シンシアとリオンのティータイム

シンシアとリオンのティータイム

自身の虐待・発達障害の体験を基に山上翔子の名でAmazonのKindleで小説を出版しています。
ブログでは小説のお知らせや過酷な体験をくぐり抜けた現在の穏やかな日々の出来事などを。

昨日、東京へ戻り、ましろちゃんも迎えに行きました。

 
アンディままさんから、KEN'S CAFE TOKYOの特選ガトーショコラをいただき、昨夜は温めていただきました。
 
 
濃厚で美味しくて、ほーっと一息つきました(^_-)
 
今朝は、ましろちゃんはしっかり両目をつぶってしまい、涙目に(^_^;

これはもう仕方がないこと。

台風が2個もできていれば、それに連動してこの子のお目々も悪化。

防ぐ方法がないため、地道に目薬をさすしかありません。

まさか10月にこんなにボコボコ台風が来るとは思わず、アンディままさんにはたいへんご迷惑を掛けてしまいました。

気をつけてお世話してくださったので、体調もよく、お目々以外は問題なしなので,本当に感謝です!

今朝はしっかり目薬をさして、お野菜とチモシーの朝ご飯。

その後、私も朝食を摂って少し休むつもりでベッドに転がり、気がつけば10時半!

喉が渇いたから起き上がろうとしても、身体が動かない(^_^;

思えば、昨日まで、短時間でも座って温かいものを食べたのは、ファミレスのワンコインランチとケンタのチキンセット、あわせて二回だけ。

一人暮らしの父親が入院し、親の家に一人で泊まって片付け物やら電話での応対で、冷凍庫の中のものを温めてそそくさと食べ、食べている最中にも電話がきて打ち合わせ、忘れていたことを思い出して急いで処理などで、落ちついて座れたのは、うーん……。

そして睡眠時間は3時間程度(^_^;

ははは、疲れも溜まっているわ~。

などと考えていても、身体は動かず。

ようやく11時になって起き上がれ、ましろちゃんに2回目の目薬とチモを追加。

その後、ようやくお茶を入れて一服し、今日は冷たいガトーショコラをいただいて元気を出し、「今日明日はゆっくり寝ていよう」と決めました。

私とウサの最低限のことをして、目薬の回数だけは増やし、寝ていることに決定!

明日は鍼の予約を入れているので行きますが、それ以外は寝ます(^_^)

することはどっさりありますが、身体も頭も動かなければ意味ないですしね。



今回は今までの介護旅の中で最も凝縮された疲れた三日半でした。

一つ一つは肉体労働ではなく事務手続きが主でしたが、書類書きは膨大、打ち合わせ、下調べ、事務処理、電話連絡、田舎ゆえの移動のたいへんさ、そしてあらゆることを想定しての心配や悩みなどなどの解決策対策ですから、そりゃ眠れませんわ(^_^;

今思っても、わずか3日でよく片付けてきたと、奇跡のように感じています。

東京の知人、親の家の隣人や古い友人の協力が、涙が出るほど有り難かったですよ。

このあたりの事情も、体調と時間を取り戻したら、有料記事にします。

このブログでは書けないです。

というのも、普通のブログでは誰が読むかわかりませんし、介護・葬儀・相続の修羅場を直接経験したことがない人や頭がお花畑の人(本人は自覚が無い)には、「ええ~、そこまでするの?」「ひど~い、親が可哀想」などとリアルでも言われたことを、わざわざ言ってくる人がいるからです😠
 
すでにいるんですよ。

実際にひどいめにあった経験者なら「あるある」「うちもそうだった」「あ~、早めにそれ、やっておけばよかった」「うちはもっとひどかった」などと理解されるでしょうし、もしくは「これから親の介護だ! 腹をくくろう」という予備軍ならば、ご参考になるかもしれません。
 
有料ブログでは本音でかなり辛辣な表現もしますし、具体例として私が関わった金額もあげて書くこともあります。

どっちにせよ、今日明日は寝て、それ以降は身体と相談して進めますね(^_^)

インスタで出しましたが、どんなに厚い雲に覆われ見通しがたたなくても、雲を抜ければ青い空が広がっています。

今もそういう気持ちです。

いろいろな方々に助けていただき、心から感謝です。

この先もうまく乗り切れると信じています(^_^)
 
image
 
 
 
介護・葬儀・相続の修羅場を経験済みの方も、別世界の人も、クリックしてこの問題を考えてみませんか?
 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

運命の天輪 運命の天輪
 
Amazon

 

 

 

幸い我が家は無事でしたが、台風の爪痕はまだ残っています。
 
被害に遭われた方が早く普段の生活に戻れますように。
 
 
さて、遅れていた介護旅に出発しました。
 
今回はいろいろな意味で、一人で何もかも背負うたいへんさを最高に味わっています。
 
母の時はまだ父が動けましたし、遺産もそれほどではありませんから、たいへんであっても何とかこなせました。
 
しかし、今度は父が入院。
 
これから医師と面談ですが、入院が長引くのか、あるいはすぐに施設へ移るのか、家はどうする? などなど問題は山積み。
 
とはいえ、私も今はそうそう親のところへ行くことはできず、今回もどうしても予定通りに東京へ戻らなければならない事情ができましたし。
 
協力を頼める親戚がいたらとっくに頼んでいましたが、父の身内はほぼ死に絶え、生きている親戚は高齢で遠方。
 
覚悟はしていましたが、諸事情ががらりと変わったり、「それ、最初の約束と違うわよ!」と叫びたいこともあり、いろいろ。
 
腹をくくってこちらへ来ました。
 
なるようになる。
 
それでも親の家の近所に私の古い友人や親切な隣人がいてくれるので、お任せできることはご厚意に甘え、自分の生活を守るようにします。
 
介護のたいへんさは、お金の問題もありますが、時間のロスの大きさも痛いんですよ。
 
医師からの説明は、祭日ならば医師はお休みで、その間こちらは待つだけ。
 
治療や入院の目安がわからなければ、こちらも動けない。
 
介護認定が変われば、ケアマネさんだけではなくヘルパーさんや福祉器具関係の人全員が集まって、私を交えてミーティング。
 
みんな、こんな面倒なことをしたくないんですが、この面倒をこなさなければ手続きが進まないというお役所の掟。
 
つくづく「この国は、高齢者も働き盛りの人間も、ひとまとめにして介護疲れで皆殺しにしたいんじゃないか?」と勘ぐりたくなるほど、あらゆる手間がかかり、そのために時間は費やされ、さらに生活や仕事に支障をきたすという悪循環。
 
こちらへ来る寸前にも「それ、約束が違うわよ!」と言いたくなることもあり、正直なところ人間不信に陥っています。
 
なんだか貧乏くじを引く人生だな~と、ため息交じりにこの記事を書いています。
 
それでも、きっとすべてうまくいくんだろうと信じましょう。
 
これまでも、もうダメだと思ったことでも、意外なところから助けが来たり、思いがけない良い方へ転んだりしましたから。
 
でも古いつきあいであっても、頼りになる人ならない人がいることがよくわかりました。
 
その人が悪いのではないのですが、介護の不透明さ、計画がたてられない突発性を甘く見ていたんだと思います。
 
これは経験値の差ですから仕方がないですし、私も身近な人たちがすべて介護の修羅場をくぐった、あるいは修羅場中の人ばかりなので、「わかった上で約束してくれたんだろう」と甘く考えていたのが悪かったんですが。
 
父の今後がどうなるのか、不動産の始末、物の整理、そのための膨大な手続きとあらかじめ決められない時間や期間など不透明さは大なのに、こちらは母の時ほど自由には動けない。
 
お金もさることながら、時間を自分で仕切れない問題が、非常に大きいです。
 
今回の一連の出来事は、本当の意味であてになる人、ならない人を教えてくれたのかもしれません。
 
そう考えると、今の状況も悪くないのかも。
 
よし、元気を出して、限られた時間内で解決しましょう。
 
きっと大丈夫。
 
 
 
 
一人で親を遠距離で看取る経験をした人も、まだ実際に介護修羅場未経験者も、クリックして前を向いて行きませんか?

 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

運命の天輪 運命の天輪
 
Amazon

 

 

 

台風よ、海へ抜けてよ〜!

 
皆さん、同じ思いかと(^_^;)
 
今回は初めて台風対策をしました。
 
・物干し竿とすだれを室内に入れる
・ミネラルウォーター、そのまま食べられる缶詰やおせんべい、ウサのお野菜を3~5日分確保
・ウサと暮らすお部屋には頑丈な雨戸があるので、それ以外のキッチンや玄関のガラス窓にフィルムを貼った
 
賃貸住宅なので、私の対策はこのくらい。
 
一戸建て、雨戸が無いおうちはたいへんかと(^_^;
 
できれば、台風が過ぎた後で「支度したけど、たいしたことなくてよかったわね~」と笑ってすませられることを願っております(^_^;
 
 
実は、数ヶ月前から12日には親の家に行く予定で、航空チケットも買ってありました。
 
一週間ほど留守になるので、ましろおもちちゃんは、最初に保護されたアンディまま家へお泊まりさせていただくことになり、あらかじめラビットサークルやチモシーなどのウサ用品を宅急便で送付済み。
 
12日の朝に、目薬と一緒にウサを送り届け、私は羽田へ、という手順でしたが、もろに今回の超大型台風がぶつかりました。
 
航空会社からは早々に「日付変更してね」とサイト上に上がり、予定を多めにずらせました。
 
何しろ台風の進行方向と私の向かう方向が同じですから、東京から台風が去っても目的地に台風が居座っていては「やっぱり飛行機は飛ばない」ですからね(^_^;
 
出発日変更、アンディままさん宅へ送り届ける日と時間も変更、やれやれと思っていたら、思いがけない電話が一本(゚Д゚)
 
親の方で「はあ~!」という出来事がありまして、この時「今回、出発を延ばして良かった~」と。
 
いろいろと家庭の事情で、もし予定通りに戻っていたら、そして台風が来ていなければ繰り上げて出発になっていた可能性もあり、どちらにせよ、私には慌ただしい修羅場突入。
 
ところが、何しろ「超大型台風接近」のため、「すぐに行くのは無理です」「ですよね~。来てからでいいです」で、すべて話はOK。
 
アンディままさんに連絡を取り直し、場合によってはウサをもうしばらく預かっていただけることになり、その他友人知人関係者にメールや電話で連絡、さらに東京に居る時間が長くなったので必要書類やらお金の準備やらに余裕を持って対処できました。
 
台風は本当に迷惑ですが、私に限っては「出発を延ばした」ということだけはメリットでした。
 
つくづく、うちの白兎は、やっぱり「神の使い」じゃないかと思います。
 
これからしばらく、たいへん面倒なことが続きますが、結果としては私が楽になりますからね(^_^)
 
 
顔が大きく、目が小さく、足が短い、元気印の白ウサギですが、私には世界一可愛いウサちゃんです(^_^)
 
しばらくブログが途絶えるかもしれませんが、私もウサも元気です、たぶん。
 
Twitterやインスタでは気晴らしを兼ねて他愛も無いことを載せるかもしれません。
 
よろしければ、どうぞ。
 
インスタは「ましろ如月おもち」「masironomotti」(マシロンオモッティ)で検索してください(^_^)
 
どちらかというとインスタは、友人知人の写真を見に行くのが目的で、まだ使い方がよくわからないうえ、写真も少ないですが。
 
Twitterは山上翔子で検索してください。
 
有料ブログ記事やエッセイも書き進めていますが、今回のドタバタでまた遅れております。
 
もうしばらくお待ちくださいませ。
 
 
 
 
台風対策をした方も、途中の方も、クリックしてくださいませんか?
 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

昨日も良いお天気でしたので、大国魂神社に続いて、阿佐ヶ谷の神明宮へ御礼参り。

 
 
これで、御礼参りはすべて行きました(^_^)
 
自分の病気も辛いですが、同居している動物の病気も辛いですよね。
 
何とかしてあげたくても、病院へ連れて行って、お薬を飲ませたりさしたりするしかないですし。
 
帰りに、白兎珈琲店へ寄り、アイスコーヒーをいただきました。
 
 
顔見知りのトイプーちゃんを連れた奥さんやマスターとおしゃべりして、まったりすごしている間にも、入れ替わり立ち替わりお客さんが来て、オリジナルトートバッグやコーヒー缶が売れていきました。
 
私は最初に出た白っぽいトートバッグを使っていますが、今発売中の黒はシャープですっきりした印象。
 
おなじみのウサギマークが可愛いの(^_^)
 
欲しいな~と思いつつ、前回買えなかった方が遠方からわざわざおいでなので、控えています(^_^;
 
もし年末に残っていたら買おうかと。
 
でも、今のペースだと10月中、せいぜいもっても11月には完売かな~という勢いです。
 
缶も、コーヒー以外にもいろんなものを入れようと買い求める方が多く、こちらもいつまであるかしら?状態。
 
もし考えている方がおられれば、お早めに。
 
写真は白兎珈琲店さんのTwitterかインスタに、きれいに写っています。
 
私も撮りましたが、どうも上手に写らなくて(^_^;
 
やっぱり、遠慮しないで買いに行こうかな。
 
迷っています。
 
そして、この前まで左瞼を腫れさせてお岩さん状態だったましろ如月おもちちゃんは、元気溌剌。
 
お部屋の隅を熱心にほりほりして、カーペットをボロボロにしています(^_^;
 
 
さらにその後、二度目のケージの扉外しをやらかし、私に叱られました。
 

どうして、この頭の良さと器用さを「目薬をささないとお目々が腫れたり傷ついたりする」という理解に結びつけてくれないのかしら?
 
ウサギですからね(^_^)
 
ちなみに「ましろおもち」にミドルネームとして、公園で拾われた2月にちなんで如月を入れてみました。
 
でも、呼び方はみなさん、バラバラ。
 
「ましろちゃん」「おもちちゃん」「姐さん」「ましろ姐」「オモッティ」「マシロン女史」など。
 
別名は以下の通り。
 
換毛期で隈取りができたのにちなみ、芸名 真白御餅 屋号 宇佐義屋
 
椅子やテーブルの脚に彫刻をするアーティスト名 マシロン・オモッティ女史
 
リアルでもネット上でも、皆様に可愛がられて応援されて、幸せなウサさんだと思います。
 
改めて御礼申し上げます<(_ _)>
 
皆さんのワンコ、ニャンコ、ウサさん、小さな動物たちが、無事に季節の変わり目を乗り越えられますように。
 
もちろん人間もですよ!
 
 
余談ですが、有料ブログ記事に書く内容をおおよそまとめまして、書き始めています。
 
詳しくは記事の目処がたってからお知らせいたします。
 
また爆烈うさぎのエッセイも、できあがりましたらお知らせいたしますので、興味をお持ちでしたらぜひご一読を!
 
 

涼しくなって復活した人も、季節の変わり目で体調を崩した人も、クリックして元気を出しませんか?
 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

今日は良いお天気でしたから、大國霊神社へ御礼参りに行きました。

 

夜はお祭りで、準備が進んでいました。

 

image

ましろちゃんのお目々と、同時期に斜頸になってしまったウサちゃんの回復を願っていまして、どちらも回復に向かっているため御礼を(^_^)

 

ましろちゃんも全快とはいえ、気圧の変動でまた腫れてくる可能性が高いのですが、一番のピークが収まりましたしね。

 

帰りに調布で途中下車し、菜々やさんで「赤とんぼ」というお菓子と珈琲を。

 

imageimage

 

大國霊神社→菜々やさんで珈琲と上生のセット=白兎神社へ行く決意をさせた取り合わせ(^_^;

 

思えばこの時から、白兎にもてあそばれていたような。

 

当然、昨年初めてこのコースをたどったときは、一年後に白兎を飼うなどと夢にも思いませんでしたわ。

 

その後、バスで北上して吉祥寺へ行き、井の頭公園内の井の頭弁財天と不動堂にお詣り。

 

image

 

こちらは、これから書く私の作品がより良いものになるようにというお願い、そして重荷を背負って奮闘する友人知人に幸福と平安が訪れるようにという🙏です。

 

お昼過ぎになったので、ドゥリエーブルウサギ館で、カレーのセットを食べました。

 

こちらのサラダのドレッシング、和風でおいしいんですよ。

 

imageimage

 

混んでいましたが、運良く一人席が一つ空いていまして、すぐに入店(^_^)

 

その後、ズラリと外のベンチで順番待ちの人たちがいましたから、ちょうどよいタイミングでした。

 

神田明神にも「ウサズの回復祈願」をしてきましたが、どちらも大国主命が祭神なので、大國霊神社でまとめてお礼を。

 

もう一箇所、御礼参りに行く神社がありますが、府中よりは近いので、そのうちに行きましょう。

 

この変な気候のせいで、人間も動物も体調を崩すことが多いようです。

 

皆様もどうぞご自愛ください。

 

 

 

 

秋祭りに参加した人も、忘れていた人も、クリックして秋を楽しみませんか?

 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

ようやく姐さんのお目々が治りましたが、気圧の谷間になると目やにが出たり白濁が出たりします。

 

 

 

 

でも命に別状はないので、これも持病ととらえ、毎日地道に目薬をさして、おつきあいします。

 

私の体調も回復してきました。

 

今月初めまでは「私は生きて年を越せるのだろうか?」と本気で考えていたほどひどかったのですが、だんだん落ちついてきて、今はほぼ「持病・障害ありでそれなりに元気」な状態へ戻りました\(^_^)/

 

いやはや、病気ではないのに重度の体調不良でしたから、治療のしようがなくて困りました。

 

とはいえ、いきなり飛ばしていったらまた倒れそうなので、徐々に進めていきましょう!

 

4月から遅れに遅れている計画に、少しずつ手を付けていますが、今年はもう3か月と5日(^_^;)

 

セーブして、できなければできないで、来年に持ち越しますわ(^.^)

 

今年は自身の虐待体験を基にした重いテーマの長編小説を完成させたかったのですが、残念ながら体力的に無理なようです。

 

短い書けるものから書いていこうと思います。

 

それでも、突発的に長編ができることもあるので、あくまでも予定です(^_^)

 

 

 

今、REQUに登録し、有料ブログを始める準備をしています。

 

今までの体験や思うことを、「誰でもOK」の内容はこのブログで、「おおっぴらにはちょっと」という内容は小説で使うと決めていました。

 

ところが、体調不良中に整理してみて、「小説に使いづらいこともけっこうあるわ」と気づきまして(^_^;

 

とはいえ「誰でも自由に見られる」ブログでは、書きにくいことが多くあります。

 

そこで、有料ブログで、私の体験に基づく、あるいは過去に出会った体験者から直接聞いたことを題材に記事を出すことにしました。

 

内容は、虐待、障害、福祉に関することが主になります。

 

これらについては、あくまでも私の見方であって、反対意見もあれば異論もあるでしょう。

 

私は決して批判や非難をするつもりはありません。

 

「こういう事実が社会にはある。こんな思いをしてきた人間もいる」という点を踏まえた上で、「では、どうすれば、みんなで幸せになれるのか? こういう問題にどう対処することができるのだろう」という考えるヒントにしていただければと願っています。

 

有料ブログで扱う諸問題は、私は今のところ解決策は思いつきませんし、すぐにどうこうできるものではありません。

 

それでも「ここにこういう問題点がある」ということに気づかなければ、何も変わりませんしね。

 

準備ができましたら、このブログでもTwitterでもお知らせいたしますので、興味をお持ちでしたらぜひご覧ください。

 

 

 

電子書籍では、エッセイを最優先に書き進めています。

 

オンデマンド本は、当分作りません。

 

電子書籍に比べて編集がたいへん(私的に)で、負担が大きいからです。

 

初めて書くエッセイは、突然家族になってしまった白ウサギとのドタバタ生活です(^_^)

 

題名は『神様がくれた爆烈ウサギ  白ウサギとの終わりなき闘争』

 

ちなみに章立ては、予定の段階ですがこのように。

 

1 すべては白兎神社から始まった

2 なぜ、よりにもよって白ウサギ?

3 頂上決戦、ボスはどっちだ!

4 私の人生設計に「うさぎの食育」はなかった

5 ましろおもちというウサギ

6 姐さん、おつとめご苦労様でした

 

白兎神社へのお礼参りから、なぜかウサギつながりで様々な出会いがあり、ついに飼う気などなかったのに、捨てられていた白ウサギが家族になってしまったお話。

 

しかも、この白ウサギが一筋縄ではいかない元気印!

 

ウサ飼いの超ベテランさんたちに「玄人好み」「あんまりいない」と、嬉しくない太鼓判を押される、いろんな意味で難しいうさ子(^_^;

 

元の飼い主がちゃんと躾をしていなかったため、まず人間との序列を決めるための「教育的指導」(疑似マウンティング)をしても、「わたしがボスになるんだから!」と大反抗。

 

なまじ頭が良いうえ、ブルドーザータイプで、フェンス破りは得意技。

 

しかもこちらは気象病で、連日血圧上98、下65で、偏頭痛とめまいと怠さに悩まされていた状態。

 

育児ノイローゼになりそうになりつつ、だんだん慣れていくプロセスを、コミカルに描いています。

 

ましろおもちと山上翔子だけは名前はそのまま、その他の登場人物や施設はプライバシー保護のために仮名になっています。

 

穏やかな神社詣でからスタートして、暴れウサギの避妊手術終了までを一区切りとして、書き上げるつもりです。

 

ネタはまだまだありますが、ここで区切らないとエンドレスになってしまいますので(^_^;

 

 

 

今のところの計画ですが、この先、状況によっては変わっていきます。

 

ウサギ神シリーズのコメディ短編も書きたいし、霊獣たちのコメディもネタは豊富。

 

『邯鄲堂綺譚』も残りを出して欲しいというリクエストが来ていますし。

 

申し訳ございませんが、書く体力がないのが悩みです(^_^;

 

私とましろおもち姐さんの体調次第ですね(^_^;

 

今後も気長にお付き合いいただければ、幸いです。

 

 

 

 

体調不良の人も元気な人も、クリックしていってくださると嬉しいです。

 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

もう、いろいろすみません<(_ _)>

 

ようやくウサのお目々がかなり回復(全快ではないですが)し、私も良い鍼治療を受けてそのデトックスで寝込んで回復し、「さあ再開だ!」と思ったら、今度はパソコンが不調、Wi-Fiも?、おまけに鍼の良いデトックスではなく、純粋に寒くて風邪を引きと、ドタバタ状態(^_^;

 

落ちつくまで、もうしばらくTwitterもブログもお休みいたします。

 

 

 

ところで、Twitterから来てくださる方へのお知らせです。

 

以前、「Twitterからブログへ入ってもランキングバナーが反応しない」というお問い合わせをいただき、ランキング管理者へ問い合わせていました。

 

回答をいただいたのですが、私の方がダウンで遅くなりましたが、再度ダウンの前にお知らせを。

 

結論は、「Google Chromeで開くとOK」でした。

 

そして、Google Chromeで開くという設定は、Androidではできますが、iPhoneでは無理とのこと。

 

せっかくTwitterから来て応援してくださる方がいらっしゃるのに、Android以外なら、一度Twitterから離れてブログへ入らないと、ランキングバナーは反応しないそうです。

 

ちなみに、私はiPhoneなので試せないのですが、Androidの方は以下の手順で切り替わるそうです。

 

・左上の自分のアイコンをタップ

・設定とプライバシーをタップ

・ディスプレイとサウンドへ

・ウェブブラウザの「アプリ内ブラウザを使用する」のチェックを外す

 

この作業で、再起動無しでGoogle Chromeに替わるそうです。

 

あいまいな表現で申し訳ございませんが、なにせ自分で試せないもので(^_^;

 

よろしければ、お試しくださいませ。

 

最初に「バナーが反応しないんですが」と質問され、「ええ~!なぜ?」とパニックっているうちに、他の数名からメールで「いや、普通に押せましたけど。一時的なトラブルじゃないんですか」とお知らせいただき、「あら、たまたまトラブルだったの」でスルーしてしまいました。

 

今思えば、この方々、Google Chromeに替えていたAndroid持ちだったのかと。

 

その後、他の方からも「反応しないんですが?」と問われ、あわてて問い合わせたという不手際。

 

申し訳ございません<(_ _)>

 

おばちゃんがTwitterって、やめといた方がいいのかしら(^_^;

 

 

 

そして、この件とは別に、ただいま絶賛落ち込み中。

 

今日21日、一つ一つは小さなトラブルや過去の傷なのですが、それがなぜか複合してドーンと過去が蘇るようなことが続けて起きて、久々に「私の人生って、親に虐め殺されるためにあったのかしら?」と泣きたい気分に。

 

しかもお金という具体的な形で絡んで出てきたため、なおさらリアルでシビアな問題。

 

諦めて、今日は落ち込み続け、明日にはまた前を向いて行きましょう。

 

たくさん物を処分して、体調も整い、これからという時にこんなトラブル(;。;)

 

きっとこれも、後で「これでよかったんだわ」と思うときが来ると信じています。

 

ましろおもちちゃんのお目々も峠を越えましたし、これからはきっと良いことばかりだと信じましょう(^_^)

 

image

 

 

 

普通の家庭に生まれた人も、私のように家庭が無かった人も、クリックして元気を出しませんか?

 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

ましろおもち姐さんのお目々は、最初の予想以上に長引いていますが、それでも徐々に回復してきました。

 
まだ油断はできませんが、目が開けられなかったひどい腫れはおさまり、お目々を開けています^_^
 
とはいえ、まだ原因となる上瞼は少し腫れていますし、天候の悪化に伴い涙目になることも。
 
食欲は旺盛でしたが、瞼の腫れがひどいと、へやんぽでもほとんど動かず、私の側でうずくまっていました(^_^;)
 
今朝は元気に跳ね回り、ベッドの上に飛び上がり、暴走し、ウォールいえフェンスを襲っていました😁
 
 
原因が先天性のマイボーム腺機能不全症候群で、台風接近などの天候不順に影響されて炎症を起こしたと見られますので、目薬とステロイドの塗り薬、抗生剤の飲み薬しか対処法がなく、同時に防止策もありません。
 
本当にウサギの目の医学的な面が遅れているんだなと痛感します(^_^;
 
命に関わらないとはいえ、見ているだけで可哀想で。
 
でも元気になってきているんですから、私も負けずに頑張りましょう。
 
幸い、私の体調は徐々に復活してきていますので、遅れている原稿や計画を少しずつ進める準備に入っています。
 
まだ本格的にブログやTwitterへの復帰は無理ですが、こちらも徐々に回復したいと願っています(^_^)
 
 
 
お話はガラリと変わりまして、ようやく今年の1月に厳島神社へ呼ばれた理由がわかりました。
 
image
 
昨年の突発的お伊勢参りの際は、すぐに「なるほど、これを伝えたくて呼んでくださったのね」とわかりましたが、厳島神社へ呼ばれた理由はさっぱり(^_^;
 
「うーん、市岐島姫命は産土神だからご挨拶に呼ばれたのかしら~」くらいの予測しかできませんでしたが、今回のましろおもちちゃんの瞼が腫れる騒動ではっきりと、いいえ、ようやくわかりました。
 
以前のブログで「厳島神社へ行って、旅はもういいかな~と思ったけれど、いやいやまだまだこれからと思い直した」というようなことをどこかで書いたかと思います。
 
はい、これが正解でした。
 
つまり「旅は必要がないかぎりせず、家にこもってひたすら原稿を書け!」と言いたかったのです。
 
私が小説を書き始めた動機は「これを書き残さねば、死んでも死にきれない。怨霊になってでも書くわ」でしたが、その後少し変化があり、「書き残さねば未練が残るのはそうだが、それと同時にかつての私のような人を癒やし楽しませたい」という思いも加わりました。
 
この二つが現在の書く動機です。
 
ところが、これを押しのけて「行っていない場所を旅して、楽しみながら書く」方に重点を置いてしまい、神様達としては「ちょっと待った!」と産土神様である市岐島姫命の厳島神社へお呼びになったらしいです。
 
それではなぜ宗像神社や他の神社ではなく厳島神社だったかと言いますと、ここにはまだお詣りしていない『ウサギ神奮戦記』に登場された神々すべての分社があり、お礼参りがここだけですべて完了できたから(^_^;
 
いや~、素晴らしいご配慮でした。
 
ところが、私は全くそれに気づかず「まだまだ旅はこれから」とあくまでも旅行中心のライフスタイルを貫こうとしたので、「何が何でも家=仕事場に縛り付けて書かせる!」と神様達が一致団結し、持病だらけの元気印白ウサギを派遣されたのでした(^_^;
 
おまけに4月からどん底状態で体調が悪化し、否応なしに旅行用品を処分し、いやいやながらライフスタイルの変更をしているうちに、ましろちゃんは瞼が腫れ上がり、私は頭を抱え、その状況でようやく神々のご配慮に気づいたのでした。
 
しかも、ちょいと思いがけない事実がわかり、これからは書くこととウサとの生活が中心となり、それ以外は極力切り捨てるのかという覚悟を決めまして、ここ一週間ほど大規模断捨離をしていました。
 
最後まで考えあぐねていた調理道具と食器を大幅に処分しました。
 
料理本やケーキの本や衣類もそれなりに処分し、「自宅でウサと共に執筆生活、来客無し。人と会うときはお外で」というライフスタイルに大幅変更しました(^_^;
 
機内持ち込み手荷物サイズのキャリーバッグに10杯分、リサイクルショップやバザーに運びました。
 
不思議なことに「そうか、処分だわ」と思ったとたん、身体が妙にしゃきっとなり、あの体調の悪さにかかわらずせっせと運べ、片付いた一週間後には6~7割ほど体調が復活していました(^_^)
 
そして今日は、8~9割ほど回復しております。
 
しばらく天候が不安定になるので少し悪い方へ戻る可能性はありますが、少なくとも先月ほどにはなりますまい(^_^)
 
自宅では自分の分だけ作って食べ、アレルギー持ちの友人には差し入れにケーキやパンを持参しますが、これは1人分だけ作るのは不可能なので、どのみちまとめ作りをして冷凍しておきますから問題はありません。
 
ミッフィーのお鍋も処分し、今は26cmフライパン、もうすぐ寿命がくる20cm深型フライパン、その代わりとして買っておいた22cm深型フライパンの三つとやかんだけですが、今のところ不自由はありません。
 
20cm深型フライパンがダメになれば、26cm、22cm深型の二つになりますが、足りなければ買うことにして、当分このままで。
 
煮込みは3合・5合炊き炊飯器がありますので、どちらかで。
 
いよいよ不自由なら、今度はティファールの取っ手のとれるシリーズにしようかと。
 
洗い物も楽にしたいですしね。
 
食器もかなり迷ってコレールの食器やいろいろを処分。
 
1人分に厳選し、どうしても足りない26cm大皿と大ボウルはそのうちにポーセラーツで作ります(^_^)
 
その前に、春から作りたかったマグカップ2個を作り、無いと困るので残しておいたマグカップと入れ替え。
 
そろそろ通えるかなと期待しています(^_^)
 
すべてが「書くこと」「ウサギとの生活」に焦点を合わせて、それ以外をできうるかぎりそぎ取った生活が、これからのライフスタイル。
 
大量に資料本は増えますが、それ以外は無いですね。
 
お食事もできればできあいのお惣菜などですませたいのですが、こちらはあいにくのアレルギー持ちで最低限は作ることに。
 
でも手の込んだ物はもう作りませんし、まとめ作り、数日にわたって食べる、もしくは冷凍して温め返し、に完全シフト。
 
食べられる食品であれば、できるだけ市販品を利用。
 
お買い物もできるだけ通販を利用し、外出を減らすように。
 
まさかこういうライフスタイルになるとは、3月までは夢にも思いませんでしたし、納得して受け入れるには実に4~9月はじめまでかかりましたが、今はこれでよかったのだと思います。
 
体調の悪い時期に元気印ウサギが来て、しかもこのウサがしょっちゅう目のトラブルを起こすやら避妊手術をすれば腹帯を巻き上がるやらで、こちらの体調が悪くてもウサギをキャリーケースに押し込んで動物病院へ走る羽目になったのも、深い意味があったのでした。
 
自分の体調が悪くてウサも体調が悪い状態になっても対処できるライフスタイルは、逆に体調が良ければたいへん仕事がはかどります。
 
そういう生活を組み立てるために派遣されてきたのかしらと、モシャモシャ牧草を食べているましろおもちちゃんのボサボサの後ろ姿を見ております。
 
まだ換毛が終わらなくて、ボサボサなのよ(^_^;
 
今日はこれからの仕事の計画を組み直し、できるところから手をつけていきます。
 
まだウサのお目々も全快ではなく、私の体調もちょいと不安要素がありますので、ブログ・Twitterの復帰はまだ先になりますが、1人と1匹、共に復活しつつありますので、まずはご報告を(^_^)
 
復活しましたら、またどうぞよろしくお願いいたします!
 
 
 
 
 
元気な方も不調な方も、クリックして元気を出しませんか?
 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜からまた左目をつぶってしまった、ましろおもち姐さん。

 

先天性のマイボーム腺機能不全症候群(上まぶたの裏に脂が固まってしまい、目の表面を覆わないので保護膜の水分が蒸発し、常にドライアイ状態。保護膜がないので、すぐに目を痛めてしまう)なので、ちょっとしたことでも目に症状が出てしまいます。

 

目薬をさして様子を見たのですが、夜遅くなると涙まで出てきて悪化。

 

今朝、すぐに行きつけの動物病院へ向かいました。

 

一番に入ったので、すぐに診ていただき、どうも下まぶたに炎症を起こしていると。

 

原因は不明ですが、おそらく換毛期でお顔がかゆくてかいているときに傷をつけて炎症を起こしたのではないかと。

 

いつもの目薬に加えて、ステロイドの軟膏と粉末の抗生剤を出していただき、ちょびちょび様子見をしながらではなく、一気に行こうということになりました。

 

それでも完治するまでに4~5日、あるいは一週間はかかりそう(^_^;

 

命に関わる病気でないのでほっとしましたが、それでも朝晩の目薬、軟膏に加えて、3回ぐらいはできるだけいつもの目薬をとのことですから、戦いですわ!

 

幸い抗生剤の方は、水筒代わりに持参したサニーレタスに振りかけて食べさせたところ、「こんなところに連れてきて、何よ!」と言わんばかりに食べていたので、問題ないようです(^_^)

 

食欲旺盛な子で助かりました。

 

ちなみに体重を量ると1.3㎏。少し太りましたが、許容範囲ということで。

 

今はケージの中でふて寝をしています。

 

「お目々を治すのに仕方ないのよ」と話してきかせましたが、ウサギには通じていないようです。

 

しばらく朝から晩までウサギの目薬に日常生活に、身体にむち打って頑張ります(^_^;

 

 

 

 

 

 

私の病名がつかない不調で最悪な時に元気印ウサが来たことも、なるほどそういうことだったのかしらなどと、しみじみしている最近です。

 

物事が停滞するときは身辺整理、生活を見直す、というのは今まで通りで、旅行用品を処分したり、これからの生活設計を立て直したりしてきましたが、悶々とする日々。

 

昨日、帰り道にふと図書館に寄り、何となく借りてきた本を、夜のへやんぽ中にウサを監視しながら読みました。

 

阿部絢子著『住まいの老い支度』です。

 

さらりと読める内容ですし、すでにしてしまったことも多数。

 

ただ改めて「一人で暮らす人が老いを意識した生活設計とお片付け」について読んでいるうちに、気づいたことが!

 

気づいたというか、以前から「使いにくいな~」と考えていた部分を否応なく意識することに。

 

それは「台所」。

 

うちの場合は、そんな立派なものではなく、小さなキッチンスペースにすぎませんが、それでも「そうか、これは片付けるときが来たんだわ」とストンと納得。

 

今日は思い切って大処分をするつもりでしたが、姐さんのお目々が炎症を起こしてしまい、計画は先延ばしに。

 

これもこういう巡り合わせなのでしょう。

 

焦らずに始末をしていこうと思います。

 

そして調理手順や作る物も、けっこう変えることになりそうです。

 

私の体調不良に加えてウサもお目々を傷めるということが重なったのも、「こういう事態になっても慌てずに対処できるライフスタイル作り」という天の声だと思いますので、白兎神社や厳島神社のお札に向かって文句を言わず、前向きに受け止めていきますわ。

 

うーん、こういう心境になったのも、一つの恵みかもしれません(^_^)

 

この生活変化の話題や、執筆中のエッセイの紹介などをするつもりでしたが、まずは姐さんの容体が落ちつくまでブログもTwitterもお休みすることにしました。

 

人間もウサもダウンということでご容赦を。

 

ちなみにTwitterから入ってランキングバナーが反応したりしなかったりの件については、まだ回答が来ないため、もうしばらくお待ちくださいませ<(_ _)>

 

それでは、皆様もどうぞ健康にはお気をつけください。

 

 

 

ペットが元気な人も、不調な人も、飼っていない人も、試しにクリックしてみてくださいな。

 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

今日から9月。

 

もう9月。

 

そして9月初日から、ぐったり(^_^;

 

昨日は久々にアンディままさんにお会いして、ウサのお里帰りの打ち合わせやいろいろなお話を楽しみました。

 

お里帰りといっても、「ましろおもちさん、あなたのようなふつつかなブルドーザー・ウサギは、tudumigusa家ではつとまりません。実家にお帰りなさい」というわけではございません(^_^)

 

秋にどうしても父親の介護のことで一週間ほど田舎へ行かねばならず、その間お泊まりさせていただくのです。

 

これは前もってウサを引き取るときに話し合っていたことで、飼う際に最大のネックが田舎の一人暮らしの老父のことでした。

 

一泊くらいなら動物病院付属のペットホテルへ預けられますが、さすがに一週間もケージの中に入れられっぱなしは可哀想。

 

ウサギ専門のペットホテルなら「へやんぽ」を少しさせてくれますが、何しろこの子は持病持ち。

 

何かあったときの対処に不安があります。

 

というわけで、ウサを連れて行く日や時間、迎えに行く日、ごはんのことなどを話し合いました。

 

最初にましろおもちさんを公園で発見、保護された方ですので、安心してお願いできます(^_^)

 

さて、明日から9月、気分も良くなってきたし、頑張ろう!

 

と昨夜は思いましたが、どうも寝付かれず。

 

いや~な予感はしましたわよ。

 

訳もなく眠れないときって、気圧が大きく変動している時。

 

ということは、明日は……。

 

悪い予感は的中し、偏頭痛はひどいわ、眠いわ、怠いわ(^_^;

 

今日から仕事復帰計画はあえなく潰えまして、とりあえずましろおもち姐さんのチモシーを選別し、日常の食品などを近場で買い、後は寝たり起きたり。

 

今年の4月から今日まで、私は何をしてきたのだろうと、虚しくなりましたが、ケージの中からチモシーをモシャモシャ食べながら「何してんの? 暇ならなでれ!」と期待してこちらを見ているウサと目が合うと、「とりあえず爆烈ウサギに慣れたわ、この5ヶ月で!」という気分に(^_^)

 

 

アニマル・セラピーというには無理がありますが、悩んでもしょうがないので。

 

まずは軽い読み物でも書いて、それからエッセイに入りましょう。

 

努力目標として、今書いているエッセイ、今後したいことなどを、近々記事にしたいと思います(^_^)

 

気象病という病気ではないのにしんどい症状に悩んでいる方も、病名がつく病気で闘病中の方も、健康な方も、今年あと4ヶ月を乗り切りましょう!

 

 

 

山上翔子の小説をお読みくださった方も、読んでない方も、クリックしてくださると元気が出るかもしれません。

 ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村