毎日が一口馬主!

毎日が一口馬主!

一口馬主の楽しみを365日満喫してもらうためのブログです。

(プチ悲報のため、適宜割愛ください)

 

2/11の復帰戦を目指していたクラックオブドーン(GⅠサラ)が、また一頓挫となった。

 

クラックオブドーン3歳牡 父サトノクラウン、母クラックシード、中館厩舎、2/11生

 

 

新馬戦開幕週。日曜の東京芝1,400mの新馬戦で接戦を制したクラックオブドーン

前途洋々の船出を切った、かに見えた。

 

 

しかし、その後ダリア賞を目指すも体調不良。

~7/22昨日(木)速めを追ったあと、ケアを施しながら様子を見てきましたが、夏負けのような症状が続いており、体調がいまひとつに映ります。そのため、ここは無理せず、8月6日(土)新潟・ダリア賞(OP・芝1400m)への出走は見送るうえ、次走を白紙に戻し、追分Fリリーバレーまで移動して立て直すことになりました。

 

 

 

続いて、サウジアラビアRCを目指すも、また前脚が腫れてしまう。

~9/22 本日9月22日(木)右前脚のエコー検査を行いました。腱・靭帯・屈腱に損傷は認められず、皮下の炎症との診断でした。回復にしっかりと専念するため、次走は白紙に戻し、~「獣医師の話では、『打撲といった突発的な原因ではなく、蓄積疲労やもともとの走り方がジワジワと影響し、速めを追うことで表れたと思われます』

 

 

更に、来週の2/11の誕生日に出走を目指していたが、フレグモーネとなってしまった。

~2/1  昨日(火)左後肢にフレグモーネの症状が認められました。現在は騎乗調教を控えてもいるため、来週2月11日(祝・土)東京・芝1400m戦への出走は見送ります。

「出走を間近に控えるなか、またもアクシデントとなり、大変申し訳ございません。この時期はフレグモーネが出がちなため、ウッドチップコースでの調整はできる限り控えており、原因となるような傷も特に見当たらなかったのですが…。体質的に弱さを残しているのかもしれませんね。~」(中舘調教師)

 

 

いやいや。。馬名は「夜明け」の意。

 

新馬勝ちで既に朝を迎えたはずだったが、本当の意味での夜明けは未だなのだろう。

 

======================================================================

 

一口クラブにおいて、1頭の新馬勝ちに歓喜して、次世代の馬を安易に買い増すのは

控えるべき・・と思っている。このケースは一つの例だろう。

 

 

これまでGⅠサラでは、プロキシマ、バイマイサイド、ルコルセール、ピュアブラッド

これらは全て3歳の5月最終週以降に、追い詰められながら何とか勝ち上がってきた炎

 

(1口1百万円の40口馬が、3歳8月の小倉勝ち。これはこれで熱かった炎)

 

 

一転、クラックオブドーンは18Mの馬が、2歳の6月の開幕週に初勝利となったびっくり

 

(筆者は単純な性格のため)、これには結構舞い上がってしまった注意

 

減損リスクが減ったため、次の1歳馬に2頭出資してしまったが、やはりまだ最初の1勝目に

過ぎなかった。次の1戦を見極めてからでも、遅くなかったかな・・と回顧している。

 

 

その後、グリーンでハーツコンチェルトが勝った時も、まだ次世代は手を出していない。

ある程度勝ってもらい、返って来た資金をまたそのクラブの一口に回すのが好循環だろう。

 

 

3度目の頓挫となってしまったが、山元トレセンと中館厩舎がきちんと調整してくれて

努力してくれているのは良く感じる。クラックオブドーンの再起に期待していきたいやしの木

 

 

 

 

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

PVアクセスランキング にほんブログ村