☆ヒト骨髄幹細胞のチカラでエイジングケア『サイトプロシリーズ』 | ウニンパスの日記

ウニンパスの日記

 ウニンパスの頭の中をつれづれと…
趣味、好きなこと、思ったこと、ピグの日常などなど


テーマ:
株式会社ピリカインターナショナル主催の
『サンダーソン博士来日サイトプロセミナー』に行ってきましたキラキラ
サイトプロとははてなマーク
アメリカ発の幹細胞サイトカイン研究のパイオニアによる『サイトプロシリーズ』ヒト骨髄幹細胞由来のサイトカイン・成長因子配合のスキンケアコスメです。
 
アメリカにあるカルフォルニア大学の幹細胞生物学と再生医療の専門医ジョン・サンダーソン博士と、細胞培養・糖尿病の医師ジョージ・テイラー博士との共同開発。
セレス社×XO STEM社、カリフォルニア大学アーバイン校幹細胞センターとの共同研究によって作られた日本の美容皮膚科でも使われてはじめているスキンケア製品。
 
日本では、あのオーガニックコスメのアンネマリーボーリンドも取り扱っている、ピリカインターナショナルが独占販売してます。
 
その幹細胞生物学と再生医療の専門医サンダーソン博士の講演会でしたニコ
場所は東銀座の銀座ブロッサム
 
 
エイジングケアの新常識として知られるようになってきた幹細胞のコスメ。
サイトカイン(生体信号)は人の体内にもともと存在する物質で、細胞の修復と再生をうながす役割があります。
 
骨髄間葉系幹細胞は生まれたころから徐々に減っていき、80歳になる頃には生まれたときより1/50にまで減ってしまうのだとかびっくり
幹細胞を使い切る=老衰するということらしいですうーん
そんな減り続ける骨髄間葉系幹細胞を、外から補うことでアンチエイジングの助けにするという画期的なスキンケアラブラブ
 
サイトプロは…
サイトプロセラム(化粧水)とサイトプロアクセルレイター(美容液)
 
✔細胞フリー
細胞や細胞の一部、細胞残留物、DNAは一切含まれていないので安心
✔厳しいヘルスチェックをパスした平均年齢20歳の若いドナーから採取した間葉系幹細胞を培養して抽出
✔これらの採取・培養・保管はFDA(アメリカ食品医薬品局)規制に準拠した管理体制のもとに行われていて、GMP認定施設で製造
 
安全性を重視して作られている製品のようです。
幹細胞と言ってもいろいろな種類があって、『骨髄間葉系幹細胞』は抗炎症性が高いそうです。皮膚の炎症は繊維症と色素沈着を誘発して老化を招いてしまうのだとか。幹細胞なら何でもよいというわけではないんですねもぐもぐ
 
ヒトの骨髄って聞くと、骨髄移植〜とか拒絶反応〜とかのイメージしかないからちょっと大丈夫なのかなはてなマークと思っていたけど、しっかりとした理論と検証を経て広く使われ始めている製品のようで安心しました。
サイトカインを外から摂取するなんて不思議だなぁ〜キラキラ
医療技術の進歩はすごいビックリマーク
 
美肌だけではなくて薄毛や、更年期にある膣の萎縮などにも応用されている今注目のアイテムですグッド!
サイトプロ VRSジェル(デリケートゾーンケア)
サイトプロ ホームヘアシステム(頭皮用トリートメント)
 
最後に一緒に写真撮影もさせていただいたのですが、サンダーソン博士とってもチャーミングな方でしたラブ
サンダーソン博士と奥様
左:ピリカインターナショナル 佐藤桂一会長
右:ピリカインターナショナル 佐藤祐一社長
 
なんとビックリマークお土産にスターターキットをいただいてきました。
使ってみてまた、使用感をレポしてみたいと思いますラブ
サイトプロセラムとサイトプロアクセルレイターのミニサイズ
サイトプロマイクロニードリングソリューション プレミアム(集中美容液)
マイクロニードルローラー
 
マイクロニードルローラーは、消毒して10~15回ほど使用可能
ニードル部分はポリエーテルイミドという安全性の高い高分子ポリマーが使用されています。
 
ちなみにピリカインターナショナルの公式通販サイトでは、現在こちらのセットが10%OFFで超お買得ですビックリマーク2019年4月30日まで
 
 
おまけにいただいたカップケーキでお茶時間コーヒー
 
 
『サンダーソン博士来日サイトプロセミナー』のレポでしたラブラブ

ウニンパスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ