サラリーマンの生活に密着した実践資産運用など

サラリーマンの生活に密着した実践資産運用など

株・FX(外国為替証拠金取引)・BO(バイナリーオプション;HIGH・LOW)等の投資商品、株主優待・配当、クレカ・電子マネー、アフィリ8、税金対策など…誰でも簡単に資産運用したい人のHow to blog(本)として。
資産運用(投資)&旅情報の提供を

成功者達のマネしてブレンド化→オリジナルブランド化→マネーUPサラリーマンの飽くなき闘い☆
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今までの私のブログ記事では
個人事業主について触れてきましたが…
改めて確認
個人事業主の場合
賃貸物件(家賃支払い)における事業所としての
青色申告により
床面積割合が経費として算出できるということ…
さらに、
光熱費、事業に掛かったコスト=経費も含めることができる
(詳細は以前のブログ記事参照)

ここで今回は、
さらに個人事業主から法人化を考えてる人の為に提案を…

法人では個人事業主と異なる点
それは、
個人事業主=本人である扱い
法人=会社名義+取締役名義と、別扱いされるということは存じ上げます。

個人事業主の場合の賃貸物件に対するお話しは前述した通りで
法人では法人名義としての物件購入であれば
減価償却として経費計上できるということ
その物件を法人(会社)が取締役員(本人)に社宅として賃貸形式した場合
取締役員(本人)は通常家賃の(物件規模により異なる)1割~5割負担で家計軽減に
さらに、
その差額分を会社の経費計上できるというメリットがあるということ!


今後は、
自宅兼事務所のメリットについて触れたいと思っています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス