umegakiorimono ときどき日記

umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、岡山美術館に所蔵されている 「 松竹唐草梅鉢紋蒔絵硯箱 」 を
モチーフに考案しました。

原本では梅鉢紋になっていますが、家紋は癖づくので “ 単なる梅 ” にしています。
また、献上の取り方にすることで帯地としての締まりを持たせています。
原本の蒔絵らしく “ 金糸や金杢糸の濃淡で淡彩に配色 ” しています。

     $umegakiorimono  ときどき日記

             ≪ 献上梅若松文 ≫ けんじょううめわかまつもん

     $umegakiorimono  ときどき日記

     $umegakiorimono  ときどき日記

 

  「 引き箔 」( ひきばく )と呼ばれる 『 技法 』 を用いています  

 

  「 引箔 」には 『 素材 』と『 技法 』があります

  『 素材 』とは、和紙に薄い金銀箔を張った無地のものや、漆に顔料を混ぜて多彩な色を

  出した“ 箔 ”の事です

  『 技法 』とは、帯地に上品な光沢を持たすことのできる素材である「 引箔 」を組み合わせて

  模様を表したもの等を極細に裁断し、それを一本一本織り込む技術の事です 

 

               $umegakiorimono  ときどき日記

     $umegakiorimono  ときどき日記

               $umegakiorimono  ときどき日記


   現在西陣では 【 引箔の帯 】 を製織する事が困難になってきました。

  引き箔は和紙に片面だけ色柄を付けたものなので、製織段階で裏返ると土台の紙が

  見えてしまい綺麗に引き揃える為には、一度 「 機 」( はた )「 織る機械 」 を 止めて

  ヘラで一本一本引き揃えるように織り込まなければなりません。

  このような高度な技術が必要になり、高額になる為「 引き箔 」にこだわるメーカーが

  激減してしまいました。


     $umegakiorimono  ときどき日記
       

        しかし、弊社は 「 引き箔 」 でないとできない表現には「 引き箔 」を用いる事に

      拘っています。

    この ≪ 献上梅若松文 ≫ もその拘りの一つです。



               $umegakiorimono  ときどき日記
                            『 銀箔 』

          上の写真は “ 糸状 ” に裁断された “ 銀箔 ” です。 

         ( このような原料である “ 箔 ” も値段が上がり “ 糸状にして下さる職人さん ” も

         これだけのお仕事になる為お仕事も減り “ 引箔の帯 ” が少なくなってきました )
            
     $umegakiorimono  ときどき日記

      弊社が使用する “ 銀箔 ” は、銀のスプーンと同じで、変色の可能性がある為

      扱う箔屋さんも限られてきました



     $umegakiorimono  ときどき日記
 

                         【 参考本 】

             $umegakiorimono  ときどき日記


             $umegakiorimono  ときどき日記

        【 色留袖 】【 訪問着 】【 付下げ 】【 色無地 】にも合せて頂けます

     $umegakiorimono  ときどき日記

 いつも難しい説明になってしまい、すみません。“ 帯の写真 ” だけでも、お楽しみ頂けたら

 嬉しいです。

 

 最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

2箇所のランキングに参加しています
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 

$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

  いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます

  今回紹介させて頂きます帯は、江戸中期の「赤縮緬地束ね熨斗文様友禅振袖」を

  モチーフに製作いたしました。

 

       

 

             ≪ 小袖束熨斗文 ≫ こそでたばねのしもん

 

       

 

  原本は友禅ですが、束ね熨斗の取り方に江戸前期の慶長小袖にみられる小付けの

  吉祥文様をアレンジし、刺繍に負けないボリュウーム感を出しています

 

          

 

  生地は経糸の4500本以上の糸を用い、緯糸も通常よりも密度を上げることで織りあげた

  緻密な錦地に「引箔」をもちいてフォーマル度を上げています。

  「束ね熨斗」という大胆な取り方の中に小付けの文様をデザインすることで伸びやかで

  且つ繊細な帯となっています。

 

              


       

 

  「 引き箔 」( ひきばく )と呼ばれる 『 技法 』 を用いています  

 

  「 引箔 」には 『 素材 』と『 技法 』があります

  『 素材 』とは、和紙に薄い金銀箔を張った無地のものや、漆に顔料を混ぜて多彩な色を

  出した“ 箔 ”の事です

  『 技法 』とは、帯地に上品な光沢を持たすことのできる素材である「 引箔 」を組み合わせて

  模様を表したもの等を極細に裁断し、それを一本一本織り込む技術の事です 

 

             

 

  現在西陣では 【 引箔の帯 】 を製織する事が困難になってきました。

  引き箔は和紙に片面だけ色柄を付けたものなので、製織段階で裏返ると土台の紙が

  見えてしまい綺麗に引き揃える為には、一度 「 機 」( はた )「 織る機械 」 を 止めて

  ヘラで一本一本引き揃えるように織り込まなければなりません。

  このような高度な技術が必要になり、高額になる為「 引き箔 」にこだわるメーカーが

  激減してしまいました。

 

  しかし、弊社は 「 引き箔 」 でないとできない表現には「 引き箔 」を用いる事に

  拘っています。この 小袖束熨斗文 ≫ もその拘りの一つです。  

 

       

 

 

       

 

                         【 参考本 】

 

              

 

              

 

              

 

 

              
 

             【 色留袖 】【 色無地 】 にも合せて頂ける帯です

 

       

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

2箇所のランキングに参加しています
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 

$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook