豪華さはモチベーションを下げます。
 

 

 

なぜなら,
 

 

 

「やっと成功したのだから,もうそんなに努力しなくてもいい」
 

 

 

と無意識へささやいてしまうからです。
 

 

 

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
 

 

 

って,聞いたことありますよね。
 

 

 

復讐を成功するために苦労に耐えるという意味をもつ中国の故事成語です。
 

 

 

薪(たきぎ)の上で寝ることの痛みでその屈辱を思い出し
 

 

 

苦い胆(きも)を嘗(な)めることで屈辱を忘れないようにした
 

 

 

と。
 

 

 

ひとはややもすると,屈辱でさえもすぐに忘れてしまうのです。
 

 

 

ふかふかのベッドでぐっすりねむり,毎食,おいしい食事をいただいていると,現状維持に満足してしまうのは,簡単に想像できます。
 

 

 

さらに,
 

 

 

飾り気のない質素な空間は,気持ちを落ち着けて目の前にある課題に集中するのに役立ちます。
 

 

 

ですから,豪華な環境と質素な環境の二者択一を迫られたら,質素な環境を選んでください。
 

 

 

そうすれば,あなたのスキルが伸びます。
 

 

 

(424文字)

 

 

 

*****************

 

このブログのオススメ記事ベスト5
1.『Book of Healthy Life』~健康な生活を送る本~

2.コントラフリーローディング効果

3.痛飲から痛風で目覚め,心痛に至る

4.ライザップ無料カウンセリング体験記

5.「レジ袋有料化」で問われる生き様



【このブログは、コーチング・ブログランキングにエントリーしています。】
いつも、応援いただきありがとうございます♪

コーチング ブログランキングへ

 

*****************

 

 

 

Source:

 

 

 

 

 

 

もっと実力を磨いて可能性を突き破ろうと決意したときに,

 

 

 

それを実現する唯一の方法は,

 

 

 

 

頭の中に新しい神経回路をつくることです。
 

 

 

 

それには,「背伸び」をして失敗する必要があります。

 

 


だから,

 

 

 

すすんでバカになりましょう。
 

 

 

バカになることは,決して気分のいいものではありません。

 

 


しかし,すすんでミスをして精神的苦痛を経験することがとても重要なのです。

 

 


なぜなら,「背伸び」をして失敗し,ふたたび「背伸び」をすることが,脳の中に新しい神経回路をつくる唯一の方法だからです。

 

 


才能の開発に関する限り,ミスはミスではなく,上達に不可欠なプロセスだということを肝に銘じてください。

 

 


たとえば,あなたが野球のピッチャーでコントロールの悪さに悩んでいるとします。

 

 


持ち玉を三球わたされ,一球目を投げたところ,狙ったとこより左にズレてしまいました。

 

 


さて,次の二球目,あなたはどこを狙って投げますか?

 

 


多くの普通の人は,左にズレたのだから,次は,少し右目に投げようとします。

 

 


ね。
 

 

 

でも,ここで,あえて建設的なミスをする。

 

 


バカになってみてください。
 

 

 

どうしますか?

 

 


左にズレてしまった次の投球を,あえて,右に大きくズラすのです。
 

 

 

そうすると,最後の三球目を投げるときの感覚が,つかめるはず。
 

 

 

一球目はいつも通り投げて,左にズレた。
 

 

 

二球目は,意図的に右にズラして投げた。
 

 

 

そうすることで,三球目に狙ったところに投げられるのです。
 

 

 

同じように,いつも左脳ばかりつかって論理的思考が強い人は,あえて,右脳をつかってみる。
 

 

 

振り幅が大きいほど,その間に,今のあなたにちょうどフィットするポイントがあるはず。
 

 

 

ですから,すすんでバカになってください。
 

 

 

そうすれば,あなたのスキルが伸びます。
 

 

 

(728文字)

 

 

 

 

*****************

 

このブログのオススメ記事ベスト5
1.『Book of Healthy Life』~健康な生活を送る本~

2.コントラフリーローディング効果

3.痛飲から痛風で目覚め,心痛に至る

4.ライザップ無料カウンセリング体験記

5.「レジ袋有料化」で問われる生き様



【このブログは、コーチング・ブログランキングにエントリーしています。】
いつも、応援いただきありがとうございます♪

コーチング ブログランキングへ

 

*****************

 

 

 

Source:

 

 

 


 

 

 

スキルを向上させるには,情報を吸収し,応用することが必要です。

 

 


そこで,最高の情報源は超一流の達人たち。

 

 


だから,達人からスキルを盗めばいいのです。

 

 


ただし,盗むときには大切なポイントがあります。

 

 


それは,
 

 

 

ボーッと全体的な印象を捉まえるのではなく,

 

 


シャープに具体的な要素に集中すること。

 

 

 

たとえば,『聴き方』です。
 

 

 

コミュニケーションの達人が会話をしている際の『聴き方』を注意して観察します。

 

 


その際に,自分に2つの質問を問いかけててください。

 

 

 

「ここでもっとも重要な動きは何か?」
 

 

 

「その人は自分とどんな点で違う動きをしているか?」

 

 

 

そうすると,言葉よりも表情や姿勢が重要だったり,相手の感情に合わせて,ミラーリングやペーシングを行ったり…

 

 

 

正しい問いを立てることで,正しい解にたどり着きます。

 

 

 

実際,こちらの動画で試してみてください。

 

 


盗んだら,しっかり『メモをする』。

 

 

 

そして,なんども見返し『1日15分,スキルを脳に刻み込む』
 

 

 

そうすれば,あなたのスキルがグンと伸びます。
 

 

 

(329文字)

 

 

 

*****************

 

このブログのオススメ記事ベスト5
1.『Book of Healthy Life』~健康な生活を送る本~

2.コントラフリーローディング効果

3.痛飲から痛風で目覚め,心痛に至る

4.ライザップ無料カウンセリング体験記

5.「レジ袋有料化」で問われる生き様



【このブログは、コーチング・ブログランキングにエントリーしています。】
いつも、応援いただきありがとうございます♪

コーチング ブログランキングへ

 

*****************

 

 

 

Source: