2018-02-06 13:27:13

二号…

テーマ:植田慎一郎


…型


舞台「少年ヨルハVer.1.0」を観劇した方にしか理解ができないブログになっております。




二号…型

どこにも属す事が許されない存在
01と02の中間でただ1人でした。

衣装もそれを表すかのように
01は長ズボン 腕のベルトは3本 金具はシルバー
02はハーフパンツ 腕のベルトは2本 金具はゴールド

二号はハーフパンツにタイツ 腕のベルトは2本 金具はシルバー

唯一頼れると思っていた教官にも警戒され続け…


孤独でした。


実はあの「箱」に開演時からスタンバイしておりました。
約20分入っており、「箱」から出ても約10分意識がない状態…

舞台上であれほどの孤独、初めて味わいました。

蘇生された時、気づけば周りには
警戒 興味 無関心といった感情を向けてくる人たちがいました。


そんな中、自分に構ってくる存在が現れ…
誰に対しても
まっすぐで、正直で、純粋な
初めて出会った存在でした。




こんな風に書いてるけど伝わるのかな?
思いを言葉にするってこんなにも難しかったっけなと、自分の文才を恨み始めました。笑

二号が最後に選択した事について書きます。


二号が自ら死を選んだ時、舞台上の時系列で最後に思いを託した相手は、二十二号なんです。九号ではなく。

それは、二号の最後の我儘でした。

死ぬ直前、「論理ウイルス」に汚染された二十一号を再生不可能な破壊をし殺します。

九号 二十二号 を守る為でもあったのですが、
二十二号にとって取り返しのつかない 楔 を打ち込んでしまいました。


その戦いの最中、二号自身も「論理ウイルス」の汚染を受け自我が崩壊しはじめていました。

九号は最後まで助けようと必死にもがき続けました。
もう手遅れなのに。

その時
二十二号が、あの弱々しかった二十二号が
こちらを真っ直ぐ銃で狙っていました。

そんな姿を見て、
二十二号になら九号を任せられる。そしてもう1つ、二十二号がここで自分を殺してしまうと二十一号の後を追う可能性が出てくる。

これ以上誰も死なせない為に、二十二号に対し自分勝手極まりない ワガママ を遺していきました。


二号D型
二号E型

どちらで生き…
どちらで死ねたのか…






後、ラストの
SSの録音データ再生シーン
あの録音は、二号がゴーグルを外した後にSSに録音していました。


九号 
{63DD309C-ED92-4F27-A2B1-670872E93DEC}

{2DB9A131-BC2E-49D5-9EAB-364618659290}

あの世界にとっての光


二十一号
{5A9D1F08-DE33-4719-8CCF-8E5447DBB7C5}

ひさしとは同い年で、ラストの殺陣はお互い怪我する直前まで殺しあえました。
信頼関係があったからこそ最高に怖く刺激的な殺陣ができたはず!笑


二十二号
{1328FF0B-0C00-4442-8FD0-C5242F9C5877}

{7A385F3E-30B1-431D-B36F-7F76254637CE}

あの作品の中で最後の最後に1番濃密な殺意を放った二十二号。

{2CE4706F-FCA9-48C3-99B0-4551E0E30402}

本当に可愛いみんなの弟。笑


そして、この作品を本当の意味で支えてくれていた。
機械生命体のお二人!!!

{D00B3CA2-3FDF-4D19-99AA-56B7C0E14023}

{1C49F682-74A9-4E55-A068-352AD2442DC8}

那須野さんまっちーさん!!!

二号は機械生命体と戦う事は無かったけど、本当に無尽蔵のスタミナと圧倒的身体表現であの世界を現実に引っ張り出して来てくれました。





公演パンフレットの座談会やキャストコメントにも書いてあるのですが、

観ても、観逃しても後悔する舞台にしたいと思ってました。

特に原作「ニーアオートマタ」を好きであればあるほど深く突き刺さる…
少年ヨルハを観てしまったが為の楔を皆様に打ち込めたでしょうか?

{BAB34D09-FE49-4D27-A79C-D822BEE91A82}



二号…型 役  植田慎一郎



まだ写真載せてないのあるから、後日載せますね。

植田慎一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み