ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]/ミカエル・ニクヴィスト,ノオミ・ラパス
¥3,990
Amazon.co.jp


自分を陥れていた宿敵と対決し、瀕死の重傷を負った天才ハッカーのリスベット。雑誌「ミレニアム」発行人のミカエルは、入院した彼女にPDAをわたし、彼女を取り巻く陰謀を暴くための自伝を書くように勧める。そして殺人容疑での裁判に向けて、ミカエルの妹・アニカがリスベットの弁護士を務めることに。ミカエルはリスベットのハッカー仲間・プレイグらと共に、リスベットに対して仕組まれた陰謀を暴こうと、調査を進める。(goo映画より)


まさかの録画失敗で完全版観れませんでした。

なので、レンタルしました。

この3は裁判が中心かと思ったら、全然始まんない。。。

とはいえ、うまくまとまってて完結編としては悪くないです。

なんか地味でしたけど。


しかし、最後までリスベットにはなじめなかったです・・・



AD

シックス・デイ

シックス・デイ 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD]/アーノルド・シュワルツェネッガー,トニー・ゴールドウィン,ロバート・デュバル
¥1,500
Amazon.co.jp

遺伝子操作が驚異的に発達した2007年。ペットの複製もごく普通に行われるようにまでになったが、それ以上の科学の暴走を食い止めるため、人間が人間を造りだすことを禁じる『6d法』が制定される。だが、2010年、禁断の扉がついに開かれる。仕事を終えて帰宅したアダムが見たものは、最愛の家族と過ごすもう一人の自分。なぜ自分のクローンが作られたのか!? 謎を探り始めたアダムは、やがて巨大な陰謀に巻き込まれていく……!(goo映画より)


流れは王道な感じですけど、普通に面白かったです。

あれ整合性ある?ってとこもあったけど、気にしない。


あの変形するヘリとか良かったです。


結構最近ぽくも見えますけど、シュワちゃんって知事してたから結構前の映画なんでしょうか?

っていうか映画の中では2010年!もう過去じゃん!

AD

デイブレイカー

デイブレイカー [DVD]/イーサン・ホーク,ウィレム・デフォー,クローディア・カーヴァン
¥3,990
Amazon.co.jp


2019年、ウィルスの蔓延により、全人口の95%がヴァンパイアとなっていた。エドワードは製薬会社ブロムリー=マークス社にて人工血液を開発する研究者。彼もヴァンパイアだが人血を飲む事に罪悪感を覚えていた。ある夜、エドワードは追われていたレジスタンスの人間たちを助ける。レジスタンスから信用されたエドワードは、彼らに呼び出された。そこで待っていたのは、ある事故で人間に戻った元ヴァンパイアだった…。(goo映画より)


B級かと思ったら、設定とかもちゃんとしてました。

ヴァンパイアばっかで人間が絶滅の危機ってけっこう斬新。

しかも血液不足が社会問題になってるのが妙にリアルでした。

ヴァンパイアの血液だと化け物になるとかも。

意外と当たりで面白かったです。



AD
ポルトガル・サッカー物語/市之瀬 敦
¥2,100
Amazon.co.jp


ポルトガルサッカーの歴史を書いた本です。

とはいえ第1章は80年代現地に住んでたベンフィカファン(著者)の日記です。


2章からはポルトガルのサッカーの歴史で、本当創世記からなので知らないことがいっぱいでした。

そして名前は知ってるけど実際にプレーは見たことなかったポルトガルのレジェンド、エウゼビオ。

90年代のフィーゴ、ルイ・コスタたちの黄金世代まで書かれています。

もうちょっと黄金世代を書いて欲しかったし、クラブにしてもところどころだったので、もっと深く知りたかったっていうのはありますが、ポルトガルのサッカーの本自体貴重なので、いいかな。

黄金世代とその後の最近のポルトガルサッカーで続編読みたいです。

十三人の刺客

十三人の刺客 通常版 [DVD]/役所広司,山田孝之,伊勢谷友介
¥3,990
Amazon.co.jp


将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで大義を果たすことを決意。信頼が置けて腕の立つ刺客を集め、斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙うことに。わずかな手勢で300人を超える軍勢を迎え討つため、新左衛門たちは落合宿を買収。大掛かりな罠を仕掛け、斉韶ら明石藩の一行を待ち受けるが…!?(goo映画より)


ストーリーは、よくある感じ、なんですが悪者の酷さが際立ってます。

見所はやっぱり終盤の斬り合いで迫力もあるし、良かったです。

こうみると松方弘樹と役所広司の殺陣が明らかに違いますね~

流れるようというか、緩急があってすばらしいです。


しかし、残り130人から敵の増減がおかしい気がするけど、ちゃんと合ってるのかな?