シンガポールの通訳仲間から、新型コロナウィルスの影響で決まっていた仕事が軒並みキャンセルになったなどという悲鳴が多数聞こえていましたが、こちらは、先月下旬まで、スウェーデンは感染者が1人、デンマークはゼロ、と影響がほぼない状態でした。

 
しかし、イタリアで流行が始まったのを機に、スウェーデンも新型コロナウィルスの感染者数が日々うなぎ上りの状況で、3月4日現在、デンマークの感染者は15人、スウェーデンでは52人です。
 
スウェーデンでの感染は、イランでの感染もわずかにあるものの、ほとんどがイタリアで感染した人と、その人たちと濃密接触があったたちのようです。ちょうどスウェーデンの学校が休みの時期で、イタリアに旅行に行っていた人たちが多数いたためと思われています。
 
昨日の発表で感染者数がそれまでの約2倍と、一挙に増えたのも、イタリア旅行から週末に戻った人たちが検査を受けた結果ではないかと言われているそうで、本格的流行になるのかどうか、今後の数の推移が注目されます。
 
当地では感染者で重篤になった人がおらず、また、アジアで感染した人がとても少ないのもあり、アジア人バッシングは感じません。電車に乗っていても普通に隣に座って来られたり、特に避けられている感じもありません。
 
集会の中止の呼びかけなどもなく、観光地も通常営業している状況で、もし当地への旅行を考えている方がいらしても現時点ではまったく問題ないと思います。
 
ただ、とにかく流行の拡大のスピードが速いウィルスなので、いつまで同じ状況であるか誰も断言できないと思います。
この先もしさらに感染者数が拡大し、観光地などが閉鎖になったり、お住まいの国からの渡航者が14日間外出禁止になるなどの措置が取られる可能性がないとは言い切れません。
 
海外に出られる予定の方は、日本の外務省が海外滞在者向けにやっている「たびレジ」に登録すると、外務省が入手した情報がメールで送られてきますので、登録をおすすめします。
 

7月にシンガポールで暮らしていたコンドを引き払ってから怒涛の日々を過ごしていました。

 

その間、本当に色々なことがありましたが、現在、無事にスウェーデンに引っ越すことができました。

 

引っ越した先は、スウェーデン南部のルンドという、デンマークの首都コペンハーゲンからほど近いところです。

小さな街ですが、ストックホルムまでは電車で3時間ほど、ノルウェーのオスロまでも陸路で移動が可能という小回りの利く立地を生かし、当分はこちらでもシンガポールと同じように通訳、ライター、リサーチャーの仕事をしていきたいと思っています。

 

シンガポールへは縁があれば遠くない将来にまた戻ることがあるかと思いますが、それまでは北欧にて頑張りたい所存です。

 

こちらのブログには、引き続き、まだ出し切っていないシンガポールの情報や、北欧での新生活などについて綴っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

パーソン珠美

文化・教養系おじさま雑誌の老舗サライのウェブ版に記事を書かせていただきました。

 

テーマは何にしようかなと考えて、シンガポールのバレスティアに決定。

 

読者には旅行慣れした方も多いと思われますし、日程に余裕があったり、ありきたりの場所はちょっと、という時にはちょっと目線を変えた訪問先として良いのではないかと思います。

 

ショップハウスが多く残り、古き良き雰囲気のする街といえばカトン。昔は住む人種によって家の塗装の色目が違っていたとかで、家をパステルカラーしていたプラナカンが多く住んだカトンエリアは街並みがかわいらしいのですね。

 

一方のバレスティアは、長らく塗り替えられていないショップハウスなどが多く、昔ながらのお店が数多く残り、いぶし銀の雰囲気。

 

どちらも魅力ある街ですが、カトンは実はKTV(カラオケキャバクラ)が多く、ローカルはあまり足を踏み入れないエリアであるのに対し、バレスティアは昔からの住宅街で人々の生活が根付いた場所。

SNS向けにかわいい写真を撮りたいに人はカトン、渋好みで、生のシンガポールが知りたい人にはバレスティアをおすすめします。

 

バレスティアには中国革命の父、孫文の記念館もあります。

なぜ孫文の記念館がシンガポールに?不思議に思われた方は是非記事をお読みください!

https://serai.jp/tour/375740

 

 

 

 

 

 

 

バタバタの連続でブログはすっかりご無沙汰していました。

 

実は訳あって現在シンガポールを離れ、海外を放浪しています。

 

9月から11月くらいまで一時的にですがシンガポールに戻ることになり、その間通訳のご依頼を受けることができるので、お知らせをしようと思い、記事にてアップしました。

 

条件は以前と変わらず、HPに記載のとおりです。

 

放浪の旅についても書きたいな、と思いながら、ライターの仕事もしながらだったりで、日々があっという間に過ぎてしまい、実現しません…。

 

シンガポールに戻ったら少し落ち着いて色々リセットしたいなと思います!

 

 

 

先月、マリーナベイサンズに、超・大人の遊び場ともいえる場所が新しくオープンしました。

 

マリーナベイサンズにはオープン当初から劇場が2つありましたが、その内の1つを、マリーナベイサンズと、人気ナイトスポットを数多く展開するニューヨーク発祥のTAOグループが共同で、クラブ、ラウンジ、レストランへと改装したのです。

 

その「マーキー・シンガポール」(Marquee Singapore)は、3階分を使った劇場を改装しただけあり、内装はダイナミック!なんと、店内に観覧車や3階分を滑り降りるスライダーがあり、なかなか楽しいつくりになっています!アラフィフの私が行ってもテンションがあがりましたチュー

 

 

マーキー・シンガポールでは、大物DJを招いたイベントを矢継ぎ早に開催しています。

しかしながら、店内は古き良きキャバレーと言った雰囲気で、フロアを

囲むようにソファ席が配置されているので、大人は、早い時間に行ってまったりするという楽しみ方もできます。

 

また、今月中には、併設のラウンジ「アベニュー」(Avenue)もオープン予定。アベニューはもっと大人の雰囲気になるようなので、こちらも行ってみたいです。

 

詳しい内容を記事に書いたので、そちらもご覧くださいグッド!

https://newsphere.jp/culture/20190511-1/

 

 

 

 

 

 

安心の在星日本人。シンガポールでの通訳のご用命はこちらへどうぞ。
http://unasaka8.jimdo.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村