まこちゃん家(ち) (空飛ぶパンダ 明けない夜はない!)

まこちゃん家(ち) (空飛ぶパンダ 明けない夜はない!)

やがみ家の、お笑いブログへ、ようこそ!(;・∀・)

やがみたかしは、カード印刷の仕事をしています。

ダウン   ダウン  をクリック  ダウン   ダウン
カードデザイン西日本
アップ      アップ      アップ      アップ

興味がない方はスルーして下さいm(_ _ )m

2日前、昨日の、俺が考える、ヤバい経営者の特徴ですが、今回は、スナックなどのスタッフを例に話します

 

そういう職業の方から意見を募集中

 

4、「『自分は、特別な人間だ』という考えと、『ギブ・アンド・テイク』を知らないスタッフ」

 

前に、ネットで、女性の職業人気ランキングで、1位が、「ホステス」とありました

 

理由は、「チヤホヤされるから」

 

バカですね・・・

 

俺から言わせたら、ずっとチヤホヤされて出世した人は皆無だと思います

 

売れているホステスは、お客様を喜ばせようと努力してきたと思います

 

「滅私奉公」という「ギブ(GIVE、与える)」

 

人から聞いた事があるのですが、「ギブ・アンド・テイク」は、「ギブ」が先なのは、まず、自分の利益を後回しにして、相手に喜んでもらうには、どうしたらいいか、と一生懸命に考え、努力しています

 

これは本で読んだ事があるのですが、ある百貨店の女性スタッフに、お客様が帽子か何かを買うのに相談されたら、その女性スタッフは、お客様を誘導して、なんと、隣のライバル百貨店まで誘導して、「お客様に似合うのは、この商品が良いと思います」と言ったそうです

 

自分の利益を考えずの、最高の「ギブ」、「お客様ファースト」

 

それで、お客様から信用を得たのは、言うまでもありません

 

話はズレますが、人から聞いた話ですが、武将の時代の時、「滅私奉公型」の武将が出世し、「天命、運命型」で出世した人は皆無、という事でした

 

「滅私奉公型」で出世した武将の例は、御存じ、織田信長に尽くした、豊臣秀吉

 

で、話は冒頭に戻りますが、チヤホヤされたい、という目的でホステスになる人は、「テイク(貰う)」が先で、「滅私奉公」、「ギブ」の発想が無い「自分ファースト」タイプ

 

そんな人が出世すると思いますか?

 

アンタ、何様?と言いたくなりますよね?

 

「相手に好かれて、尽くされたい」なら、その数倍、「相手を好きになって、尽くせ」

 

でも、この話は、スナックなどだけでは無く、昼間の仕事も、男性にも共通すると思いますし、人生にも共通すると思います

例えば、悪質な投資話があって、うちの投資の資料を見せるだけで、最初は利益が出ないから、これは「ギブ」だよね、というなら、上の百貨店の女性スタッフの話を読んでくれ

 

自社の利益を出す手段がある時点で、それは、最初から「テイク」

 

蛇足ですが、悪質な投資話を例にしましたが、最後に一言

 

「良い話は、向こうから来ません」

 

あなたの為を思って、あなたの為を思って、と連呼して話を持ってくる人がいますが、

 

「人」の「為」という字を合体させたら、「偽」

 

そういう話を持ってくる場合は、大体、「偽」物が多いです

 

勿論、そうで無い場合もありますが

 

3回に渡って投稿しましたが、あくまで俺の考えで、正しいとは限りません

 

読んで頂いて、誠にありがとうございますm(__)m

 

下のボタンをポチッと、お願いします

 

にほんブログ村 中学生日記ブログへ

昨日の投稿の続きの、俺が考える「ヤバい会社の経営者」の特徴の話です

 

3、「CMなどのメディアに、やたらと自ら出演する社長」

 

社長は、会社の顔みたいなものだから、挨拶レベルとか、たまにメディアに出演するくらいのレベルだったら問題ないのですが、「目立とう精神が旺盛」「自分が有名人で好かれている」と勘違いして、やたらと、メディアに出演している社長の会社は、将来ヤバいと断言できます

 

ぶっちゃけ、そんな会社は、100%に近いくらい、ブラック企業です

 

どっかの国の、ワンマン独裁体制と一緒で、その会社の社長の色で会社を染める、極端に言えば、恐怖政治に近いものがあります

 

言い換えれば、「社員ファースト」「お客様ファースト」では無く、「社長ファースト」

 

前、テレビを観ていたら、どっかの会社の入社式で、大きな会場を借りて、プロレスのリングを設営して、社長(60歳過ぎ?)が登場して、対戦相手は、誰もが知っている格闘家で、下手な三文芝居で、社長が対戦相手の格闘家を倒す(しかも、運動不足の、素人丸出し)、という茶番劇を演じていました

 

で、そこにいた新入社員が、その茶番劇を見て、

 

「感動しました!勇気をもらいました!」

 

とコメントしていましたが、社長からの制裁が怖いから、そう言わざるをえないのも茶番劇

 

そんな60歳過ぎのオッサンの茶番劇で、感動する訳ないし、勇気をもらえる訳ないでしょう?

 

何故、その会社が大きくなったは知りません

 

今は、その会社は、どうなっているか知りません

 

会社の名前も忘れました

 

まあ、今話した例は、極端な例で、俺の中の方程式には、

やたらとメディアに出たがる、目立とう精神旺盛な社長の会社=ワンマン独裁体制の恐怖政治の会社(社長ファースト)=将来ヤバい会社

 

だと思います

 

地方のCMにも、そんな目立とう精神が旺盛の社長が主役で出演しているCMとか、観た事ないですか?

 

俺個人は、そんな会社に就職、転職する事は薦めません

 

注:勿論、そんな会社でも、ちゃんとした会社もあります

 

話が長くなるので、続きは次回に

 

次の投稿の4で、この話を最後にします

 

下のボタンをポチッと、お願いします

 

にほんブログ村 中学生日記ブログへ

今日は真面目な話です

 

毎年、8月31日か9月1日に、俺が独立して現在に至るまでの投稿をしますが、その際、何人か相談の連絡がきます

で、ある1人の男性に聞かれました

 

「やがみさんから見て、(先が)ヤバい会社の経営者って、どんな会社ですか?」

 

まあ、俺も大した経営はしていませんが、17年、自営業をしていて、自分が経験した失敗もあったので、その経験を踏まえて、偉そうに話したいと思います

 

ひょっとしたら、人間の人生にも共通する部分があるからしれません

 

1、「春待ち症候群」

 

「春は、いずれやってくるだろう」という受け身な考え

 

今は経営が厳しいけど、世の中が景気が良くなったら、経営も良くなるだろう、今が景気が悪いのは、政治、政府のせいだ、という他力本願的な責任転嫁

 

何百人以上の従業員の会社ならまだしも、俺達みたいに個人事業レベルは、そんなに景気の影響は受けません

 

ちなみに、従業員1~10人の会社数が、日本全体の会社数の90%くらいじゃなかったかなぁ?

 

春は待つのではなく、自分から作るか、掴みに行くものだと思います

 

人生もそうで、「俺(私)には、今は良い人との出逢いは無いけど、待っていれば、出逢いがあるだろう」という受動的な考えと同じです

 

出逢いは、積極的に、自分で作るか、掴みに行きましょう

 

 

2、「過去の栄光を捨てれない」

 

「今は自営業をして、まだまだだけど、昔いた会社で、こんな凄い業績を残したんだよ!

それは、昔いた会社の看板、ネームバリューがあり、会社が用意していた顧客(もしくは、その顧客までたどり着く路線)があったからであって、100%、あなたの営業力、人間性の結果ではありません

 

そして、過去は過去

 

今月、どんな良い成績を出しても、来月になったら、先月分は全てリセット

 

にも関わらず、過去の栄光を未だに、ダイヤモンドみたいに輝いていると感じているけど、そういう考えで、過去の栄光を実質、重荷、ゴミになっている

 

人生でも、周りにいませんか?

 

例えば、昔は、結構、稼いでいた

 

昔は、結構、モテていた

 

昔は、ある大企業の幹部だった

 

本人だけ自己満足して、周りは興味が無く、それがこれからの会社の数字、本人の今後の人生にプラスにならない

ちなみに、スナック関係の人に聞きましたが、過去の栄光ばかり自慢して、ずっと喋る人は、しばらくしたら、お店に来なくなる人が多い、と聞きました

 

話が長くなるので、続きは次回に

 

注:偉そうに言いましたが、昔、俺自身が体現した話も含まれています

 

下のボタンをポチッと、お願いします

 

にほんブログ村 中学生日記ブログへ