前回の我が家の露天風呂物語(1)に

>我が家の露天風呂の歴史を残そうかと思いました。

なんて書いていますが、

写真を探し出すだけでも大変で、不可能だと判りました。

 

エピソードは沢山あるのですけどね。

 

 

前回は露天風呂の湯舟をUPしただけですので

先ずは、竣工当時の写真を色々と、ご紹介します。

あくまでも、2005年当時の写真ですので、現在の姿ではありません。

 

 

前回の露天風呂看板を左に入りますと・・(別棟鉄筋建物の裏側)

 

 

椎茸木がある所を直進、突き当りに白い所に脱衣所と階段があります。

手前の階段は、上の菜園に行くための階段。

 

この椎茸木は、最近まで次々椎茸が採れていました。

昨年くらいに、古くなったので処分したようです。

 

 

階段を外から見ると・・

 

夜は通路にランタンが点きます。この屋根もダンナ作

 

露天風呂に行くための階段。

左側にタオル、バスタオルを入れるケースあり。

 

竹垣の切れ目が、階段からの入口

床のタイルもダンナが貼り付け、らしい雰囲気に。

 

突き当りに、灯篭を置いて、露天風呂の風情を出しています。

 

下の脱衣所で、大きい物は脱ぎますが、下着等は、この脱衣籠へ。

この右手の方に、後でシャワーも取り付けました。

 

ず~っと、シャンプー、リンス、ボディソープを置いていましたが

つい最近引き上げましたが、年季の入った状態になっていました。

 

 

このランプ風照明を取り着ける時は大変でしたアセアセ

ダンナが斜面の屋根の上に上り、わたしが脚立に上って

ランプを支えていたのです。

 

電動ドライバーで屋根からブルーンと取り付けた時、ランプは

当然廻ります。

わたしは脚立の上で、ランプだけを支えにしていますのに

それが、回転するので、わたしは持つところも無く 悲鳴を上げました。

 

恐かった当時のことを、今でも まざまざと思い出されます。

 

 

外の芝生から見ると、露天風呂はこの位置にあります。

緑の垂れ幕は、ゴルフの打ちっぱなし用シート。

 

 

この露天風呂を作った場所は、何だったか?

この下は、ボイラー室なんです。

 

屋根も頑丈に出来ている10帖くらいの広さでしょうか?

測ってないから、定かではありませんが・・・

 

その屋根の上に、露天風呂を取り付けたのですから

考えると、ダンナも 15年前は元気だったと思います。

 

 

この湯舟を作る檜は、ダンナの友達が岡山に家があり

山も持っていました。

木は伐採しないといけないので、無料で戴いて

岡山から運び、製材所で加工してもらったのだったか?

 

このランプは、大阪の大きなお屋敷の不用品を戴いたものです。

当然、その家とは懇意にしていた家のですけどね。

 

この露天風呂を作るのに、本業の人に頼んだのは

電気屋さんだけ?だったっけ?

漏電すると大変ですからね。

 

水道工事もダンナがしたと思います。

 

 

又、気が向いたら、露天風呂に関するエピソード書くかも?です。

 

                   次回続くかも?