がん、治療中に安心して美容ケア(アピアランスケア)やアロマが受けられるリボンズケアumi

がん、治療中に安心して美容ケア(アピアランスケア)やアロマが受けられるリボンズケアumi

抗がん剤治療による副作用でお困りの方、ご病気の方が治療中もご自分らしく元気で輝いていただく為のこころと身体のケアサロン。『眉の描き方』『肌色カバー』『トラブル時のスキンケア』など、ご自分らしく輝いて生きるお手伝いをしています。

NEWラブラブ

カウンセリングはZOOMや電話でもお受けしております。
詳しくはメールにてご連絡くださいませ。

リボンズケアumi は患者さんが治療中も自分らしく生活できるよう、外見ケア(治療による変化のケア)情報をご紹介しています。外出が困難な今、ご自宅で見ていただけるよう動画でお伝えします。
患者さんから質問が多い「目元のケアメイク、肌トラブル対応、気持を安定させるケア」
どうぞ最後までご覧ください音譜 (動画は一番下です
 
リボンズケアumiは患者さんを支えるケアサロンがん治療経験者、病気をお持ちの方に情報提供とご希望のケアをいたします。
 ・副作用カバー(脱毛、色素沈着、くすみ)
 ・予防的スキンケア(乾燥)
 ・爪の変化(黒ずみ、割れ)
 ・アロマトリートメント(むくみ感)など
抗がん剤治療の副作用、手術跡のある方、ブルのある方、病気で一般のサロンに行きづらい方が安心して利用できるプライベートサロン。
ホリスティックにこころと身体を緩め、自分らしく元気に生きるサポートをします。専門資格を持ち、医療機関、福祉施設でも活動、日本人が想像するエステティックやメイクとは異なる「その人がそのひとらしく居る」為の美容です。
 *外出が困難な方は出張します、ご相談ください。


●●●〇〇●●●●●●●●●●●●●
肌、こころ、からだ 

患者さんのケアサロン

リボンズケアumi(うみ)

東京都中央区 築地駅3分・新富町駅1分

10時~20時スタート・不定休
メニュー   ご予約、お問合せ
アクセス   ●プロフィール
大切にしていること

●●●●●●●●●●●●〇〇〇●●● 


社会の変化+コロナで加速度的にコミニュケ―ションが取りずらい状況が続いていますね。そんな中、手術結果の報告を医師から受けると言う体験をしました。コロナで面会も立ち合いも出来ず、当日は終了後にかかって来ると言う主治医さんからの電話が頼みの綱。コールがあって、幸いに無事終わったとの内容でホッとするも、アレルギー反応がありICUに留まるとのこと。色々伺いたいことはありましたが、1回の診察で手術となり、状況や顔が見えない通話では納得できるコミュニケーションまでは無理でした。

医療者と患者とのコミュニケーションに関しては、私自身の受診時含め患者さんとのお話しでもいつも話題になり、「コミュニケーションは十分」と言う方にはほぼ巡り合ったことが無いように思います(逆に、医療者さん側も同じ気持ちかもしれませんね)。

人が生きる上で必須の身体という器を365日管理できるのは持ち主の本人、自分で管理不十分になった時専門知識を持つ医療者さんの技術やケアでサポートしてもらうのですが、その情報共有(マインドを含めた)って、どうしたらもっとシームレスにストレスなくできるんでしょうね・・。風邪や花粉症で診てもらうかかりつけ医であれば、お互いに性格や雰囲気を知っていて、分かり合える部分もありますが、手術の為に紹介された2次医療、3次医療の場では、マインドや人格を重ね合う時間も難しいのが現状。そういえば、医療情報提供の中にそのような項目ってあるのか、ないのか、医療の中にそこまでお願い、期待するのがそもそも違うのか?このあたりの事を考えだすと、いつも堂々巡りになり答えが出ないまま疲れるのです。

医療者さんと患者さんどちらも歩み寄りつつも、当事者以外にその間を繋ぐ何かがもう少し・・・。

今日の日めくりカレンダー、カタドゥコレールは沖縄県石垣市白保村の昔の方言で「肩がこっている」と言う意味らしいです。イラストを描いたのは白保に住む友人。人格がにじみ出る優しい絵とおもしろい言葉の音「カタドゥコレール」にホッと癒されました。