今日は運ちゃん難しい判断だった思う。
なので運行会社は伏せよう。
しかしそれにしても裏目裏目に出た感じがする。
そうて、こんな時に限ってちょっと高いバスに乗ってなかった(涙)

嫌な予感がしたので5時半に秋葉原に着く早いバスを予約
22時20分に京都駅を出発しました。

一回目の草津の休憩の時に
東名青葉→東京間が、通行止めの報
中央道に迂回
1時くらいに内津峠PA(?)で中央道大月から通行止めの報
散々運ちゃんは悩んだ挙句、多分東海環状で、新東名に行く
(ここで3時間のロスという会話が聞こえていた、結果的にはこのまま行った方が早かった)

4時に掛川
7時半に海老名

ここが難しい判断の2つ目
中井SAくらいで止まって状況確認すればよかったのだが
海老名まで行ったせいで、選択肢が狭まった。
まぁ海老名は他のバスもいるので情報が得やすいし
拠点となっているからしょうがない部分もあろうが
圏央の開通が案外早かったのだが、茅ケ崎に出るのもリスキーだし
八王子に行くのも微妙だったのかもしれないが

ここで、東名の開通を待つか
一か八か保土谷バイパスからどこかが開通するのを待つかという選択肢に

トイレがあることもあってバスは出発してしまった
個人的には海老名でゆっくり待てる方がよかったが、
トイレのないバスはそうしてが、できるだけ早く着いた方がいいだろうという判断

ところが分岐点を目の前にしてストップ

ここから4時間ストップ(涙)

12時前
ここで痛恨の判断ミスその3
一瞬前が空いて分岐に行けることに、
それで運ちゃんここぞとばかりに、保土ヶ谷バイパスへ、、、、

この一瞬前が空いたのは実は後から分かったのだが
東名が通行止め解除したからだった。

そのままいておけば、、、と

保土ヶ谷に入ると完全にノロノロ1時間半
やっとICに来て、他が開通してないことがわかったので
ダッシュで折り返す。折り返すとたった5分で横浜町田へw

この時点で1時半。
そっからトイレ休憩一回いれて、ノロノロ東名を走って
15時40分アキバ着

疲れたびー

外交面では文大統領は眉をひそめたくなることは違いないが
リベラル派にとって、彼の内政の失敗は中々手痛い。
富の再配分、格差社会解消に動いている左派だからだ。

運用方法に問題があったのか
それとも、理論的なそもそも間違いなのか
(富裕層や右派はこぞって批判するだろうが、、、)

今の日本の閉塞感や貧困化を考えると企業を太らせるのは
解決にならないことを壮大な社会実験で証明してしまった日本である。
(本当に失望した。日本人は団塊世代は、本当にエコノミックアニマルだった)

今山本太郎がいってるような施策は文大統領の過激版(経済施策のみね)と考えると
運用の問題だったとしても
人気で仮に政権に入った後、誰かかなり有能なブレインが必要となるな

そもそも、経済施策がうまくいっていれば
ここまで外交こじらしにかかることもなかった気がする、、、

たまには真面目に仕事の話でも。

昨年、映像制作に移ってから、様々な業種の会社に訪問することが多い。

そこで先入観を反省することが非常に多い。

 

明らかに旧体質で、古臭い会社なんだろうと思っていたら

若くリベラルで風通しがよく意識決定の早い会社であったり

 

逆に世間的には印象も良く、おしゃれな店舗も出しているような会社が

ブラック紙一重、ヤクザ顔負けのパワハラ体質で、何も決めらない非合理的であったり

やはり人の土俵で飯食ってるところはどうしても品がないなーと思ったり(これは独り言)

 

もちろんまんまなとこもありますが

 

逆にいうと世間のイメージと実態のギャップが、あるからこそ映像屋に声がかかるわけですし

 

旧体質と思われいるからこそ「変革」せねば、いい人が来ないこともあり必要に迫られて変わったんでしょう

新しいことをやってたり、新しい会社が体質も新しいとは限らないなとも思います。

 

時代の変化の中で人的な変革ができていない

価値観の若返りができていない会社は必ず業績が落ちてくる。

これも仕事の中で学んだことの一つです。