烏城ペットクリニックのブログ

烏城ペットクリニックのブログ

熊本市南区川尻の動物病院

こんにちは、院長の長井です花火

 

 

熊本地震からはや5年が経ちました。

 

烏城ペットクリニックを開業した2016年病院キラキラ

 

開院わずか2ヵ月で震災に遭遇しました叫びあせる

 

あの時は精一杯でしたが、

5年たった現在一部忘れかけている当時の様子を

撮りためていた写真を久しぶりに引っ張り出して思い返しましたカメラ

 

 

2016年4月16日に2日前の余震に続いて震度7の本震が起きました波

 

 

夜中に病院に飛んでいき、入院のワンちゃん犬や看板猫の銀シャリ猫とたまごトラ、ウサギのよつばうさぎを救出し、

近所の方々が病院の駐車場に避難して一夜を過ごしました車ガーン

 

 

明るくなると病院の看板は傾き、液状化で駐車場はドロドロ

建物のいたるところに亀裂が入っていましたポーン

 

 

近所の方と助け合いながら日々を過ごし、車中泊も長く睡眠不足だったことを思い出しますzzz

 

 

 

震災から2日後には病院の診療を再開し、震災で体調を崩したペットの診察をしていました筋肉キラキラ

 

 

水道が止まったり、お風呂に入るのに海上自衛隊のシャワーを3時間待った、子供たちを岡山に返したり…

色々と大変なことがありましたが、そのようなときだからこそ助け合いや人々のやさしさに触れ合えた経験でもありましたラブラブ

 

 

 

あれから5年DASH!DASH!DASH!DASH!DASH!

 

 

 

小さな病院からスタートした烏城ペットクリニックも、総勢11名に拍手

MRIをはじめとした高度医療設備も整って病院も見違えるほどに成長しました流れ星

 

たくさんの素敵な出会いがありましたお願い

 

 

震災の貴重な経験から、

関わってくれる全ての人々に感謝を忘れず、

動物医療を通じて地域社会に貢献できる動物病院という基本理念を守り続けていきたいと思います。

 

これからも烏城ペットクリニックをよろしくお願いいたしますお願いイエローハーツ

 

こんにちは!

獣医師の廣池ですヒヨコ
 
一気に暖かくなってきましたね晴れ
お花見シーズンもあっという間で、全くお花見できていないのですがアセアセ
少しでも春らしい写真を、、、
 
花より団子な廣池ですグラサンお団子お茶
 
さて、いよいよ明日から4月に入りますね桜
新しい看護師さんも加わって、ドキドキの新年度ですが、、、キョロキョロラブラブ
 
 
4月といえば!なんといっても予防の季節です炎
 
宇宙人くんフィラリア予防UMAくん狂犬病バイキンくんワクチン恐竜くん
 
この時期にされる方が多いのではないでしょうか?
 
フィラリアについては岩村さんが以前紹介してくれたので、今回はワクチン、特にドクロワクチンアレルギードクロについてご説明していきますグー
 
当院では
犬わんちゃん
水辺(川、田んぼのあぜ道、河川敷など)に行く子は10種、あまりお外に出ない子は5種
猫ねこちゃん
お外に行く子は5種、おうちの中の子は3種
のワクチンをおすすめしております目
 
わんちゃんは水辺で感染するレプトスピラという細菌の予防、ねこちゃんは猫白血病ウイルスの予防が入っているかどうかがポイントとなっています上差しキラキラ
その子の生活スタイルに合わせて選んでいきましょうウインクルンルン
 
そして!ワクチンを接種する上で気をつけておきたいのはやっぱりワクチンアレルギーですね注意
 
とてもまれな反応ではありますが、どの子にも起こり得ることなので念のため確認をしてください。
 
「去年大丈夫だったから今年も大丈夫OK」というものではなく、花粉症のように今年はアレルギーが出てしまうハッということもあるので、毎年接種後は気をつけて様子をみてあげましょう目
 
ワクチンアレルギーは大きく2つに分かれますチョキ
 
1つは顔周りなどがパンパンに腫れる遅延型アレルギーです食パン
24時間以内に症状が出ることがほとんどです雷
中には下痢や嘔吐などの症状が出ることもありますもやもや
命に関わる症状ではありませんが、アレルギー反応を抑えるお薬が必要になります薬
 
もう1つは、アナフィラキシーショックとして知られる急性のアレルギー症状ですガーンガーンガーンハッ
非常に稀ではありますが、血圧の急な低下のためにショック状態になり、命に関わります爆弾ゲロー
早ければ打った直後に、遅くても1時間以内に起こるとされています雷
呼吸があらい、歯茎が真っ青でぐったりしている、などの症状があればすぐにご来院ください病院救急車
 
また、ワクチンアレルギーではありませんが、なかにはワクチン接種後にお熱が出たり、接種したところを痛がったり、という子もいます注意
何か気になることがあれば一度ご連絡くださいウインク
 
ワクチン接種は緊急時のためにも、午前中に済まされることをおすすめしますハート
接種後は激しい運動は控えてあげてくださいねサーフィンスノボバレエバツレッド
 
ワクチン接種で色んなところにお出かけしたり他の子と遊んだり、病気から我が子を守ることに繋がりますハート
ワクチンのことをしっかり理解して、わんちゃん、ねこちゃんと楽しい生活を送りましょう!爆笑パグ三毛猫
 

はじめましてさくらんぼ

1月から勤務しております、看護師の吉村と申しますニコニコキラキラ
私のことを皆様に知っていただきたく、この場をお借りして少し自己紹介をさせてくださいあしあと
 
 
昨年、長女が生まれまして日々子育てに奮闘しておりますてへぺろアセアセ
癒しもあれば大変なことも多く、世のお母様方を本当に尊敬しますお願いラブラブ
親になって初めて、母親は偉大だと気付かされました笑い泣き
 
 
そんな娘は1月で1歳になりました星
コロナ禍のため、自宅でちょっとしたお祝いをしましたルンルン
娘も食べれるように、スマッシュケーキ誕生日ケーキと赤ちゃん寿司寿司を作りました爆笑
寿司ネタは左から、サーモン(人参)、イカ(大根)、納豆巻き、まぐろ(トマト)、たまご、ウニ(かぼちゃ) です寿司
完全に私の自己満足笑い泣きアセアセアセアセ
娘の反応はというと…いつもの食事の方がいいようでしたてへぺろ
 
休日は近所の公園によく遊びに行きますルンルン
遊べる物は限られていますが、大好きなブランコに乗ってご機嫌ですニコニコラブラブ
おすすめの公園がありましたら、是非教えてくださいハート
 
まだまだ手のかかる娘がいるため、病院には平日の午前のみ勤務しております。
皆様にお会いできる機会は少ないかと思いますが、お見かけした際には声をかけていただけますと嬉しいですお願いキラキラ
飼い主様とペットちゃんのお力になれるよう、努めてまいりますグーグー
 
どうぞ宜しくお願い致します虹
 
 
 
 

みなさんこんにちはあしあと

看護師の岩村です

 

 

2月は雪雪が降るくらい寒い日も

ありましたが、少しずつ

暖かくなってきましたね晴れ

もうすぐうちのカメ亀たちカメも冬眠から

覚めると思うので会えるのが楽しみですお願い

 

 

さて、暖かくなってきて

もうすぐ「フィラリア」の予防が

始まりますね!!ということで今回は

フィラリア症について少しだけ書かせて

いただきますガーンハッ

 

 

 

フィラリア症とは…

蚊を介して心臓や肺動脈に糸状の

寄生虫(フィラリア成虫)が寄生し、

血液の循環などに悪影響が出たり、

臓器にも異常が出てしまう病気ですえーん

放置してしまうと命にも関わる

恐ろしい病気ですアセアセ

 

 

上差し感染の流れはこのような感じです。
(※ミクロフィラリアとは、子虫のことです)
 
恐ろしい病気ですが、
投薬をしていればしっかり予防できますので
大切なわんちゃん、猫ちゃんを
守ってあげて下さいおねがい
 
また、体内で生まれたミクロフィラリアがたくさんいる
状態で予防薬を飲ませてしまうと、
1度に大量のミクロフィラリアが
駆除されることによってショック症状を
起こす可能性があり危険注意ですので、
予防薬をお出しする前には
フィラリアに感染していないか、
簡単な血液検査を必ずさせていただきますショボーン
 
フィラリア予防の期間は
4月後半~5月はじめからスタートですクラッカー
(生活環境によって多少前後します)
 
文字ばかりですみませんショック
最後に、写真を2枚カメラキラキラ
 
 
お昼休憩中、少し席を外していて
帰ってくると…たまごが!?
席を取られてました笑い泣き
 
 
こちらは雪の日に撮った、
雪が積もってる私の愛犬ですビーグル犬あたまラブラブ
もっと写真を撮りたかったですが
寒すぎて帰りました笑い泣き
 
 

 

 

 

みなさんこんにちはニコニコ

 

看護師の中村です!
 
さて、わたくし中村といえばお菓子作りチョコカップケーキ
そうお菓子作りといえば、先日14日はチョコバレンタインチョコでしたねチュー
 
みなさんはチョコレートを誰かに贈られましたか?or頂かれましたか?
 
ちなみに私は生チョコを作りましたルンルン
 
スタッフのみんながいつも美味しいと言って食べてくれます笑い泣き感謝しかないですおねがいお願い
 
しかし、人間にとっては美味しいチョコレートでもわんちゃん、ねこちゃんが食べるととても危険なのです雷雷
 
今回は犬や猫に与えてはいけない物についてお話ししますわんわんにゃー
 
お家のわんちゃん、ねこちゃんが人の食べ物を誤って食べてしまった事はありませんか!?
 
よく耳にするのは耳
・机の上に置いてた物をいつの間にか食べていた
・ゴミ箱を漁って食べていた
などなど
 
犬や猫は美味しい匂いをかぎつけてどこで目を光らせて狙っているかわかりませんグラサン
 
犬や猫が食べてはいけない物はたくさんあります!
 
その中でも
チョコレート
※カカオ含有量が多ければ多い程中毒症状が出やすいです
ネギ類

キシリトール

ブドウ、レーズン

骨(鶏の骨など) 

ナッツ類

人の医薬品やサプリメント

観賞用植物

 

などは特に注意が必要です!

 

ほんの少しの量でも命に関わる物もあります!!

 

もしも、危険性のある物を食べてしまった場合はすぐに動物病院にご連絡下さい!

摂取物の種類経過時間によって処置の仕方も変わってきます

 

吐き出せる物であれば薬を使って吐かせる催吐処置、場合によっては麻酔をかけて開腹手術胃洗浄を行うこともありますガーン

 

<チョコレートを盗み食いをして催吐処置をされたわんちゃんあせる

 

 

こういった事にならない、させない為にもみなさん気をつけましょうクローバー

 

 

繰り返す嘔吐や下痢などの消化器症状に気をつけて、つねに誤食の可能性を考え、気になる場合は早期に動物病院にご来院下さいニコニコ

 

また、食べさせていいと書いてある物でも実際はその子の体質や、食材との相性があります汗汗

中毒を引き起こす事はなくてもアレルギー症状が出てしまったり下痢、嘔吐になったりなどはどの子にも起こりえますあせる

初めて与える物は少量から、変わった様子がないかしっかりと観察しながらあげましょう!

 

 

最後に

気持ちよさそうに日向ぼっこをするたまごの横顔ですピンクハート