小さな動物病院の老獣医の時々ブログ

小さな動物病院の老獣医の時々ブログ

宝塚市にある動物病院の院長をしています。院長ブログとしてヤフーブログにお世話になっていましたが、ヤフーブログが12月で閉鎖されることになり、これからはアメーバブログでお世話になることになりました。よろしくお願い致します。

   天気予報は昼前後から雨。一応、カメラ、荷物全体を雨から防御できるポンチョを着用しての参戦なので、この時期にもかかわらず蒸し暑く、探鳥コンディションはいいとは言えません。

   まずは、マミチャジナイが出たとの情報のあるコブシ林にいきましたが、実が殆ど食べつくされていました。それでも少しねばりましたが、目的とする鳥さんは現れず。

   仕方なく、前回、アオゲラをみかけた香りの道のホオの木の所へ。ここでも前回わりとあった実が全くありません。従って鳥影無。何の成果も無い状況で、本日の最終探鳥地である薬樹園に向かうことになりました。行く途中、カワザンショウの赤い実が沢山なっている木に目を移すと、いるではありませんが、始めていみる鳥さんが。やりました。マミチャジナイの雌さんです。早速、連写。無理して来たかいがありました。

   最終探鳥地の薬樹園では、またまた嬉しいことに、初見の冬羽のアトリ(雄>雌)さんが群れから外れてわざわさ降りてきてくれました。空を見上げるとアトリの数十羽位の群れが素早いスピードで移動していました。更に、ここでもマミチャジナイの雌さんに再会。ということで、

   今日の探鳥は後半戦に山がきた感じです。最後まで、くさらず頑張るのが探鳥の心得でしょうか、今日だめなら、次回といったふうに。制限時間4時間の残り1時間で、初見の鳥さん2羽に出会て、出来過ぎの1日となりました。

マミチャジナイの雌さん以下6枚

アトリさn以下7枚