石川県の飲食業アドバイザー コンサルタント山さんのAiuto(アユート)ブログ

石川県の飲食業アドバイザー コンサルタント山さんのAiuto(アユート)ブログ

石川県加賀市を拠点にフードビジネス業の各種コンサルタントを行なう「オフィス アユート」のアドバイザー山さんのブログ。知的で軽薄。熱くて癒やし系。真面目で適当。ビジネスから遊びまで徒然に、フードビジネスアドバイザーの「フード ライフ」なブログ。

こんにちは。
フードビジネスアドバイザー山さんブログへようこそ!


小さいお店の方や小規模事業者の方へ。

中小企業、小規模事業者様へのサポートサイト
「ミラサポ」にて専門家登録しております。

お悩みに応じた専門家に、
年間3回まで(一回は6時間まで)無料で相談ができます!

北陸三県はもとより、日本全国を対象としておりますので、
ぜひお気軽にご利用ください。
ご利用の詳細はこちらをクリック!
「ミラサポ申し込みの流れ」ページにジャンプします

こちらは【オフィス アユート】のフェイスブックページ
へジャンプします。
お電話以外のお問い合わせはaiuto@p2272.nsk.ne.jpまで。

お気軽にメッセージなどお寄せ下さいね。
読者登録大歓迎致します!!
読者登録してね
(社)日本フードアナリスト®協会会員番号25051914)
日本フードアナリスト協会
2014・2015・2016・2017年度広報委員を務めております。

フードアナリストとは、飲食店情報はもとより、食材、飲料、食文化など『食を取り巻くあらゆる情報』を、受信→収集→分析→解説・発信する、食の情報を扱うプロフェッショナルです。
フードアナリスト資格については下記リンクよりアクセスしてください!
一般社団法人 日本フードアナリスト協会
NEW !
テーマ:

テクノロジーの進化は本当に目覚ましく。

毎日追いかけていないと遅れていく気がします。


最近ではアナログとデジタルの共存はいつまでも続くのかどうなのか。

労働集約産業の飲食業界でさえ、

将来どうなるのか分からなくなってきました。



メディアの世界もそうです。


身近なところでは

その進化と共に人材募集媒体やツールが変化しています。


その昔は新聞広告がメインでしたが、

その後折り込みチラシ、

人材募集専門誌、フリーペーパー募集媒体へと変わり、

現在はweb媒体は当たり前。

LINEなどSNS募集媒体も盛んです


最近、冬の繁忙期を前に募集広告を作成するクライアントから

広告内容について、度々相談を受けることがあったのですが、


ちょっと思ったのは、

以前はよく見たけど、

今これを書いてはいけないと言う「ワード」達です。


今日はいくつか例をあげてみたいと思います。



「長期の方歓迎」

これは、書く必要の無い典型的ワードです。

そもそも、長期の定義が分からないし、

人それぞれ解釈が異なります。

このワードを見て応募を断念する人もいるでしょう。

面接時に、どの程度働き続けたいかを尋ねれば済むことです。

 


「週三日以上」

これも書くべきではないワード。

決まった曜日しか出勤出来ない人を、みすみす排除することになります。

排除…。どこかの党のような末路になる恐れがあります(笑)


そもそも、面接やシフト希望の話し合いによって

細かく変わる部分でもあります。

週一日からでもご相談ください…とか、

やんわり表現してみては。

面接や、仕事が慣れてからシフト増を提案してはいかがでしょう。


 

「急募」

人材は本来計画的に募集するべきもの。

なぜ急募しなければならないのかを疑われます。

書かなくていいワード。



「みんな仲良く長期間頑張っています」

チームワークがよく、みんな仲良く和気あいあいの職場…。

そう言うイメージを伝えたいワードてすが、

個人的にはあまりおすすめしません。


後から組織に入る人のなかには、

既存の仲良しグループにうまく入れるかな?と

不安になる人もいます。

長い人ばかりなら尚更のこと。


それより「新人さんを放っておかない」が伝わるワードを

入れる方が良いと思います。



…とまあこんな感じで、細かくはまだありますが、

それは別の機会に。



遅くなりましたが今日も一票ポチッと。

クリックにNGはないですよ。



■石川の飲食業アドバイザー山さん■
シェアやリンク大歓迎です。お気軽にどうぞ。
業務内容の確認や各種お問合せはオフ

テーマ:

20代の頃、

一旦サラリーマンをした後で飲食業界に戻ったのは

やはりこの仕事が楽しくて楽しくて仕方なかったからなのですが、



最近、飲食店で働いている人の中に、稀にですが、

「仕事楽しくないのかな?」って、

感じてしまう人がいます。



これは、行動や言葉の節々で感じるし、

自分で向いていないと仰る方にも実際に遭遇しました。


マネージャーがこれだと

お客様もスタッフも不幸です。



向き不向きは確かに有ることですが、

仕事として情熱を傾けることとは別問題。


いかに目の前のお客様を楽しませるか?喜んでもらうか?

スタッフも楽しませるか?


どんな仕事でも共通のテーマです。



経営改善案件や各種サポートの中では、

仕事のモチベーションが上がれば

自然と状態が改善されることが多く。



そう言う意味で自分の仕事は

いかに飲食店の仕事が楽しくて、

遣り甲斐の有る仕事なのかを外部の客観的立場から感じさせること…とも言えます。

つまり、

飲食店の仕事が「たのしごと」(楽しい仕事)だと感じて貰いたいと。


本来は、お店の店長や責任者、

または経営者の仕事ですけど。


現場にいた頃は、

飲食店で働くことの楽しさをスタッフに感じさせることが

店長の使命だと思ってやっていました。



現役の責任者の皆さんには、

飲食店で働くことの楽しさをスタッフの皆さんに体験させて、

一人でも仕事が楽しいと感じてもらえるマネジメントを、

ぜひとも実践していただきたいと思います。

まず、自分が楽しまないとね。



あ、必要であればお手伝いしますよ(笑)



さて。

今日は、先ほどまで月一度の武蔵が辻でした。

短時間だったけどここ最近で最も学んだ。

いろんな意味で貴重な吸収を得た時間だった。

週末も頑張って行きましょう。


今日もポチッと1票。

クリック体験も楽しくね。



■石川の飲食業アドバイザー山さん■
シェアやリンク大歓迎です。お気軽にどうぞ。
各種社内研修、セミナーなど承っております。
業務内容の確認や各種お問合せはオフィスアユートHPへ。

テーマ:
外国人労働者受け入れについて、
連日報道されていますね。
一昔前までは、
特に地方では外国人労働者の採用には
消極的だったと感じていましたが、

現在は昔と違って
どちらのお店も採用・受け入れには寛容になりました。

と言うか、飲食店では今のところ、
外国人労働者の活用に積極的に取り組んでいる会社や店舗が少ないので、
そこに集まっています。

しかし、特に石川や北陸では
他の産業に遅れをとっていると感じています。

人口減少時代は確実にやって来るので、
外国人労働者採用の知識も必要ですが、
法整備がもっと大事。

そもそも、提出しなければならない書類ま多いし、縛りも細かい。

将来は、外国人労働者の採用までもがパイの奪い合いになるでしょう。


外国人とシニアの採用は、
早く取りかかった方が良いと思います。

仕組みと実績を作って
社内・店内に受け入れ体制を構築しましょう。


さて、こちら今朝の白山です。
ここ最近では秀逸。
スッキリ青空。
ほぼ完璧な白山が見られました。

今日はこんな天気のもと、
富山方面に視察へ。

11月も半分過ぎた。
貴重なお天道様でした。


今日もポチッと一票クリック。

どうぞよろしく。



■石川の飲食業アドバイザー山さん■
業務内容の確認や各種お問い合せは、オフィスアユートで検索の上、ホームページをご覧ください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス