東北の皆様、いかがお過ごしでしょうか

この度、東日本大震災の発生から8年を迎えるにあたり、出会った頃の皆様とのことを、思い出していました。

ここ数年ほど、私の母の病状が悪く、思うように動けていないのは事実ですが、私が母と共に病気と闘う日々のように、皆様もさまざまな苦難・困難に向き合い続けてきた8年間だと思います。



何もできず、お力になれず、誠に申し訳ありません。


私は今、がんの末期でも最後まで諦めずがん治療にのぞむ母のそばで、毎日「命」と向き合っています。


震災で、命の危険を伴いながら、自らを犠牲にして家族や被災者の方を想い行動した方々を何度もみてきました。 


皆様より学ばせていただいたように、私も家族を大切にしていこうと改めて自分の生き方も含めて見直す時が来たんだと実感しています。



震災で失った多くの命、守りたくても守ることのできなかった「命の重さ・大切さ」を日々忘れないように


東日本大震災により生じた事態を真摯に受け止め、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


葛西

厄年なのか、運命なのか


なんだかわからないけれど、震災後から災難続きで落ち着かない状態で


私なんかより、生活を一瞬にして奪われた被災者の方々の方がしんどいと思うのですが


周囲を見渡すと、幸せそうにして見つめ合ってるアベックえーや幸せそうにしている家族ショボーンを見ると


働きまくってメシ食う暇もない今の葛西えーんには


羨ましくて、ついつい

イラっと・・・(笑)


よくないですね( ´Д`)y~~



こんなとこまできたのかヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


って一瞬思ったのですが


愚痴をこぼした私の最高に重いメールに対し


兄達は、さり気なく寄り添ってくれました。


兄だし、1人結婚してるし(笑)彼氏じゃなく、友達でもなく、やっぱり妹として


青森にいた思春期の頃にテレビで見て憧れを抱いた亮兄や、川﨑バレエで雲の上の存在と感じたタイラ兄を尊敬しているし


今では     やっぱり兄だな


って、思いました。


誰にでも経験できることでもないし、誰にでも会えるわけでない人に会えるなんて


そんな特殊な人生なんだ。  葛西の人生は

 


超レアじゃん❗️



そう思えた今日この頃でした。



お陰様〜

 

 

葛西、お気に入りのショット💕

ん❗️いい男だ(・Д・)
























「葛西、最近ブログの更新がめっきり減ったな〜」


「おめぇ、サボってるな〜」



宮古市小が理商店の父上よりクレームのお電話をいただきますが・・・



父上、葛西は決してサボっているわけではありません
(・Д・)ノ



現在、葛西は東北で仕事ができるように細々とアクションをおこしています。


もちろん、東京に未練がないわけではなく


OSHもつなぐのメンバーも、ちくちくメンバーも出会うべくして出会った私の大切な仲間なわけで、会えなくなるのは寂しいです。


東京に避難している東北の方にも出会えた事は私の人生における宝だと思っており


環境がガラリと変わった都会の街で、一生懸命子ども達を守る母親の姿には特に胸が熱くなり、避難している子ども達の成長を見るのも楽しみの一つです。



ただ、私は東北生まれの東北育ち


東北にただ帰るのではなく、どうせ帰るならば私にしかできない事をしようと思っています。



いつ夢が実現するかわかりませんが、夢の為にとにかく働きまくっています💦






そのうぢ行くじゃ〜(東北)














ひとつだけ言える事があります。





私たちは





どんな状況におかれても
 



何ひとつ変わっていません。




こんなこわい顔のサンタも
{077FFF19-C539-4CE9-AD65-4CB3F46A283F}




被災地を想う気持ちも
{F925E6D4-476B-4802-94F3-5E464B87BF74}





いい歳こいて   何してんだと言われようが







私たちは変わっていません。
{4C404C3B-1561-4AB3-B698-4AE3885DA595}




昨年は私自身ショックな出来事の連続で

今でも不安定な気持ちの中で何とか生活しています。

震災に遭われた方はもっと辛い思いをされている方も多いと思うので


こんな事をブログで伝えるべきか悩みましたが


ありのままを伝え、葛藤しながらも

仲間と一緒にワイワイやってる葛西のブログを見て


少しでも笑ってくれる人がいればいいなって思います。


震災後6年が経過しましたが

本日、3月11日 この日も
築地本願寺では「東日本大震災七回忌法要」が震災発生時刻の14時46分より行われます。
{D8B61996-5F2D-4670-809E-69CE40FD0B27}


ひまわりどなたでもご自由にご参拝いただけます。お誘い合せてご参拝ください。


亮兄 太頼兄 一緒にいてくれてありがとう
{227FD3D7-7B8F-40FF-B8EB-898E40E8FF02}