うぉんば "Wombat & Snowleopard"

うぉんば "Wombat & Snowleopard"

ウォンバット、タスマニアデビル、ユキヒョウ。
季節や風景を感じる動物写真を目指しています。

※画像・文章などの※
※無断使用/無断転載は※
※固くお断り申し上げます※
※無断で使用した場合、※
※著作権法違反です※

<CONTENTS>
** タスマニア旅行記 ** → コチラ
--------------------------------------------------
** ウォンバット **
オーストラリアで飼育されているウォンバットまとめ → コチラ
オーストラリア以外のウォンバットまとめ → コチラ
オーストラリアで野生のウォンバットに会えそうな場所 → コチラ
オーストラリアのウォンバット等保護施設 → コチラ

~日本国内のウォンバット:2018/11月現在~
**大阪・五月山動物園:5頭   **長野・茶臼山動物園:2頭
 ※五月山動物園は2017/10/4に+3頭
--------------------------------------------------
** ユキヒョウ **
ユキヒョウの個体識別をがんばるページ → ユキヒョウ見比べ ※2018/05/05更新
最新版家系図つくりました → ユキヒョウ家系図 ※2017/10/24更新
現在飼育中の動物園 →  日本のユキヒョウリスト
--------------------------------------------------
写真、文章の無断使用/無断転載、お断りです。
広告宣伝、スパムと判断したコメントは予告無く削除します。
(C)2017 usawo All pics are mine.
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and
images are strictly prohibited. All Rights Reserved.
NEW !
テーマ:

少し時間が経ってしまいましたが、公開から1週間くらいのサーバル仔。

ニールとバズと名付けられた双子。

2018/11/28生まれ。この写真は2ヶ月齢くらいです。

 

お耳が大きいサーバルだけど、こどもだからより大きく見えちゃう。

 

お外はまだまだ未知の世界。聞く音も見るものも。

 

これからふたりの長い一生が始まります。

(EF70-200mm F4L IS USM F4 SS1/1000 ISO100 200mm)

 

力比べをしたり、一緒に遊んだり、ふたりで大きくなっていくんだ。

(SIGMA 150-600 F5.6 SS1/800 ISO500 252mm)

 

この時から2ヶ月ほど経ちましたので今は4ヶ月齢です。

どのように成長しているのかな。

(SIGMA 150-600 F5.6 SS1/500 ISO2000 335mm 夕方に起きてきた仔)

 

----------------------------------------

余談・・・

公開当初はとても混雑しており、土日はものすごい人垣で柵の前は何分待っても行けない状態でした。

チーター前の高台からでも全く見えず、列整理も無い中、厚い壁を前にどう考えても無理で絶望しました。

なのでこちらは途中の坂からで280mmトリミング無しとなります。

400mmくらいあればもう少しどうにかなったかもしれませんね。

ですので、↑以外は平日に有休を取って行ったものです。

 

平日ですと混んでたは混んでたのですが、絶望というほどではありませんでした。

早めに行ったおかげで前のほうで見れ、また10分ほどしてまわりにいたお友達と声掛け合ってうしろに下がりました。

(前のほうだったのでしゃがみました。低い位置からでも撮れますよ!)

列整理もいませんでしたので、そのようにしてみましたが10分程でも十分かわいいところは見れましたし、

うしろに下がってからもスポっと場所があいたり、前のほうがしゃがんでくれれば人垣の後ろからでも見えますし、

(400mm相当あれば人垣の後ろからでもまあまあ撮れます)

なんとなく良い流れができれば過ごしやすくなるのかなあと思いました。

 

1時間程すると人も3ぶんの2くらいには減りましたし、サーバル仔も右へ左へと走り回るので

人垣もそれに合わせて移動するので居ない側がガラガラになるんです。

ガラガラになった所で待っていると仔が走って来たりしましたよ。

 

他の日は結構・・・阿鼻叫喚(前のほうが1時間経ってもあかない、かがまないとかなんとか)という話も聞きましたが…

最終的には列整理が始まりましたが、何分後~~??という状態だったようですね…

管理コストはかかるんでしょうけど、公開初めから列整理はしたほうがいいんじゃないかなあと思いました。

(ユキヒョウ・フクはたしか初めから列整理だったように思います。)

 

超絶混雑の理由は、SNSの普及もひとつの要因かなとも思います。

情報が拡散され目に付きやすくなり、ひとびとの欲求を促進させるという、ね。

 

最近はどんな感じなのかな。

少し大きくなっていると思うのでまた行かないと!

 

以上、余談でした。

 


テーマ:

フクが生まれた年の行ったペアリングに続いてこちらは今年。

このペアでは2回目。

 

雨が降っているせいもあるかも。

雨が降っていたって、大好きなミミさんに会えたコボだから、胸も高鳴ります。

(網のあるほうから)

 

この前の週に行われていたアサヒとのペアリングとは違う雰囲気に感じました。

相手によって対応を変えているのかもしれません。

2回目なのでコボも緊張はしていない気がします。

 

緊張していないので、ミミさんが来るなとウー!と低い声を出しても近づいてさらに怒られるコボ。

 

それでもなんどもマウントに成功しているのは相性の良いペアだからかもしれません。

(フクはこのペアから生まれていますから!)

(ガラスのほうから)

 

ミミさんのブルン。

 

今年はコボアサヒ、コボミミと2回のペアリングがありました。

うまくいけば同時に出産ということも…

 

余談ですが…やはりガラス側からだと画質が落ちてしまいますね。

網があっても網側のほうがきれいです。

 


テーマ:

2月中旬、コボとアサヒのペアリングが始まりました。

 

5歳のコボと7歳のアサヒ、適齢期といったところでしょうか。

 

若さゆえ?ムキー!!となってしまうこともありますが、力加減はできているようです。

 

何度もマウントします。

 

怖い顔でコボが飛びのいてゆきます…(なぜ?)

 

後ろから見るとこういう感じです。資料として…役に立つでしょうか?

 

コボはお相手の様子を伺いムリに強く出ません。お伺いをたてます。

 

許可でた。

 

やっぱり怖い顔で飛びのいてゆくコボ。

 

Canon EOS 5D Mark III
EF70-200mm F4L IS USM

 

Ameba人気のブログ