ひよこ亭の人形部屋

ひよこ亭の人形部屋

DDやキャストドールを中心とした、ほのぼの育児系お人形ブログ。


テーマ:

京町屋の撮影スタジオと聞いて、これはもう(えい、フルチョイスF-58)を連れて行くしかない、と思った。

何度か書いてきたことだけれど、は葛飾北斎の娘・応為(おうい)をモデルにしている。昔ながらの町屋を背景に、振り袖姿のを立たせたら、さぞかし絵になるのではなかろうか。まるで一幅の浮世絵のように。

 

行きの新幹線で、私は岩波文庫の『葛飾北斎伝』を読み直して、応為のイメージをふくらませていた。

世界に名だたる北斎は、パラメーターを絵の才能に全振りしたような人で、とにかく日常のことに無頓着だった。食べたものはそのまま、書き損じやその他のゴミ類もそのまま。服は着たまま、一日中コタツに入ったまま。

そのため家の中はゴミであふれ、ノミやシラミでえらいことだったそう。今で言う「汚部屋」の住人だったのだ。

 

父に迫る画才の持ち主であった応為(本名・栄)はどうかと言うと、『葛飾北斎伝』によれば「父より少しマシだけど家事は全然ダメ」(意訳)であった…。やはり片付けの出来ない人だったのである。

ドールのも絵師という設定であり、性格も基本、実在の応為をなぞっている。つまり…

町屋の住人ではなく、汚部屋の住人を連れてきてしまった。新幹線の中で頭を抱えたが手遅れである。

 

そんなわけで和の情緒あふれる町屋スタジオ到着。

栄「このガラス戸の向こうはゴミで埋まってるからな」

いろいろ台無しだ…。

 

 

 

念のため書き添えておきますが、今回使わせていただいた「スタジオ縁」さんも、

「Baroque」さんのお着物も、とても素敵です。

ほら、の台詞をつけなければ、こんなに素敵↓

 

 

栄「あ、後ろの絵はあたしの作品だからな」

えぇ…。

 

応為の代表作は、遊郭の見世を描いた『吉原格子先之図』。

そこで、色街をイメージしたであろう、こんなセットの前に立たせると、やはりサマになる。を連れてきて正解であった。

 

 

栄「なんだか創作意欲がわいてきた! 陰間茶屋を舞台にしたBL絵とか、BL絵とか!!」

あのさあ…。

 

 

参加者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

私だけ撤収時間が早かったため、参加者の皆様の子たちをあまり撮れなかったのが、とても残念である。

数少ない貴重なツーショットがこちら↓ の絵師魂が刺激されたもよう…。

 

 

栄「なあ、あたしのデッサンモデルになってくれないか? 片肌脱いだり、もろ肌脱いだり、裾はだけたりする感じでさあ。いっちょ頼むよ?」

やはり連れてきたのは失敗だったか…。


テーマ:

人形者になってはや八年あまり。初めて天使の里を訪れた。

嵯峨嵐山を降りてすぐ。そびえるような壁とものものしい監視カメラの群れ。誰かが「宗教施設みたい」と評していたが、まったくその通りだと思う。

 

初来館の私には、簡単なレクチャーがあった。

スタッフさんがまず指さして曰く「あちらが降臨台です」。

うん、割とマジモンで宗教施設だ

 

別にいいのだ。私は八百万の神がおわす国の人間。どんな宗教、もとい宗教っぽいドールメーカーでも受容しようじゃないか。どんなドールメーカーもひとしく尊いのである。

約三〇〇〇坪という庭園に出ると、改めて感じた。日本に生まれて良かった。美しい国に生きることが出来て本当に良かった、と。

この庭園・栖鳳(せいほう)の庭は、ひとことで言い切るならヤバい。あるいは尊い

寂として、幽玄な、風韻のある…いろいろ書き連ねようとしたが、どうにもまだるっこしい。言葉に頼っていては何も伝わらない。ヤバみを感じた、と率直に述べるしかない。

 

当然、ドール写真も普段の十割増し(当社比)でヤバくなります。(えい)だってこの通り。

 

 

どんな名園であっても、ほぼ開放で撮るクセは抜けない。なぜ絞らないのだ俺。

 

 

庵も素敵。日本文化ヤバい。しかし、これがアラフィフの語彙か?

 

 

 

ところでワタクシ、感動のあまり天使の里のワンオフに応募してしまった。

万一、当選したあかつきには、また新幹線で京都まで受け取りに行かなくてはならない。

信仰心が試されている‐。


テーマ:

次女・ジョゼちゃん(小二)が、学校からの帰り道、顔見知りの女の子から言葉をぶつけられた。

クソババア!」と。

その子は一学年下、互いに知ってる程度の間柄で、因縁や確執は何もない。ただ下校してただけのジョゼちゃんの振る舞いもいたって普通で、「クソババア」などと叫ばれる理由はどこにもなかったそう。

 

相手は小一。顔見知り相手になんとなくイキってみたくなったけど、悪口のボキャブリーも少ないから、つい「クソババア」になってしまったのではなかろうか?

奥様と苦笑していると、長女・はーたん(小五)が口をはさんできた。

はーたん「二年生が『ババア』だったらさ、五年生のはーたんはもう『神』の域に達してるじゃん!

二年生のババアより長く生きてるから、五年生の自分は神だという謎の神仙思想。自己評価、ポジティブすぎるだろ

 

一方、ジョゼちゃんはマウントを取りにきた姉に対し、あえて否定せず。

ジョゼちゃん「クソババアって言われたのはしょうがないと思ってる。だってジョゼはホントに『クソ』だし

自己評価、ネガティブすぎるだろ

 

同じ環境で育ち、勉強もスポーツもお互いほどほどな姉妹なのに、なぜこんなにも性格が違うのか‐。

顔見知りの「クソババア」から見えた、思わぬ違いに戸惑っている。

 

(おまけ)

ホームセンターで見つけた、「山野草」としか札のなかった謎の鉢植え。いったいどんな風に育つのか?

 


テーマ:

長女・はーたん(小五)が、歯ごたえのある国語の宿題を持ってきた。

「ことわざや慣用句を、『あ』から五十音の順に書き出しましょう。家族に手伝ってもらってもかまいません」という代物。

さっそく、一家全員でことわざ大会が始まった。

 

〝あ〟

私「赤子の手をひねる」 まあ簡単だよね。続けてどんどん行ってみよう!

 

〝い〟

はーたん「井の中のカッパ、親知らず!」  色々まざりすぎてるゥ!

 

〝う〟

奥様「馬の耳に念仏」

てな調子で、快調にことわざ&慣用句を挙げていく我々。あっと言う間に五十音が片付くかと思われたが、「か行」に入ったあたりでだんだん怪しくなりはじめた。

 

〝け〟

ジョゼちゃん(小二)「競馬で三百万スッた!」 警句と呼べなくもないけど、ことわざじゃないよね。

 

〝こ〟

はーたん「腰も痛めば棒が当たる そりゃあ棒が当たったら腰も痛むだろうよ。

 

〝し〟

奥様「死して屍、拾う者なし」 うっかり採用しかけたけど、それ隠密同心だよね。

 

詰まった時はグーグル先生の教えも借りて「な行」以降に突入。

 

〝ね〟

はーたん「ネコ耳幼女は神!」 事実だけどことわざじゃありません。

 

〝ほ〟

はーたん「ホモは正義!」 ことわざにかこつけて趣味嗜好を主張すんな!

 

〝む〟

ジョゼちゃん「無意識に悪口言ってた 嫌な慣用句だな。

 

かくして不採用とダメ出しを繰り返しながら、ようやく約五〇のことわざと慣用句を挙げることの出来た我が家。

ボキャブラリーと趣味嗜好が如実にあらわれるので、皆様もお暇な時にぜひどうぞ。

 

 

(おまけ)

中二病全開のオカルト少女・竹美。背景に魔方陣を置くと異常なほど似合う。

 

 

竹美「あ…アカシックレコード、

い…いあ いあ くとぅるふ ふたぐん

う…UMA

え…エンジェルさん

お…大槻教授」(以下、えんえんと続くので省略)

 


テーマ:

この春、六年生になる長女・はーたんから「今まで旅行して一番思い出に残った光景は?」と訊かれた。

 

不意に問われると、これが存外難しい。

伊勢神宮のたたずまい‐。

桂浜から望んだ太平洋。サンディエゴの海も良かった。

パリも印象深い。完成当初は非難ごうごうだったガラスのピラミッドも決して悪くなかった。

 

すると、はーたん…

「ガラスのピラミッドって知ってる! ヌーブル美術館でしょ?」

嫌、その間違え方、「ヌーブラ」みたいで嫌

 

奥様にも「一番思い出に残った光景は?」と質問。

すると「ロマンティック街道だがや」と即答。

 

奥様「ヨーロッパなのになぜか違和感の無い風景だなと思っていたら、目の前に『ロマンティック街道』と日本語で書かれた看板があっただで。あれは印象深かったがや」

 

 

(おまけ)

パンデミック系看護師・千代子(SDちよ)にも「想い出に残った光景」を訊いてみよう。

 

 

千代子「ゲフゲフッ、同僚がみんなインフルで倒れてシフト表が真っ白だった時ですねゲフッ。

 仕方ないから、私が日勤から深夜勤まで通しで入りましたよゲフッ。

 私だってインフルだけど頑張って出勤してたのに…ゲフゲフ」

自分が原因だよなあ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。