しまのうた2019(東京紀尾井小ホール)PRブログ

しまのうた2019(東京紀尾井小ホール)PRブログ

2019/11/17(日)奄美島唄公演「しまのうた ~いのち紡ぐうた~」開催予定

このブログはしまのうた実行委員会のサイト情報と屋宮秀美さんの写真をもとに2019年11月開催予定の「しまのうた ~いのち紡ぐうた~」公演のPRを行っています。最新の情報は「しまのうた実行委員会のサイト」
https://shimanouta-yuwann.jimdo.com/ をご覧ください。

テーマ:

ずっとずっとぐづついた天気が続いていた奄美。

今週火曜日からそれまでの天気が嘘のように晴れ渡っています。

「このまま梅雨明けじゃないか?」という声もチラホラ(先日梅雨入りしたばかりなのに、そんなことはないと思いますが)。

 

瀬戸内町の「せとうち海の駅」も真夏のような雰囲気。

海の駅にある足湯?いや違った、海水を汲み入れた池です。

中では熱帯魚が気持ちよさそうに泳いでいます。

 

海の駅周辺のキノコ(?)のような休憩場所。

それから、養殖マグロの産地を象徴するでっかいマグロのモニュメント

口の中は子供が入れるくらいのサイズです。

 

これは海の駅付近で見かけた50ccのジープに似た車(ちゃんとナンバーが付いていて公道を走れます)。

持ち主の方の話では、これはレンタカーだそうです。坂道も問題なく走れるそうです。

やはり奄美には晴天が似合うなぁ、と思った一日でした。

 


テーマ:

奄美は5月14日に梅雨入りして、じめじめとした天気が続いています(まぁ、年中雨が多いところなので梅雨入りごときで驚きもしませんが)。

ただ、集中的な豪雨には気をつけないといけませんね(13日の沖縄県与那国町で発生した記録的な大雨に続き、18日のニュースでは鹿児島県の屋久島町で大雨による土砂崩れが発生し、262人が孤立したようです)。

 

さて話は変わりますが、先日4月28日に龍郷町のりゅうゆう館で「奄美連合島唄大会」((公財)日本民謡協会奄美連合委員会主催)がありました(同時に「民謡民舞少年少女奄美連合大会」も行われていますが、こちらのほうは割愛します)。

私は残念ながら観にいけなかったのですが、その結果だけ掲載したいと思います(※当記事は奄美新聞社の記事を引用しています)。

 

(敬称略)

■青年部

 【優勝】界眞子 【準優勝】朝岡明紀 【入賞】指宿桃子 成瀬茉倫 森田葉月 辻美里 【優秀賞】飯田秋

■壮年部

 【優勝】川口美和子 【準優勝】潤さつき 【入賞】井上真由美

■中年部

 【優勝】朝木綿子 【準優勝】榮洋子

■高年部

 【優勝】福山幸司 【準優勝】平久美 【3位】茂木幸生

■翁松部

 【優勝】平田久代 【準優勝】久保文雄

■錦寿部

 【優勝】日置幸男

 

以上の入賞者は2020年に熊本県人吉市で行われる九州大会に出場されます。

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

5月から令和がスタートしましたね。国際派の新天皇のご活躍にも期待がもたれますね。

さて、長い長いGWが終了しました(今年は10連休)。

みなさんはどのようなGWを過ごされましたか?

 

私はGW期間中、2日だけ休みが取れました。その他8日は仕事で激しく忙しい毎日でした。

一方でTVを見ていると、大きな荷物を持った旅行客がハワイなどへ旅立つ姿が・・・。羨ましい限りでした。

期間中奄美のほうは天気がよく変わり、奄美を訪れた方にも当たり外れ(晴れだったり、雨だったり)が分かれたかと思います。

 

これから奄美は梅雨に入っていきます。

いや~な梅雨時は部屋に引きこもって島唄鑑賞もいいかな、と思っております。

Ameba人気のブログ