2018年5月19日(土曜日)

『英彦山』日見峠、中尾峠、奥山下山ルート

歩行距離:約9Km 

矢の平町のスーパーまるたか駐車場に9時半集合

八橋大明神を通り英彦山登山口から奥山まで縦走走る人音譜音譜

歩行時間:約5時間(休憩含む)
積算標高差 上り:632m 下り:668m

 富士山     富士山     富士山     富士山    富士山     富士山

今回の例会登山縦走ルートは

スーパーまるたか矢の平店駐車場 ⇒ 八橋大明神 ⇒ 林道出会い ⇒ 英彦山登山口 

英彦山頂上 ⇒ 田手原高橋稲荷神社 ⇒ 英彦山神社 ⇒ 田手原配水池 ⇒ 日見街道出会 ⇒ 日見街道切通し ⇒ 地震神社 ⇒ 中尾峠 ⇒ 奥山 ⇒ 妙相寺 ⇒ 蛍茶屋

 

「スーパーまるたか矢の平店」駐車場に9時30分集合、英彦山登山開始走る人音譜

東部労山の正月七高山巡りと同じルートを日見街道出会いまで歩きます走る人音譜

矢の平町を眼下に見渡せる、いつもの休憩場所『八橋大明神』下で休憩ニコニコ

『八橋大明神』の境内を通り英彦山登山口へ走る人あせるあせる

登山口から英彦山目指して山道を登ります走る人あせるあせる

英彦山頂上に到着チョキ音譜

山頂近くの展望岩からの眺めですニコニコ

長崎港を見渡せる景勝地です音譜

英彦山頂上にて集合写真撮影カメラ音譜

英彦山神社参拝後、田手原を通り日見街道へ走る人音譜音譜

日見街道脇でカレンに咲く『オドリコソウ』を見つけましたニコニコ

『オドリコソウ』は方淵近隣公園の新大工方面に降りる階段脇には群生しています黄色い花黄色い花

日見街道を日見切遠しまで歩きます走る人音譜

街道脇の石垣に「ユキノシタ」の花が満開でした黄色い花

日見切遠しに着いたのが12時位で、ランチタイムおにぎり割り箸お茶

日見切遠しから地震神社への急な階段を上ります走る人あせるあせる

地震神社からは日見峠越えのトラバース路を中尾峠へ走る人音譜

中尾峠に着きましたチョキ

5年ほど前に来た時は雑草に覆われた場所でしたが・・・・!?

今回は綺麗に整備されていました!!

綺麗な簡易トイレが設置されていて、登山縦走時の良い休憩場所になっていましたニコニコ

日吉青年の家が整備してトイレを設置しているようです。

利用する方は綺麗に使用すようにしてください!!

中尾峠から奥山へ下山します走る人あせる

途中、竹林のなかの山道を歩いて下りて行きます。

この山道は矢上、綱場方面から野菜の行商で長崎市内に通っていた人たちが

通っていたと聞いたことがあります。

今でもあまり荒れていない山道でしたニコニコ

数面前に調査登山で来た時には、民家が見える手間で左に巻いて下りたのですが・・・!?

草が生い茂り、藪っていたので林を藪漕ぎして斜面を下り、農道へ下りました走る人あせるあせる

奥山集落に全員無事下山チョキニコニコ

登山靴をスニーカーに履き替え、ゴールの妙相寺へ走る人音譜音譜

妙相」寺到着チョキビックリマーク

妙相寺で休憩後、集合写真撮影後、蛍茶屋へ下りました走る人音譜音譜

 

新規会員募集中
これから「登山」を始めたいなぁー
と思っているあなた・・・・・
山岳会に興味があるあなた・・・・・・・
このブログにコメントしていただくか?
下記メールアドレス宛てご連絡ください^^
Mail  gousuke_chiwa@yahoo.co.jp

2018年5月12日(土曜日)

調査登山『城山』

歩行距離:約5Km 

登山口から戸町岳往復の歩行時間:約3時間(休憩含む)
積算標高差 上り:353m 下り:400m

ココウォーク茂里町に9時50分集合で集まり、二人とも早く集まったので

いつもは9時発の椛島行きに乗るのですが・・・。

登山する格好の人が結構集まってきたので?

8時50分発の晴海台団地行きに乗り平山へ移動。

毎日9時発の椛島行きのバスに乗って実家に行く家内に

後から聞いたら、登山客で始発から満員になったそうですびっくり

長崎新聞に掲載された登山募集広告を見た人が集まっていたようです!!

平山バス停下車、これから登る城山への登山口の方向を確認目

地図と実景と照らし合わせて九電岳路線12号鉄塔を探す!

登山口となる鉄塔を決めて路地を歩きました。

今回は迷うことなく登山口に数分で到着グッド!

民家脇上にある登山口から入山ニヤリ

比較的、踏み跡が多くてしっかりとした登山道となっていました。

九州電力岳路線12号鉄塔脇を通り城山へ登ります走る人音譜あせる

角石に着きました!公有林と私有林の境界としておかれたのではないかと言われています。

角石からはなだらかな尾根路を歩きますニコニコ

尾根道の途中には境界石のようなものが埋められていましたビックリマーク

平山ルートは登山口からやや急な斜面が三つありますが、最後の急斜面を

登ると「城山」空堀西遇の石垣に着きました。

「城山」空堀西遇の石垣空堀

空堀の中を頂上目指して進みます走る人音譜

「城山」は山城跡になっているので、山頂はかなり広く平坦です。

中ほどの八幡神社跡の近くが頂上ですグッド!!!

「城山」頂上に着きましたチョキ音譜

頂上の三角点、古くて何等三角点かわかりませんショボーン

山頂にて記念撮影カメラニヤリ

現在は「俵石八幡宮」の名称の新しい木製鳥居がありますが、

石の古い鳥居は「八幡宮」となっています。

善長谷へ下る時に通る石の鳥居、八幡宮は壊れて落ちていました。おーっ!

善長谷へ下る方向を示した標識、風雨にさらされ壊れてました。ガーン

二人で善長谷へ下る方向を示した標識を修理しましたニヤリ

補助ロープがはってある斜面を善長谷へ・・・走る人音譜音譜

いつもは写真撮影をしているので私の写真はありません!!

今回は調査登山の相棒に撮ってもらいましたカメラグッド!

登山道脇から左に入り「俵石」を見学、標識は雑草に隠れて解りにくですショボーン

【城山の俵石】

俵石を見た後、善長谷に下る登山道に戻り善長谷教会へ走る人音譜音譜

山道を下って行くとコンクリート路にでます。

右に下って行くと善長谷教会です。

善長谷教会に到着、いつ来ても素晴らしい眺望がまっていますウインク

最近はイノシシが多くでるのでしょう!!

注意喚起のビラが掲示されていました!!

平山登山口で会った女性人達とまた会いました。

この人達は藩主用お水汲み山路をくだり善長谷教会にきたそうです。

雑談をしていると「二人で城山には何をしにきたのですか?」と聞かれたので、

長崎東部勤労者山岳会「7月7日の例会山行で平山から登るルート調査にきました」

と答えると、「私たちも7月7日に平山ルート登山です」と言っていました。

7月7日、また善長谷教会であえるかも・・・・!?

【善長谷教会案内】
 この地の歴史は文化年間(1804年)、
隠れキリシタンであった西彼杵郡三重郷樫山出身の甚助の子、佐八ら6家族が、

旅芸人を装いながら脇岬の木場ゆりさき(鯨浜付近)を経て

、この地を信仰の隠れ家としたことに由来する。 
 居住の条件として藩主用の水汲み役を果たすこと、

菩提寺の檀家に所属することが義務付けられた。
しかし、彼らにとってこれらの務めを果たすことは
表向きのことであって、信仰の形態は先祖から受け
継いでいる隠れキリシタンの信仰を堅持していくことにあった。
『善長谷』という地名の由来は、菩提寺六代当主、
賢外晋聞和尚が厳しい座禅の修行によって悟りの
境地に至ったことで知られる場所で、『善定谷』と
呼ばれるようになり、それがいつしか訛って
『善長谷』となったと言われる。
 また『善長谷部落名起源考』によると、異教徒の
ことをラテン語で『ゼンチレス』、スペイン語で
『ゼンチョ』と発音することから『善長あるいは善丁』
の語源が生まれたのではないかと考えられ、最初は

仏教徒に対しての呼び名であったものが長い間に
変遷して、自分たちの住む地名になったのではないかと思われる。
 明治維新以降、信仰の自由が公認されると、
それまで密かに信仰を守っていた当地の隠れ
キリシタンたちは、宣教師のカトリック信仰への
呼びかけに従い、大部分が集団でカトリックに
改宗したが、改宗を拒んだ一部のキリシタンは
西彼杵・三和村蚊焼郷岳路に移住した。
 無原罪の聖マリヤに奉献されている現在の聖堂は
中町教会の主任司祭であった古川重吉師の指導に
よって、昭和二十七年五月三日に建堂された。
 当時の信徒数約250名。

【アンジェラスの鐘】

善長谷教会からの眺望

善長谷教会から絶景をバックに記念撮影カメラウインク

善長谷教会から菩提寺へ下山路を進む走る人音譜

下山路への入口が雑草で藪っていて解りにくかったですガーン

ゴールの菩提寺に到着ニコニコチョキ音譜

菩提寺から武家屋敷跡の路へ行く途中の水路にはメダカがいます。ウインク

深堀美家屋敷跡をと通り深堀二丁目バス停まで歩き、バス停近くのローソンで

ビールを購入、乾杯生ビール ココウォーク行にのり終点にて解散ニコニコ

 

 

新規会員募集中
これから「登山」を始めたいなぁー
と思っているあなた・・・・・
山岳会に興味があるあなた・・・・・・・
このブログにコメントしていただくか?
下記メールアドレス宛てご連絡ください^^
Mail  gousuke_chiwa@yahoo.co.jp

2018年4月30日(土曜日)

調査登山『戸町岳』

歩行距離:約6Km 

登山口から戸町岳往復の歩行時間:約3時間30分(休憩含む)
積算標高差 上り:505m 下り:505m

 

9時にココウォークバスセンターに集合、9時20分「平山台行き」に乗車バス

戸町中学校裏バス停で降りて「戸町岳」登山口調査開始ニヤリ

18年前に発刊されたガイド本の説明を頼りに探しましたが、

バイパス、団地造成などで開発が進み解りません!?

最初のキーワド「新戸町橋」を探しましたが、開発で無くなっていました!!

すれ違う人に二番目のキーワード「新戸町霊園」の場所を訪ね、

あると思われる方角を確認!!

その方向に延びる団地へ続く道路を登ると、それらしい市道がありました。

市道を登って行くと、道は段々狭くなりました。

途中、散歩をしている人から登山口へ続く路を教えてもらい登山口へ・・・走る人音譜

地図で登山口の方向を確認ビックリマーク

登山口に着きました。

ガイド本に書いてあった一軒家の様です。

表札を見ると、漢字三文字「安※※」とありましたが読めません。

長崎では珍しい苗字です!?

登山口でストレッチ後、調査登山開始走る人音譜音譜

結構、歩きやすい登山道ですニヤリ

地図で戸町岳の方向を確認ビックリマーク

ガイド本にあった「別れ道」の様です。

『右に行けば近いが急登、左に行けば楽な山道』と書いてありました。

今回、上りは左のトラバース道を歩く事にしました!!

竹林と雑木が入り混じる山道をトラバースして行きます走る人音譜

進むうちに竹林となり斜面をトラバースして行きましたが、

倒れた竹が折り重なり結構荒れています。

明るい竹林を抜けるとヒノキ林にでましたビックリマーク

ヒノキ林を尾根道へ上りましたが、踏み跡があったり、なかったり、

少し、藪漕ぎ状態で登って行きました走る人あせる

登山道の尾根道に出ました。

出た所に石塚があり、『天明藩境石塚』と書いてあり、番号札が刺してありました。

帰ってからネットで調べると、この石塚は大久保山から戸町岳まで設置してあるそうす!!

【佐嘉領小ヶ倉村と大村領戸町村の藩境紛争が、
天明七年(1787)解決した時に築いた藩境石塚だそうです。】

尾根道に出て小休止ニヤリ音譜

ここからは山頂直下の防火帯急坂までナダラカナ尾根道が続きます走る人音譜

防火帯急坂を5分ほど登ると「戸町岳」山頂ですニヤリ

「戸町岳」山頂に着きましたチョキクラッカー

以前、来た時は周辺の木々が伸びきって、展望がありませんでしたが、

周辺の木々が伐採されて展望が良くなって、最高の眺めですウインク音譜

【戸町岳展望(北部長与方面の山々)】

【戸町岳展望(女神大橋と小ヶ倉ダム)】

【戸町岳展望(長崎港内と三菱造船所)】

【戸町岳展望(女神大橋と天門峰)】

戸町岳山頂で記念撮影後、ノンビリと時間を過ごし、

昼食後おにぎりお茶割り箸下山開始走る人音譜音譜

下山路は尾根道直登路を下りました走る人音譜音譜

結構、良い山道ですニコニコ

途中、明るい竹林を通り抜けると「分かれ道」に出ました!!

竹林を下ると、登る時に左のトラバース道を選んだ「別れ道」に着きましたニコニコ

「別れ道」からは歩きやすい山道を下り登山口へ・・・走る人音譜音譜

登山口到着後、新戸町へ下り「戸町中学校裏バス停」からバスに乗り

終点のココウォークバスセンターで解散チョキ音譜

 

新規会員募集中
これから「登山」を始めたいなぁー
と思っているあなた・・・・・
山岳会に興味があるあなた・・・・・・・
このブログにコメントしていただくか?
下記メールアドレス宛てご連絡ください^^
Mail  gousuke_chiwa@yahoo.co.jp