにその上冷蔵冷凍にエアサスが加わればほぼ完全なフルオーダー!そもそもそのような中古車が出たとして業者オークションにわざわざ出品しなくても売れてしまうのが常!よしんばいいすゞユーマッツクスさんあたりに出品されたとして、超~ケチな上記業者が買えますかというハナシです。話をお聞きすると小山◎◎◎オークションに同じ条件の車が出品されていたというのですが。。。業者が購入者である運送会社の社長を連れて会場に入ったところ上記超~厳しい条件の冷蔵冷凍車が出品されていて落札されたのを見て悔しがり、是非同条件のものを探してほしいとい言われたというのですが。。。

 

「わざわざ不正をしてまで入場して・・・なんでその時買わなかったのか?」というハナシです!十分な予算があって・・・

 

 だいたい業者がオークション会場なんかに連れて行くから「あれも買えそう、これも買えそう」となるのです。そもそも冷蔵冷凍機能などないものとして検討していた人が、目撃したからと勢い探し始めるというのも妙な話・・・

 

 だいたいトラック関連で買えないような条件で探してくれという業者やお客さんは厳しい条件であることを百も承知で「買えればラッキー」程度で依頼してくるのです。で、いよいよ買わないと業務に支障をきたすという時期になると、例えば上記ならワイド&ベッド付 エアサス ウイング&パワーゲート付きくらいで妥協して購入するのが目に見えています。ヘタするとパワーゲートも付いていないかもしれません。

 

 このような依頼をしてくる業者は例えばUSSさんなどの大手オークション会場にも「何かの理由で」入会できない人達ばかりですので、例えヴィッツの案件だとしても早々に断った方が賢明なのです

 

 「大変だと思うのですが、エルフの1.5トンディーゼルでリアは通常のハコでサイドスライドドアが付いているのを探してほしいんですが」

 

 なんておっしゃるお客様なら全力で探し出してあげたいと思います。(すぐに探せますしね)

 

 以上、本日は愚痴にお付き合いくださりありがとうございました

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「足元から尋常じゃない音がし始めた!」

 

 

 スタビライザーリンクとは前、後ろに関わらず左右のサスペンションをつなぐ「棒」の事です。画像はホンダライフ(JB1)の物ですが、同じようなものをステップワゴンやトヨタなら60系ヴィクシーやノアにも同様のものが付いています。カーブを曲がるときに車体の傾きを抑えたり、沈んだ側のサスペンションアームに対し、カーブ内側になるサスペンションが伸びようとするのを
抑える役目があります。(サスペンションの構造によりますので全ての車両に付いているものではありません)

 

 過去に整備した私共のお客様も「特にハンドルを切った時にガリガリ音がすわけでもないし、普通に走るんだけど小さなギャップでも乗り越えた際尋常じゃない音がするんです」と仰るとだいたいこの部品が問題だったりします。お客様の中には「ストラットの上部のブッシュかなんかが直接フレームに当たってるんじゃない?」そのくらい分かりやすい異音がするのですが、エンジン回転に影響されるようなエンジンマウントの消耗でもなければほぼほぼこの部品になります。

 

 部品そのものも比較的安価ですし、整備の事前予約を入れておけば左右でも30分程で作業は終了しますので心当たりの方は是非一度チェックされることをお勧めします

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01 

みんなの中古車市場/7月27日号

テーマ:

 

みんなの中古車市場です

 

今日のトピックはこちら・・・

 

「Yahoo!ショッピング、みんカラのユーザーパーツレビュー約130万件を掲載開始」

 

ヤフーの子会社であるカービューは7月27日、運営するクルマSNSサイト「みんカラ」のユーザーパーツレビューを「Yahoo!ショッピング」に連携し、自動車関連製品ページへの掲載を開始したと発表した。

Yahoo!ショッピングの自動車関連対象製品から「この商品の最安値を見る」ボタンを押して製品ページに遷移した際、みんカラに投稿された同一製品のパーツレビューが表示されるモジュールが追加された。

情報掲載はYahoo!ショッピングのユーザー利便性を高めることが目的。対象となる製品は8カテゴリで製品数約4万点、パーツレビュー数は約130万件に上る。《纐纈敏也@DAYS》 2018年7月27日(金) 19時42分 レスポンスさんより転載(画像も)

 

 早速本記事の画像に写るメーカーのドラレコのページを見てみましたがこれは確かに便利!特にドラレコは数年前までは商品種類も少なく、海外製のものも多かったためある程度電装品の取付に抵抗を持たない自動車オーナーの方々が利用するイメージが強かったですが、今では一気に普及したと同時に種類も豊富になり機能がUPしたものも多い代わりに、その質を問われる時代ですのでこのような形で現在の利用者の方々の口コミが見られるのはとても便利です。内容的にもきちんと書かれたものが多いようですので、自分自身で購入した際にも積極的に口コミを投稿してお互いに協力しあえる場になれば良いですね

 

 「みんカラの整備記録」はなかなか見本にするのは難しく、プロの業者は肝心要の部分は商売にならないため明かしませんし一般の方も例えば・・・

 

 ① L150Sムーヴのリアハブベアリングから出ていた異音を解消すべく整備に取り掛かります。

 

 ② ディーラーに頼もうかと思いましたがヤークションでぽちって購入!

  (金額くらい書いてよ)

 

 ③ お世話になってる整備工場に持ち込んで無事完了!!

  (これって整備記録じゃないよね)

 

 的なものが多いのですが、パーツレビューなら情報も活きてきそうです

 

 

 皆さんもまずはドラレコから閲覧してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

中古車業界の最新ネタから、カーライフの楽しみ方、

ガソリン価格予想などお得な情報を配信しています。

ご希望の方はコチラのURLから簡単に登録できます。

 https://beast-ex.jp/fx4204/yfbtw01