☆オーガニックコスメ琉白 (RUHAKU) の体験ラウンジに参加してきました | ウニンパスの日記

ウニンパスの日記

 ウニンパスの頭の中をつれづれと…
趣味、好きなこと、思ったこと、ピグの日常などなど

「忙しい毎日を送る世の中の女性に輝きを届けたい」
 
お肌とこころの『ぬちぐすい(命の薬)』を目指した
オーガニックコスメ琉白 (RUHAKU) の体験ラウンジに参加してきました。
少人数でゆったりとした雰囲気ラブラブ
 
琉白のスキンケアシリーズは、3年の年月をかけてつくられた、沖縄の自然の恵みをたっぷりと使ったコスメ。用途別の2種のラインナップです。 
 
 
◎月桃を中心に配合されたハリツヤライン
沖縄でとれる月桃(げっとう)という植物には、強い抗酸化作用のある成分が含まれているそう。外的・内的ストレスで弱ったお肌をサポート。そしてブレンドされた精油の香りによって心も癒やしてくれます。
 
月桃ラインの化粧水は、保湿によいとされる海ぶどうも配合されているのだとかビックリマークそのせいか?少しとろみのあるテクスチャーです。 
 
 
◎シークワーサーを中心に配合されたブライトニングライン
シークワーサーラインには、シークワーサーエキスがたっぷり。
シークワーサーには白肌に嬉しい成分、ノビレチンが含まれているらしいです。ノビレチンという成分にはメラニンの生成抑制作用があるらしいうーん
 
使い心地はとてもさっぱりとしていて、それでいて肌はしっとり。トナー代わりに使うのも気持ち良さそうひらめき電球
どちらも植物成分をふんだんに使いつつ、環境にもやさしいエコサート認証を獲得。
 
エコサートは、世界規模のオーガニック認定機関のひとつ。
毎年更新するための検査があるそうで、実際に認証された商品にはパッケージ自体にエコサート認証マークがついているそうです。
日本ではオーガニックの認識がまだまだ低く、オーガニックと呼称されているものの中にはオーガニック『風』なものが多いのだとか。
 
実際に、エコサート認識マークがついて販売されているオーガニックコスメは実は日本では数社しかないらしく。世界のオーガニックのハードルはなかなか厳しいようです目
 
琉白シリーズは、環境に対してよいだけではなく、実際の現場でも認められています。
石垣島にあるANAインターコンチネンタルホテルのスパ『アガローザ』にてトリートメント基剤として採用されている他、フランス・パリ7区にあるサロン『suisen(スイセン)』でも使われているとのこと。
また、ワールドラグジュアリースパアワードの2部門を受賞しているという実力派スキンケアコスメ。
 
わたしが特に興味をひいたのは日焼け止め。
紫外線吸収剤は不使用のゆるいミルク状で肌にピタッとフィットするつけ心地です。SPF50+/PA++++のライトウォータープルーフ。お出かけ時にも安心して使えそうです。
 
フランスでも製造・販売されている琉白シリーズ。
日本のものよりもさらに精油成分の比率が高いようで、香りがとても濃厚ビックリマークこちらのバージョンも、ぜひ日本でも販売してほしい~恋の矢
 
化粧水
モイストローションですが、欧米ではトナーとして拭き取り式で使用されているようです。
 
クリーム
日本版と違って、白いクリームです目
使いごこちもコッテリ濃厚。
 
 
スターターセットをお土産にもらったので、使用してみています。
こちらは初回限定・送料無料の体験セット990円で販売中ですラブラブ
 
特に美容オイルとクリームの、精油の香りがとっても濃厚で夜のお手入れが楽しみになりました。
クリーム色の、なめらかなクリーム
 
わたしはアロマの資格も持っているせいか、精油の香りにはちょっとウルサイのです。RUHAKUのスキンケアに含まれている精油は、ほんっと良い香りで心から癒される感じがします恋の矢
 
琉白 (RUHAKU) の体験ラウンジのレポでしたビックリマーク