この一個前のブログを書く直前に、近所の駅周辺に100人ほどのNYPDの警官が待機していました。

 

調べるとうちの前の通りでブラックライブズマターの集会が行われる予定だと。

 

ほどなくしてブログを書こうかとしたら外から「BLACK LIVES MATTER」のデモ行進の声が響いてきた。

 

新政権誕生の喜びもつかの間、昨年のBLMに対する大統領の対応が蘇ってやるせない気持ちになったのでした。

 

なので一個前のブログは携帯電話からの投稿、プラスちょっと殴り書きみたいになってしまいました。

 

いつもならエンタメ要素に注目してファッションに突っ込みまくりなんだけどネ。

 

今日の就任式はマンハッタンで歩きながら携帯のアプリCNN GOで観ることが出来ました。

 

一番感動したのは、アマンダ・ゴーマンの詩の朗読です。

 

アメリカの大統領の就任式では伝統的に詩の朗読が行われます。

 

1961年のケネディ大統領の就任式ではロバート・フロストが、

 

1993年のクリントン大統領就任式ではマヤ・アンジェロウが詩の朗読。

 

そのマヤ・アンジェロウに一番影響を受けたと言うアマンダ・ゴーマン。

 

ウィキピディアを貼っておくね

 

 

 

2017年、ハーバード大学に通う18歳の時にNational Youth Poet Laureateというアメリカの最高峰の国の議会図書館が決める第一回の受賞者に選ばれました。

 

以来、アフリカンアメリカンのアーティストや作家、CBS、オプラなどのSNSで見かけるようになりました。

 

昨年の春にはブラックライブズマターの投稿をしていて、人種を超え、若者たちにより知られるように。

 

彼女は「詩は最も政治的な活動に適した芸術の一つです」とプロテスト(抗議活動)について沢山の投稿をしています。

ジョージ・フロイドマスクも着用していました。

 

若い女性たちに勇気と希望を持ってもらえるような詩を書きたいと話すアマンダ。

 

19歳の時にはCBSインタビューで「2036年のアメリカの大統領に立候補するわ」と公言。

 

その3年後に22歳という最年少で大統領就任式で詩の朗読をするようになるとは。

 

世界中でこの様子は観られていたので、多くの小さな女の子やティーンに響いてくれたら良いですね。

 

今から25年後、、私はまだ生きているかな(笑)もっと早く立候補して欲しい。

 

さて、アマンダロサンゼルスで双子で生まれ、英語の教師をするシングルマザーに育てられました。

 

幼い頃、言語障害などがあった彼女は詩を朗読では無く、書くことを母親に訓練されます。

 

しかし高校生の時に紙に、詩を紙に書くだけでは無く、朗読して聞いて欲しいと思うようになりました。

 

スポークンワーズに憧れます。

 

特に「R」の発音に問題のあった彼女は何と、ある曲を歌うことでこの障害を克服しました。

 

それが2017年エミー賞11部門に輝いたヒップホップミュージカル「ハミルトン」のこの曲でした。

 

「R」がたくさん出て来る曲です。

 

 

 

「R(アール)」の発音を克服するためにこの曲を暗記するのは良さそうですね。

 

ちなみにミュージカル「ハミルトン」は7月4日にブロードウェイで再開する予定です。

 

さて今回、大役を引き受けたアマンダはリンカーン大統領とキング牧師のスピーチも参考にしたそう。

 

さらに1月6日の連邦議会襲撃を受け、詩の中で「希望」「調和」をより強調したそうです。

 

「THE HILL WE CRIMB」 直訳すると「我々が登るべき丘」、我々が目指す高みというような意味合いですね。

シンプルな英語ほど日本語に訳すのはニュアンスを考えると難しいです。

 

「我々この国を継承していく我々の中には、私のように奴隷の子孫であり、シングルマザーに育てられた痩せっぽちのアフリカンアメリカンの女の子が、いつか大統領になることを夢見る者がいるのです」←アマンダが25年後に大統領になったらこの朗読がオンエアされることになるんですね。

 

いや、47歳か、、せめて43歳でなってほしい。見届けたい。その時のアメリカを。

 

 

 

 

 

バイデン大統領夫妻はマヤ・アンジェロウを尊敬しており(というかしていない人がいるのかしら)、亡くなった時には特別なコメントも発表していました。

 

今回アマンダを推薦したのはファースト・レディのジル・バイデン。

 

現役でカレッジで教鞭をとる彼女が、生徒と同じような年齢のアマンダを知らないはずはありません。

 

1993年のクリントン大統領就任式にで詩を朗読したマヤ・アンジェロウにオプラ・ウィンフリーは青いコートとアクセサリーをプレゼント。今回アマンダが詩の朗読に決まったと知ると「ぜひこの青いコートを着てほしい」と連絡したそう。

 

しかしアマンダはすでに自分の大好きな黄色のプラダのコートを着ることになっていたため断りましたが、イヤリングと鳥かごを模した指輪を借りて着用しました。

 

そう、その指輪はマヤ・アンジェロウの自伝「歌え、翔べない鳥たちを」をモチーフにした指輪でした。

 

 

 

とても深い本なので是非読んで見てください。

 

 

今回朗読した「THE HILL WE CLIMB」の詩の最後に

 

「私たちがその気にさえなれば、光はいつでも見ることが出来ます。私たちが本気になればです」

 

本文ではBraveを使っていてこれは日本語では「勇敢」と訳されるようですが、Braveというのは「心して」というような意味合いもあるので「本気」と表現して見ました。多分すぐにどなたかがが全文を訳してくれると思いますので、頼もしいアメリカの未来の風を感じて見てください。

 

どんなに出口が見えない状況でも、見えると信じることで光が射す、、詩も、彼女の存在も「希望」の塊です。

 

最後にアマンダの詩とダンスパフォーマンスを融合させたステージをどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプ政権がやーーーっと終了。


長かった、、、。


この4年間がトラウマになっているニューヨーカーも多いはず。


毎日毎日ツイッターでのつぶやきがニュースになりうなされました。



「黒人に1番貢献した大統領だ」と、それだけで人種差別主義者ではないと盲信したいトランプ派もいると思いますが、、


では何故、ジョージ・フロイドを始め、警官や白人に殺された黒人たちへのお悔やみを、大統領として、いち人間として国民の前で述べなかったのか。

警官には触れない、と言うならば、

警官ではない白人親子に撃ち殺された

アーマッド・オーブリーさんにはお悔やみ言えなかたったの?


って。

そりゃそうです白人至上主義者の心をくすぐり続けた4年間でしたもの。

ネトフリの「僕らを見る目」からは30年以上。

そして、黒人を支援したと豪語するなら

ブラックライブズマターを目の敵にしたのも悪かった。

日本のFOX寄りの報道で、日本人もBLMに悪い印象を持つことになりました。

(日本人はすぐメディアに左右されるんだなと再確認)

子育てを思い浮かべて下さい。

子供にお金さえ与えれば親を尊敬しますか?


愛情を持って接し、時には厳しく、そして優しく、寄り添いながら成長を見届ける親が理想ではないでしょうか。


「俺は黒人にこれだけしてやったんだ、だから黙れ」と

無視を決め込む彼に尊敬の念を抱く人の代表達が連邦議事堂を襲撃しました。

黒人もいただろうって?

黒人にもいろんな人がいますから。


日本人に色んな人(アメリカに行ったことがないトランプ支持者とかね😂)がいるように、アメリカにはもっともっと色んな人がいます。

KKKのコスチュームの夫にお姫様抱っこされた黒人花嫁の写真もバイラルになりました。


何はともあれ、無事新しい政権が誕生しました。

第46代アメリカ合衆国大統領にバイデン氏、副大統領にハリス氏。

こんな大変な時に気の毒でもあります。

「トランプ政権よりマシ」感が満載なのが苦しいところですが、外国人である私はひと安心しています。

ガガ様の国歌斉唱も清々しかったですね。
LGBTQにアピール。


JLOでヒスパニックにもアピール



写真を撮り忘れましたがガース・ブルックスで白人にもアピール。

このグッチャグチャになったアメリカをうまくまとめて欲しいです。


幸せって何だっけ何だっけ♪


というのは、昔流れたさんまちゃんのポン酢のCM。


「幸せは側から見ても幸せなことだ」


とは、むかーしむかし、私の上司(ノースウェーブではない)の言葉。

この上司の言う「側から見て幸せ」とは経済的、社会的地位というものですね。

そこに人生の価値を見出す人も多いでしょう。

ある程度の我慢をすれば手に入る側から見た幸せ。

でも、、、

幸せの要素にはなるかもしれませんが、目指す最終ゴールでしょうか?

社会的地位があり、経済的にも恵まれても、夫婦仲が冷え切った夫婦は、独身の人よりも幸福度が低い、幸せヒエラルキーの最下位だそうです。

人間は古代から「幸せ」を追求し生きているはずなのに、争いは絶えず、宗教や哲学や瞑想ブームになっても、なかなか平和には遠いように見えます。

人間はどんな「幸せ」を求めて行動しているのでしょうか。

コロナが収束しても(するのでしょうか?)、以前と全く同じにはなることはないでしょう。

コロナ禍は人間としての幸せとは何ぞや、と昨年3月から今まで一年近く向き合う時間をくれたと言えるでしょう。

この一年でニューヨーク市内からは数万人がよそに引っ越したり別荘に疎開。

私の友人もマンハッタンにアパートを残したままマイアミのタワマンに引っ越しました。


もうその土地にこだわって住む事自体、農業や漁業以外には人生の優先事項には無いのではと気づき始めた人が増えました。

会社の成功の証とも言うべき街のど真ん中のハイテクなオフィスも、リモートばかりで通う人がいなければ必要がなく、どんどん小さなオフィスへと縮小しています。

とりとめもない文になってしまいました。

コロナ禍を経験し、それまで当たり前だと思っていた
外出、外食、映画、コンサート、旅行が出来なくなってしまいました。

私の楽しみと言えば、ラジオの仕事、食料品の買い出し、公園、TVでストリーミングを観る、読書、家族や友達とフェイスタイム、ブログ更新、DJやアーチストのインスタライブを観る、料理、、。

くらいでしょうか。


「生きているだけで幸せ」


この9ヶ月間で何度そう思ったことでしょう。


昨日から三國シェフの「クレームオショコラ」を仕込んでいたので今日いただきましたー。


マジで美味すぎー爆笑

美味しいものを食べることはホントに手っ取り早い幸せです。







週末です。

今日は土曜日。

いつものようにウォーキングがてらファーマーズマーケットを覗くとMilesのバンドが演奏していました。

マイルスはサックス、ウェインはトランペット。




彼らがジャズバージョンで演奏するSWVのRAINがたまりません。

涙が滲むほど。

楽器の音、メロディーにやられます。

昨年、初めて彼らの演奏するRAINに感動して、ポートランドにいるシンガーソングライターのKIHOちゃんに

「いつかこの曲カバーして」

唐突に連絡してしまったほどニヤニヤ

私の動画が大きすぎて貼り付けられないのでYouTubeで彼らの演奏を見つけました。

SWVは演奏していないんだけどEW&Fとか演っています。

私もこの時見ていたのでどこで見ていたか忘れちゃったんだけどいるはず。



頭にバスケットボール乗せて踊っている人がいると思うんですが、いつもはボールを頭に乗せたまま自転車で公園を走りまわっているんですよ。

彼には去年の夏から10回以上遭遇していますw

その並外れたバランス感覚を何かに利用できないものでしょうか。

今日は演奏が終わった後にマイルスのInstagramのストーリーに拍手の絵文字を送りました。

そしたら「見に来てたんだね」と返事をくれていつもSWVに感動してるよーと伝えました。

リードボーカルのCOCOの唯一無二の歌声と雨の雰囲気が冷たくも暖かく切ない雰囲気でたまりません。

90年代のというR&B とヒップホップが大きく成長するきっかけとなった重要な10年は、今後も廃れることなく永遠に愛されるでしょう。


雨上がりの公園に水溜りが出来ていました。








今、ブランドの冬のセール真っ最中。

私もいろんなブランドのセールを覗いています。

久々にラルフローレンのセールのお知らせ。

品質の良い定番の洋服でも買おうかなとのぞくと、赤いキャップが目に止まった。


とかく黒っぽい服装になりがちなんだけど、帽子やマスクでアクセントをつけられるので便利。

真っ赤ではないかなちょっとワイン色にも似たカラーが素敵。


しかし…


赤い帽子ってトランプ大統領キャッチフレーズである

MAKE AMERICA GREAT AGAINを略した


MAGA ハット

に似てると思われやしないか、、。


ニューヨーク(多分大都市は)赤を沢山身につけると、ギャングのブラッズに間違われると面倒なので、あえて赤いバンダナは勿論、服も避ける人が少なくない。

逆に全身真っ赤(スニーカーまで)で、多分ブラッズのOGと思われる黒人の中年もいたりする。

威嚇しているのかも。ブラッズの多いプロジェクト(低所得者用住宅)では保身にもなるし。

まあ、カリビアンには派手好きで赤は俺のカラーだ、と言う輩もいるでしょうけどね。


それが今や、ブラッズよりもトランプ支持者に見られる方が嫌だという風潮、、、。特に大都市では避けた方が良い。

以前SOHOでMAGAハットを被ったトランプ支持者がボコボコにされるという事件もあり、その時の雰囲気として

「ニューヨーク市内でMAGA ハットを被る方がバカだ」

みたいな風潮がらあった。


でもさあ、帽子1つ買うにも身の安全を考えなければいけないってやってらんない。

大統領の影響力がファッションにもを及んでいるかもしれないだなんてえー

少し考えよ。
ニューヨークは今、すべてのレストランのイートインはテラス席のみで営業です。

テラス席にもいろいろあってまるで山小屋のように新たな建物を建てているところからテントのところもあれば、ただテーブルと椅子を置いただけのところもあります。  

高価なドーム型テントを取り入れているところも。

山小屋風のところは店内飲食と何が違うんだって言う位、結構屋内なんですけどね滝汗

今日は日中の最高気温が10度まで上がりました。

絶好の外食日和です。

ちょうど友達も同じことを考えていたようで、お気に入りのメキシカンレストランに行くことにしました。

私が1番好きなmoleソースのブリトーを食べられる店です。




店内の様子入りでもう1枚


山小屋のような感じ。

でもウェイターさんは数日中にまた店内飲食が始まると言っていました。

あ、写真に写ってるマルガリータは私のではありません私はいつもメキシカンコーラを頼みます。

優しい甘さが好きです。


外食をすることが天気と気温と直結するというのも季節感があって良いかもしれないですね。






年末からフレンチのベーカリートラックが冬休みになり、昨日も「え、いない、、」とスタバに行くはめに。

SNSもやっていないようなのでYelpを見ると営業していることになっている。

でもいないよーえーん

するとYelp に連絡先の電話番号を発見。

どうやらDavidの携帯電話らしい。

少し躊躇したものの、もし永遠に戻って来なかったらどうしようと思い切ってテキストしてみた(ショートメール)

私が送った内容は、客の1人のナオミです。バケーション中のところ申し訳ありません。いつカフェを再開しますか?もしよかったらSNSなどで知らせてくれるとファンは喜ぶと思います。

と言うような感じでテキストを送信。


ドキドキ


するとすぐ返事が返ってきて、「本当は先週戻るはずだったんだけど、いろいろあってもしかしたら明日から営業再開します。こういうメッセージとってもうれしいです」と。

優しいDavidらしく私を気遣ったメッセージに心が熱くなりました。

翌日の今日、朝ヨガに行くのに駅に向かうとDavidのトラックがいました!

やったー!

焼きたてパンが満載ラブ

しかし電車に遅れてはいけないので、帰りに寄ろうと去りました。

そしてヨガを終え、用事を済ませDavidのところに行ったのが11時。

なんとクロワッサンが2個残っているだけ。

それでも残っているだけラッキー。

久々にDavidとおしゃべりをし、クロワッサンとカフェオレを持ち帰りました。



久々に食べたDavidのクロワッサン。

外はパリパリ、中はモチモチしっとり。

1口1口が天国です。

そしてカフェオレの美味しいこと。

自分で作ってもこんな風にならないんですよ。

Davidに、最近YouTubeで観たフランス料理ばっかり作っているんだよ、と伝えるとDavidは「わからないことがあったらいつでも聞きにおいで」と言ってくれました。

正直、パリのフランス人て意地悪な印象があるんですけど、ニューヨークのフランス人て優しい人しかいない感じ(笑)

前にバーで知り合ったフランス人の女性も、「ニューヨークはこうやって知らない人同士でも楽しい時を過ごせるけど、パリはなかなか他の人を仲間に入れないんだよね、パリの悪いとこだよね」と言っていましたね。

年末年始ほんとにフランスづいてます。

もう一ついきなりフランスに縁が出来た話。

シンクロニシティっていうのは本当にあります。

昨年末、ふとロンドン時代の音信不通になっていた日本人の女友達をネットで探してみました。

昔はFacebookなどないので、すぐ音信不通になってしまうことはよくありました。

彼女は既婚者だったのでロンドンに根を下ろしているのかなあと想像。

ロンドンにいた頃は、彼女の旦那さんと私と3人で、イギリスの田舎のマナーハウスを訪ねたり、ピクニックしたり、楽しい思い出がたくさんニコニコ

今はどうしているんだろう… .

しばらくいろんな同姓同名の人が出てきて彼女の前職のキーワードを入れたら、

見つかりました爆笑

何と、今はフランス人と再婚してフランスの田舎プチでホテルをやっていると言うのが発覚!


早速ホテルに連絡してみました。

するとすぐ返事が来て、今はコロナから避難して夫婦で京都に滞在しているとの事。

もしコロナがおさまってホテルが再開したら絶対彼女の経営するホテルに泊まりに行きたい!

フランスに行く理由が出来ましたーてへぺろ





1月ももう半ばに差し掛かってきました。

今年はアメブロの投稿をマメにする、ウォーキングを欠かさない。

以上を習慣付けたいなと思っていました。

今のところ守られています。

朝日を浴びに朝の散歩。


朝の日差しって浄化される気がする(すでに10時位ですけど)


朝ご飯には、おせちの残りの黒豆を入れたパンケーキを焼きました。

後はお米に混ぜて炊いたりもしています。

残りの黒豆は冷凍しました。

朝食後に今週の番組の選曲をしました。

2時間の番組の選曲は全て私が行っています。

今週も新曲、名曲いろいろオンエアしますね。

TikTok でダンスチャレンジがはやっているBuss Itもこます!

先週の連邦議会襲撃事件に関連する曲もオンエアします。

しかし例のiTunes チャートで1位になったトランプ支持者のラップではないのであしからず。

結局150人以上が調査の対象となっているらしいですね。そりゃそうですよね。

ホロコーストを信じないネオナチの人物もいれば、超正統派のユダヤ人もいました。


アメリカは連日このニュースばかりでちょっと飽き飽きしたので「クイーンズギャンビット」をNetflixで観ました。

面白くってあっという間に観終わりました。

「ルパン」も面白かったですが、5話しかないので次の早く観たいです。


ブログは携帯から音声入力でアップしています。

映画の内容や諸々についてたくさん書きたいのですが、親指入力もしくは音声入力だとこれが限界です。

もっと描きたいネタがたくさんあるので、そのうちパソコン入力に切り替えたいと思います。

それを考えるとYouTubeの人たち大尊敬、、。

撮影の後に編集だなんてほんとに凄いと思いますよ。













昨年からゾロ目をよく見るようになりました。

ほぼ毎日。


時計はもちろん、機材のメモリ、レジのレシートなど。


エンジェルナンバーだとは昔から知っていました。


1111は思考が現実化しやすい、だから思考に注意を払えと。


プレッシャー

とても安心出来ないじゃないですかーショボーン


とゆーことで今日ももちろん出ました。



1月11日11時11分笑い泣き


喜んでばかりもいられませんがな。


思考を安定させなあかん(何故か関西弁)


昨日は222も出ました。

111と1111は毎日なので222が珍しい




マライアの自伝をオーディブルで聴いていた最中でした。



2のゾロ目は自分を信じろという意味だそうです。



ゾロ目さんに(エンジェルさんに⁉️)見守られているということで思考をニュートラルにしよう。



皆さんも良いゾロ目をニヒヒ







シアターキノの昨年上映された映画の投票で「燃ゆる女の肖像」が一位となったそう。

さっそく観ました。

フランス映画です。

生き方を自分で選択できない時代の愛の物語。

最後のシーンでは号泣しちゃいましたえーん

これまで死ぬほど誰かを愛した事がない、と言う人もいるでしょう。

恋をして、ぼーっとして、いっとき周りが見えなくなったりするのと、本当に誰かを愛すると言うのは違うことだと大人の後半にさしかかった今なら分かります。

じゃあ愛とはなんぞや?


「相手の幸せをひたすら願うこと」


と恋愛スピリチュアルの本には載っています。

シンプルながら1番難しいニヒヒ




この映画の中の2人は愛だったのか、いっときの情熱だったのか。

目くばせの演技も素晴らしい。  

2人の美しさと言ったら。

これも1人でじっくり観ていただきたい。


この作品と似た作品として取り上げられるのが

「君の名でぼくを呼んで」


しかし私が思い浮かべたのは1991年の

「巡り逢う朝」




ルイ14世に支えた宮廷音楽家のマラン・マレと師匠のサント・コロンブが描かれた作品。

マラン・マレ役がギョーム・ドゥパリュドゥ。

この作品に出演するフランスの名優ジェラール・ドゥパリュドゥ。

音楽が素晴らしいのと、ちょっとした音や家の様子も素敵。ディテールがたまらないんです。

当時、美少年ぶりが話題となったギョームは2008年に37歳で他界しました、、。

コルノー監督は2010年に他界。

誰かを激しく愛し、それが全てとなり、、。

愛するって何だろう?とこれも観終わった後に思った作品。そこが「燃ゆる女の肖像」と共通していました。

LGBTQ映画ではありませんが、1人の人間が誰かを愛すると言うことに、性別は関係はありません。