7月にシンガポールで暮らしていたコンドを引き払ってから怒涛の日々を過ごしていました。

 

その間、本当に色々なことがありましたが、現在、無事にスウェーデンに引っ越すことができました。

 

引っ越した先は、スウェーデン南部のルンドという、デンマークの首都コペンハーゲンからほど近いところです。

小さな街ですが、ストックホルムまでは電車で3時間ほど、ノルウェーのオスロまでも陸路で移動が可能という小回りの利く立地を生かし、当分はこちらでもシンガポールと同じように通訳、ライター、リサーチャーの仕事をしていきたいと思っています。

 

シンガポールへは縁があれば遠くない将来にまた戻ることがあるかと思いますが、それまでは北欧にて頑張りたい所存です。

 

こちらのブログには、引き続き、まだ出し切っていないシンガポールの情報や、北欧での新生活などについて綴っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

パーソン珠美

文化・教養系おじさま雑誌の老舗サライのウェブ版に記事を書かせていただきました。

 

テーマは何にしようかなと考えて、シンガポールのバレスティアに決定。

 

読者には旅行慣れした方も多いと思われますし、日程に余裕があったり、ありきたりの場所はちょっと、という時にはちょっと目線を変えた訪問先として良いのではないかと思います。

 

ショップハウスが多く残り、古き良き雰囲気のする街といえばカトン。昔は住む人種によって家の塗装の色目が違っていたとかで、家をパステルカラーしていたプラナカンが多く住んだカトンエリアは街並みがかわいらしいのですね。

 

一方のバレスティアは、長らく塗り替えられていないショップハウスなどが多く、昔ながらのお店が数多く残り、いぶし銀の雰囲気。

 

どちらも魅力ある街ですが、カトンは実はKTV(カラオケキャバクラ)が多く、ローカルはあまり足を踏み入れないエリアであるのに対し、バレスティアは昔からの住宅街で人々の生活が根付いた場所。

SNS向けにかわいい写真を撮りたいに人はカトン、渋好みで、生のシンガポールが知りたい人にはバレスティアをおすすめします。

 

バレスティアには中国革命の父、孫文の記念館もあります。

なぜ孫文の記念館がシンガポールに?不思議に思われた方は是非記事をお読みください!

https://serai.jp/tour/375740

 

 

 

 

 

 

 

バタバタの連続でブログはすっかりご無沙汰していました。

 

実は訳あって現在シンガポールを離れ、海外を放浪しています。

 

9月から11月くらいまで一時的にですがシンガポールに戻ることになり、その間通訳のご依頼を受けることができるので、お知らせをしようと思い、記事にてアップしました。

 

条件は以前と変わらず、HPに記載のとおりです。

 

放浪の旅についても書きたいな、と思いながら、ライターの仕事もしながらだったりで、日々があっという間に過ぎてしまい、実現しません…。

 

シンガポールに戻ったら少し落ち着いて色々リセットしたいなと思います!

 

 

 

先月、マリーナベイサンズに、超・大人の遊び場ともいえる場所が新しくオープンしました。

 

マリーナベイサンズにはオープン当初から劇場が2つありましたが、その内の1つを、マリーナベイサンズと、人気ナイトスポットを数多く展開するニューヨーク発祥のTAOグループが共同で、クラブ、ラウンジ、レストランへと改装したのです。

 

その「マーキー・シンガポール」(Marquee Singapore)は、3階分を使った劇場を改装しただけあり、内装はダイナミック!なんと、店内に観覧車や3階分を滑り降りるスライダーがあり、なかなか楽しいつくりになっています!アラフィフの私が行ってもテンションがあがりましたチュー

 

 

マーキー・シンガポールでは、大物DJを招いたイベントを矢継ぎ早に開催しています。

しかしながら、店内は古き良きキャバレーと言った雰囲気で、フロアを

囲むようにソファ席が配置されているので、大人は、早い時間に行ってまったりするという楽しみ方もできます。

 

また、今月中には、併設のラウンジ「アベニュー」(Avenue)もオープン予定。アベニューはもっと大人の雰囲気になるようなので、こちらも行ってみたいです。

 

詳しい内容を記事に書いたので、そちらもご覧くださいグッド!

https://newsphere.jp/culture/20190511-1/

 

 

 

 

 

 

安心の在星日本人。シンガポールでの通訳のご用命はこちらへどうぞ。
http://unasaka8.jimdo.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 昨年8月、ニューヨークはソーホー発祥のバーガー店「ブラックタップ(Black Tap)」がマリーナベイサンズに開店し、アジア初上陸を果たしました。

 

 オープンから1年近くが経とうとしているにも関わらずピーク時には入り口に列のできているこの人気店に登場した新メニューを紹介するためのメディア向けの試食会にお呼ばれし、色々と興味深いものをいただくことができたので、報告しますね。

 

 

度肝を抜く派手派手ミルクシェイク!

 まずご紹介するのは、ハンバーガーとともにブラックタップを有名にしている、「クレイジーシェイク」と名付けられたミルクシェイクです。

 

 

 クレイジーシェイクは15以上の種類があり、そのうち、これを注文したら、やっていない人でもインスタグラムを始めたくなってしまうのでは、というほどカラフルで趣向を凝らしたメガ盛りトッピングのものは8種類!

 

 今回の試食会で頼ませていただいたのは3種類。まず、上の写真手前は、クレイジーシェイクのシグネチャーともいえる「コットンキャンディ・ストロベリー」。


 ストロベリー味のミルクシェイクの上に、きれいな色の綿菓子やロリポップ、ロックキャンディを刺した、かわいさあふれる一品ですチュー

 

 そして写真奥は、「ザ・ストレイツ・シェイク」というシンガポールオリジナルのもので、ローカルのスタッフがアイデアを出して作り上げたのだそう。

 

 シェイクは、バニラ味をベースに、シンガポールのスウィーツに用いられることの多いグアラメラカ(パームシュガー)とココナッツクリーム味を加えた南国風。

 

 トッピングにはパイナップルジャムビスケットやココナッツバタービスケットなどシンガポール人のノスタルジーを掻き立てられるものが。その上、パイナップルアイスキャンディーが豪快に刺されます!ポーン

 

 

 

 また現在、期間限定で、マリーナベイサンズ併設のアートサイエンスミュージアムにて開催中の「不思議の国のアリス展」にちなんだ「ワンダーランド・シェイク」が飲めます。

 

 写真のキノコのようなものはカップケーキ。アリスの絵の描かれたビスケットも添えられます。トッピングの赤いスプリンクルは良く見ると小さなハートの形でラブリーラブラブ全体に思い切ったビビッドな色合いがなんだか楽しい気分になりますね!

 

本ブログの記事に先がけて、SNSにクレイジーシェイクの写真を投稿したところ、友人からなかなかの反響でした。SNSでお友達を驚かせたい時、また、カラフルな綿菓子やロリポップなど子供が喜びそうなものがたくさんのっているので、頑張ったお子さんへのご褒美にも良いかも?

 

これぞアメリカン!なメインとサイドメニュー

 
メインメニューであるハンバーガーは、正統派の「オール・アメリカン・バーガー」をはじめ、 和牛とブルーチーズソースの絶妙なマッチングにより受賞歴を誇る「グレッグ・ノーマン・バーガー(Greg Norman Burger)」など、これぞアメリカ、といったテイストです。

 

 

そして、4月には、今回の試食会の目玉である「チリクラブサンドイッチ」がメニューに加わりました。

衣をつけて揚げたソフトシェルクラブにチリクラブソースが添えて出される、シンガポール店限定の品となっています。

 

 

サイドメニューも、アメリカといえば、な感のあるバッファローウィングを趣向を凝らしてアレンジしたものなど、トライしてみたいものがたくさん。

 

さらに、店名の「Tap」が示すように、こちらのお店では幅広い種類のビールも楽しめます。中にはシンガポールの醸造所がつくる「シンガポールブロンド」も。

 

シェイク、ハンバーガー、ビールと、いずれもブラックタップのメニューはアメリカンとシンガポーリアン、両方のフレーバーが存分に楽しめるよう考えられています。楽しい試食会をありがとうございましたお願い

 

 

 

安心の在星日本人。シンガポールでの通訳のご用命はこちらへどうぞ。
http://unasaka8.jimdo.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村