みずみずしく「YES ! 」といえるオレンジ。 

 

その色が染めたくて1年。 

 

5月3日生まれの是色。 

 

 

 

 

 

みずみずしくYES ! と言おう。 
 

 

 

 

明治維新と同じ星の配置となった2020年。

 

明治維新、坂本龍馬と並び称された

 

河井継之助の映画「峠・最後のサムライ」

 

がコロナ禍で延期になっていたが七月に公開される。

 

 

和平独立。妻を愛し国を愛した継之助。

 

時代が大きく変わる時の英雄。

 

志半ばで一生を終えた河井継之助。

 

司馬遼太郎先生の書籍の中で描かれた景色が

 

今も脳裏に焼き付いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土の時代から風の時代へと変わった2021年。

 

 

 

継之助のお墓参りに行ったのは、

 

新潟中越地震の直後だったなぁ。

 

お墓の復興にと募金したなと思い出す。

 

 

 

 

コロナ禍、この時にこの映画が上映されることは

 

大きな意味があるように思う。

 

 

 

 

EXILEのAKIRAさんが

 

継之助の理解者・山本帯刀役で出ることも嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年に生まれた侍紅色・samuraibeni-iro

 

愛を持って斬る・侍紅色。

 

 

 

新しい時代に入ってからの

侍紅色を染めようと思う。

 

 

お披露目は、

10月のExhibitionになりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umu-wakaの藍色郡は、

 

誕生をテーマにした青色チームの中にあります。

 

 

 

藍色群共通にキーワードは

 

ルーツ、ご先祖さま、前世から引き継いだ使命

 

 

 

 

 

繭藍色・mayuai-iro ( シルクカシミアストール)

 

 

 

 

本日から五月

 

私の五月のイメージカラーはイエロー。

 

幼い頃から見てきた風景の中に、

 

 

五月はイエローの景色が多かったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

五月五日、子供の日の兜の黄金、

 

鯉のぼりの背景は、菜の花や蒲公英だったのでしょうか。

 

五月は、男の子の節句。

 

 

 

 

家を継ぐ、家長として、男の子だから!

 

そんな言葉が遠くから聞こ得てくるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五月1日の誕生日カラーは

 

繭藍色・mayuai-iro

 

 

 

自身の使命

 

使命なんてない方が楽ちんなもんでして。

 

それでも、自身の責任感、

 

 

魂の記憶の曖昧なその記憶の中に感じる

 

自分の方向性。

 

 

 

古きものを

 

新しき価値へと錬金する。

 

 

魂の約束。

 

 

 

 

 

 

22年前に入った経営者の塾の「総会・青春の会」

コロナ禍のため、マリオットホテルからzoom配信。

 

 

二十数年前、激しく熱かった皆々の顔は

一様に月日を重ねた顔。

 

入塾してから現役3年間は激しい修行のような。

まだ数年前のように思いながらも、皆の顔を見ると

確実に二十数年、年は経ったと確信する。

 

 

それでもなお、

コロナ禍でもなお、

 

 

300億目指します。

新たな挑戦を始めます。と。

 

 

そして明日は塾主の91歳のお誕生日。

91歳にして、現役。

 

 

私は二十数年経ち、

ちょっと錆び付いていたかな。

 

 

歳を重ねたが上での「青春」という言葉は

また、違った別の色合いがあるように感じるが

 

 

その次元の生物として

くたびれることなく

輝いていこうと思った。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

現役3年間の修行を終えて卒業して分かったことが

私は経営者よりアーティストだった。

 

ここ数年は、アーティストの中にいた私には

新鮮な感覚でもあり。

 

また、ギラギラしていた若い顔達は、

一様に年を重ね重みのある風格へ。

それでもなお、挑戦する言葉に

 

そして91歳現役の塾主の姿に

「錆び付いてはいられないな。」と思った。

 

 

体の調子が悪かったり、

「ばぁや」なんて呼ばれた時にはヘタレ込んだが

 

色合いが変わった「青春」というものの中に

その次元の生き物として輝いていこうと思った種月・満月です。

 

 

 

 

 

種月色・tanetsuki-iro

 

 

 

春に種を蒔き、夏に育み、growing up growing up

秋に稔りを迎え、冬に肥え学ぶ。

 

 

アメリカのある先住民は、

4月の満月をseed moonシードムーンと言うそうです。

 

 

北半球は3月4月が春になるので

北半球のアメリカ先住民でしょうかね。

 

 

 

暖色系のイエローチーム

種月色チームには、

種月色、香色、花曜色、楽陽色、花冠色があります。

 

 

生まれる、混じり合う、

人と関わることで自身の輪郭を見出す楽陽色

 

 

授かり婚が多かった花曜色は

花粉をイメージして染めた色。

 

 

ママを卒業して、起業するママの元へ

花冠色。

 

 

 

この暖色系の黄色チームは

生まれる、受粉、何かが生まれる、始まるテーマが

多く聞かれる色です。

 

 

 

種月色物語

 

 

ずいぶん前のお話ですが

妊娠中に、お腹の子にストールの色を選んでもらおうと

決まった色が種月色でした。

 

ママが産気付き、

ストレッチャーで運ばれる時

ママは、種月色のストールを握りしめて向かったそうです。

 

元気な男の子が産まれました!!!

と、その時、助産婦さんは

 

「あ!大事な布ね。」と言って

 

臍の緒で繋がれたBABYは種月色のストールに

包まれたそうです。

 

 

ママの独り言は。。。。。。

あああああ〜高いストールがぁ。。

 

 

この世に生まれでた瞬間に種月色に包まれた赤ちゃんは

「碧くん」と名付けられました。

 

 

写真は、その碧くんのお宮参りの写真です。

ママは、種月色のストールを纏っての

御祈願です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本日は

正午過ぎに満月を迎えます。

 

4月の満月は、SEED MOON

4月の満月は、種月。

 

コロナ禍の混沌とした2021年の種月。

 

こんな時だからこそ

自身の真に望む種を育てましょう。

 

 

 

本日、種月色を3枚染めます。

 

①シルクカシミアストール /  種月色

②シルクカシミアストール / 種月色・泥染め

③シルクカシミアストール / 種月色・アコヤ真珠染め

 

 

②シルクカシミアストール / 種月色・泥染めは

より地に根付かせ育ちますようにと

一枚は、種月色に染めた後、白泥染を施します。

 

・ビジネスに

・意志を持った決断に

 

 

 

③シルクカシミアストール / 種月色・アコヤ真珠染め

・一つの章の幕開けに

・自身の飛翔、真の自由に向けて

・達成

・幸せ

・結婚

 

 

 

ーーーーーーーーー

 

真珠染めと白泥染は、

大変時間を要しますので

本日、種月色に染めた後

 

白泥、真珠は重ね染めをいたします。

 

 

①シルクカシミアストール大判 /  種月色

 size 135cm X 210cm

 ¥60,500-税込価格

 

 

②シルクカシミアストール 大判 / 種月色・泥染め

size 135cm X 210cm

¥150,0000-税込価格

 

 

③シルクカシミアストー大判  / 種月色・アコヤ真珠染め

size 135cm X 210cm

¥250,000-

 

 

 

 

ご予約はこちらから