生粋日本人の家族三人(娘3歳)
ロンドンに住んでいます。
「育児漫画 + イギリス生活 メモ」
という内容のブログです。
→ はじめましての方
→ 過去漫画の抜粋が見られるinstagram

 

 

 


娘は最初わたしがゲロゲロするのに驚いてましたが「これはね病気じゃなくて、赤ちゃんのお部屋をお腹の中に作るための準備なんだよ。だからいっぱい気持ち悪いんだけど、大丈夫なんだよ」と伝えたところ、ケロッと安心したようで、私が「あーきもちわる!ちょっと吐いて来るわ!」と言うと「はーい!いってらっしゃーい!」と軽く見送ってくれるようになりました。笑。



さて、妊娠14週です。

14週に入るまでは一向に軽くなる予兆がなかったつわりですが、ようやく、ようやく今週は吐く回数が減って来た感じがします。


でもそうなると気になるのが…

胎児生きてるのかなってことで…

何かあって、つわりが消えてきたんじゃないかって、怖くなっちゃう。14周はつわり無くなっても全く問題ない週数なのだけど。そしてあんなにつわりがなくなることを願っていたのに、ね。



おにぎおにぎおにぎおにぎおにぎおにぎ


イギリスネター


あー安定期に入って、買い物行きたい。買い物かよっ!って感じかもですがウチもう帰国するかもしれないんでね。英国の思い出を買って帰ったっていいでしょうよ。駐妻だもの。


てなわけで、夏にストークオントレントで駐妻爆買い御用達のバーレイ行って来たので、その思い出に浸ります。ストークオントレント(地名)には英国陶器のファクトリー及びアウトレットがたくさんあるのです。ロンドンから電車で3時間ぐらいだったかな?



ハイハイ!来ましたよ!

バーレイのアウトレットだよ!英国駐妻の3人のうち2人は必ず駐在中に遊びに来るといわれるバーレイだよ(数字は私の体感で適当です)!



この日は土曜でファクトリーの見学はできなかった為、博物館スペースの見学だけしました。


ひよこちゃんのお皿。以前はこんなのも売ってたんだね。昔の図案集も見ることができます。バーレイは一度「ほぼ破産(ボランティアの説明員さんはこの"ほぼ"を強調していた)」の状態を経験していて、そこから這い上がって来たわけですが、今の人気に至るまでにかなりのブランディング・取捨選択を試みたであろうことが、現在の厳選されたパターンを見るにつけ想像されるわけです。泣けるねっ!


土曜でしたがボランティアのおばさんがたくさん説明してくれた。おもしろかった。聞き取れないとこたくさんあったけど。英語できる友人と行って良かった…真顔


見て見て!工房のドールハウス〜!愛しい〜!


つって、このドールハウスに興奮しましたらば、ボランティアのおばちゃんがこれを案内してくれたよ!ドールハウス用のちっちゃなツボです!ひえー!全てメイドインバーレイファクトリーだよ!


作ってるおじさんが出て来てくれたよ。すごいねー小さいねーかわいいねー。って言ったけど、ごめん買わなかったの。ゴメンね。


昔の熱い、暑い、釜の中。バーレイのマークにもなってるあの特徴的な例の釜ですよ(名前忘れた)。この日ずっと説明してくれたおばちゃんのお父さまはここで働いてたんだって。とても過酷な仕事だったそうで。



サンドイッチとお茶飲みました。


さて、こちら戦利品です。
うーんいいかんじ!
これで私も立派な英国駐妻だ〜!!

…いいですか?バーレイを買ってこそ英国駐妻ですよ!バーレイ買わない駐妻なんて、アナタ!お酢をかけないフィッシュ&チップスぐらい、ありえない話ですよ!一人前の英国駐妻になりたかったら必ずバーレイ買ってください!



…というのは嘘ですが、まあそれっくらい駐妻の誰しもが持っているバーレイ。展示部分も充実して面白かったのでお買い物だけでなくこちらも是非。


最後に戦利品のひとつで、メチャクチャ気に入ってるやつをば…
なかなかキャワワでしょ?バーレイの特徴的な例の釜(名前忘れた)の一輪挿し。博物館スペースの奥の方で売ってた。これを作ったご本人が、アイスクリーム食べながらレジに座ってて、彼女から直接買いました。作ってる人から直接買えるなんて…まるでデザフェスデレデレ