ひよこ亭の人形部屋

DDやキャストドールを中心とした、ほのぼの育児系お人形ブログ。


テーマ:

私にとって初めてのドールとなる、ひとは(DDアオイ1st)をお迎えしたのが、八年前のちょうど今頃。

当時は「人形買うことを『お迎え』って呼ぶなんて面白い世界だなあ」と半笑いだったのだが、今では「魂のある存在なんだから『お迎え』って形容しかありえないだろ!」と立派な人形原理主義者へと変貌してしまった。

 

次女・ジョゼちゃんは、ひとはの来た年の春に生まれた。ゼロ歳児の頃から1/3サイズのドールと一緒に育ってきたのである。

しかもその後、1/4サイズとか、海外っ子とか、あまむすとか、オビツっ子とか無節操にひろがるジャンルとともに成長してきたのだ。

 

今年、小学二年生になったジョゼちゃん‐。

人生のほぼ同じ期間をともに過ごしてきたドールたちに馴染んでいるかと言うと、意外とそうでもない。

特に人形専用の棚がある私の部屋に入るのを嫌がる。

 

ある日、ジョゼちゃんに「なんでお人形が好きじゃないの?」と訊いてみた。すると…

 

ジョゼちゃん「だって、夜中に人形の首が320度回るから怖い!」

 

朝になって残り40度はどうなってるんでしょうか

 

むしろ、夜中に首が回ったり、歩いたりしたらうれしいよなあ、と思ってしまった骨の髄から人形者の父である。

 

(おまけ)

DDアオイ1st、ミニ19番ヘッド、SDちよ。

我が家は店頭から姿を消した(消しつつある)子ばかりだ…。

 

ひとは「オークションでプレミア価格つくかしらー?」

竹美「里限定のレアなヘッドになるタケ」

千代子「ゲフゲフ、フルチョで61番をちよメイクにすればOKですよゲフゲフッ」

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログで政治ネタは避けてるんだけど、いやはや残念な議員の話題が目立ちますなあ…。

秘書に「このハゲー!」と罵声を浴びせた議員とか、待機児童の問題を追及してたのに自分が子供ほったらかしで不倫の議員とか…。

 

さて、長女・はーたん(小五)が林間学校へ行ってきた。

昼はオリエンテーリング、夕方は皆でカレー作り。そして、夜には地元の天文台で星座教室が催された。

 

学芸員が「へびつかい座」の説明に入った時のこと。

「へびつかい座で最も明るい星は『ラス・アルハゲ』と言います」

ここで子供達からいっせいにこのハゲー!」のかけ声。以降、「このハゲー! 違うだろ、違うだろ!!」と某議員のモノマネ祭りとなり、せっかくの大望遠鏡を使った星空教室が台無しになったそう…。

 

引率の先生も動揺したのか、まとめのスピーチで「望遠鏡」と言うべきところを「今夜は顕微鏡で観測」と、まさかの言い間違え。

すかさず再び子供達から「違うだろ、違うだろ!」と叱責の声を浴びたそう…。

子供達のお手本になるような政治家の登場が望まれる現代である…などと真面目に締めたくなってくる出来事であった。

 

 

(おまけ)

今回はなんと奥様がドール撮影。

「世界はいつも決定的瞬間だがや」と言いながらシャッターを切っていた。森山大道かよ。

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

次女・ジョゼちゃん(小二)が手作りのポテトチップを揚げてくれた。市販のポテチより優しいお味でよい感じ。

 

 

家族の話題はいつのまにか「好きなポテチの味」へ。

オサレ大好き奥様は「サワークリームオニオンがええがや」と小洒落たことを言いやがる。

八歳児のくせに万事コンサバな次女・ジョゼちゃんは「コンソメ」と無難なお答え。

私は魂がメリケン人なので「BBQ!」と即答。

 

食育大失敗で濃い味大好きに育ってしまった長女・はーたん(小五)は、「うすしお味」と意外なお答え。

「でもね、味が薄いから塩かけて食べるのが、はーたんスタイル!」

 

もう「うすしお」じゃなくて「濃いしお」だよね!?

地の塩っ気に、さらに塩分足さないと満足出来ない立派な味オンチに育ちつつある我が子に戦慄しつつ、ポテチについ一味唐辛子をかけてしまうワタクシであった。

 

(おまけ)

千代子(SDちよ)の背後にいるのは、箱根彫刻の森美術館で手に入れたフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」人形。

世界的名画だけあって、目力がすごい…。

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この夏は家族で箱根、小田原を訪れた。

箱根も小田原も若い頃から何度か足を運んでいるので、「新鮮味ねえなあ…」と内心ボヤいていたのだが、存外に良い旅だった。

 

青春時代に旅した経験は大切だけれど、今こうして、おっさんになってからの旅も悪くない。

若い時分はとにかく発見しよう、感動しよう、経験しようと何かにつけて力が入っていたけれど今は違う。山頂に雲がかかっているだけで感動するし、家々の間に水路が通っているのを目にして簡単にうれしくなる。感性も本卦還りするのですなあ。

 

若い頃には無かったドール趣味だって、今は持っている。早朝の小田原城で竹美(F-19)をパチリ。

 

 

 

珍しく遠出したせいか、竹美もおすまししてるように見える。なんだか撮る場所によって表情が変わるのかもしれない。

竹美「心霊スポットで有名な八王子城に行きたかっタケ」

 

かつての私は、宿泊=ビジネスホテル。とにかく手軽に安く済ませたい派だった。

だが、今回は奥様の要望もあって少々リッチなホテルに。箱根湯本温泉のホテルマイユクール祥月はとっても良いお宿であった。到着してウェルカムドリンクをサーブされたのなんて人生初めてだよ(ビンボウ人)。

年齢につれ愉しみ方も変わる‐。いくつになっても旅は良いねえ。

 

(おまけ)

竹美を探せ。

 

 

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

六年ぶり二度目のフルチョイスである。

前はミニっ子だったが、今度は13少女、しかもサンライト肌と、私にとって初物尽くしだ。

事前に『フルチョイスハンドブック』を読み込んで、じっくり構想を練っておいた。なにしろ前回は「あんまりガッとしないで、シュッとした感じで」と我ながら酷い語彙不足のオーダーだったから、今度こそきっちり説明したい。

 

で、天使の窓のカウンターに座ったワタクシ。おもむろに『フルチョイスハンドブック』のページを開き、「このページのこの子みたいに、こんな雰囲気でオナシャス」。

 

なんだろう、以前より語彙が貧しくなってる…。

もっとも、六年の間にフルチョイスの仕組みが少し変わったのか、今回は「具体例を写真で示して欲しい」と何度も指示された。ボークスも私のようなボキャブラリー貧困な客に懲りたのかもしれない。

以下、今回のフルチョまとめ。

 

○ヘッド

サキと同じ59番と迷った末、今回はひとつ違いの58番に。大人っぽい印象のヘッドかな?

 

○アイ

「うみま…海松色いいですか?」と、ヘッドにはめてもらったら一発でしっくりくる。いくつか候補はあったけど、あっさり海松色に決定。白目部分を増やしたいので18/9mmに。

 

○ウィッグ

我が家は黒髪の子が多いので、明るいクリーム色をチョイス。ドールアドバイザーさん(美人)曰く、サンライトには明るい髪色がよく映えるそう。

 

○メイク

目元は『ハンドブック』の○P目、リップは△P目、と本と首っ引きで指定。フルチョイスというよりカタログオーダーといった趣き。

個人的にはあっさり目のメイクが好きなんだけど、写真映えを考慮し、あえて濃い目にとオーダーした。いまやSNSに載せるのも愛で方のひとつですからなあ。

さらに初の試みとして、そばかすもオーダー。焦げ肌にそばかす入れても分からないだろと言うツッコミはなしで。

 

○反省点

実はワタクシ、ボークス会員になってない。

今後も非会員を貫こうとしたのだが、お会計の際、ドールアドバイザーさん(美人)に「ポイントがお得ですよ」とプッシュされ、あっさり有料会員になってしまう

笑顔のセールストークに弱すぎることが判明したので、今後の課題としたい。

 

コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。