つきしま動物病院★ブログ

つきしま動物病院★ブログ

ペットに関するお役立ち情報満載♪


コスモスつきしま動物病院コスモス 
月~金 9:30~12:30、16:30~19:30
土日祝 10:00~12:00、16:00~18:00   

休診日:火曜


03-6219-6070

〒104-0052 東京都中央区月島4-8-10-126


テーマ:

犬ちゃんと猫ちゃんの肛門の横左右には、肛門嚢という袋があり、その袋には分泌液が溜まります。
この分泌液は、個々によって違い、
水のような液体の子もいればねっとりとした粘着物の子もおり、粘着性の分泌液が貯まる子は自分で出せないこともあります!
大型犬よりも小型犬の方がお尻の筋肉の力が弱いので、大型犬に比べると小型犬の方が分泌液を出しにくい傾向がありますアセアセ
肛門腺を絞らずに放っておくと、自分で出せない子は肛門嚢にだんだんと分泌液が溜まり、化膿したり炎症を起こしたりして、最悪の場合、肛門嚢が破裂しお尻に穴が開いてしまうことがあるので、定期的に肛門腺を絞ってあげる必要があります!!
熊しっぽだいたい月に1回絞ってあげるといいでしょう。熊あたま
その子によって溜まるスピードが違うのでお尻を舐めたり、お尻を床にこすり付けて歩きだしたら絞ってあげましょう。
1片方の手でしっぽを持ち上げ、もう片方の手で肛門の横を左右触り、ふくらみを確認します。
黒猫しっぽ時計で例えるとだいたい4時と8時の所に肛門腺があります黒猫あたま
2ティッシュを持ち、ふくらみをつまみ押し上げながら肛門から分泌液を出すような感じで絞り出します。

もし肛門腺を絞ることが難しければ、当院でも絞ることが出来るので、お気軽にお尋ねくださいあしあと病院

 

Ameba人気のブログ