ジュンスとJYJとワインの忘備録

ジュンスとJYJとワインの忘備録

キムジュンス&JYJ応援ブログ

https://twitter.com/junsunotubomi

テーマ:
 
帰宅しましたー
忘れないうちに書かないと〜
 
 
鯛鯛でお馴染みの住吉神社⛩
行ってきました。
 
 
 
 

 
 

拝殿の入り口に仁王さんならぬ
随身さん(名前聞いたけど失念!)
 
 

 
博多人形なんですと!
 
 
H P
 
 
 
 
 
住吉神社は全国に2000社以上ありますが
長崎にも沢山あります。
昔住吉神社の裏に住んでいたことがあるので
馴染み深いです。
 
 
 
 ホテルを出る時に
電話で見学できるか尋ねたら
イベントですか?と聞かれましたが
長崎の住吉神社の裏に住んでました
と言ったら
殆ど終日稽古が入っているけど
今なら丁度稽古の人が切れる時間と言うので
慌ててタクシー🚖に!

 

結婚式のカップルやお宮参りの一行とか

 

賑やかな中をぬけて社務所へ
若い宮司さんが案内してくれました。
 

 
 
 

 
 

 

途中の立派な土俵は
九州場所の稽古に使われるとか

 

 
 
以下覚えている事だけ
緊張してメモするのも忘れて
 
 
昔は参道の前はすぐ海で
遣隋使や遣唐使船が安全祈願して旅立った
紀元前から大陸への窓口で最先端都市
(長崎の開港は1571年^_^)
 
 
能楽堂は昭和13年創建
木造で玄関は普通のサッシ、て思ったら
楽屋から入るのねー
舞台の周りを囲む様に歩いて客席へ
 
 
板の間に上敷きをしいてある
冷暖房はないから冬は火鉢
夏は扇風機と氷柱を置くのだそうです。
想像するだけで粋ですねー
 
座敷の突き当たりの奈落を通り抜けると
能舞台の袖にでて、楽屋に戻る
 
 
左から右に進みます

 
 
客席の上部にぐるっと
舞台を囲むように明かり取りの窓があり
スポットライトを当てたみたいに明るい
 
舞台の上と客席では声の響きの違うのは
舞台の下に音響用のツボが埋めてあるから
後ろの板壁は音響版
(実際にやって貰いました)
ビックリするぐらい響きます!
 
 
黒光りする床は牛乳で磨いて
皮膜ができたという天然のWax
松が写ってますよ!
 
昔の技術は凄いです。
 
 
 
 
 
 

 
役者は舞台と楽屋を繋ぐ橋掛りから
入退場しますが
 
 
 

 
反対側にも小さな戸口があります。
お囃子の方たちが出入りしたり
 
その横の御簾が掛った小部屋は
黒田のお殿様とかがすわるVIP席
 
その下の奈落を通る時に
舞台の床下にある壺の様子も見れます
 
 
 
 
舞台の反対側にきました。
切戸と言う茶室のにじり口みたいな
ところから見た舞台の床と松
 
こんな眺めは二度とないかも!
 

 
長崎は町人の町だったからか
能楽堂は無いんじゃないかなぁ?
武士の嗜みって感じがしますもんね
 
 
最後になりましたが
住吉神社の御祭神
 
 
 
住吉三神
底筒男神(そこつつのおのかみ)
中筒男神(なかつつのおのかみ)
表筒男神(うわつつのおのかみ)
 
 
イザナギの命が禊して生まれた神様なので
浄化作用抜群な感じです。
 
 
オリオンの3つ星だともいわれていて
航海や海上の守護神です
人生の航路も守って貰おうかな、
と言う事で安全祈願して貰ってきました。
 
 

 
冬に美しいオリオンの3つ星は
とても見つけやすいから
陸でも海でも頼りになる道しるべです
(正確にはオリオンの腰ベルトですが)
 
3と聞けばそれはもう
 
 

 
ふぁんを導く3つ星
沖縄では【黄金三星】と呼びます
 
 
順序が逆になりましたが
昨夜はこちらに行きました
 
 
 

 
テーブル席が満席で2階の座敷でしたが

 
モツ鍋をいただきました。
シメはラーメンと書いてありましたが
汐やにも行きたかったので
鍋だけにしたのですが脂っこい!(苦)
二人ともようやく食べた感
 
ふと周りを見渡せば
モツ鍋と焼肉とラーメンの店が目立つ事!
元気な若者が多いのかなあ
 
汐やの住所まで歩いていきましたが
見つけられませんでした。移転した?
次回に持ち越しです。
 
そのかわりに今日は
そこで見つけたカニ料理屋さんでお昼
そんな贅沢した真相は
博多駅で食事するつもりが
人が多すぎて、うるさくて辛いと
娘が言ったからなんですけど
 
確かに、半分オープンスペースみたいな
店の作りが流行ってるし
通路を歩く人達も、空き待ちの行列も
長崎とは3桁くらい桁違いで
タクシーもなかなか進まないと思ったら
 
ドームでライブがあったの?
あー私も早くライブ行きたいですわ
 
 
 
 

 
 J Jさん、追加公演が決まったんですね!
 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。