足の裏は、

体の事をよく表しています。

 

 

足の指が硬い人は、

頭痛や肩こりがある人です。

 

 

足の指の付け根には、

老廃物が溜まりやすいので、

指の間を開くと痛い人が多いです。

 

 

足の指を、一本一本

丁寧に触っていると、そのうち

やわやわになります。

 

 

足のくるぶしの下らへんも

押すと痛い人が多いです。

 

内くるぶしも、外側のくるぶしも、

リンパの反射のところなので、

良く流しておいた方が良いです。

 

 

老廃物が溜まっていて、

リンパの流れが悪いと、

くるぶしが埋もれています。

 

足は、触れば触るほどに

むくみが取れて、足首が細っそりしてきます。

 

 

足の指が柔らかくなると、

足の親指がグッと上に上がるようになります。

 

 

足の親指をグッと上げた時に

親指の「腱」が出てきます。

 

親指の腱は、とても優秀です。

 

 

感覚が鋭いので、

色々な所に使えます。

 

 

以前、ダンスをされる方が

お客さんで来られたんですが

(アルゼンチンタンゴという、

スピードのあるダンスだったと思います。)

 

ダンスの時も、その親指の腱の部分、

一点を意識して踊るそうです。

 

 

一緒だなぁ、と思いました。

 

腱を意識して、

クルクル回転されるのです。

 

 

 

私は、親指の腱の一点を意識して、

肩甲骨のキワを踏んでいきます。

 

 

相手の体が揺れるように

リズミカルに踏んでいきます。

 

「ダンサーの足ですね」

と、その方から言われました。

 

 

 

肩を踏む時も、

親指の腱を使います。

 

 

上から見ているだけでは、

どこが当たっているのかわからないと思いますが、

 

ちゃんと、親指の腱、

一点を当てています。

 

良く入るし、

コリを捕まえる事もできます。

 

 

親指の腱は、人間の体の中で

重要な部分なのではないかと、

私は密かに思っています。

 

 

足の裏で、ひっそり隠れている

親指の腱の話でした。

 

 

 

 

 

冬至の日に

予約されたお客さまは、

私の所をネットで見つけて頂いた方です。

 

ネットで見て、足踏みリンパマッサージを

習いたい、と連絡をくださいました。

 

 

その前に、もうおひとり、東京の方からも

連絡をもらいました。

 

 

今は、コロナ禍なので

グループレッスンなどを開催していません。

 

なので、お家で

動画を見て練習できる商材を作りました。

 

これなら、遠方の人でも繋がれますね。

 

 

動画で学んで練習していただき、

私がメールでサポートをする、と言うやつです。

 

練習中の、踏んでるところの動画を送ってくれたら

それにもアドバイスをして行きます。

 

 

今回、予約された方は熊本の人なので、

こうしてたまに、練習の確認がてらに

施術を受けに来られています。

 

ネットで結ばれたご縁です。

 

それで、

おかげさまで、こうして

足踏みリンパマッサージ【初級編】

の、動画教材が出来上がったわけです。

 

ありがたいですね。

 

何度かメールでやり取りをして、

 

そして、直接お会いするようになり、

色々なお話しも出来て

とても親しくなりました。

 

 

お家で、旦那さんや、

実家のお父さん、お母さんを

練習で踏んでいらっしゃるとかで、

 

本当に、上手になっておられました。

 

 

この、冬至の日は

地の時代から風の時代へと変わる、

ちょうど大切な節目の日です。

 

スピリチュアルにも

興味がある方なので、

 

その日を選んで来るなんて、

「さすがですね」

って言ったら、

 

「全然知らずに予約しました」

と言われていました。

 

 

知らなくても、そこはやっぱり

感性ですよね。

 

素晴らしい感性です!

 

 

これから、ますます上達されるでしょう。

楽しみです。

 

 

私もまた、

テキストと動画作りを頑張ります。

 

 

お互いに成長が楽しみですネ。😊

 

 

 

マスクについて、

色々な議論があります。

 

 

ウィルスを防ぐためには、

マスクの効果はほとんどない、

と言われる人や、

 

飛沫感染を防ぐためにも、

マスクは必要だ。

日本人は真面目にマスクをしているから

感染者が少ない。

 

だとか、

色々な意見があります。

 

 

でも、今

世間を見渡すと、

ほとんどの人は、マスク着用ですよね。

 

 

アンケートでは、

マスクの効果は、あまりないと思う、

という人が、70%もいるのに

街中では100%に近い人が

マスクを着用しています。

 

 

理由は、「周りの目があるから」

です。

みんながしているから、している

という事です。

 

 

マスクを着用するもしないも

それぞれの考えでいいと思うのですが

 

私が最近思うのは、

ただ、みんながしているから

何となく…していて

 

それがもう、習慣化されてしまうとですね、

無意識でマスクを着用してしまうのですよ。

 

どこへ行くにも、マスク

マスクがなければ、外に出られない。

 

それが、意識してなら

まだいいと思うんですけど

無意識で、マスクをするのが

当然の社会になってしまいそうで…

 

 

マスクをしていることの弊害、

というのを考えて着用しているなら良いのですが、

無意識は怖いですよ。

 

 

この前、川の近くを歩いていて

 

水がきれいな川だったので気持ちいいのに、

「私、なんで今もマスクしてるんだろう」

と思って、外したんですよね。

 

周りは全然密ではなく、

自然の中なのに、なぜマスク?

と、気づいたわけです。

 

 

そうして、マスクを外したら

空気がですよ、

全然違うんですよ。

 

呼吸が気持ち良く出来るんです。

酸素がいっぱい入ってくるんです。

 

 

そう、忘れていました。

自然の中にいると、新鮮な空気があるから

気持ちいいんだってことを…

 

 

だからですね、

つい、無意識にマスクを着用しがちなのですが

 

ぜひ、自分の意識を持って

マスクを着用していただきたいです。

 

今は、必要なのか、

この場所で必要なのか、

体は、どう反応しているのか…

 

 

ずっとマスクをしていると

息苦しさにも慣れてしまいます。

 

でも、体は嫌だと言っています。

体は正直です。

 

 

これからは、全てが自己責任です。

 

マスクをするのも、外すのも、

ワクチンを受けるのも、受けないのも、

 

製薬会社も国も、

誰も保証はしてくれません。

 

 

自分の判断に委ねられてきます。

 

 

だから、しっかりと

自分の体の声を聞いてあげなくては…

ですね。

 

感性を磨きましょう!(^.^)

 

 

 

 

今日は、冬至です。

 

冬至は、昼が最も短い日です。

これから、一日一日、

だんだんと日中が長くなって行きます。

 

切り替わりの日です。

 

 

しかも、

今年はグレートコンジャンクション、

星が並ぶ特別な年です。

 

長く続いた

「地」の時代から

「風」の時代へと、

移り変わって行くと言われています。

 

 

「地」の時代は、

家や土地、お金や物質に価値が置かれていました。

 

重いものに価値があったのです。

 

 

しかし、これからは「風」の時代です。

波動もずっと軽くなり、

価値は物質にではなく

目に見えないものへと移ります。

 

 

これまでは、

みんなと同じが良しとされていました。

 

なるべく個性を殺して

みんなに合わせて行く事が

良い事だと教えられて来ました。

 

 

学校でも、会社でも

みんなと同じようにしていないと

何となく生きて行けないような風潮でしたね。

 

今でもまだまだ名残りはありますね。

 

 

でも、これからは、

個性の時代です。

自分の個性を発信して行く事が出来る時代です。

 

 

個人で仕事を始めてから11年になります。

初めから、そんなに自立した考えがあって

開業した訳ではありませんが、

 

人に合わせて、組織の中で生きて行くのは

苦手でした。

こんなものだろうと我慢していましたが

辛かったです。

 

 

なので、個人事業主になってからは

思い通りに何でもスイスイ

運んだわけではありませんが、

 

スイスイ運ばなくても

それもまた、楽しかったです。

 

だって、自分の考えで

やってみる事が出来るのですから。

 

誰にもお伺いをたてなくて良いんですよ。

自分が納得したことを

試してみる事が出来るんです。

 

そして、色々やってみて、

改善して行けば良いだけです。

 

 

結果は全部自分に跳ね返って来ますが

それもまた、楽しいです。

 

 

お客さんが来てくれたら、

本当に嬉しいし、

誰も来ない日も、また楽しい。

 

 

これからは、風の時代です。

 

 

重いものを手放したら、

風のように軽やかに

 

自由に生きて行けますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿蘇乙姫の森で開催されている

キャンドルナイトに行ってきました。

 

阿蘇の寒さを舐めてはいけないので、

この冬、ダウンコートを初おろし

 

中はタートルネックのふわふわのセーター着て

万全の体勢で臨んできました。

 

 

 

広場や森の道にキャンドルが並べられていて

なかなか綺麗でした。

 

 

 

トレーラーの周りが

キャンドルで飾ってありましたね〜

 

もともとここは、キャンピングカーとかで

キャンプが出来る場所なのかな?

 

 

綺麗は綺麗だったんですけどね、

今年が初開催だったらしくて

まだ人もそんなに多くなくて、

 

 

キャンドルの火が風で消えてしまうので

それをつけるのに、スタッフさんが大変そうでした。

 

 

でも、若い方たちが

何とか熊本を活気づけようと

取り組んでいる様子は感じられました。

 

 

毎年開催されるようになるといいですね。

 

 

しかし、この時期に

外で、時間まで待機するのは辛いものがあります。

 

 

一緒に行った娘は

キャンプが大好きで、

キャンドルナイトが大好きなので

 

ずっと写真を撮っていましたが、

私は、心の中で「そろそろ帰ろうよ〜」

と、思っていました。

 

 

そして、帰りは温泉に入って温まり、

美味しいもの食べて帰りました。

 

 

やっぱり、私は

こっちが好き…(^.^)