遅くなりましたが明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願いします。

堅苦しい挨拶から2021年最初のブログを更新をさせて頂きます。

愛知県も二度目の緊急事態宣言が出て街には人は少なくなったなと思います。いつまで続くか分かりませんし先が見えない毎日ですが出来る事をやってこうと思います。とりあえずこんな世の中なので店が継続出来る事を目標に頑張りますというのを目標にしときます。どうか今年もご愛顧下さい。

さて一月も後半に差し掛かりましたので春にも着れそうなアイテムをピックアップしてご紹介します。



90年代頃のコンバース達です。USA製って自己満足の世界なんですけど譲れないポイントの方多いはずですね。Deadstockから綺麗な物でそれなりに店頭に並んでいますので気にして見て頂けたらと思います。













50〜60年代頃のシャツ類も春先に一枚で着れて今はインナーに使えて良いなと思います。様々なパターンでご用意してますのでお気に入りを探してみて下さい。
















個人的にも大好きなセーリング柄のアイテム。コットンのフーディーで春のアウターには非常にお勧めしたいですね。配色も含めてあんまり無いと思いますし60年代らしい気の利いた服です。サラッと羽織ってたら思わず振り返ってしまいます。













王道メーカーからはデニムでは無くコーデュロイ。518になります。色はネイビー。希少性とかは勿論ですが万能で何でも合うユーティリティープレイヤーだと思います。簡単に出ないですしお勧めですよ。













タイガーストライプ。穿いてる人見なくなりました。だから余計に良いと思います。若い頃一生懸命古着屋を巡って探したのを思い出します。いつ見ても良いですね。















オルテガのネイティブベスト。数着有りましたがベストはこれで終わりです。色味が良いのと何か懐かしい感じが個人的にはして新鮮さがあるんですよね。暫く縁が無かったですが久々のラインナップ。













フランスの古いワークジャケット。裏起毛のコットンで大体この生地はパンツが多い印象です。ジャケットは珍しいと思います。立体感あるシルエットで着るとよりこのジャケットの良さが伝わるはずです。















50年代らしいインパクト大な一着です。ボーダー調に民族達がダンスをしている柄。比較的有名なパターンだったはずですがやはりなかなか見つからない良いシャツだと思います。プルオーバー仕様なのもポイントです。












80年代の赤耳のすぐ直後のLevi'sのデニムパンツ。もうこの年代のDeadstockも見つからなくなってきました。減る一方になりますのでタイミングが合えば買っとくべきでしょうかね。次はもっと高い値段になってそうです。












人気の高い黒のモールスキンジャケット。軒並み高騰してますのでこの値段での提供は今回が最後になりそうです。人気がある物は数が減りますからどんどん高くなっちゃうのがこの業界です。それも古着の面白さですよね。











ざっとご紹介しました。店頭は充実しています。現状ゆっくり見れると思います。しっかり感染対策をしながらやってきます。



Unwave