競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンブログ

競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンブログ

「馬と人」をつなぐUMAJIN(ウマジン)は「月刊雑誌」と「週刊メールマガジン」の2スタイルでお届けする競馬メディア。人馬のドラマ、レースの感動、週末のレース推理…あなたの競馬ライフを完全サポートします!

編集部(以下、編):石井さん、お疲れ様です!先週のオークスは13人気3着・大穴ウインマイティーの情報ありがとうございました!今週のダービーもよろしくお願いします!

石井:こちらこそよろしくお願いします。では無敗で2冠を目指すコントレイルから行きましょうか。まずは福永騎手の話で『前走は今までとスタイルの違う競馬で勝ち切ってくれたのが大きい。今後距離を含めて色々な展望が開けた。1週前は無理をさせずにいい動きだったし、追い切り後の息の乱れもない。東京は全く問題ないし、以前は距離に限界が出てくる可能性が高いと思ったけど、皐月賞前に牧場と厩舎と連携してフォームを変えてくれた。今なら距離をこなせていい。東京は馬場がいいから、あんなに下げる必要はないし、走るフォームが以前と本当に違ってきている。本当にチャンスなので楽しみ』と自信アリの口ぶりでしたしね。

編:距離に不安もなくなったのであれば、本当に死角はなさそうですね!

石井:調教師も『2歳の頃は疲れが残ったけど、前走はあれだけ厳しい競馬をしたのにダメージはそれほどなかった。体力がついてきている。2400mがどうかだけど、この距離に向けて調整してきたし、全てが我々の予想を超えて成長している。馬のバランスが良くなり、精神面が凄く成長しているよ』と人智を超えた成長ぶりに舌を巻いていましたよ。

編:なるほど!そこまで陣営が言うのであれば、今年のダービーは相手探しですかね~。

石井:続いてはヴェルトライゼンデ。『レースが上手だから流れに乗れると思ったけど、この馬にはペースが速かった。結果論だけど、腹をくくって下げた方が良かったかも。爪の不安がなくなって肩の可動域が広がり、トモがしっかりしてきた。この中間はさらに上積みがあるから頑張ってくれないかな』と状態は上がっているものの、あとは力関係ですかね。

編:皐月賞8着から巻き返しなるか注目ですね!

石井:次はレクセランス。『そこまで攻め駆けする馬じゃないので、先週は攻め駆けする馬相手に3頭併せの真ん中で併せ馬をした。あれでだいぶ良くなってきたよ。左回りで調教のできる日曜日に終い伸ばしたけど、右回りより走りはスムーズだったし、左回りの方がいいと思う。一旦放牧に出したけど、皐月賞の前よりシャキッとして帰ってきたし、もともとここが目標だったので上積みは十分。でも、本当に芯が入るのは夏を越してからかな』と上積みは見込めても、まだ成長途上のようですね。

編:デビューから3連勝したように素質は高い馬なので、現時点でどこまで通用するかですね。

石井:あと松山騎手が乗るコルテジア。『2歳の頃より稽古で動くようになって、今日の動きは凄い良かった。とにかく勝負根性のいい馬で、追い比べならそんな簡単に負けないと思う。きさらぎ賞みたいな形になればいいね。距離はやってみないと分からないけど、以前より掛かる面もなくなって来ている。血統的には父、母父とも距離適性は長めだけど、お母さんは短距離馬だし、何とも言えないなぁ~』と距離について半信半疑でしたね。

編:父はシンボリクリスエスで母父ジャングルポケットですが、母シェルエメールは生粋の短距離馬でしたから、2400mがどう出るかですね…。

では、お待ちかね!昨年のダービーでは12人気1着のロジャーバローズを抜粋した大穴推奨馬ですが、今年はどの馬に注目していますか!?

石井:勝つまでは厳しいかもしれませんが、馬券圏内という意味でディープボンドをオススメします。和田騎手は『前走は稽古の段階から馬が良くなっているのが伝わってきたし、結果を出せて良かった。今日は日程が詰まっているので軽めの調整だったけど、ホント抑え切れないくらいの手応えだったし、思った以上に良化している。決め手勝負になると厳しいかもしれないけど、バテるタイプではないと思うので、距離は長い方が良さそう。そのアドバンテージがあればやれると思う』と話しており、先週のウインマイティーに続く、穴を期待しています。

編:わかりました!石井さん、今週もGI情報ありがとうございました!

先週は競馬サロンの方でも平安Sで5人気2着ヴェンジェンス、日曜京都10Rで8人気3着バンクオブクラウズと穴を連発したオフレコ情報満載の【石井TM特選馬】を今週末も楽しみにしていますね!

 

 

★【競馬サロン】新章始動★

 

▼▼会員登録はコチラ▼▼