気まぐれな猫

気まぐれな猫

drummer / vocalist / drumteacher / supportdrummer / freelancemodel / 19930211 / 163㎝ / nagoya / ex. bandman ” サイフォニカ ”

Amebaでブログを始めよう!





はい、こんばんは

ちゃんかな改め笹俣 香名(ササマタ カナ)です☺︎

もう私のフルネーム覚えて貰ったかな〜

まあちゃんかなって呼ばれるの好きだから良いんだけどね!?笑


前のブログとか見てくださってた方々はご存知かと思いますが、バンド解散後ドラム講師も退職し上京してきてます◎

え、もうすぐ1年経つとか怖くない?

私何もできてないんだけど、、



2019年の10月頭に上京してきて、12月に初舞台で朗読劇に参加しました!

その際見に来てくださった皆さん、ありがとう


東京のお友達も名古屋の方面から来てくださった方も、みんながお祝いしてくれて、応援してくれて、初めてですごく緊張したけど、楽しかったなあ〜


でもね、朗読劇を経験して、みんなが見に来てくれて、嬉しかったんだけど嬉しかったからすごいもどかしくて。

私まだできる。もっとできる!って思っちゃったんだよね

もっと体を使って演技をする舞台がやりたいって、改めてその時に思いました。


でね、オーディション探すぞー!受けまくるぞー!って時に新型コロナウイルスが流行ってしまって、

余計にもどかしくなったよね。

え、私こっちに何しに来たの?って

何もできてないじゃん。何もできてないじゃん!って


そっからもオーディションサイトだけは定期的にチェックしててね、

今回出演することになった舞台のオーディション情報を見つけました。




劇団「欠点」

愛すべきあなたの欠点をコンセプトに、

って見たときうわこれだー!って思ったの!

欠点だらけの私だって分かってるからこの名前に惹かれたんだと思うのね

更には募集要項に優しい人って書いてあって。笑

あ、この人たち絶対良い人だって思った。笑

私が優しいかどうかはさておき、絶対私が好きな舞台じゃん!って思いました


まずさ、ほんと、愛すべきあなたの欠点ってむちゃわかる!!!!よね!?!?

今まで私の欠点のせいで離れていった友達もいれば欠点も丸ごと含めて私だって認めてくれる友達もいて、たくさん救われてきたし、あ、私は私で良いんだって思えるようになったんですよね

逆に私も今周りにいる友達は欠点も含めてその子だなって思えるから、だからもはや欠点じゃないんだもんね!笑

もうそれがその子だから!

あまりにも気になった時は私も言うし、友達も言ってくれてると、思う


そうやって欠点って、愛されても良いものだと思ってる人間です☺︎




前回の朗読劇が初めての出演オーディションだったので、勿論今回受けた出演オーディションは動いて演技をしたのが初めてで。

ワークショップ形式、ってワークショップも受けたことなかったからどくそ緊張してたけど、劇団「欠点」の皆さんの人柄もあって普通にオーディションとか関係なく楽しんでました。笑

事前に渡されていた台本もなんとか覚えれてたからほんと楽しくて

もうこれは結果どうなっても絶対見に行きたいなって思うくらい良い雰囲気だったんですよね

緊張はずっとしてたけどでもそのくらいリラックスもして普通にその場を楽しめたってことです


だから出演の連絡貰った時ほんとのほんとに嬉しかったんだよねーーーー

うわやったやっとこれで演技できる!って勿論思ったけど、やったこの作品に関われるじゃん!!!とも思ったよね

レッスンは受けてても結局実践を出来ていなかったから、やっとこれで一歩踏み出せる。ってそんな気持ちもあったなぁ


フライヤー撮影して顔合わせして本読みして、って稽古が始まっていって

自分の未熟さ足りなさが心底嫌になって、あぁやっぱり私足引っ張ってるって悔しくて分かんなくて稽古中に泣いてしまって

でも本当悔しくてこんなんじゃ嫌だって思って

上京してきてすぐ買った俳優になるための本、みたいなの読み直してハッとして


基本的な所から洗い直して役作りしてほんとにちょっと、ちょっとずつ分かって来てるような気がして、こうやりたい!を行動にするのはまだ全然できないし死ぬほど難しいんだけど、気持ちが最初よりついてくるようになって、

あぁ、楽しいなって

できないできない、って諦めるんじゃなくてぶつかってやるしかないんだって、そう思えて

そうしたら何か座組のみんなのこと愛おしく見えて来て。笑


はい、出ました。笑

私昔やってたバンドメンバーもずっと家族のように愛しかったのね。

だから親しき中にも礼儀あり、が出来てなかったことについて前回とても反省して。

今回の座組のみんなもまだ初めて顔合わせて1か月も経ってないのにもう愛しいだなんて、笑

わたし人間好きすぎて自分で笑ったよね。笑

もう今から舞台終わっちゃうの寂しいんだけど、これどうしたらいい?笑


脚本もね、受け取った時に全部読んで、あぁ好きだぁって思って、自分の過去にもグサグサ刺さってでもむちゃくちゃ面白いから笑って。

面白いんだけど、考えさせられる

そんな部分が交差してるイメージです私は



はい、

そろそろこんな愛しい座組の舞台の紹介をします!




「欠点」第二回本公演

「2作目が書けない。」


劇場

@下北沢シアター711 

東京都世田谷区北沢1-45-15


日時

2020924()~27() (6ステージ)


・公演スケジュール予定

24() 19:00~

25() 14:30~ 19:00~

26() 14:30~ 19:00~

27() 15:00~ 

受付開始は開演45分前、開場は開演の30分前になります。

未就学児のお客様のご入場はお断りさせていただきます。

開演時間を過ぎますと、ご入場できない場合がございます。


・料金

前売り料金:3,500 当日料金:3,800



・新型コロナウイルス感染拡大防止策

ご来場なされる際、お客様にはマスクの装着を必須とさせていただきます。

入場前のアルコール消毒のご協力をお願い致します。

ご来場時、検温チェックを行います。37度以上の熱があった場合、入場をお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。

本公演におきましては客席同士の間隔を空け、全体の座席数を減して行う対応を取らせていただきます。

本公演期間中において新型コロナウイルス感染者が発覚した場合の対応策として、ご来場頂く皆様のお名前、電話番号、住所をチケット購入時の必須情報とさせていただきます。個人情報の管理は徹底致しますのでご理解の程、宜しくお願い致します。


・あらすじ

一人の新人作家が、作家を辞めると決意した。

なぜなら、2作目が書けないからだ。 

プレッシャー、不安、期待、希望。 

続けたいのに辞める人、

心が折れて辞める人、 

心が折れても続ける人、

まだ心が折れてない人。


「芸術に押しつぶされそうになる瞬間ってない?」


これは、やめる勇気と続ける勇気の話。



「で、次回作は?」


出演者

赤田 耕哉(「欠点」)

三宅 彗太(「欠点」)

安田 和史(「欠点」)

笹俣 香名

佐藤 仁美

下村 りさ子

谷本 ちひろ

舛添 純介

雷地


スタッフ

作、演出 赤田 耕哉(「欠点」)

舞台監督 松谷 香穂

音響 星 知輝

照明 阿部 麻純

舞台美術 「欠点」

制作 斎藤希実子、鈴木周平

フォトグラファー 栗田 真和

フライヤーデザイン 雷地


音楽協力

charov、狩野 龍太郎、鮫島 竜輔


協力

山口 ちはる、劇団BLUESTAXI、木村





と、こんな感じでコロナ感染拡大防止対策もおこなっているので席数が少ない分劇場も埋まりやすそうです、、!

こんなご時世だから私も名古屋から観に来てください!なんて安易に言えない、、

そんな私にも皆さんにも朗報!

今回配信もすることになりました!!!👏

こちらの詳細はまだこれからの発表なんですけど、

配信は劇場より少しお得になる予定、、!


手軽に観ることが出来るので、是非是非観てほしいです!

この際来てくれなんて言わない!

(いや本当はむちゃくちゃ来てほしいよ

だって生の方が絶対気持ちとか倍伝わるし距離感とかあるじゃん?あるじゃん???)

とりあえず配信でも良いので観劇してほしいんです。まじで。まじだから。まじなお願いだから!!!


初めてひたすら体当たりで挑める作品がこの舞台で良かったって、まだ途中なのに本当に思ってます。

座組のみんなのおかげで私絶対まだ成長できるもん。千秋楽まで成長し続けられる自信あるもん。


15歳から生活の一部にして来たドラムを26歳にして一度離れて、演技を頑張ろうとしてるんです。

ドラムは嫌いな時もあったけどやっぱり一生好きで一生やりたい

だけど、今他にもっとやりたいって思えたから始めました。

いや、遅いと思うよ自分でも、分かってる。

それでもやれば良かったなんて思いたくないからとりあえずやってんの。

だからとりあえず削れるほどぶつかって転がってみます。がんばります。


強くなったよわたし。すごいでしょ。

ただがむしゃらに生きてるだけだからみんなの応援で頑張れてるのも勿論あるけど、

それを糧に私もみんなに元気やエネルギーを分け続けたいなってずっと思ってるわけですよ

つたわれええええ〜!!!!


さあ、今度の舞台

私は何者になるのでしょうか

お楽しみに◎



下北沢での観劇のチケット予約はこちらから!

お待ちしてます!☺︎


http://ticket.corich.jp/apply/108535/006/