彼の気持ちがわからないと感じる女性へ〜男性心理ブログ

女性が自らの経験から男性心理を伝えている方もいます。
でもやはり、男性心理は男性が伝えるのが良いのではないかと思い、男性として、女性にもわかるように解説することを目指したブログです。
それ以外にも引き寄せや波動についてもたまに語ってます。


テーマ:

こんばんは。

女性の愛は男を変える!世界を変える!!

 

パートナーシップカウンセラーの宇根です。

 

3連休はいかがお過ごしでしたか?

私は、久々にのんびりしながら
過ごしていました。

たまには休養も必要ですね(^^)

 

そんな中、連休初日に、
男女脳の研究家で、

人工知能の分野では世界的にも有名な、

黒川伊保子先生の講演会に行ってきました。


 

 

黒川先生のお話しは6年前にも
聞いたことがあったのですが、
相変わらず、とてもわかりやすく、
ためになり、しかも話しが面白い(^^)
(6年前の記事→

本を読むのもいいですが、
やはり同じ内容であっても、
生でお話しを聞くのは伝わってくるものが違いますね。

しかも、じゃんけん大会では、
著書までいただくことができ、
最高の時間でした♪

 


今回いただいた著書

<Amazon>女は覚悟を決めなさい

 

 

 

最新刊

<Amazon>女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)

 

 

せっかくなので、私自身の備忘録として、
その内容の一部を書いておきます。

 

女性の会話は、思い込み会話(全部を聞いてはおらず、キーワードだけ抽出して、「あ〜あれね」と自分の都合のよいように解釈している)

女性に多い=プロセス志向、共感型
男性に多い=ゴール志向、問題解決型
*仕事ではゴール志向だが、プライベートの会話はプロセス型など、場面によって使い分けている人もいる

■プロセス志向の特徴
・プロセスを話すことで、脳が激しく動き出す
・最も脳の処理能力が活性化するのは、共感してもらうこと
・女性はプロセスが大切なので、共感なしに解決されると最後まで話しを聞いてくれなかったと気落ちする人もいる。でも、それは脳の違いで気にすることはない。
・男性には問題提起するとよい
  「○○の件、どうしたらよいでしょう?」=男性は頼られるのが好き
    ↓
 断られても、
  「そうですよね〜」と話しを流し、
  「それが問題なんですよ〜」=男は素直なのが好き

■ゴール志向の特徴
・男性は結論、または目的から逆算して会話をする
 →これはもっとも脳細胞を使わずに話す方法。男性は常に空間認知に脳を使っているので、言語野のスイッチを切ることがある(女性は会話に脳を使っている)
 →話しかけるときに、3つかぞえる(「パパ、今ちょっと話していい?(1,2,3))
・男性がぼんやりしているときは、空間情報を脳に書き込んでいるので、ほっとくことが大事
 例 ニュースをかけながらぼーっとしてる→「テレビ見てないでしょ!」と消すのはダメ。ニュースの音声でトランスに入っている。男性自身はぼーっとしていると認知していない。
・女性がトランスにはいるのにおすすめは、ビーズや刺繍の作業

・男性は問題が起こると小脳が反応する。小脳は知覚と運動機能なので、ひとこと言うか、行動しないとがまんならない。
・男性は、無責任に「わかるわかる」と言えない。正義感が強い。
(女性の共感には、無責任に「わかるわかる」でいい。言ってもらうだけで女性は安心する)
 例 ファミレスでマンゴーの話しで盛り上がる女性
  A「最近、マンゴー流行ってるよね〜」
  B「そうそう、この前テレビでも・・・}
  C「私も、この前あそこで食べたとき・・・」
     ・
     ・
     ・
  A「あ、私チョコバフェにしよう」
  B「あ、私もいちごパフェ」
 と言った場面でもし男性がチョコパフェを頼もうとしていると、最初のマンゴーの話のところですでに男性はひいている。散々盛り上がったマンゴーを誰も頼まないのも理解できない。

■女性はなぜ共感が必要なのか?
・脳の大切な機能だから
 =危険などネガティブな感情(怖い、ひどい、辛いなど)が男性の数十倍の強さと、数倍の長さが続く → 身を守るために、危険になるまでのプロセスを脳が解析し、保存するために長く感じるようになっている。(つらいつらいと言っている間に脳に書き込んでいる)
・スイッチを切るために周りに共感してもらう=共感するとスイッチが切れる
   ↑
   ↓
・男性は危険なことが起こると、小脳にその行動を瞬間的に書き込み、次の行動を起こそうとする。でも、プロセスの解析をしないので、何度も同じような間違いをする。繰り返すことでだんだん上手になっていく。

・男性は小脳が発達している=動くものを自分のことのように感じている。つまり、自分自身でない、アタッチメントしているものを自分のことのように感じる拡張感覚。
もしかしたら、奥さんも自分の一部のように感じているのであまり褒めないのかも。
(自分の右手を褒めないのと同じように)
だから、妻が困っていると全力で助けるのは、自分の右手が困っているから助けるような感覚かも?(愛していると言い出したら、自分と切り離して考え始めた?(笑))


■仕事と私どっちが大事?
・男性脳は遠くから見る習性がある(赤ちゃんの頃から)
  (国、社会、会社、家族、・・・)
・女性脳は手前から見る
  (私、家族、近所、・・・)
*男性脳は、仕事を優先する

男性におすすめの答え方
「大切なのは仕事だ。でも一番愛しているのはおまえだよ」

■女性の機嫌の直し方、男性の機嫌の直し方
例 遅刻した時
 × 遅刻した理由を言う
 ○ 寒かったでしょ?こんなところに待たせてごめんね(待っている女性の気持ちを先に言う)

・男性の機嫌は気にしなくていい。男性は基本、女性を許している

■男性は美人も空間で認識する
空間全体と目の前のものを比べながら認識する。静止しているものより、動くものを見ている。先端に弱い。全体を見れない
 1.姿勢
 2.立ち居振る舞い
 3.顔
の順で美人を認識している。
男性に見てもらうメイクのコツは、強調したいところだけ目立たせる
(?、うなじがキレイ、髪がつややか)

■人間の脳について
・脳は28年ごとに位相が変わる
  0〜28歳 入力期
  29〜56歳 重要な回路を知る時期。→失敗が最も良い脳のエクササイズ。失敗すると、そこに電気回路が流れにくくなる。失敗を反省しない!=反省すると失敗の回路に電気信号が流れてしまう
  56歳〜 最も失敗しにくく、成功しやすい時期。考える前に直感が働くようになる。直感で本質がわかるようになる(言葉にしないでわかる)
  85歳〜 一度細った脳梁(右脳と左脳を繋いでいる部分)が再び太くなる(30歳分若返る) 例 「それまでレーズのカーテンがかかっているように見えたのが、90歳でそのカーテンが開いた景色が見える」
・50歳までは動物の脳。50歳からは人間の脳で生きる
 


 

******************

個人セッションについては、

現在、枠が満席のため、

募集を停止させていただいて

おります。

 

不定期で、

体験セッションの募集を

メルマガで実施しております。

(ブログ、HPでは募集していません)

 

興味のある方は、

メルマガにご登録ください。

 

 

宇根のメルマガ
『★美しく魅力的な女性★と男が感じるコツ教えます』

 

登録はこちら↓
https://55auto.biz/ukon8taji/touroku/entryform2.htm

 

 

******************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。