ソルトルアー外伝 川西本部 

ソルトルアー外伝 川西本部 

関西を中心にルアー、エギングを楽しむ。
チニング、ビワマス、サクラマスなど関西でのルアー釣りを最大限に楽しみ、釣りかたを紐解いていきます


テーマ:

後編

最後の夜だ。気合いを入れて、タイドグラフの時間通り釣りをする。
 
フィッシュイーターは満月の夜に餌をとる。
ならば今晩は朝まで夜釣りをすることにする。
 
自分は本当は夜釣りは好きではない。でも、満月の明かりの下、やる価値はありそうだ。
 
なにより、ベイトがいるんだから、餌をあさりに魚も動くだろう。
 
 
まず、16時~18時。上げ終わりと夕まづめのダブルチャンス。実際に釣りをすると、あまり潮は動かず、いまいちな感じ。
 
 
 
いつもなら、そろそろ帰ろうかという時間だが、ここからスタート。
 
あちこちにベイトの波紋が見える。ベイトはいる。
 
明るいうちはサイレントアサシンを投げていたが、暗くなり始めて、チャートのロデムに変える。
薄暗くなると、波打ち際にイワシや、小さな魚の群れが移動しているのがわかる。
 
あとは潮次第で、釣れるのは時間の問題に思えた。
 
ロデムの1投目に明確なゴンというバイトがある。いるいる。
 
すっかり暗くなった17時半。着水し、底をとる。ワームが絡まっている感じがしたので、ロッドをシャクル。
それがリアクションバイトを誘発し、フォールでゴンゴンとバイト。
 
それにしても良く引く。また、良いのがヒットしたぞ。手がダルくなるほどの重量感とゴンゴンと硬い感じの首振り。
 
浜にずり上げて、びっくり。
 
ショアのルアーでは初めての鯛。55cmぐらいかだろうか。タイラバのアベレージサイズよりデカイ。
タイラバはドラグをズルズルにして釣るからわからなかったけど、ガチンコで巻くとあんなに引くもんだと驚いた。
これは嬉しすぎる1匹。
 
いつかショアから釣りたいと思ってた魚だ。ジ~ン。
 
暗いので、ストリンガーにかけ、ロープを枝に繋いでおく。
朝、明るくなってから写真をとることに。(これが後で後悔をうむ。写真をとりあえず先に撮れば良かった)
 
ヤバすぎる。なんで、こんなに釣れるんや?
 
朝、ヒラメとハマチを釣った同じ場所で、また釣れた。
とりあえず、一旦、18時で終了。
 
 
 
20時。今度は下げ狙い。何時までするかは、特に決めず、寒くなればやめるとしよう。
満月が登りだし、暗かったサーフが少し明るさを取り戻す。
 
さっき、釣った鯛は元気かな?
 
と枝を見に行くと・・・
 
枝はあるけど、ロープがない。(;゜∀゜) あ~ら~
 
しゃ、写真撮ってないのに。うそ~。やってもうた。あ~あ~
愛用のストリンガーごと、10mのロープを着けたまま鯛がいなくなってしまった。
 
鯛は近くにいる釣り人にあげるつもりだったから、鯛はいなくなってもいいんだけど。
写真だけは残したかった。痛恨の失敗におっさん涙目。
タイラバならいくらでも釣れるし、たとえ80cmの鯛でも写真なんか別になくてもいいぐらい。タイラバは船長との共同作業での結果だから。
ショアの釣果とは全く別物だ。
 
はー、ショアルアーでのメモリアル初鯛だったのに。
 
しばらく、ワームで底をズルズルと引いて、ロープが引っ掛からないかやってみたが駄目だった。鯛もあれじゃ生きてはいけないだろうし、しっかり結んでいれば良かった。
 
21時半まで釣りをするが一度当たっただけ。少し仮眠をとることに。
もう一匹鯛を釣ればいいんだ。そしてまず写真を撮ろう。(そんなに簡単に釣れるかよ)  (゚Д゚)ノ
 
仮眠(-.-)Zzz・・・・
 
翌朝4時から7時に釣りをする。何かしら釣れるだろうと思ったが当たりなし。
 
富島に移動して、釣りをするがやはり当たりなし。
10時納竿として、帰路につく。
 

釣果 

1日目 ボーズ

2日目 ハマチ51cm  ヒラメ41cm  鯛50~55cmぐらい(キャッチ後に逃走)

3日目 ボーズ

 

十分満足いく釣果でした。鯛が釣れたのはうれしかったのですが、みなさんに写真をお見せできないのは残念です。
 
改めて、淡路島って、すごい場所だと思いました。でも、まだまだ、こんなもんじゃないよ、って言う、地元の人の声が聞こえてきそうです。
 
これで今年の淡路島釣行は終わりにしますが、いろいろと助言をくださったり、お話をさせてもらい地元の方々には感謝しています。
淡路島にはいい思いばかりさせてもらいました。
多くの人はたいして釣れないところだと思っているかもしれませんが、やりようによっては天国になるんだということを感じた1年でした。
 
また来年が楽しみです。
 
 
 

テーマ:
今年の淡路島での釣りは今回で最終戦とします。ずっと楽しませてくれた淡路島なんですが、今回もいい釣果で締めれたらいいんだけど。
しかし、そろそろボーズになりそうな気もふんだんにする。
やるだけやって、駄目なら、駄目でいいさ。

前編
1日目はボーズ
祝日とあって釣り人が多い。ヒラメを狙って、ルアーとアジの飲ませをやってみたが、当たりなし。撒き餌さをしなくても、サビキでアジとマイワシが釣れる。
イワシは撒き餌さをパラパラ巻いて、たも網でがさっとすくえば、10匹ぐらいは捕れていた。

地元のアングラーはどこかでメジロを釣っているようだが、島外で情報が全く入ってこない自分にはどこがいいのか見当がつかない。

さて、どこだろうか? 

2日目
大きく場所を移動する。人が多くても釣りができるサーフに入る。釣れるかはわからんけど、入る場所がないというのでは、どうしようもないから。

朝5時前の暗い時間から開始。まだサーフに釣り人は自分以外には一人ぐらい。
投げては歩き、広く探っていく。

5時10分ぐらい。ルアーはヒラメ狙いでロデム。


まだ、真っ暗な時間。とはいえ、満月のせいでずいぶん明るいが。暗い時間は釣れればヒラメ。それしか頭になかった。

ゴンゴンとヒット。完全に良型のヒラメだと思っていた。巻きながら、ヨッシャー。やったと思った。
でも、えっハマチ・・


ちょっとガッカリ。でも、まー嬉しい一匹。
満月の日は日中にフィッシュイーターは釣れないと言う。それは夜に餌をとるからだ。

まさにそれ。暗い時に釣れたのだから、それは確かなんだ。なるほど。漁師が言うことに間違いない。

薄明かりがさす6時には、サーフに20人ぐらいの釣り人がいる。見える範囲では釣れてるような感じはかなった。

そのタイミングでロデムからスピンテールにチェンジ。


1個300円でネットで買ったもの。スピンテールは釣れるけれど、よく絡むのが難点。
そしてもう1つ欠点がある。ガツンと当たりがあっても乗らないことが多い。あれは後ろのブレードを噛むからで、結構それが多い。

このスピンテールは特に本体とブレードが離れているので、後ろのトリプルフックを外し、シングルフックにすることで、ブレードに食いつく当たりをとるようにした。
そうすることで、絡みも少なくなる。

どのスピンテールも純正のフックでは小さ過ぎるので、バランスを考えて、フックを付け替えるようにする。フックの大きさで絡みを減らすこともできる。

オレンジ色に空が染まる頃。300円スピンテールの1投目。
たまたまハマチが釣れた同じ場所に投げるとヒット。




別にジグパラ買わなくても、300円ので十分いける。というか、300円のほうが絡まないし。

広大なサーフで、ここというポイントはわかりにくいが、魚が集まる場所はピンスポットである。
小さいベイトもピチャッと跳ねたし、地形の変化か潮の流れか、いずれにしても、そういう場所にベイトが寄りやすく、フィッシュイーターの狩場になるんだろう。

7時には潮が止まり。8時に終了。


浅いサーフ、まづめの短時間勝負。なんとか釣れてくれた。上出来。上出来

魚は近くにいた二人連れの釣り人にあげましたら、えっ、もらっていいんですか。魚もらっていいんですか。と三回言われました。きっと丁寧に料理して、美味しく食べてくれるだろう。


島の人には、なんや、ソゲとハマチかっと失笑されそうだけど、確かに島の人はメジロや60cmのヒラメをとっている、すごい釣果だと、感心するやら、あきれるやら。
でも情報なしのアウェイで、2日や3日で釣れる場所を見つけて、釣果を出すのは、とても難しいことなんですよね。

大きさは別にして、釣れただけで、ありがたいと思います。運もあります。温泉につかりながら、この後の展開を考えました。

後編につづく

テーマ:

1日目 ヒラメを狙う

前に釣りに行ったのは1ヶ月前。同じく淡路島でした。久しぶりの釣りです。

 
仕事がいろいろと忙しく、今回の釣りの計画を立てないまま釣りに来てしまいました。タイドグラフさえ見ていなかったので、釣り場についてから確認しました。
昼までは満ち潮で良さそうですが、昼からは釣れない感じです。
 
朝一は南側のサーフに入りましたが外れ。釣り人も他に二人だけで、釣れそうな感じもない。
ヒラメはとりあえず諦め、夕方にメバルを狙うために南東部へと移動。
 
飯を食いながら、漁港でサビキ釣りをしてるおじさんを見ていると、イワシが釣れている。
 
午前11時50分
タイドグラフを見ると、もしかしたら満ち潮の残り僅かな時間の時合いがあるかもしれないと思い、釣りをしてみる。たぶん狙えても30分ぐらいがいいとこだろう。
 
 
堤防のへりを見ると、潮位はまだ満潮にはなっていない。まだ30分は釣り可能と見る。
 
とはいえ、30分釣りして釣れるほど甘くはない。でも少しでも可能性があるなら、せっかくの1ヶ月ぶりの釣りだ、目一杯やらなければもったいない。
 
12時10分、潮はほどよく流れている。でも真昼間のこの時間はヒラメには厳しい。でも今年はがんばれば、いつも何とかなる。
港内に投げたジグパラスピン30gで底をとりながら巻いていると、ゴンゴンとヒット。
 
いつも何か忘れ物をしてしまうのだが、今回はネットを忘れてしまった。
こんな時に限って、良いのがくる。
 
目測で50cmはありそうなヒラメ。ぶっこ抜くとポロっと外れるイメージしかわかない。
でも抜き上げる。
 
 
 
47cm。無事にキャッチ。
 
やっぱりイワシのいるところにフィッシュイーターあり。サビキ釣りをしている人がいなかったら、釣りもしていないし、釣れなかった一枚。
 
今年の釣りは運もあるし、やることなすこと、全てうまくいく。
ヒラメなんて地元の人でないと、狙って釣るのは難しい。それが前回に続き、また釣れるとは。
 
夕方メバルを狙う予定だったが、強風のために中止。風呂を探すと洲本に東光湯というのが見つかったので行った。
昔なつかしのオールドタイプの銭湯。20年前に、ほぼなくなった昭和の生き残りで絶滅危惧種の風呂だった。
 
番台のおばちゃん、冷蔵庫のコーヒー牛乳、でっかい富士山の絵、女湯との低い塀の間仕切り、水洗の蛇口も昭和初期のもので、完全無欠のザ・銭湯。
 
銭湯がある町並みも昭和を感じさせる。タイムスリップしたような場所が未だに洲本には残っているんですね。
ぜひ、近くに寄ったなら、入りにいってみてください。
 
 
 

2日目 連発

朝からヒラメ狙いで昨日と同じ場所で同じパターンの釣りをする。
潮の動きは悪いが、明るくなってすぐの6時過ぎにヒット。なかなかの引きです。
 
柳の下のどじょうとは、一度偶然によいことがあったからといって、再度同じ方法で幸運が得られるものではないという意味ですが、柳の下に
2匹目のどじょうはいました。偶然ではなく、このパターンは有効だ
 
 
二枚目のヒラメは45cmぐらい。 
 
港内にはマイワシやアジが沢山いるし、落ちギスなんかもベイトでいるだろうから、ヒラメも寄ってるわけです。
ベイトがいないとヒラメもハマチも釣れません。
ベイトがいないのに釣れたというのは、ベイトが目で確認できないだけで、キスやアジなんかはいるはずです。
 
ベイトがいない場所にはフィッシュイーターも居着きません。これはルアーの大原則。
サビキ釣りで沢山釣れているのはいい兆候だし、サビキで駄目でも、今の時期はキスをベイトにしているヒラメもいるはずです。
 
ポイントを選ぶ際には、そこらへんを考えてみるといいかもしれません。もちろんベイトがいれば、ヒラメもいるとは言えませんが、いなければ釣れる確率はほとんどないと判断したほうがいいのではないでしょうか。
 
嘘のような釣果。ヒラメが2日連続で釣れるなんて、この先ないだろうな~。前の釣行でも釣ったので、3日連続でヒラメを釣ったことになる。
今年の淡路島はハマチもヒラメもチヌも、全部いい釣果で、ボーズはほぼなし。こんなに釣れるところは日本海にも和歌山にもない。
 
ヒラメもハマチも釣ること自体は簡単だけど、釣れる場所を見つけることができるか、それにつきます。
 
 
その後、潮の動きが悪く、喰わなくなったものの、当たりが3回あったので、活性が上がればまだまだ釣れる気配は高かった。
夕方、強風の中、風裏でメバルを狙ってみたが、風が巻いて、釣りにくく、当たりも少なかったので、すぐにやめる。
一匹だけ釣れたが、13cmでは寒さをこらえてやる価値もなく、メバルは諦める。
 

3日目 3連発なるか

イワシがいっぱい。サビキで釣りたい放題状態。
 
潮の動きが絶望的に悪く、水が動かない。
朝に激しいアタリがあり、おそらくヒラメでしょうが、活性の悪い時はフッキングしてくれません。
 
4時間で10cmほど潮位が上がるだけで、水が池のように静止したままで、どうにもなりません。
潮が動けば、まだまだ釣れそうでしたが、最終日は釣果なし。
 
今回の淡路島も満足な結果でした。もう少し潮が動いていたら、2枚では終わらなかった気がしますが、ヒラメなんて3日釣りして1枚釣れれば
良いほうでしょうから、これ以上望むのは贅沢ですね。
面白い釣りとなりました。
 
 
 
 
 
 

テーマ:
2日目
 

昨日夕方ハマチを釣ったサーフに夜が明ける前から入る。

二キロぐらいの浜辺に20人か30人かの青物狙いの人達が集結。
 
 
 
 
若者グループが帰って、これです。
 
 
 
 
なぜ、これをポケットに入れられないの。
コンビニで買い物する時に捨てるだけでしょ。
この子たちの代わりに、拾っておきます。
 
 
 
空が白み初め、ヒットするような期待はあったのだけど、何もなし。見える範囲の誰にもヒットはなかった。
 
これが今の青物の現状のようです。淡路島のどこかでは、もしかしたら釣れる場所もあるのかもしれない。でもほとんどの場所でこんな感じで釣れていないようです。
 
ベイトが沢山いる場所もありましたが、だめでした。
 
と思っていました。が、西のある場所に行くとやっぱり満員。ある人にここの朝はどうでした?と聞いてみたら、朝ハマチが5本で、昨日の夕方にブリとメジロをこの人が釣ったと言う。
ブリ!
 
夕方日が沈んでから、ボイルなしで釣ったと。
 
しかし、人いっぱい。今から場所取りしないと入る場所ありませんよと言う。
ガーンまだ11時ですよ。翼港以上の過密度。でも翼港以上のポテンシャル。
 
今から夕方の場所取りって、ブリ、メジロは魅力的な話しだが、人いっぱいの中でやりたくない。
 
○○で20本ハマチ釣れてるみたいという情報も教えてくれたので、そこに行くことにする。さよならブリ!こんにちはハマチ君。
 
○○といっても広い。わからんけど、たぶんあそこじゃないかと適当に場所を決める。
 
淡路島釣行の終盤になり、何やら面白くなりそうな気配。
 
夕方にやってみた。7人の釣り人でツバスかハマチかというのが2匹。自分には釣れなかった。ヒットはやはり夕方5時を過ぎ、薄暗くなってからだった。
 
明日の朝が最終。少しサイズが小さいが、ここでやるしかない。
 
最終三日目
 
昨日の夕方釣りをした場所。セットアッパーでヒットがなかったので、ルアーをサイズダウンしてジグパラスピンで始める。
昨日の夕方隣で釣りをしていた人が、また来ていたので、お話をしながら釣りをする。
 
とても明るく気さくな人で、楽しく釣りができるが、ベイトの姿も見えないし、生命感のない海。
・・・・嫌な予感。このまま終了っぽい。
 
そんな中でガンッとヒット!
 
やりましたね。と声を掛けられる。
 
 

普通ならやったーヒラメや。と万々歳です。でも青物狙い一直線のこの時、半分、やった。半分、ヒラメか~⤵下げ

 

あとはハマチですね。と言ってもらいましたが、時間はすでに7時。このヒラメは気のいいお兄さんに差し上げて移動。
次のポイントでも、全然あきませんという答え。また移動。最後のポイントで一度、ガツッと当たりがあったのみ。
 
後から来た地元の人とおしゃべり。この人も明るく良くしゃべる人。
1週間に4日釣りをして2週間青物ボーズ中という。
台風が来てからあかんようになって、それまでは釣れない場所を探すほうが難しかったと。
 
だったら、2日半でハマチが釣れたんだから上出来ということなんだ。そっか。地元の人でもそんな感じか。
 
淡路のショアから90kgのマグロが釣れたという話ではルアーの掛かり場所が良く酸欠状態で上がったらしい。だとしても、漫画の釣りキチさん三平でも、釣りあげる設定には無理がある。それぐらいアメージングな場所が淡路島。
 
最後の1時間はこの人とのおしゃべりが面白く、釣りは適当。地元の人はみんないい人です。
僕が今描いているのは、5年以内に淡路島に移住すること。早く移住してくださいよと言われながら、今回の釣りは終了しました。
 
釣果は
ハマチ 43cm
ヒラメ 43cm    
 
でした。あと1匹ハマチが釣れたら言うことなし、ですが、いい人と2人も会えて気分良く帰ることができました。
 
これが最終戦。とは言いたくないな・・・・・・とにかく楽しかった。めでたし

テーマ:
先週、三日間の釣りでハマチボーズ。
リベンジ釣行で再び淡路島へ。

朝一、灘の人気漁港に行ってみたが、いいポイントには当然入れず。
薄暗い時間に他の人にヒットするがバラシ。
漁港内にはマイワシが満タン。
条件としては良さそうではあるけど、投げたいところに投げられないので、移動することに。

さらに南のサーフに行ってみた。
駐車場所に和泉ナンバーの青物狙いの人がいたので状況を聞いてみると、朝まつめにヒットがあったらしく、このサーフは朝まづめか夕まづめにしか釣れないとおっしゃる。

ベイトがいなくても釣れるし、ボイルは見ないけど釣れると言う。

ということなので午後3時から夕まづめにかけて狙ってみることにした。

ボイルは全くない。ベイトもいない。水深もかなり浅いけれど本当に釣れるのだろうか。とは言っても、漁港は満員だ。ここでやるしかない。
 
夕方になり他の人がエギングでアオリを釣っている。自分もハマチをやめて、エギングしようかと揺れる。でも、あれもこれもやると、結局どちらも共倒れになるパターンがお決まり。

完全に暗くなるまで、ハマチ狙いを続けることに。朝、ヒットしていたのも、薄暗い時間だった。だから夕方釣れるなら、やはり薄暗い時間になるんじゃないかと思った。
それ正解!

朝のヒットした同じぐらいの暗さになった午後5時半。

待望のヒット。



セットアッパー95?イワシカラーでした。
43cmぐらい。なんやツバスやんと言われるかもしれない。でも今、そんなにイージーに釣れる状態ではないので、僕には十分すぎる立派なハマチなんです   \(^^)/。

はーやっと釣れました。

9月みたいにバコバコ釣れる時なら、簡単でしたが、今は日中に喰ってくれません。

時合いも一瞬だけ。とにかく釣れて、ほっとした。
明日も引続き、狙いますよ。





テーマ:
楽しみにしていた3連休。台風が来るが淡路島ならどこかで釣りができるだろうと行くことに。
台風ばかり毎週のように訪れているけど、相次ぐ台風は意図せずに人間が作りだしたものだ。
地中で眠っている石炭やガスを掘り出し、エネルギーとして使えば、そのエネルギーは永久に地球の中で力を及ぼし続ける。
 
エネルギー保存の法則を地球上で体現して実感しているのが私たちなのでしょうね。
自分たちの快適な生活のために、大きな代償を払っていると考えると、この異常な天候の方向性は変えられそうにないなと諦めの心境です。
 
というわけで風裏のポイントに入ったわけです。
8時頃にサゴシが釣れ、二度ハマチのボイルがおこる。
 
 
さあこれからだという時に船が目の前で三往復も丁寧に網を引いてくれたおかげで沈黙。
潮も動かず当たりなし。
沢山いたルアーマンは、その後一斉に帰ってしまう。
 
だからといって台風の風を考えると、そこぐらいしか釣りができそうな場所も思い浮かばず、昼からも1日居座ることに。
 
たいしたベイトもなく、ボイルもない。季節外れの蒸し暑さで不快極まりない。サゴシだけで1日の釣りを終えたけど、この天気で釣れただけましとあきらめられます。
 
いくら離れていても台風の風は、ただの強風とはわけが違う。次の日には風が収まってくれるだろうから、明日が勝負です。頼みますよ。釣れて!
 
 

 

 

2日目

風は収まった。

 

東の人気ポイントに行くと、人でいっぱい。

空いてる場所を探して入る。決して良い場所ではなさそうだけど、そうも言ってなれない。

 

ボイルも何もなく、潮が動かない。

 隣の人がおそらくメジロだろう、掛けたが根に巻かれてブレイクしたようだった。

 

その他に何も起こらず。誰も釣れていない様子。

 

移動しても、どこも変わらないだろうけど、メンタルが萎えそうなので、大きく移動。

 

そこも人気ポイントだけあり、入る場所がない。餌釣りの人は釣りをしていないのに、竿だけ出して、場所を確保している。ものすごく入りたいのに、もどかしい。

 

はるか遠くでハマチがボイルというか、ナブラ状態。待っていれば近づいてきそうだが、狭苦しいのは嫌なんで移動。

 

どうも今日はボーズの匂いがプンプン。

 

次の場所でベイトが見えたのでやってみた。

10時半ぐらいに50センチぐらいのサゴシ師匠。

 

 

しかし暑い。湿度は低めで風もあるのに、日光が刺すように痛い。

気温は32度。真夏とかわらない。

 

2時間に一回ボイルがある。キャストしているとボイルしないのに、竿を置いて、海を見ているとボコッとなる。すぐにキャストするがまた2時間シーン。これを繰り返し、終わってしまった。

とにかく水が動かない。潮目ができても薄く、フィッシュイーターの活性が上がってくれないんだから、どうしようもない。

 

まるで池で釣りをしているみたい。

 

明日は朝だけの釣りだけど、ハマチは無理っぽいな〜。潮流れろー。

 

3日目

慶の松原に車を停め仮眠。ここはトイレもあり、買い物や温泉にも入れるシーパが近いので便利ですね。

 

昔、僕が社会人になってすぐの30年近く前、湊の交差点の角に小さな釣具屋がありました。(知ってる人もいるかな)

そこの店主は80歳ぐらいのおじいさんで、釣具を買うとお会計はそろばんで計算する、何とも味のある店でした。

そこでは今ではほとんど見ることができない珍しい地堀りのマムシが売っていました。

 

おじいさん曰く、カレイにはこれが一番やで。ワシが掘ったんよ。というので1000円分買ってみました。今思うと、1000円買うとで3000円分ぐらいの大量のマムシが入っていました。おじいさん、マムシの相場を知らなかったのかも。

そのマムシ、輸入品のマムシと違って柔らかく、体液がドバドバ出て、手が体液で染まってしまいます。

 

正月頃でしたが、半信半疑でその地マムシを買って、鳥飼で投げていました。

1時間ぐらいほったらかしの竿を上げると、ものすごい重たい。グイグイ引くので海藻でもなさそう。

上がってきたのは30センチ以上もあるカレイでした。

 

あのおじいさんの言ったことは本当で、カレイの特効薬のような特別な餌でした。でももう手に入らないのです。

 

それから数年後、その湊の釣り具屋はいつのまにかなくなっていました。

その店があった交差点を通るたびに、あのおじいさんを思いだします。永遠に生きる人はいませんが、何とも寂しい気分になります。

 

さて、最終日ですが、湊や岩屋で釣りをしましたが、ハマチのボイルは一度も見れず、誰も青物を釣っているところも見れず、当然ながらボーズになりました。

 

書くようなことは残念ながら何もありません。惨敗です。(;´∀`) 来週がんばります。ではでは

 

テーマ:
まずはタイドグラフを見て、ここだという瞬間を見定めることにします。
 
 

 
8時が満潮です。それからの下げっぱなはウンコを我慢してでも、やりたい時間です。
 
6時30分から釣り開始。今日も昨日チヌを釣ったポイントです。
 
波の立ち方で少なくとも2匹はルアーに付いてきていたようです。
でも時合いではないので、しつこく狙いません。すぐに回収して、手前まで連れてこないようにします。
 
付いてきて自分を見られたら、時合いになってからも喰わなくなるからです。いる場所さえわかれば十分。
 
それにポッパーではなく、ペンシルを使ったのも、時合いではない時にアピール力の強すぎるポッパーを使ってスレさせたら、肝心の時合いに喰いが悪くなるのを防ぎたかったからなんです。

青物は投げてなんぼなところがありますが、チヌや、バスもそうですし、渓流もそうですが、同じ場所に投げれば、投げるほど喰いが悪くなるんです。

一番良い瞬間に投げて、一撃必殺で撃つ、そんな釣りだろうと思います。
 
昔よくやっていたのは、はい、釣り場に着きました。そく全力で釣り。釣れない。やる気がなくなり止める。これでは運が良ければ釣れますが、運まかせ。

安定した釣果なんてありません。

でも、今は一応考えます。自分で自分を追い込むのは馬鹿らしいですし、釣るための確率がなるべく上がるように考えるようにしています。

ちょっと古いですが、いつキャストしますか?
今でしょう。

今とは、釣りをしている自分の気持ちではなく、魚にとっての今です。

35年も釣りをしてきたのだから、その知識を生かすだけの物は見てきたはずです。
もし何もないのなら、35年前から何の進歩もなく、上達していないということです。
 
30分やってみて、今じゃないと思いしばし休憩。潮を待ちます。
 
 
 
一本の棒を見て、ボッーとすること50分あまり。


サーフだと潮が下げだしてもわかりずらいんで、波打ち際に棒を差して、下げ初めたタイミングを見てます。タイドグラフはだいたいの時間の目安で正確ではないんで。
 
原始的ではありますが、確実なやり方です。
 
といっても最終日。12時には帰ります。
7時50分 ちと早いけど、釣り再開。
 
8時にヒット。
 
 

これが48cm。めちゃくちゃ引き、なかなか寄ってきませんでした。
 
それにしてもヒットするには早いな。まだ潮は上げていて、実際に満潮になったのは9時近かったように思います。
 
これは思い違いをしているのです。
下げっぱながいいとか、下げ9分がいいとか、それはある場所ではそうかもしれませんが違う場所では全く違うタイミングで時合いとなりえるのです。

この魚はほとんど潮が止まりかけた上げ9分。淡路島でも潮の早いエリアなので、そういう場所は満潮や干潮の潮止まりが時合いとなることがあるのです。

 
ですから、こういうタイドの時はどこに行っても喰わないなんてことはないんです。
 
そういうことを忘れてました。
 
潮が下げだすと、流れが速くなり、当たりもありませんでした。
 
この場所の期待が大きかっただけに、1匹という釣果には期待外れな感じもしますが、大きさは十分なだけに、一発大物場なのかもしれません。
 
淡路島で数日チヌトップをやった感じは、島全体どこでも釣れるなという感じです。
 
 
ボコボコ釣れることはないかもしれませんが、1日やれば1匹はヒットするのではないでしょうか。釣れるかは、釣り人次第ですが。
ただ、もうすぐシーズンオフになりますので、全く無反応になるのも時間の問題です。
 
 
ということで、3日半の淡路島釣行が終わりました。
 

釣果 

9月8日~11日

ハマチ40~42cm 7匹

チヌ 40~52cm 3匹

 

上手くいき過ぎな釣果です。大満足。
淡路島のポテンシャルがとても高いことに最近になってやっと気づきました。
 
地元の人たちは釣れる場所、時期を知っていて、情報を共有しているので、島外の人が知ることがない、びっくりするような釣果を上げているのを地元の人から聞きます。

もちろんいつもこんなに釣れることはないでしょうし、次は丸ボーズになるような気がします。
 
釣りってそんなに甘くはないですから。
 
とにかく淡路島に感謝ですね。
 
 END

テーマ:

3日目

前日ハマチが釣れた場所には誰もいなかった。
漁師の網によってハマチ祭りは終了していた。
 
朝まづめはシーバスを狙いに行くが、お目当てのポイントに先客がいて入れない。みんな考えることはいっしょらしい。
 
ならば、あのハマチの強引を楽しみに行くか。
と出掛けたら、漁師がポイント一帯に網を入れていて回収中。
 
昨日は嵐だったから、網が入らなかったけど、根こそぎいかれた感じ。それを知ってか、昨日いた地元勢は誰もいない。
 
たまにボイルはあるけど、一匹で追っているやつなので喰わない。
次の群れが入るまでは終了かな。
まさにつわものどもが夢の跡という風。
 
陸から泥濁りが入っていて、コーヒー牛乳のような色になっている。水潮になっているから青物には少しの間は良くないのではないかな。
 
ハマチ楽しかったな・・名残惜しい。また昼から釣れるかもという希望的観測もないわけではないが、時合いにも潮時があるように、ここらが潮時。ターゲットを変更する時かな。
 
うずしお温泉リラックマ・・で、さっぱりして、次の時合いまで休憩。
 
すると3日ぶりに太陽が顔を出す。どうやら、雨が止んだよう。チヌが釣れるかやってみよう。
おーし、ルアーケースはっと。ルアーケース・・・あれ、ルアーケース、あれ、あれ。
 
ない!ない。どこにもない。(;゜∀゜)
 
あっハマチやったとこに忘れてきた。
 
チヌできひん。ルアー20個で3万円。(T_T)
取りに帰っても、買い物して、風呂入って、飯食って、ゆうに二時間以上はたってる。
 
無駄やろうけど、あれがないと釣りができひん。ないのはわかってるけど、とりあえず戻ろう。
なかったら、なかったでええわ。青物のルアーはあるから、釣れなくなった青物でもやっとけば。
 
ないわ。ない、ない。
 
20分経過
 
現地の駐車場を見てもない。まあ、そうやろうな。
ふと、最後に釣れなくて、真っ白になった矢吹ジョーのように雨の中、立ちつくしていた場所に、見えるは我がルアーケース3万円なり。
 
ケースが喋れたら、おい、なんで俺を忘れるねん。考えられへんぞ。
俺おらんかったら、どうするつもりやってん!と劇怒りでしょう。
いや、雨が凄かったし、釣れんかったから、つい。ゴメン、ゴメン。
 
堤防の誰もがそこを通る、わかりやすい場所に2時間半、放置されていました。
 
財布を落として、警察で見つかり、中身がそのまま残っていた時には、それほど驚かなかったが、ルアー満載のケースが釣り場にずっとあったこの時ばかりは驚いた。
ミラクル淡路島。恐るべし。そして何か、とてもきよきよしい晴れやかな気持ちになりましたとさ。
 
 
ルアーを回収して、チヌ再開といきたかったが、爆風。風向きを考えて場所を選んでも、風が舞って、全方向からくる。
 
漁港の一番奥の小さな小さな浜しか投げられる場所はない。いつもは素通りする場所だが、運よくベイトがいる。バコッと反応。
これを取らな、今日はお仕舞いになる。
 
絶対に取る。浜にしゃがみ臨戦体制。水深30センチまで追って、バコッ。キタッー。
 
プッツ。   シーン
 
人はこれを合わせ切れと言う。
(T▽T)
もう、PE0.8号は買いますまい。
 
もう駄目だ。もう無理。ここでしくじったら、もうないで。
 
初めてのヒットで合わせ切れをした場合のボーズ率  74%
 
北風を避けるために東浦にサイドチェンジ。
東は全くあてがないがONOKOROでやることに。
ここで釣れな、あかんという場所に投げても無反応。投げる場所がなくなり、最後に小さな船に投げる。ここが最後のポイント。

うまく船の際10cmに着水。
船の下からモワーッ水面が盛り上がる。
その水の動きで魚がかなりの大物だとわかります。
2回ポッピングするとバコッと出て、それっきり。

船の下に付いているチヌはだいたい活性がなく休憩中の魚が多い。シーバスは喰う場合が多々あるでしょうが。

釣り人にとってはミスバイトでも、魚にとってはミスバイトではない。
喰うまでのやる気がなかった魚です。あんな静かな水面でミスバイトなんてありません。
 
タチウオでもしようか・・とも思ったが、最後に頭に浮かんだ釣り場が岩屋方面に一つだけある。
風裏だし何とかなるだろうと行ってみた。

 サビキ釣りで賑わう場所が近くにあり、シモリもあり、かなり浅かったな、たしか。

そんなとこで釣りをしても、何も釣れんよと言われそうな、誰も釣りをしようなんて決して思わない海水浴ができそうなサーフ。

でもチヌトップなら最高に良さそうに思える。
 
しかし、風裏とはいえ、きつい。ギリギリ釣りができる限界。
風のせいで寒い。今回は普通に釣りをやらせてはくれないらしい。
 
魚は見えないし、バイトもない。でもルアーの近くにチヌがいるのがポッパーの引き波の立ち方でわかる時がある。

ホンマかいなと思うかもしれない。でも、ずっとトップをやってる人ならわかるんです。
 
時合いで風がなければ100パー釣れると感じられるが、いかんせん、どう考えても時合いではないはず。ただ夕まづめのパワーを信じて投げるのみ。
 
最後まであきらめちゃいけない。時合いでなくても釣れる可能性はいつもある。
 
17時にその瞬間が訪れる。
沖のシモリへ、目一杯の遠投。

シモリの上で2度バイトして、乗った。
 
そんなたいした型じゃないと思って寄せる。
ちらと、姿が見えて、やっとチヌも釣られたことに気づいたのか、ものすごい勢いで引き出す。
 
なかなか寄らないが、サーフなんで走っても問題ない。
ズリ上げると、馬鹿デカイ。
 
 
 
 
らくらく50オーバー。プロポーションはムチムチでコンディションは最高なのが体型からうかがえる。
ヨッシャー。本当にうれしい一匹。
 
40を10匹釣るより価値がある。待ちに待った年なし。今回の淡路島は完璧。パーフェクト。
 
結局、もう一匹40のチヌを追加して、この日を終える。
 
 
 
ヒットは17時と17時20分。上げ5分。普通はあまり良い時間とは言えない。でも自然に絶対はないということ。あきらめないこと。の大事さを再確認したのでした。
 
ルアーケースが見つかったミラクル。
爆風の中、初めての場所で年なしのミラクル。
内容の濃い1日でした。何も言うことはありません。
 
長い1日でした。
 
続く
 
 
 
 
 
 
 

テーマ:
2日目
雨風強く、シーバスか青物しか狙えない。
前日のハマチポイントに行くと、地元の人達が6人来ていた。さすがに情報が早い。

朝も変わらずイワシがいっぱいで海の色が変わるぐらいいる。

イワシが多過ぎて駄目なのかと思いながら、一時間。突然、目の前にナブラが。
そこに投げて、一匹目。

でも、そこからは地元アングラーは1人3匹ぐらい釣っているのに、全く当たらない。
祭りと言っても村の小さな祭り程度だが、ボコボコ釣れる。
釣れないのは自分だけ。(;゜∀゜)たら〜

ポイントが微妙にズレていて、ルアーもあってないよう。

みんながガンガン釣っているのに、釣れないのは惨めだ。

9時頃には当たりがやみ、雨が強くなってきたので、全員が撤収。
僕の手持ちルアーでは役にたたない。釣れるルアーが早急にいる。
洲本まで買いにいかなくてわ。

まずはシーパで食糧を調達することに。
それに夜、車で寝る時に短パンでは寒いので、長ズボンをコメリにあるか見に行くと、コメリの入り口にルアーが。えっ、ここコメリやんな?目を疑うような光景。

ラッキーにもメジャクラのルアーもある。
淡路島仕様のコメリ!誰がコメリでルアーを買うんだろうか?と言いながら、買う自分がいる。
少しではあるが、ここで買うだけで何とかなりそうだ。洲本まで行かずにすんだ。今なら間に合う照れ

そうして手にした、ニューアイテムのジグパラスピンを持って、釣り場に戻る。
時間は11時。
釣り場にはもう誰もいない。一匹でいいからカモン!

1人で釣りをすると、バコンバコンとボイルが始まった。
風速15mは吹いているだろう、雨の中で1人、ハマチをもくもくと釣る。
嵐だろうが滝のような雨だろうが、釣れるんだから、そんなの関係ない。独り占めでござる。


追っているベイトが小さいからか、なかなかヒットにもちこめない。

それでも1時までにポツポツとヒット。
止めようかと思えば、バシャッとボイルし、止め時がないまま4匹釣れたところで止めることに。
すざまじい天気だったが再チャレンジして良かった。

ジグパラ大活躍。ありがとうメジャクラ。




4匹釣って、ボロボロ。闘いを終えて威厳すら感じる。ご苦労様でした。心なしか誇らしげに見える。



 ヒットは6時から8時。11時から12半ぐらい。
タイドグラフを見れば、釣れた時間はなるほどと思えるぐらいに、綺麗に出ている。
夕方シーバスを狙えば出そうなタイドだけど、大雨の中、再びカッパを着る気力はなく。
疲れた・・・

この日はこれにて釣りを終了とする。
淡路島の地元アングラーはみんな気さくでいい人ばかり。いいとこです。サイコー淡路島。


釣果
ハマチ 40〜42cm   5匹


テーマ:
1日目  
ドシャ降りの雨と風。2週間前、気温34度で暑くて死にそうと思いながら釣りをしたが、今度は気温20度、寒い。


天候が悪いのはわかっていたけれど、休みをとってしまっていたから、家で寝ていてもしかたがないので、とりあえず淡路島に来てみた。

風が強いので、チヌトップは無理かもしれない。 チヌ以外に淡路島で狙えるのはシーバス、青物もいる。それらの魚は多少荒れても関係なく釣れるので、そっちをメインに考えて、ルアーを準備する。

別にトップにこだわってるわけではなく、釣れるからトップで狙っていたわけで。もうそろそろトップも終盤だろう。

ルアーはいろいろなルアーをセレクトしながら、釣るから面白いわけで、季節が変わればルアーも変わるし、それにアジャストできた時にやったった感がある。
今年は十分トップで釣ったし、トップに未練はない。トップで釣れないなら、他のルアーを駆使して釣果をひねり出す。

前回チヌを狙った場所に行けば一匹ぐらいチヌが釣れるかもしれないが、今回はなるべく行ったことのない新しいポイントを探してみることにしよう。

釣れるとなると同じポイントばかりになりがちだが、それでは、それ以上を望めない。

安定の釣果に固執すれば、宝を見つけることはできない。トレジャーハンター的な性格なんで、いつも新しい発見を探したいんだと思う。

そのせいで、失敗もするし、思ってもいない爆釣もあります。

朝一、ある漁港でシンペンやスピンテールで青物をチェック、トップでチヌをやってみたが、空振り。

次の場所に移動。カタクチイワシが入っており、ハマチが先客に釣れている。

10時30分頃に、スピンテールでハマチの40センチを少し超えるサイズを2匹釣ることができた。



チヌトップしか能がないと、思われてしまいかねないブログになっていたけど、他の魚も釣りまっせ。

シーバスロッドで釣っていたので引きが楽しい。ハマチを釣るのは久しぶり。
やっぱり青物の引きはいいわ。
ハマチが釣れるなら、釣れるだけハマチを釣っておきたいとこだ。

レインコートを脱いで休憩していたら、滝のような雨で、車から出る気がしなくなってくる。
でもずっと雨の予報なので、そんなことを言っていたら、3日間は車から出られないな。

気が滅入る雨。そんな雨の中で釣りをやっている人がいる。よーやる。負けるわ。

15時20分。干潮のソコリ。潮が止まる。
ひきあげようかと思っていると。
ペンシルにドカーンとシーバスが出る。50m向こうにいる釣り人が振り返るぐらいに水面が爆発したが、無情にもルアーは浮いたまま。

うまくはいかないもんだ。そういうのがあると、止めるに止めれなくなるわけで。
あれだけ大きいシーバスがイワシを喰って、コンディションが上がれば、さぞ引きも強かろう。なんとか食わしてみたいもんだ。

夕方再度ハマチを狙いに行ってみる。
一面がイワシ。見渡す限りイワシで埋め尽くされ、鳥山ができている。何千、何万というイワシがいるがボイルもナブラもない。
ベイトが多過ぎりと駄目ということが往々にしてあるが、やっぱりルアーに当たりはなかった。      
夜にはまたドシャ降りとなった。また明日も雨と思うと、気が重い。とりあえず、これにて、この日は終了。



ハマチ2匹は10時半、11時頃にヒット。夕方期待できそうなタイドだが、スカでした。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス