BrilliantWisdom(ブリリアントウィズダム)       ~輝く叡智~     

BrilliantWisdom(ブリリアントウィズダム)       ~輝く叡智~     

あなた本来の美しさを甦らせ、しがらみの解放へ導くメッセージ

みなさま、こんにちは おねがい クローバー

 

今、蝉の声を聴きながら

 

この記事を書いています 

 

 

先日、古い資料を整理していたら

 

かつて夢中になって書いていた小説の原稿が

 

たくさん出てきました 本

 

 

懐かしさと、数年ぶりに読む気恥ずかしさで

 

しばらくの間、大きな独り言を言いながら、読み耽ってしまいました 照れ

 

 

小説には当時の私の

 

オール・オア・ナッシング(All or Nothing)的な

 

「妥協を許さない」

 

「全か無か」

 

という考え方が色濃く出ていて

 

《若かったな〜》 と苦笑したり

 

《いや、そこはスピリチュアルの考え方では、もっと調和的になれるから〜ビックリマーク》と

 

スピリチュアル・ティーチャー視点でツッコミを入れてしまったりあせる

 

書き手、読み手、批評家、3役の

 

かなり騒々しい一人芝居を演じてしまいました汗 演劇 

 

 

そうは言っても、 当時私が書いていた小説は、ほとんどが推理小説で

 

それも、ほぼ連続殺人事件だったので

 

その設定で調和を求めるのは、なかなか大変だったかもしれません

 

 

書いた小説はプロの編集者や小説家の方に講評をしてもらっていたのですが

 

そのコメントにも

 

「もっとリアルに」

 

「冒頭で読者の心を掴め」

 

とあり、

 

《現実社会の殺人事件を題材にして「調和的に」は難しいだろうな〜》

 

とも思いました

 

 

当時の私は、面白い小説を書くことで頭がいっぱいでした

 

どんな人間にもある、光と闇のどちらも受け止め、それによって起こる現象も感情も受容していく

 

というようなスピリチュアル的な発想は全くありませんでした

 

 

10年前の自分自身のことですが

 

人って変わるんだな〜

 

としみじみ思いました

 

 

そして、それとは対照的に

 

読む人の一服の清涼剤になるような文章を書くこと

 

は今も昔も変わりません

 

 

20代の頃、会社の人間関係のストレスで

 

胃潰瘍に苦しんでいた私を癒してくれたのは

 

新聞に毎週連載されていた、あるコラム記事でした

 

 

政治や企業の汚職、若者の流行、テレビCM、広告を通して

 

社会で起きる様々な出来事を、大らかにユーモラスに斬るその記事を読んでいる時は

 

私は胃の痛みを忘れていました びっくり

 

私の癒しの原点はここにあります

 

 

コラムニストの方の物事を観る視点には

 

鋭さとユーモアと大らかさが同時にありました

 

その文章に私はクスリと笑い、溜飲を下げ、癒されたのです

 

 

今は亡きコラムニストの方の

 

鋭くも優しいエネルギーを時々思い出しながら

 

今日もブログを綴っています おねがい リボン

みなさま、こんにちは おねがい クローバー

 

最近、ある人が

 

《コロナの感染拡大が起こる前は

 

みんなが、人の大勢集まる場所に行きたがっていた 走る人

 

ライブとかカラオケ、テーマパークとか観覧車、ショッピングセンターとかビル 観光地温泉とか

 

人が大勢集まって盛り上がることで

 

パワーを生んで、流行を作り出していた

 

それを発信することで スマホ

 

俺たちが時代の潮流になっていく

 

と思ってたのになぁ〜》 

 

と深ーいため息をついていました ショボーン

 

 

《人混みが苦手》な人も多いですが

 

ライブ好きの彼が言うように

 

人が集まって盛り上がることは大きなパワーを生むので

 

これまではそれを活用したビジネス構築をしていた人も大勢いました

 

 

先日、ある医療関係者の方が

 

《コロナはいつか終息すると、当初は考えられていたが

 

変異型のウイルスになった場合

 

インフルエンザのように、ある時期になると流行するようになるかもしれない》

 

と話されていたのを耳にしました

 

 

一日も早いワクチンの開発が待たれますが

 

《私たちの意識も、新たに開発する時が来ているのだな》ひらめき電球

 

と思いました  

 

 

スピリチュアルの考え方に

 

困ったことは起こらない

 

という考え方があります

 

 

この世界で起こることは全て

 

私たちのオーダー通りに起こっています

 

 

私たちの意識と無意識がこの世界を創造しています

 

ソーシャル・ディスタンスを取ることを余儀なくされている現状においても

 

私たちが幸せを得ることのできる環境は創ることが出来る。

 

それを実現するために私たちは今この瞬間、ここで生きているのです

 

 

やり方は人それぞれですが

 

まずは自分の喜びの基軸を

 

《誰かが「いいねグッド!」と思っていること》から

 

《自分が素直に「いいなドキドキ」と思っていること》に

 

シフトすること

 

 

それがこれからの新時代を

 

より、心から楽しんで生きられるようになるための

 

新たな私たちの意識開発の第一歩なのです虹 おねがい

皆さま、こんにちは おねがい 晴れ

 

今朝は久しぶりにスッキリと晴れて

 

窓から入ってくる大気には

 

夏の匂いがしています びっくり 風鈴

 


今年の就職活動は《例年とは、まるで違っている》 という話をよく耳にします耳

 

 

例年では、書類選考に通った後に1次面接、2次面接、最終面接→内定となり

 

面接は対面で行われるのが慣例ですが

 

今年の1次面接は、どこの会社も大抵リモートで行われていて

 

2次は半数がリモート面接

 

さすがに最終の役員面接は対面で行われているそうですが

 

ただし、役員と、マスクを外して面接に臨む学生の距離が

 

超遠〜いあせる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ポーン

 

のだそうです

 

 

コロナの影響で、本当に様々なことが変化しましたが、就活スタイルも様変わりしたようです

 

 

学生さんたちの話を聞くと

 

《今年の会社説明会は、ほぼZoomだし、面接も2次位まではリモートだから

 

時間と体力が節約できて体が楽 ニコニコ 》

 

《先輩の時より、自分が受けた会社の数が多い(チャンスが多かった)チョキ 》

 

《自分のやりたいことができそうだから、思い切って県外の会社(地方の会社)も受けてみたら、熱意が伝わって受かったビックリマーク》 

 

そうで、傍で見ていると、《今年の就活は大変そうだな》と思っていた私は

 

なるほどな〜と思ったりします ほっこり

 

 

もちろん、業種によっては

 

今年は採用を見送った会社も多くあり

 

その業種を志望していた学生さんにとっては残念なことも ぐすん

 

 

若いエネルギーが、これからの社会で伸びやかに活かせるように 虹 と願うばかりですが

 

今年のスタイル変化の波は、地球規模で起こっているので 

 

この波には抗うより、乗り越える感覚で進むのが正解なのだろうな

 

という気がします

 

 

人は変化が起きた時

 

《元通りにしよう》 とか

 

《元に戻って欲しい》 と思うものです

 

前と同じがいいのです

 

 

けれど

 

元の状態が、今までのあなたにとって、とても大切で必要な

 

環境、状況、人間関係、物、ツールetcであればあるほど、

 

《あと少しで達成できそう ビックリマーク》と思っていたことほど、

 

今は元には戻らない流れになっています

 

 

例えて言うなら、

 

今を生きる私たちの

 

それぞれの思いが詰まった

 

望みのデパートプレゼントのおもちゃ売り場で ゲーム

 

どうしてもこれが欲しいんだよぉ〜DASH!

 

これじゃないとイヤなのぉ〜 メラメラ

 

と駄々をこねていると

 

それまで静かに見守っていた宇宙が突然

 

その場にしがみついて離れない私たちを

 

ベリベリと引き剥がそうとする状況が起きています

 

It's time to say goodbye バイバイ

 

《今までのあなたに、さよならを言う時が来たのです》

 

そう宇宙は私たち人間を諭します

 

 

でも、それは、

 

宇宙が私たち人間を驚かせようとしている訳でも

 

困らせようとしている訳でもありません

 

 

あなたの内奥に眠る

 

《あなたの魂の望み》に向かう時が訪れたことを

 

顕在意識で気づこうとしないあなたに

 

しびれを切らした潜在意識のあなたが

 

宇宙にそう言わせているのです

 

 

あなたの中にも小さな宇宙が存在します

 

その宇宙が

 

遥か彼方の大宇宙と呼応しながら

 

あなたの魂の願いが叶う方向に向かって

 

刻々とリズムを刻み続けています

 

 

今の時代の波を、軽やかに乗り越える秘訣は

 

目先の現実に捉われることなく

 

宇宙の大きなリズムに自分を合わせること。

 

そして、それは

 

あなたの魂の願いに耳を澄ませることなのです 虹 おねがい