産業活性化シンポジウム | uc.11ブログ
2008-08-04 19:29:03

産業活性化シンポジウム

テーマ:レポート

今日はブックケースの貼りで溜まった他の仕事をメインに行いました。

私は手動式の裁断機を使って裏打ちされてロール状に巻かれた布を切るのを手伝いました。

裁断機は初めて使いましたが事務所などで見たことがある紙をまっすぐに切る文具の大きいものという感じでした。

午後からは富士市の施設産業支援センター「f-Biz」の開設記念で行われた産業活性化シンポジウムに行きました。

会は2部構成で立教大学の山口教授の講演と山口教授とf-Bizのセンター長の小出さんとTVキャスター経験を持つ司会者藤沢さんとでのパネルディスカッションを行いました。

講演は今の日本の景気がここ1年半は落ち込んでいくという話から中小企業の経営者の仕事について話しました。

経営者の仕事については解り易く3つのことについて話してくれました。

一つ目に「生かす」ということで情報や資金、人などを生かしていくという話で特に人を育てることについては「人が育つ場を作る」ことが大切だということでした。

次いで二つ目が「つなぐ」ということで自分の持っていないものを別の所に求めることだとのこと。

これはf-Bizの存在意義に深くかかわることは2部のパネルディスカッションのときに再認識しました。

三つ目に「問う」ということで何故と問うことが重要な仕事といっていました。

その後のパネルディスカッションは講演の復習とf-Bizの展望を分かりやすく知ることができました。

ブランディングの重要性や人的ネットワークの大切さなど改めて確認しました。

非常に内容の濃い3時間で特に山口義行教授の話の巧さに舌を巻きました。

uc.11さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス