今日の天体配置を見ていると、ここ2ー三日前から、あと2ー三日は"ここではないどこかへ"行きたい(消えたい?)願望がmaxレベルの高まりを見せそうだなぁーと、ひしひしと感じまするでございます。


現実逃避or
社会からの離脱。

現実をまるっと変えてしまいたい願望or
なにかをかなぐり捨ててしまいたい衝動。

そういうものにやられそうに
なっている人たちも多いかも。

とはいえ、あと数日もすればこの嵐もすぎるので、この一過性の衝動等にやられませんように。

ごゆるりと
昼寝でもして
なんならルマンドでも食べながら
お過ごし下さいませー。

(闇落ちしそうなときは笑えるものをみたりとか、体動かしたりしよう!)


業務過多につき更新滞るかも也

それにしても、
秋分過ぎまで続くであろう、
この地球のバイブス・・・・
それに伴い起こる
この体のだるさよ・・・

 

はよぅすぎてたもれ。



#重み注意報

 

 

 

その時々の天体の配置にあわせた”イマコレ!”なものをお選びし、お伝えしていくアストロキュレーション!

今回は太陽-天秤座-ver!

 

人生にバランスをもたらす・調和・調整を図る・アップデートが行われる=太陽天秤座期間。

 

09/22・秋分。

ここからスタートする天秤座の期間ですが、今年のそれはだいぶ”アグレッシブ”で、

まさに天秤座の女神の持つ聖剣とハカリでもって、バシバシと今後の人生に”いるいらない”みたいなふうに

選り分けられるようなことが進んで行くはずですし、また、新しい道・光が人生に差し込んでくることもあるはずです。

天秤座は水瓶座のようにロックなオルタナティブではなくて、正統派オルタナティブな道・手法を生み出す達人。

そのエネルギーが差し込んでくるということは”なんかいい方法思いついた!”なんていうことがガンガンありそうですし、

また、いろいろなコラボ案件が発生したり、助っ人の登場によって人生が急展開を迎えたりしそうです。

 

7室をまもる天秤座。

その力をこの期に受けて、どんどんアップデートされた自分、繭から飛び出てきた蝶のような自分になっていく。

この秋分からの3ヶ月はそういう動きも加速しますが、特に最初の1ヶ月はそういう”生き方の方向転換”を迎える人が

多そうな気配があります。

早い人はもう始まっているかもしれませんが、生き方が別のものに変わっていく、そういうトランジットのタイミングが

きっとここなのでしょう。

 

今年のこの天秤座期間は、”カルチャー・映像作品・デザイン・英雄・アップデート”といったキーワードが想起される時期となっているので、そういったテイスト(どんな?)・指針をベースに、映画、本、音楽等をpick-upしてみました!


では、いってみましょう!!

 

 

* * * * *

 

 

 

 

Phaさん特集見たくなってますが、

今は特に”これだな!”と感じたので、こちらをpick

以前動画の方とかでもこちらはご紹介しましたが、

とにかくこの方は”縛られないプロ”なんだな!と思いました。

 

これからの時代は"LESS思考”が強くなっていく時代かと思うので、

今からその予行演習というか予習?をしておくのもいいかと思いました、withこの本。

 

 

* * * * *

 

 

タイトルの通りです。w

 

少し前の本なのですが、

今読んでも参考になるところは多いような気がしています。

 
なにかをするときにどこから手をつければいいのか・・・
といった場合には有用な書かと。
 

 

 

* * * * *

 

ことわざや慣用句、clicheというのは

会話のスパイス。

短いフレーズの中にもギュッと濃厚なエッセンスが詰まってる。

知っ得なことばかりなのがこういった短フレーズかと思うので、

これからの風の時代が”言葉をもつこと”が重要な時代となるなら、

一家に一冊あるべきはこういった言葉自体の書である
「ことわざ辞典や大辞林」といったものかも?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* * * * *

Newpicks等でもおなじみ、

落合陽一さんの本x2。


あまりにも早いスピードで世界は変容していますが、
これからのnew worldについて考えるといろいろな感情が渦巻く人も多いかと。
”恒常性”を強く持つ人という生物的にはそれはきっと普通のことなのかも。

ただ、やってくる変化には適応・対応しないといけないはずなのですが、

ではどのようにすればいいのか、どういうマインドでいればいいのか、

またどのように政治経済・働き方・ライフスタイル等々が変わっていくのか

というところを論理的に(少なくとも星は使っていない)解説・説いているのが

この二冊。

個人的には落合さんの本はほとんどすべてオススメですが、

特にこの2つは新時代にむけて”時代感のリテラシー”みたいなものを高めるのに

推せる本かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* * * * *

 

どこかで私も語りましたが、

これからは”美意識”の時代でもある、と。

こちらはエリートは・・・となっていますが、

そういうところは関係なく、

美意識はこれからは非常に重要な”スキル”としてみなされていると思われます。

品格・美意識・・・
それがある経営・創作・生活、
そしてそれがない経営・創作・生活。

後者の政治経済戦略がどれだけ”貧相”なものを導き出すか・・・

それを考えると”美意識”はこれからの時代を生きる私たちが最低限備えるべき

感覚であるように強く思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

* * * * *

 

今なお多くのひとに影響を与え続ける真言宗・天台宗の開祖たちのストーリーを

描いた漫画がこちら、阿吽。

風の時代が精神の時代というなら、

やはりこの2大天才・宗教家・マルチタレントについて知っておくべきかな、と!

これからの精神の時代を生きていく人たちが必読の漫画となる予感。

 

 

 

 

 

* * * * *

 

 

 

 

 

* * * * *

 

 

last samurai

 

なんといっても動き・所作が美しい。

後半の戦のシーンはさておき(そこも美しいが)

映像美、動きの細やかさ。武士の礼節。
そういうものに心を打たれる。
”生き方を変えたくなる”、”我がポリシーとはなんぞや”と自問したくなる作品。

 

 

 

 

 

* * * * *

 

GODZILLA 三部作


日本が誇る?ヒーローらしからぬヒーローにゴジラがいますが、

そのゴジラを全く違う形・あり方で書き上げているのがこの作品。

三部作なのですが、今までのゴジラとは全くちがうかんじなので

見る人によっては完全に予想を裏切られるかも。

 

怪獣惑星とその次の作品まではまだゴジラ感が出ているところもありますが、

最後の「星を食うもの」になればまるで”精神世界”のお話です。

スピリチュアリティをまさかゴジラなる映画が語り出すとは思ってもみませんでしたが、

怪獣映画というよりは”怪獣は出てくるけれど精神とか魂について”のお話と捉えると

だいぶ見方が変わってくる、なんとも不思議な何度か見返したくなるような作品です。

 

三部作なのはよくよく考えてみると、

心(マインド)・体・魂というテーマについて触れられているような気もします。
なぜならこの作品にはそれぞれの機能?が特化した3部族が・・・

 

ごほっ!

 

続きは本編で!

 

 

 

 

 

 

 

 

* * * * *

おまけ!

天秤座ということで、

甘いもの!の映画!

 

 

 

 

次回Aキュレーションは蠍座太陽期間直前10/15-22ごろにup予定です!

 

 

 

 

 

 

昨夜、

09/27-12/01 天蠍宮を水星がうろちょろします。

https://ameblo.jp/uenopasiri/entry-12625453133.html

 

 

↑なる記事を書きましたが、

この時期は”社会”のみならず

個人レベルでも内側から浮上してくる何か、思い、

そんな”復活劇・浮上イベント”があるかもしれません。

 

しかも今まで送ってきた人生とは全く関係とか繋がりがないものとか、

だいぶかけ離れたものとか、

ちょっといい意味での違和感を感じるものとか(私なんかがそんなことできるわけないわ〜レベルの)

もあるかもしれませんが、

本心からの望みの可能性が大なので、

どうぞそれらを無視せずにお過ごしくださいませませ。

 

現場からは以上です。

 

 

 

 

09/27- 12/01 

12星座の中で唯一”猛毒を持つもの”サソリ。
その蠍座に水星が入るのが09/27。


そこから12/01まで、逆行期間もあるので比較的に長めの

なんと2ヶ月ちょっとにわたり(天秤座に戻ったりもしつつ)

知将・水星がこのサソリの中でいったりきたりします。

 

その理由はもちろん”毒を有効につかう”ため。

 

毒をもって毒を制すなんていうとおり、

暴走するものを止めるのは、”毒”しかないこともあるのです。

 

歴史をひもといてみても然り。

 

いったい何人の”TOP"の座にいた人が武力ではなくて側近の毒で、

はたまた、忍びの毒矢でなきものとなったことでしょう。

 

と、ちょっと怖い例はさておき。

 

ここでいう毒とは”皆様”に降りかかるものでは決してありません。

 

腐敗したものを溶かす何か強烈な劇薬であり、

押しても引いてもダメなものを動かすための裏ワザのようなもの。

 

それがここでいうところの毒なのです。

 

この世には表の世界ではどうにもならないこともあります。

 

だから裏社会が存在しているのさ、ひっひっひ・・・みたいなことではなくて (苦笑)

(*昨日 竜の道の最終回を見たからこんなこと書いているわけではありません)

ここでいうところの裏とは人の世のものではないもののこと。

そういうものがこの期間には大きく動き、”霊的なものを含め”大きな土台整備が行われることとなります。

 

見えない世界のリコンストラクチュアリング。

 

それがこの2ヶ月間に我々の世界で起こることなのですが、

きっとこの影響を受けて我々の深層心理・潜在意識といったものも

書き換えられていくこととなるでしょう。

そうすると我々の日常生活にも少なくない影響がでることも考えられます。

 

ただ、実際に変化が感じられるようになるのは潜在意識が書き換わってからなので、
リアルな体感の変化が来るのは早くて年末ごろ〜ゆっくりで来年3月ぐらいになるやもしれませんが・・。


さて、この水星蠍座期間に起こること。

なんとなくわかっていただけたでしょうか。

 

個人レベルでなにかがくる、というよりは仕組み・土台・潜在意識といったところで

大きな変化が生じる時となっています。

それゆえ”未来の地図を大きく書き換えていく”人もいることでしょう。

 

今09.16に思っていること。

 

それは11/16にはもうまるで別のことになっているかも。

 

それほどに抜本的な”変化”を促すのが一撃必殺の蠍座の毒の薬効。

 

今抱いているこの世界にまつわる幻影・幻想は
サソリの毒でみごとに”消え失せていく”のかもしれません。

 

 

あと1週間、09/22の夜から太陽が天秤座に入ります。

 

今年の太陽天秤座期間は何かと”あつい”です。

というのも

太陽・火星・木星・土星・冥王星・水星(途中まで)といった、6天体が活動宮に入室・鎮座する状況となることから、

”何かが動き出す!”ことになるからです。

 

では、その”何かとは?”というと、それはきっと今後に対するものではないでしょうか。

 

天秤座のエネルギーのひとつに、”アップデート”なるものがあります。

山羊座における大いなる破壊で壊された、覆されたものをこれからどうしていくのか、

それを真剣に考え、またなんらかの改善案をだしたり、アップデートプランを持ち寄ったりして、

なにかを”新時代仕様に書き換えていく”ような動きがおこりだすのがこの太陽天秤座期間に起こることでしょう。

 

活動宮にしっかりと天体がはいっていくと、皆活発になります。

特に太陽が入った時はそれが顕著です。

今年は山羊座に3つも天体がいることからなおさらそれがパワフルに出るので、例年の数倍の

”変化変容”・”アップデート”が起こる時期となるでしょう。

 

また、”バランス”とか”ジャッジ”、”契約”という暗示もあるので、この時期にはなんらかのオルテナティブな動き・契約チェンジ等々を経て人生をシフトしていく人も続出するでしょう。

 

太陽乙女座期間(今年の)はどうしても何かが手につかなかったり、自暴自棄になったり、引っ込み思案になったり、もうええわ、むきー!みたいになる人も多い(かった)と思うのですが、この天秤座期間にはそういった”暗め”なことは影を潜め、

明るく前向きな気持ちで変化の波をサーフしていけるはずです。

 

この時期はお金がかかることが増えたり、思い切ったリベンジプランを打ち出すことがあったりするので、どうしても慌ただしくなりがち。しかもどちらかというと過剰につめこみがちになったりするのでタイムマネジメントには注意が必要です。無理めなこと・厳し目なことは最初から断るなど、シビアに見ていくことも時にはありでしょう。

 

太陽天秤座期間は秋分から始まります。

今年最後の”おおきな転生”がまっているのがここから
冬至までの間の期間ですので、最後の一踏ん張り。
頑張っていきましょう!

 


 

 

 

09/24 21:00
100通りの生き方・働き方を体現するコークリエイションスペース

「Atlya参宮橋」http://atlya-co.com/の代表、井尾さわこ氏(通称:さわこ氏)と、
私、yujiが世間の様々なこと?時事問題、改善したほうがいいのに〜みたいなもの等々、

あと偶にプロダクトとか製品とか空間についてもお話しする番組、
「yujiと井尾さわこのガメトーク」がスタートします。

 

これの発端は時代の最先端を行く星座、
水瓶座のさわこ氏からの一本の連絡でした。

 

”yujiさんとなにかやりたい”と。
w。(本当はもっとあったけどこれについては、またコンテンツの中で!)

 

そして、色々話していくうちに、
「ま〜私たち二人とも水瓶座力高いよね!」ということで、

二人で”がめトーク”をしちゃうか!ということで、
急遽、こういうちょっとロックな?

ライブコンテンツを作ることに!

 

というわけで第一弾は上にもありますが、
09/24 21:00スタートです。

一本あたり1hぐらいかなと思っていますが、
よろしければ是非お付き合いくださいませ!

(アーカイブでも観れると思います!)

 

例によってコメント等々またお待ちしております!

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=seMXgcO_FIg

 

 

 

 

 

09/17。

あと数日で乙女座新月。
このときにむけて、なにかが終わりを迎えていくような、また、
何かが高速で入れ替わっていくような、

そんな新旧交代の暗示が強く出ているバイブスを感じるのがここ数日です。

 

 

新時代に何を持っていくか。
この時代に何をおいていくか。

 

その”入れ替え”が起きているのがこの乙女座新月。

乙女座は尽くすこと、土台を整備すること、

きれいにしていくこと、仕組みを作ることが得意。(乙女座というよりは”乙女座のエネルギー”ですね)

それが0になる・・・ということは、

もう誰かのために尽くしたくなくなる、とか

とりあえず仕組みはチャラにしたくなるとか、

なにかを劇的に変えたくなるとか(乙女座は極端なところあり)

また、何かの土台になるものが切れる(食材・原材料・資材・建材・塗料等)とかがおこるのが

この星廻りの特徴かもしれません。

 

今までやってきた何かはあなたの周りから”減っていく”こととなる、
でもそれに呼応するように
「新時代的ななにか」は未来からあなた目掛けてやってくることに!

 

ただ、それは月末とか来月とかの話で若干のGAPはあるのですが・・・。