4年生の息子と性教育 2

テーマ:
前回コレ↓の続きです。


もう、うちの子は4年生
きっと参加される方は4.5.6歳の子が多いんだろう
と、思ってました。


でも、会場に着いてみると意外と息子と同じくらいの男の子がいたり、おちびちゃん達も沢山いて
そして、人数の多さに驚きました!


こんなにも性教育に興味を持たれてる方が沢山いるんだぁと、主催者でもないのに嬉しくなり(^^:



うちの息子はというと
夏休みになんか電車にのって、つまらなそうな所へ連れてこられたモードです(笑)


 ねーどこいくのーー?


 性について教えてくれる助産師さんのとこよ一


 えーー、なんかヒマそう。。
じょさんしさんって??赤ちゃん産ませる人だっけ?
(ヒマそうって、、、)


そうそう。


 せい。って何?  なんかヒマそう。
(すごいヒマという先入観が、、、エロいじゃなかっただけ良しとしようか)







上田さん宜しくお願いしま〜す!


天使のような助産師上田さん♡



私が中々肝心なところを話せなかった
そこをどんなふうに伝えてくれるのか
楽しみでした



上田さん最初に子供たちに今日のもくひょうを
言いました

「じぶんのことが『だいすき♡』になれた」

「いつ死んでもこうかいしない毎日をおくろう!とおもえた」

「もっとかぞくやお友達となかよくなろう!とおもえた」

今日上田さんのお話を聞いてこんなふうに感じてくれたら嬉しいと♡



母はすでにこの目標を聞いて
答えをもらった気持ちになり


そっか!!!
そうだよね!!
そうだ!そうだよ!
何を難しく考えていたんだ私〜となっていたのに
横の息子は


まだヒマモード。


そんな息子も

いのちのはなしから

ひとを好きになる


おとこの子って?

おんなの子って?

プライベートゾーンって?

の、お話辺りでは上田さんの話に聞き入ってました。




みんながお父さんとお母さんのところへ
生まれたいとおもって自ら選んで
生まれてきました


お父さんとお母さん。
おじいちゃんやおばあちゃんもみーんなが、あなたの誕生を楽しみにしていたの


なんて上田さんが言うと
いちいち

『そなの?』

『ママ。楽しみだったの?』

と、私に確認してくる。
まだまだ可愛いヤツめ。


目をつむってお空からお母さんを見ていたことを思い出してるかな。



上田さんのお話を聞いていると
子供がほしいね。とパパと話したことや
赤ちゃんができたよって喜んだこと
10ヶ月自分とお腹の子を大事にして過ごしたこと
息子が生まれてきた日の気持ちとか
忘れかけていた感覚が思い出されて



あぁこういう気持ちでなら
私が躊躇した性行為の話も息子に自然と
できただろうな・・と


だってそれは
心から素晴らしいと思うことだから。



でも、ここに来るまでの私は
素晴らしいとは思いながらも頭のかたすみでは
だってそれはすこしエッチなことだから。
エッチな話と捉えてられたらどうしかなぁとか
思っていたから出来なかったんだなぁ




そんな流れから


精子と卵子

受精卵

どうやって赤ちゃんができるか


とてもわかりやすくて
息子も真剣にきいていました


僕も9歳だからせいしが作られてるのかなー
なんてニヤニヤしながら(笑)

途中もう一度生まれてみよう!みたいなワークがあったりして、楽しかった!

見て〜可愛い♡



見て見て〜ママ
もしこのくらいサイズで産めるとしたら
もう一回産むー??
(ずっとそのサイズでいてくれるなら、産もうかなー
なんてことは言いませんでしたよ)





最後は保護者だけに少しだけお話しがありました。


生と性は切り離すことは不自然なこと
いのちは性がなければ  
存在すらしない大切なもの

だから発達段階にあった知識を提供することが
とても、大事だと思います。

じぶんに自信を持ち、自分の性やからだの変化を良いものして受け入れること

恋愛や性的関係を理解して、望まない妊娠や性感染症をふせぐ必要があること

赤ちゃんの頃から始めて小学生までにはお話しておく

小さな命への責任



お話してくださった中のごく一部ですが
保護者の方もみなさん真剣にきいていました。


ほんとにそうですね。
でも、私みたいにそうは思って努力していても
伝え方がわからなかったり
躊躇してしまったりって方たくさんいると思うのです。



20歳のころ働いていた渋谷の婦人科では
毎日中学生、高校生、十代の中絶が後を絶ちませんでした。
今では小学生の妊娠も耳にします。

上田さんのお話にも小学生の妊娠のお話がありました。
中にはセックスすると赤ちゃんができることを知らなかったと話す子供もいるそうです。

知らなくても不思議ではない。と思いました
でも、セックスという行為自体は
今はスマホ一つで入ってくる。


改めて大事なことだと思いました。



じぶんを知って
じぶんを大事にしてほしい。
そして、いつでもお父さんお母さんは
あなた達の味方でいることを信じていてほしい


そのためには、やっぱりこのような貴重なお話を聞く機会を作りたい!!

うちの小学校でもやってもらいたい!!!



ということでわたし頑張ります♡