2021年も家長の日を迎えました!!!! 世の家長たちは、一体どうやって

家族を導き、家族を守り、置かれた位置を明確にし、向かうべき方向を

指し示していくことができるのでしょうか⁉ 家長にゆだねられた尊い使命、

重要な働きを思えば、神様なしでどうやって果たすのか?信仰を働かせる

ことなしに どうやって決断するのか?それは決して成しえないと思うばかり

です。神様が家長としての権威を与え、賜物を与え、それを受け取る信仰

を使って 神様の働きが進められる計画は、本当に素晴らしい祝福だ‼ と

しみじみ感動します。

 

上田キリスト教会に立てられている家長の皆さんを礼拝の中で喜び、祝福し

感謝するひと時が、毎年1回あります。 そう、父の日を 私たちの教会では、

家長の日と呼んでいます。 神様が立てた権威を敬い、そこに仕えることを

感謝と共に言い表します。 勿論、それが一年に一日だけなら、その家族は

多くの祝福を失いますよね。家族の中で、夫の権威、父親の権威、家長の権威

が ただしく理解され、ただしく尊ばれることは、その家族の健全な未来に繋がる

ことだと教えらます。 完全ではない家長が完全な神様の前にひれ伏して礼拝し

従うことは家族の希望です。そして家族はその姿に倣い、喜んで仕えるのです。

 

言葉で表現するのは簡単ですが、お互いに仕え合うことは、失敗を繰り返し

つつ、忍耐が訓練されてできるようになる恵みですよね。こんな祝福の道を

歩めることに ことさら感動して進みたい!!!! そう思いを巡らせた礼拝でした。

この日、リモートで礼拝をささげられた家長の皆さんも数人おられましたが

これからますます共に励まされる関係を保ちつつ、信仰のスクラムを組み、

信仰の体幹が鍛えられることを喜びましょう🎵 

ホントに嬉しくてたまりません⭐