ユニリース広島の社長日記

ユニリース広島の社長日記

お客様の商売繁盛応援団


テーマ:

数年前から「香りマーケティング」という販促方法が東京で盛んです。

「香りを使って、来店されたお客さんに購買意欲を持ってもらう」ことや、

「顧客満足を促す効果」を期待しています。

 

 

だいぶ前の日経MJ新聞に特集が取り上げられていました。

 

「伊勢丹新宿本店」では、「香る空間づくり」に取り組んでいるそうです。

狙いは、「伊勢丹の香りを出し、見た目と併せて来店客に改装後の店づくりを強く印象づける」ということのようです。

実際に香りを流し始めてから、「この香りはどこで買えるのか?」という問い合わせがきているようです。

 

 

カラオケの「ビックエコー」では、部屋ごとに香りの種類を変えて、好みの香りを選べるようにしています。

また携帯用の香りの芳香器の貸し出しを始めました。芳香器を貸し出すことで、

リピート客の来店動機になり、香りを導入していない時と客数を比較をすると、2~3%ほど増えているようです。

 

 

「丸の内のタニタ食堂」では、店の入り口の食券売り場の裏に設置した芳香器から「柑橘系」の香りを出しています。

単なる食堂でなく、癒しの空間を演出するためです。お客さんの感想は上々のようです。

 

人間の脳は「香り」に敏感に反応することが知られています。

脳の中の「行動や感情」を司る大脳辺縁系という所と直接結びついているからです。

 

「香り」は記憶の奥深く、強く印象づけるには適しているのかもしれませんね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス