umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』


テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、日本文化史上、最も絢爛豪華な桃山文化の粋と言われる

聚楽第を移築したと伝わる「 国宝 西本願寺白書院 」の格天井をモチーフとしました。
 

西本願寺は寺院でありますが、当時は二条城とともに江戸幕府の迎賓館的役割も兼ねて
おり、桃山建築の最高水準と言われています。
特に白書院の天井絵は精巧な装飾金具のある格天井と、絵画的な天井絵が折衷する事で
格式とやわらかさを兼ね備えた独特の美意識を構成しています。

 

     

 

                 ≪ 格天小花文 ≫ ごうてんこばなもん 

 

     

 

現在では非常に特殊な素材、技法となった「 引き箔 」( ひきばく )と呼ばれる 『 技法 』 を

用いて製織しました。

引箔は和紙に漆を塗り箔加工したものを糸状に細く裁断し、帯に織り込んだものです。

深みのある光沢が特徴でフォーマル帯によく用いられますが、現在では箔を製作して頂く

職人はもとより、裁断専門の職人が西陣産地で二人しかいないという状況です。

 

     

 

≪ 格天小花文 ≫は上記の引箔を現代的な着物に合わせて頂くために従来よりも明るく

光沢のある物を用い、花丸の柄も敢えて金白濃淡で仕上げました。

古典柄を色目を抑える事で格式を保ちつつ、現代のフォーマルシーンに対応にした感性に

仕上げたものです。

 

         

     

     

 

「 引箔 」には 『 素材 』と『 技法 』があります

 

『 素材 』とは、和紙に薄い金銀箔を張った無地のものや、漆に顔料を混ぜて
多彩な色を出した“ 箔 ”の事です。

『 技法 』とは、帯地に上品な光沢を持たすことのできる素材である「 引箔 」を組み合

わせて模様を表したもの等を極細に裁断し、それを一本一本織り込む技術の事です。

 

     

 

         

 

 現在西陣では 【 引箔の帯 】 を製織する事が困難になってきました

 

 引き箔は和紙に片面だけ色柄を付けたものなので、製織段階で裏返ると土台の

 紙が見えてしまい、綺麗に引き揃える為には一度 「 機 」( はた )「 織る機械 」 を

 止めてヘラで 一本一本引き揃えるように織り込まなければなりません。

 このような高度な技術が必要になり、高額になる為「 引き箔 」にこだわるメーカー

 が激減してしまいました。

 

     

 

  しかし、弊社は 「 引き箔 」 でないとできない表現には「 引き箔 」を用いる事に

  拘っています。 この ≪ 格天小花文 ≫ もその拘りの一つです。  

 

   

                         【 参考本 】

           

 

         

               【 色留袖 】【 留袖 】にも合せて頂けます

     

 

難しい説明になってしまいすみません。“ 帯の写真 ”だけでもお楽しみ頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ          
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 
$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

創味割鮮と豊潤なステーキを “ 和 ” テイストに仕上げたお店へ食事に行きました。 

その時のお店をご紹介します。
 

お店は、京都 東山にある 【 純心庵 】  さんです。 

少し贅沢だったのですが、思い切って 『 好評鮑ステーキ&特選黒毛和牛コース 』 を

注文しました。

全ての食材が厳選されたもので、彩り鮮やかで味覚はもちろんの事、視覚までしっかり

楽しむ事ができました。

 

            

 

      

             

≪ 御箸染 ≫

 

     

 

≪ 好評定番海鮮サラダ ≫

 

     

 

     

 

     

 

≪ ひとつ椀 ≫

 

            

 

≪ アワビステーキ ≫

 

            

 

≪ 特選黒毛和牛肉料理 ≫

  

     

 

≪ デザート ≫ 

           

     

 

   モダンなたたずまいの中で備長炭で焼き上げるお料理を味わい
   洒落た雰囲気の個室で、心もはんなりと幸せなひとときを過ごす事ができました

 

            

 

  【 純心庵 】
 

住所 〒605-0817 京都府京都市東山区松原通大和大路西入ル弓矢町24-1
TEL 075-525-5068
   営業時間  夜 18:00~23:00
昼 12:00~14:30    Thu/Fri/Sat/Sun
※昼、まずはお問い合わせください。
定休日 不定休
最寄駅 京阪本線・清水五条駅より約240m
京阪本線・祇園四条駅より約760m
JR京都駅よりタクシーで、8~10分。

 

  最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 

$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook  

   
   
   
   
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、土台となる生地の組織に特徴のある帯です。

この組織は、弊社独特の羅紋紗(らもんしゃ)という組織です。
紋組織により 「 羅 」 のような複雑なもじり捩( もじ )り組織をイメージしたものです。

 

     

 

               ≪ 紋紗雪輪文 ≫ もんしゃゆきわもん

  

     

 

 「 羅 」とは網目状の透けた薄い織物のことで、経糸 ( たて糸 ) が複雑に絡み合って
  編み物に似た外観をして、中国では漢代に多く織られ、正倉院御物にもみられます。

 「 羅 」を織る為には、経糸( たて糸 )を捩( もじ )らせる為の「 振綜 ふるえ 」と
  呼ばれる特殊な装置を必要とします。
  経糸 ( たて糸 ) を捩( もじ )らせる事は、「 紗 」や「 絽 」も同じなのですが
 「 羅 」は捩( もじ )り方が非常に複雑で、高度な技術を必要とすると共に大変な
  手間がかかるので、中国でも漢代以降は織りやすい「 紗 」に移行していきました。

 

           

 

「 紗や絽 」と「 羅 」の大きな相違点
 
「 紗や絽 」の「 振綜 ふるえ 」は、帯幅中の経糸( たて糸 )を総て一斉に捩( もじ )り
同じように一斉に戻します。

したがって「 紗や絽 」は、経糸( たて糸 )の捩( もじ )り方が一定で変化がありません。


     

 

それに対して「 羅 」は、筬目( おさめ )≪ 糸を制御する道具 ≫ に関係なく

経糸( たて糸 )が非常に複雑な捩( もじ )り方をするので変化にとんだ組織となります。

それゆえ生地に変化があり、何ともいえない “ 品 ” があります。


しかし、この技術は古代ですら手間がかかりすぎるので、現代では織りこなす事が非常に
難しく正倉院裂を再現された方は「 重要無形文化財技術保持者 」に認定されています。

 

     

 

弊社の「 羅紋紗 」( らもんしゃ ) は、紋織りにより経糸( たて糸 )を一本一本独立に
捩( もじ )らす事で「 紗や絽 」のように規則正しい捩( もじ )るだけではなく、「 羅 」
のような複雑な経糸 ( よこ糸 ) の変化を可能にしました。
変化に富んだ経糸( たて糸 )の動きをお楽しみください。
( 画像でお伝えできないのが残念です )

 

           

 

             【 訪問着 】【 付下げ 】 にも合わせて頂けます

 

     

 

非常に難しい説明になってしまい、すみません。“ 帯の写真 ” だけでも、お楽しみ
頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 

$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、土台となる生地の組織に特徴のある帯です。

この組織は、弊社独特の羅紋紗(らもんしゃ)という組織です。
紋組織により 「 羅 」 のような複雑なもじり捩( もじ )り組織をイメージしたものです。

 

    

 

               ≪ 紋紗七宝文 ≫ もんしゃしっぽうもん

 

    

 

 「 羅 」とは網目状の透けた薄い織物のことで、経糸 ( たて糸 ) が複雑に絡み合って
  編み物に似た外観をして、中国では漢代に多く織られ、正倉院御物にもみられます。

 「 羅 」を織る為には、経糸( たて糸 )を捩( もじ )らせる為の「 振綜 ふるえ 」と
  呼ばれる特殊な装置を必要とします。
  経糸 ( たて糸 ) を捩( もじ )らせる事は、「 紗 」や「 絽 」も同じなのですが
 「 羅 」は捩( もじ )り方が非常に複雑で、高度な技術を必要とすると共に大変な
  手間がかかるので、中国でも漢代以降は織りやすい「 紗 」に移行していきました。

 

    

 

     

 

「 紗や絽 」と「 羅 」の大きな相違点
 
「 紗や絽 」の「 振綜 ふるえ 」は、帯幅中の経糸( たて糸 )を総て一斉に捩( もじ )り
同じように一斉に戻します。

したがって「 紗や絽 」は、経糸( たて糸 )の捩( もじ )り方が一定で変化がありません。

 

     

 

それに対して「 羅 」は、筬目( おさめ )≪ 糸を制御する道具 ≫ に関係なく

経糸( たて糸 )が非常に複雑な捩( もじ )り方をするので変化にとんだ組織となります。

それゆえ生地に変化があり、何ともいえない “ 品 ” があります。


しかし、この技術は古代ですら手間がかかりすぎるので、現代では織りこなす事が非常に
難しく正倉院裂を再現された方は「 重要無形文化財技術保持者 」に認定されています。

 

           

 

弊社の「 羅紋紗 」( らもんしゃ ) は、紋織りにより経糸( たて糸 )を一本一本独立に
捩( もじ )らす事で「 紗や絽 」のように規則正しい捩( もじ )るだけではなく、「 羅 」
のような複雑な経糸 ( よこ糸 ) の変化を可能にしました。
変化に富んだ経糸( たて糸 )の動きをお楽しみください。
( 画像でお伝えできないのが残念です )

 

    
 

           

 

             【 訪問着 】【 付下げ 】 にも合わせて頂けます

 

    

 

非常に難しい説明になってしまい、すみません。“ 帯の写真 ” だけでも、お楽しみ
頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 

$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、土台となる生地の組織に特徴のある帯です。

この組織は、弊社独特の羅紋紗(らもんしゃ)という組織です。
紋組織により 「 羅 」 のような複雑なもじり捩( もじ )り組織をイメージしたものです。

 

    

 

             ≪ 紋紗菱取文 ≫ もんしゃひしどりもん

 

    

 

 「 羅 」とは網目状の透けた薄い織物のことで、経糸 ( たて糸 ) が複雑に絡み合って
  編み物に似た外観をして、中国では漢代に多く織られ、正倉院御物にもみられます。

 「 羅 」を織る為には、経糸( たて糸 )を捩( もじ )らせる為の「 振綜 ふるえ 」と
  呼ばれる特殊な装置を必要とします。
  経糸 ( たて糸 ) を捩( もじ )らせる事は、「 紗 」や「 絽 」も同じなのですが
 「 羅 」は捩( もじ )り方が非常に複雑で、高度な技術を必要とすると共に大変な
  手間がかかるので、中国でも漢代以降は織りやすい「 紗 」に移行していきました。

 

    

 

    

 

「 紗や絽 」と「 羅 」の大きな相違点
 
「 紗や絽 」の「 振綜 ふるえ 」は、帯幅中の経糸( たて糸 )を総て一斉に捩( もじ )り
同じように一斉に戻します。

したがって「 紗や絽 」は、経糸( たて糸 )の捩( もじ )り方が一定で変化がありません。
 

                

 

それに対して「 羅 」は、筬目( おさめ )≪ 糸を制御する道具 ≫ に関係なく

経糸( たて糸 )が非常に複雑な捩( もじ )り方をするので変化にとんだ組織となります。

それゆえ生地に変化があり、何ともいえない “ 品 ” があります。


しかし、この技術は古代ですら手間がかかりすぎるので、現代では織りこなす事が非常に
難しく正倉院裂を再現された方は「 重要無形文化財技術保持者 」に認定されています。

 

           

 

弊社の「 羅紋紗 」( らもんしゃ ) は、紋織りにより経糸( たて糸 )を一本一本独立に
捩( もじ )らす事で「 紗や絽 」のように規則正しい捩( もじ )るだけではなく、「 羅 」
のような複雑な経糸 ( よこ糸 ) の変化を可能にしました。
変化に富んだ経糸( たて糸 )の動きをお楽しみください。
( 画像でお伝えできないのが残念です )

 

    

 

           

 

             【 訪問着 】【 付下げ 】 にも合わせて頂けます

 

    

 

非常に難しい説明になってしまい、すみません。“ 帯の写真 ” だけでも、お楽しみ
頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 

$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。