毎日が一口馬主!

毎日が一口馬主!

一口馬主の楽しみを365日満喫してもらうためのブログです。

 

ダービーと桜花賞制覇を目指す。


5歳牝馬のレッドベルディエスにつき、昨日引退が発表された。

 

 

レッドベルディエス 5歳牝 父ディープインパクト、母レッドファンタジア、鹿戸厩舎

16戦4勝 獲得総賞金9,158万円

 

 

鹿戸調教師「帰厩を視野に牧場で乗り込んできましたが、年齢を重ねたせいか、速いところにいくとトモに疲労が溜まってその解消にも時間が掛かります。入念にケアはしているのですが思うような調整ができず、牧場でこの状態だとレースに向けて仕上げていくのは正直難しいと思います。残念ですが、この先の大切な仕事もある馬ですし、無理に使って大事があってはいけないので、ここで引退させることになりました。繁殖入りの前に何とか勲章をとの思いでやってきましたし、それができる馬だと思っていましたが、能力を出し切ってやることができず申し訳ありません。ベルディエスなら良い仔を産んでくれると思いますし、産駒も管理させてもらえれば嬉しいです。今日までたくさんの応援、ありがとうございました」

COPYRIGHT©TOKYO THOROUGHBRED CLUB, INC.

==============================================================

レッドファンタジアの次女ベルディエスも、静かに引退の時を迎える事になった。

 

 

2018.11.24 東京 未勝利戦(ルメール騎手)・・・単勝1.1倍に応えた、上り33.6秒の脚。

 

 

2019.7.7福島 織姫賞(福永騎手)・・・先行有利の流れを、4コーナー7番手から一閃。

 

 

2019.10.20 東京 鷹ノ巣山特別(三浦騎手)・・・マイル1:33:3、上り32.8、文句なし。

 

 

2021.2.13 阪神 飛鳥特別(川田騎手)・・・アカイイトを抑えて、感動のオープン馬に拍手

 

 

================================================================

3歳時、クイーンCにF.ブロンデルが騎乗した事も、今では一つの思い出だろう。

 

4歳時には、6戦して幾度も勝てず。

左右のバランスが取りづらかったりして、調整も難しかった同馬だが、厩舎の努力により

今春には念願のオープン馬になってくれた。

 

姉のベルローズや弟達に交じっても、見劣りしない立派な競争生活だったと思う。

 

 

子供達に、果たせなかった重賞制覇の夢を期待していきたい(^^)。

 

 

ありがとう、レッドベルディエス。陣営の皆様も、長い間お疲れ様でした。