通貨強弱判定ツールの手法検証!海外fxハイレバ戦略実戦ブログ

通貨強弱判定ツールの手法検証!海外fxハイレバ戦略実戦ブログ

FXトレードの基本は最弱の通貨を売って最強の通貨を買うことです。無料の通貨強弱判定ツールで取引通貨を選び具体的な取引手法を検証、研究するブログです。強弱判定に役立つmt4のインジやサイトを紹介。海外fxハイレバで勝つ戦略情報を発信します。

こんばんは!管理人の為替の小鬼です!書籍『FXの小鬼たち』のサーフイン・ハーネーカー氏に憧れています!今まで数え切れないほどの情報商材やmt4のシグナルツール、高額なEA…あげくにバイナリーオプションの有料シグナルにも手を出して立ち直れない損失額を出しています。

このブログは2009年に僕がいくら調べても見つからなかったFXの基本『最も強い通貨を買って、最も弱い通貨を売る』ことが本当に優位性がある取引なのか?を検証、研究する超マニアックなブログです(マニアック過ぎて検索エンジンから読者様はいません…涙)。

僕が情報発信したいのは自分で検証して、自分で優位性を確認してから裁量トレードをするとFXがすごく楽しくなるよ!ってことです!

金融工学とか統計学とか大学を出ないと分からないようなことではなく、画面の中から探した情報。またはツールを上手に使いこなせるようになるのが僕の目標!

あなたも一緒に小ロットでもいいのでもう一度リアルトレードにチャレンジしませんか?


学問のつもりで知識を得て勝てるようになりませんか?

多分このブログのテーマだとFXに勝ちたいけど勝ちきれない過去の自分の陥ったメンタルが少し疲れたトレーダーの方だと思います。読者様に伝えたいのは、高価な情報商材やシグナルツールに手を出さなくても優位性のある取引は努力でできる事です。

それに…為替取引の世界は知ってるか?知らないか?で優位性ある取引ができるか?否か?だと検証しながら僕は感じました。


僕がこのアメーバブログでFX系の高価な情報商材をおススメする予定はありません。


唯一おススメしたいのは海外fxハイレバ会社のみ!理由はシンプル!強制決済にならず無料でトレード技術を学べるから!自分で勉強したこと。小さなロットでも勉強した優位性のあるトレード手法をリアルトレードで経験することが勝てるための条件ではないでしょうか?


人に依存せず(シグナルツールや高価な情報商材に頼らない)リアルな勝てるトレーダーを一緒に目指しましょう!それを学ばせてくれるレバレッジを提供してくれるのでこのブログで僕は海外fxの会社を使用しています。

2019年11月現在このブログを更新しながら得た知識を文章化し有料記事で紹介しています。ごく一部しかニーズがないマイナーな分野で正直売れるとは思っていませんした。

ですが…現在10人以上に購読頂いて感謝のメッセージを頂き、最近ではゴゴジャンさんからお誘いを頂くことができました。

このブログで発信している情報は初心者が直ぐに勝てるような情報ではありません。通貨強弱判定ツールの使い方、ツールを利用した取引手法はfxで勝ちたいのに勝てなくて…

“どうしてこんなに勉強しても勝てないんだろう?”

“毎週どうして安定的に利益を残すことができないんだろう?”

こんな悩みを解決したいトレーダーが検索するキーワードです。私もその一人でした。

ですが…このブログで検証し続けてようやく勝てるようになりました。

あなたがもし私と同じように…

fxの基本…“最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売って…”

結果…“勝てない”と感じたときに役に立つ情報はすべて書いてあります。




このブログから登録した方が成功したトレーダーになることを私は願っています。成功したら一緒に飲みに行きましょうね!




2019年07月01日…為替の小鬼

おはようございます。通貨強弱判定トレード手法検証ブログ管理人“為替の小鬼”です。

 

管理人ブログは為替取引の基本“最強通貨を買い最弱通貨を売る”ことが本当に優位性のある取引になるのか?そのためにはどうしたらいいのか?3年前に私がネットで調査した際に情報(判定ツールの使い方、見方の考察。それに伴う一定期間のトレード結果)がなかったため…

 

私と同じ為替の強弱を活用したトレード手法について知りたい方のために、『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を使用し、機械的に通貨ペア選択、売買方向を決定しトレンドフォローした記録をコツコツとブログ更新していいます。

 

今週Twitterで仲良くさせて頂いている方からトレードの考察を記事にして欲しい!とメッセージを頂いて現在更新中です。

 

あなたはfxをする時に取引通貨ペアを選ぶときにどんな基準で選んでいますか?

 

また、売買方向はどうやって選んでいるでしょうか?

 

管理人ブログは為替取引の基本“最強通貨を買い、最弱通貨を売る”ことをテーマに記事更新しています。過去記事を数記事読めばロジカルに通貨ペア選択、売買方向を決定し再現性の高い取引ができますよ。

 

私の検証記録があなたの参考になれば私は幸いです。

 

 

※通貨強弱判定ツールを利用したトレンドフォロー手法の有効性、通貨ペア、売買方向選択するノウハウ。また、十分なリアルトレード結果からの考察をお探しの方は“こちら”を参考にしてください。

 

※カレンシーストレングス関連情報の検索結果から初めてご訪問頂いた方、たまたま偶然…拙ブログにご訪問して頂いた方で…

 

“通貨が強いって何?弱いってどういうこと?”

 

“どうして最強通貨を買って、最弱通貨を売る”ことが為替取引の基本っていうのだろ?

 

こんな情報をお探しではないでしょうか?

 

私もゼロ初心者の時“為替取引は相対取引である”…という事を理解できず苦労した経験があるんです…。

 

ゼロ初心者向きに為替取引の通貨ペアの選び方のコツや、売買方向についてのポイントを解説した内容は“通貨強弱って何なの?fx通貨強弱が分かるとトレード手法がどう変わるの?”を一読ください。

 

こちらの記事を読んで頂くと…

  1. 通貨単体の強弱とは?
  2. 通貨強弱が発生するとチャートにどんな変化が発生するのか?

この2つを初心者向きに図解で解説しています。

 

※現在仕事が繁忙期、また体調と私生活で問題を抱えているためリアルトレードは最小限にしています。ここで紹介するデータはあくまでその日指値をいれるなら?という視点で…小ロットのリアルトレード検証記事を投稿しています。参考にして頂けると幸いです。

 

※この記事は個人的な見解です。読んだ方が“おめーの言う通りトレードしたら大損したぞ!ゴラー”と言うようなメッセージ、コメントはご遠慮ください。私は責任をとれません。ご注意ください。

 

※今年4月より本業で部署異動になりチャート観察、指値注文を入れる時間が変更になりました。今までは通常高値、安値を超えた場合フィボナッチトリートメントを引き直し指値をずらして対応しましたが…職場に通信機器の持ち込みを禁止されているため今までのように指値を変更できません。

 

そのためブログ更新時間や注文ライン変更、取り消しをする場合があります。その場合チャート画像のアップロードのみになる可能性がございます。よろしくお願いします。

通貨強弱判定トレード手法チャート分析

通貨強弱判定ツールでパワーバランスの確認(6月15日完成チャート)

下の画像は15日日本時間早朝4時頃の『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』画像です。


通貨強弱判定ツール参考画像20210615
米国時間にJPYが強く売られる展開になりました。突出して買われた通貨はなくちょっとやりずらい展開になりつつあります。

 

※下画像はmt4インジゲーターccfpを表示した4時間足チャート画像です。

通貨強弱mt4インジccfp画像20210615

 

茶色いラインがJPYですがチャート一番右側を確認すると下向きに変化しています。緑色のライン(USD)がこのまま買われて伸びるのか?現在短期足で観察中です。

 

今回も検証データをとるため小ロットでリアルトレードしていきます。

 

※2021年トレードルールでトレードした結果、改善できる点があったので…2021年6月9日より検証データをとる目的で小ロットリアルトレードをしています。

 

レポートをお持ちの方だと同じ単体通貨に目が行くと思いますが…私が気になったのは日本時間21時以降に急激に弱くなったJPY。そしてこの日一日を通して+圏内のNZD通貨に注目しました。私の取引通貨ペア選択は3つの単体通貨の力関係を確認して決定します。この日3つ目に選んだ通貨はJPYと同じように21時以降強くなったCADです。

 

今回はこの3つの通貨に注目し三角通貨強弱判定を行います。

 

この作業手順は上で選択した3つの通貨に明確な順位付けをし“最強通貨を買い、最k弱通貨を売る”ための作業プロセスです。

三角通貨強弱判定(6月15日)

記事上部で解説したCurrency Strength Chartを参考に3つの通貨を選択し…

 

この3つの通貨ペアのパワーバランスに順位をつけ、最強通貨、最弱通貨を仮定します。

 

その結果から取引通貨ペア、売買方向を決定します。

 

下画像がリアルトレード直前に管理人が実際に確認した3つの通貨のパワーバランスのチャート画像です。

※下画像は左からCAD/JPY、NZD/JPY、NZD/CADの4時間足チャートです。

三角通貨強弱判定参考チャート20210615

 

上のチャートから3つの通貨の中で最も強い通貨、最も弱い通貨の仮定し、取引通貨ペア、売買方向を決定します。

 

上の画像から…

 

○CAD>JPY×

×NZD<JPY○

×NZD<CAD〇

なので…

 

CAD>JPY>NZD


上の情報から…

 

NZD/CADショートポジションを持つ方向で決定しました。

 

トレードフィルターOK!指差呼称ヨシ!

 

※これは内緒です(3年近い検証期間とリアルマネーが経費がかかっているので…ここはトップシークレット情報です。)

 

※私のレポートをお持ちの方は2021年の通貨強弱判定トレードの変化点を確認後、記事上の判定ツールの○○をチェックしてみて下さい。

 

“最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る!”

 

※前回の考察ように少し詳しく書かせて頂きます。

通貨強弱判定トレード手法取引通貨ペアチャート分析

※下画像はNZD/CADチャートを表示させています。

通貨強弱判定トレード手法参考チャート20210615

 

三角通貨強弱判定では売り目線なので…売り方向の指値を入れていきます。指値をいれるなら…23.6、38.2、50.0%の3ラインです。

 

特に今回はフィボナッチトリースメント38.2%ラインに私は注目しています。

 

今回売り上げていきますが、私が最重要視するのは38.2%です。23.6%で試し玉。フィボ38.2%ラインを越えて50.0%付近まで値を戻したところで売りポジションの最終建玉を保有するイメージでトレード計画を立案しました。

 

スケールイン最終ラインは50.0%。lpは0.86590を狙います。

 

今回stはフィボナッチトリースメント72.5%に置きます。

 

また、来週私が昼間勤務のため東京市場~欧州、英国市場にて下方向にブレイクアウトした場合本来ならフィボナッチトリートメントを引き直し指値をずらす対応をしてきましたが職場に通信機器持ち込み禁止のため指値の取り消し、または日本時間夜間に注文ラインを変更する可能性があります。

 

検証データが欲しいのでチャート画像は注文を取り消しても更新します。通貨強弱ファンのお役に立てば幸いです。

 

※読者様からフィボの引き方について質問を受けたので回答させて頂きます。

 

今のフィボの引き方は下レポートを参考にすれば誰でも同じになります。mt4の標準装備されているインジゲーターを使用しているので誰でも同じ注文ラインになりますよ。

 

現在好評なので期間限定で割引価格になっています。時間をかけず速習したい方、テクニカル指標分析が苦手な方に人気です。

 

私のフィボナッチトリートメントの使い方は『通貨強弱トレード手法フィボナッチトレードの実例と取引履歴の解説』で紹介しています。

 

☆2021年6月15日日本時間21時30分頃に追記

 ↓ ↓ ↓

追記時間のNZD/CADチャート画像です。

通貨強弱判定トレード手法参考チャート20210615

 

現在スケールイン3本目の売り指値ポジションを保有しました。トレード計画を作成した時の通貨強弱順位が変わったので損切りになるかな?と思いながら現在チャートを確認しています。

三角通貨強弱判定参考チャート20210615

 

今晩重要経済指標が発表されるので値動きが楽しみですね。

 

※いつも通りに…時間経過とともに参考チャート画像をアップロードしていきます。さて今回はどんな結果になるでしょうか?

 

※14日の週は日勤のため日本時間夜間に記事更新予定です。

 

※家事、育児の関係で日勤時は夜勤の時のようにこまめにトレード考察記事が更新できません。応援して頂いているのにスイマセン😢

通貨強弱ブログ管理人から読者様へお知らせ^^

通貨強弱判定ツールを参考に通貨ペア、売買方向をロジカルに選択、決定するメリットは…負けてアツくなってしまい…リベンジトレードをしてしまうことを防ぐだけではなく…俗に言う…往復ビンタ(買い、売り両方向のトレードで負けてしまう俗語)を防止する効果があります。

 

私が現在感じているのは余計なトレードをしなくなった結果、トレードの利益が少しづつ積みあがったのでないか?という事です。

 

あなたがもしも…安定的にトレードで勝てない…。

 

そして…どうして…その通貨ペアでトレードするのか?

 

なぜ…買い(または売り)のポジションを保有したのか?

 

明確に回答できないなら…私の検証レポートが役に立つと考えています。

 

勝ちたいけど…勝てない…。

 

そんな悩みが消えない時に、是非参考にして下さいね!

通貨強弱判定ツールの通貨ペア選択方法の研究結果を書いてみました。

200日以上かけてようやく自分で納得できる考察ができました。

 

あなたは…fxで“どうして、今取引している通貨ペアを選択したのか?

 

また…“なぜ、ロングポジション(またはショートポジション)を保有したのか?”

 

明確に答える事ができるでしょうか?

 

管理人の研究レポートは“どうして?なぜ?”を研究、検証し、リアルトレードでどうやって活用し…どんな結果になるなるのか?このblogで分かったことを“ギュっ”と詰め込んだレポートになります。

 

ブログ全部を読んで頂ければ理解できる内容です。

 

ですが…この検証レポートを読んで頂くと非常に短時間で…

 

通貨強弱判定から負けずらい売買通貨ペアを選択し売買方向をロジカルに決定できるようになります。

なにより…あなたが拙ブログテーマで使用している無料ツール『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』の見方、使い方を研究しても…

 

“勝ちきれない…安定的に勝てない…”

 

このストレスを感じ…強い不安を覚える期間を最短にしてくれます

 

実は…ブログ開設当初私が何度も何度もゼロカットされたのは…ある理由があったんです。

 

そんな中…絶望した私が…あるフィルタリングをかけたところ…結果勝率が著しく変化することになりました。

(自分で検証したリアルマネー、何より200日以上の時間をかけているのでこのフィルターは個別記事に公開していません。)

 

通貨強弱トレード手法資産曲線参考画像20200316

管理人が負けトレードを主に振り返り、どうしたら『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を使用して期待値がプラスになる通貨ペアを選べば良いかを研究した考察…

 

そして…“通貨ペア選択売買方向決定後…トレードを行うべきか?否か

 

…ブログ内で決して明かさない“トレードフィルター”を紹介しています。

 

手早く『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』の見方、使い方知りたい方。何よりこの判定ツールを使用して…

 

私のように勝てそうなのに…勝てない…

 

歯がゆい経験をしているあなたの解答になれば嬉しいです。

 

※現在期間限定で25%割引しています。

 

参考にして下さい!

 ↓ ↓ ↓