FXで月100万を稼ぎ出す短期売買法
  • 05Jun
    • MACD戦略:トレーダーの心理

      その背景を覗き見る「これで見るべきなのって、参入してるトレーダーの心理だよね?」茜ちゃんのホテルに着くなり、私はパソコンを開いて言った。寝起きの茜ちゃんはちょっと不機嫌そうに私を見ている。「・・・・・・ちょっとまだ眠いのよ」「茜ちゃんがこのロジックの背景に目を向けろっていってたからダイバージェンス、2つの障壁ラインの意味を考えてみたの」この女、って目でこちらを見てくる茜ちゃんを華麗にスルーして私は自分の気づきをアウトプットした。「難しいことはよくわからないから、とりあえずシンプルに考えてみることにしたの。価格が上昇してる時、買ってる人たちは更に上昇していくことを狙ってるはず。当たり前のことだけど。その時に、A)の高値で押しをつくっていくのかどうかが重要になると思う。こんな感じで」「下から買っていたトレーダーは含み益が乗ってるわけだしこのA)のポイントで再度上昇すれば直近高値を踏み出しにし、伸びやすい押しになると思うの。この部分だけでみればだけど。だけど茜ちゃんが言ってくれた条件は、この高値の障壁を下回ることだった。これはここから買いを狙うわけではなくて、売りを狙うからだよね。ダイバージェンスを条件に持ってきてるのだって、いま買ってる人たちの利確や新規の買い参入をみたときに売りに傾きだしてるかをみるため。であれば、私が買ってるとして、きっと嫌なのは、高値を踏み台にできずに下回る事。」私がD)で買ったって考えて、まだ買いが入ると思ってたらやっぱり直近高値のA)で更に伸びてく事を見ていくと思う。E)のように高値を下回て来たとき、私だったら「う~ん」ってなるかな。D)で買って、少しでも含み益が乗ってたなかで、思惑どおりA)で押しを作れず深い押しになってきたら、ここからの上昇を疑う。それに・・・・・」「それに?」「E)の段階は、それまでの含み益が目減りしていってていま少しでも利益が出ている段階で切ろうか、ここから伸ばそうかって悩むと思う。だから条件のなかに安値D)を下回らず再度上昇が入ってるんだよね。もし安値を下回ったら、その下にある損切を巻き込んで下落していく可能性もあるしそこに飛び乗るのは危険だと思う。でも安値を下回らずに上昇したとき、それまで目減りしていた含み益が戻ってホッとするな、私なら。でも同時にすごく不安にもなる。例えば含み益が1万出てて、A)で上昇してダウ継続って思ってホールドしててそれがE)の段階で2千円とかになってたら、まずどうしてあそこで切らなかったんだろうって考えちゃうと思う。で、それが安値を割らずに再度上昇して、2千円、3千円、って含み益が戻ってくるとよかった~ってきっと思うんだけど、A)で上昇しなかったこの波は売りの力も強いのかな?って思う。押しが深くなってるし、ダイバーも起きてるし。だから、当初より含み益がないけど利益が出てる段階で利確してしまった方がいいって考える。伸びる?どう?って迷ってるとき、どこまで伸ばそうかっていうよりもどこで手仕舞いをしようかに考えが傾くと思うしF)の高値が直近高値を超えれないってなると痛みを避けたいからそこで利確すると思う。損切の痛みより、いま利が戻ったここで手仕舞っちゃおうって」私の話を静かに聞いてくれていた茜ちゃんは、コーヒーを少し飲むと「それでこのロジックの背景で何を得たの?」といった。「・・・・・・心理。トレーダーたちの視点。私、ローソク足やインジケーターの動きにばかり反応してたけどこの一つひとつを作ってるのは、画面の向こうにいるトレーダーたちで大衆心理が形作ってるんだよね。ディックスさんがいった、なぜ上昇するのか、下落するのか?って問も結局はそこに買うトレーダーがいるからだし、それは買うだけの心理が相場のなかにあるってこと。だからこの茜ちゃんのMACD戦略も、このまま使うんじゃないっていったのはこの相場を動かしているのは大衆だと知れってことだと思った。インジケーターやサインなんかの前に、相場とは何かを知れってことなんじゃないかと。どうかな?」そういうと茜ちゃんは、私の目を見て、「おみごと」と笑った。にほんブログ村

  • 23May
    • MACD戦略の背景に潜むもの

      ただひたすら目的へ向かって前回から少し時間をあけての更新となってしまいました。ということで、こんにちは、つばさです(*'ω'*)いや~思った以上。思った以上に前回の記事で出したプレゼント企画に応募がきてひとり手作業で返信をしていました。こちらについてはもう少し枠があるのでラインを簡単に引きたい方は枠が埋まる前に手に入れてください♡それでは、『前回までのあらすじ』彼のDV生活から逃げる為、逃亡資金を増やそうとはじめたFX。右も左も分からないなかで高額ツールを購入してしまい逆に資金の大半を失った私。残り僅かな資金のなかで再起をはたそうとするなかディックス・マーレーという投機家の存在を知りすがる思いでコンタクトを取る。ディックスとのコンタクトに成功した後、彼の紹介で出会ったイケメントレーダー立花 茜。(オカマさん)茜ちゃんの滞在するホテルで本格的に学ぶことになりなぜかラブホテルを想像して勝負下着で挑んだわたしだったがそんな勝負下着を披露することも勿論なく売買の基本を詰め込んだMACD戦略を教えてもらうことになる。学びの一日目。最高に楽しい時間が過ぎて気づけば夜になってしまい彼に連絡することを忘れていたわたしはこれからの希望よりも、いまの不安と恐怖に怯えながら家路を急いだのでした。<span style="font-size:1.4em;" 第9章:MACD戦略の背景に潜むもの玄関のドアを開けると部屋は真っ暗だった。帰る道で何度もスマホをみて連絡がきてないことも確認していたし先に立ち寄った彼の駐車場に車がないことも確認していた。それでも鍵音がならないように静かにあけたのは「おかえり~」なんて言葉ではなくてグーパンチが飛んでくるかもしれないという恐怖からだった。だけど私の心配をよそに部屋は静まり返っていてそこに彼の姿はなかった。彼は時々、連絡もなく帰ってこなくなる。仕事で出張もあるから仕事なのか、それとも……。ただその時は居ない理由なんてどうでもよくてとにかくいないことにホッとした。シャワーを浴びた後、スマホをトイレに持ち込み鍵をしめ今日、茜ちゃんに教わったことをチャートを見ながら復習した。ドル円、ユーロドル、ポンドドル。それぞれの通貨で時間軸を変えながら波形を探したけど茜ちゃんがみせてくれたように、綺麗にはまる波形がなかなか見つからない。「この戦略で重要なのことを忘れないで」茜ちゃんの言葉は、そのままこのロジックだけをやれってことじゃない。そのロジックの背景に注目しないといけないんだ。1:MACD599がダイバージェンスを起こすこと2:ダイバージェンスが起きた起点にラインを引く3:一旦下落したローソク足が下限ラインを割らずに上昇4:上昇したローソク足が上限値を上回らずに高値を切り下げる条件に入ってるダイバージェンスは買いだったらそれまでの買い勢いが弱くなったことだよね。確か、それまで買っていた人たちが利確したりもその要因だったはず。茜ちゃんは、為替相場の基本戦略は逆張りだっていってた。逆張りを成功させるために、買い勢力の低下が条件になっているのか。だとしたら、この上限値のラインと下限値のライン条件の背景は……って考えたけどその答えは簡単には見つからなかった。チャートを眺めて2日経った頃茜ちゃんを紹介しくれたディックスさんにメールをした。お礼もちゃんといえてなかったって思って。「それで?いま条件の背景に悩んでると」ディックスに茜ちゃんに教えてもらった戦略と条件について上手く答えが導き出せないんだ、といった。「立花にはなんていわれたんだい?」「MACD戦略は基礎が詰め込まれててそのロジックをそのまま使うというわけじゃなくその背景に目を向けろ、って」「そう、もう答えがでてるじゃないか」「・・・・え?」「その戦略に目を向けるんではなくてなぜ波形はN波動を描きながら上昇、下降するのか。そこをしっかり考えることだね」このディックスのメールが戦略の背景に目を向けろこの答えを導き出すヒントに繋がり私は導き出した答えを持って、茜ちゃんの待つホテルへと再度むかったのでした。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 10May
    • オリジナルインジケーター100名様にプレゼント‼

      感謝を込めてこんにちはFXトレーダーのつばさです(*'ω'*)いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。私がトレードで稼げるようになるまでを綴ってるこの「監獄トレーダー」はまだ産声をあげたばかりで8記事と少ないブログですが開始して約一週間程の間で多くのアクセスをいただきまたランキングも応援していただけていることでアメブロランキングでも上位に表示されるようになりました。なかには「更新を楽しみにしてます」とご連絡をくれる方もいて本当ありがたや~と感謝の気持ちでいっぱいです。これまで文章などロクに書いたことがないので読みづらい点など多々あるかと思いますがこれからも「監獄トレーダー」を応援していただけるとわたくし非常にうれしいです。読者さん限定特別プレゼント企画今回は題にも書いているように人気急上昇ありがとう企画といたしまして前回記事「バイナリーオプションにも使える MACD戦略」でも登場したラインアスタリスクを読者さまへどどーんとプレゼントしたいと思います‼このラインアスタリスクは現在、バージョン3まであるのですが今回のバージョン1は半自動半値抽出機能を持ったインジケーターとなります。使い方は前回のMACD戦略他日足の前日高安値に引けば、今日の節目なども見つけやすくなり使い方次第ではとても便利なインジとなるのでぜひぜひご活用ください♡応募方法今回のアスタリスク1はこの「監獄トレーダー」をいつもご覧いただいてる方のなかから先着100名様にプレゼントいたします。※残り65名様になりました。※応募は終了しました。応募は簡単。この記事の下にもあるブルドック(犬の画像)をクリックランキングサイトに飛んでいただいたら「監獄トレーダー」のランキングポイントをクリックしてください(*'ω'*)この画像の矢印のところにある数字こちらを確認していただきブログのメニューバーの一番右のお問合せまたはこちら「LINE*01応募フォーム」から入りお名前などの必要事項本文に、題「アスタリスク1プレゼント」と記載していただき先ほどの応募番号を記入して送信してください♡応募いただいた方には順次、半値抽出インジケーター「アスタリスク1」を配布させていただきます。注)100名様に達したところで応募を終了させていただきますのでご応募はお早めに!(応募は終了しました)また応募時にブログの感想なども頂けますと嬉しいです(*ノωノ)これから、第二、第三のメンターや彼との壮絶な戦いを描いていきますのでこれからも「監獄トレーダー」をよろしくお願い致します。以上どん底から這い上がったプロップトレーダーつばさでした。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 08May
    • バイナリーオプションにも使える MACD戦略

      その背景に目をむけて「これから一つ、トレードのやり方を教えるわ。本当は基礎から教えるべきなんだけどこれを通して見えてくるものがあるはずだから」綺麗な水辺のリビングで30分ほど過ごし私たちはホテルの部屋へと戻った。そろそろ帰らないとまずな、って時計に目をやったとき「帰る前に」と、茜ちゃんがチャートを開いた。「これは私たちがやるトレードの軸になってる部分。重要なのは、このロジックではなくこの背景にわたしたちが何を見ているか、よ。これ自体は私たちのメンターがトレードのやり方を教えてくれた際に構築してくれたものなの。だからいい、大切なのはこのやり方が何を言わんとしているか。何にフォーカスを当てているか、そこに気づくことよ。」MACD戦略「ここではオシレーターのMACDを使うけど時間がないから、MACDについては自分で調べなさい。私はあくまであなたが気づくためのヒントをこのロジックから伝えるだけ」「うん、わかった」「じゃ、やるわよ。まず、通常のMACDはその設定値が、12.26.9というものになってるわ。この設定値を変えるの。こうよ5・9・9それがこのトレードで使う設定値。チャートで実際確認したらわかるんだけどこの設定値にしたMACDの高値とローソク足の波形はほぼ綺麗に一致しはじめるの。だからこの設定値を使うのよ。そしてここからが重要。オシレーターはダイバージェンスという逆行現象が起きるの。このダイバージェンスというのはレートは高値を更新しているのに、オシレーターは切り下げてる状態。ダイバージェンスを簡単にいうとねA)の上昇率が100で、B)の上昇率が80とする。この時、レート自体は高値を切り上げているかもしれないんだけど二つの上昇幅を縦に並べて棒グラフにした場合もちろん、右肩下がりになるわよね。この状態をオシレーターに起きかえるとレートは切りあがっているけど、オシレーターは切り下がってるダイバージェンス(逆行現象)というものが起きるわけ。ダイバージェンスが起きるということは買いの参入が少なくなってきたことそれまでの買いに利確が入ってきたことを意味してるのだから売りが入りやすい局面になっているってことね。ただしダイバー=エントリーじゃなくて本来はダイバー=利確のタイミングとして使うものなの。そこにもう一つ視点を加えてエントリーの根拠としていくのがこのトレード方法なの」私は茜ちゃんがノートに記載してくれる内容を映しながらチャートに目を走らせていた。「このチャート。枠のなかをみて。この部分でローソク足は高値を更新して対応するMACDは高値を切り下げているのがわかるでしょ?」「このポイントがダイバージェンス。このダイバージェンスを確認したらダイバーが生まれた上昇波形にラインを引くの」「ここからが条件。それはこうよ。1:MACD599がダイバージェンスを起こすこと2:ダイバージェンスが起きた起点にラインを引く3:一旦下落したローソク足が下限ラインを割らずに上昇4:上昇したローソク足が上限値を上回らずに高値を切り下げる3の下限値を割らずに上昇する際ダイバーを作った上昇波形の半値付近から上昇するかここもポイントになってくるの。この半値はフィボナッチの50%使えばいいんだけどつーちゃんには、半値抽出インジケーターをプレゼントするわ」そういうと茜ちゃんはわたしのMT4にラインアスタリスクというインジケーターを入れてくれた。このインジケーターは高値安値のラインを引くとその半値を自動的に描写してくれるというもの。「このラインアスタリスクならいまの高値と安値にラインを引けば、ショートカットキーで自動的に半値を抽出してくれるからね。こんな感じ」「このアスタリスクインジケーターはわたしたちも使ってるけど実際、アスタリスク3まであって、いまのはアスタリスク1だから半値抽出しかできないけど、このロジックならこれで十分。で、さっきのライン間に新しいラインが描写されたでしょ?これがこの上昇波形の半値ラインになるの。さぁ、これでいまの条件をみてみましょう」「まずは①のポイント。MACD599がダイバージェンスを起こして、買い勢力の低下を示唆。この段階でラインアスタリスクで半値を抽出。②のポイントで、下限ラインを割らず半値付近で反転上昇。そして矢印のポイント。ここで上限ラインを割らず、また直近高値も超えることなく陰線を形成。この陰線形成後から売りを入れていく、こんな感じね」「まだちゃんと理解できてないけど、なんとなく・・・」「最初はそれでいいの。最初にもいったように、これはその背景にフォーカスを当てるものでこのロジックをそのまま使うわけじゃないのよ。だけどわたし達の売買はこれが軸になっているのも事実だしバイナリーならこのやり方でも十分勝てるわね。背景のことがわかってなくてただこの形を追うだけならチャンスは少ないと思うけど」茜ちゃんは珈琲を飲んで一息つくと「このMACD599は、私たちが学び始めた時に一番最初にこれを見て考えろ、って渡されたもの。だからここに全てが詰まってるって思っても過言じゃないわ。細かな条件もあるし、注意点もあるけど今日はこのぐらいにしましょう。そろそろ帰らないといけない時間でしょ?」私はハッとして時計をみると、すでに21時を過ぎていた。彼がとっくに帰宅してる時間で私は慌ててスマホをチェックした。「連絡はきてない・・・茜ちゃ・・立花さん、ごめんなさい。私帰らなきゃ!」「茜ちゃんでいいわよ。私もそっちの方がスーキ♡気を付けて帰りなさい。それから、ちゃんといま教わったこと考えるのよ。表面上だけでこれを捉えちゃだめだからね」「うん!本当にありがとう!」そういって私は荷物を抱えると入り口で笑って手を振ってくれる茜ちゃんに何度も手を振り返し、家路を急いだ。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 06May
    • FX エントリーポイントの選定

      瞬間の幸せを感じてピンクと赤。どっちの勝負下着にしようかと考えて最近買った、ピンクの下着にした私。ホテルに来て、といわれそりゃ、私も女ですし。何かあった時に破れたパンツじゃ私の心が敗れてしまうわけで。でも茜ちゃんはあっちの世界の人でいや、でも両方いけちゃう人もいるからな・・・なんだか別の意味でドキドキしながら私は茜ちゃんの待つホテルへと向かったのでした。ひと時の幸せ広い駐車場を抜けて入口へ向かうとラフな格好をした茜ちゃんがいた。招かれるままついていくとエレベーターは40階で止まった。「さぁ、くつろいでちょうだい」ホテルと言われて私はなぜラブの方を想像してしまったのだろう。いや、最初は仕方ない。うん、仕方ないけれども住所を聞いた時に気付いたよね。あ、これ違うなっつって。これラブじゃなくて、どちらかというとリッチな方だなって。で、実際の部屋は私の想像したのものよりリッチで。誰が弾くのよ、ていうグランドピアノもあり。なんだか一生懸命、赤…?それともピンクかな…?って下着を選んでいた自分が恥ずかしくなった。「適当に座って。飲み物は珈琲でいいかしら?」「ありがとうございます。気を遣わせちゃって。できたらラテで」「あんたわがままね」「お恥ずかしい」茜ちゃんは飲み物を準備するとチャートを出して、指さしながらその技術を教えてくれた。「いい?前にも話した通り為替のトレードは逆張りが基本になるの。だけど何でもかんでも逆ばればいいってもんじゃないの。重要なのは自分がトレードする時間軸に対しては逆張り。だけど、上位足に対しては順張りになるようにするってこと」「例えばこれを見て」「灰色の波形がH4(4時間足)だとして今現在はブル派が勝っている上昇相場だとするわね。この上昇の中で起こる調整波はその時間足では単なる上昇の押しでしかないわけよ。だけど、これを30分や5分足で見ると下落のトレンドが形成されているわけね。ここまでは分かるかしら?」「はい」「OK-。じゃ、続き。上位足が上昇だとした場合、そこで調整波が形成される。ここを下位足でみた場合、下落トレンドが確認できる。この時の下位足の下落中に、わたしたちは買いを仕込む。だから執行する足でみれば逆張りになっているんだけど上位足からみれば順張りになっているってことね」「なるほど。結局は上位足に沿っての順張りだけどトレードするポイントは、逆張りになるってことですね」「そうそう、もちろんやり方は色々あって上位足が上昇の時に下位足で売りを仕込むこともあるけどそこは短中期目線での売買になってくるからよりリスク管理が重要になってくるわけね。で、わたしたちは順張りが正しいだの逆張りがいいだの、あーだ、こーだ言うんだけどさ結局みんな正しい売買を行ってれば見る時間軸では必ず逆張りになってるはずだし順張りにだってなってるはずなの。それがなってないっていうのは、こんなところこんな価格がどんどん上がっているところで買ってるってこと。こんな場所で買う意味なんてないでしょ?価格が上昇してる時に買うってことなんだからさ。これに対して、わたしたちは初期の初期で買う。みんながこれまだ上昇に転換してないよね?っていう場所でポジションを形成するの。それをダウで考えてみましょう。さっき話したように、日足や4時間足が上昇してるとき下位足では下落のトレンドが確認できたりする。この下落のトレンドで買いを入れていくんだけどわたしたちと他の人の大きな違いは、ポジションの場所。例えばこれみんな大好きダウ理論~♡でみると大体みんなここで買うわけよ。ここはその前の段階で安値切り上げて、高値も更新。N波動を形成して、第一の高値でレジサポ逆転したとこ。ダウでみても上昇ダウが形成された場所になってる。だからみんなここで買うわけよ。でもここはね、遅いの。ここはもうみんなが買いを認識した場所になるから買うには遅いのよ。じゃ、わたしたちがどこで買うかっていうと、ここね。この場所は、上昇ダウも確認できていないまだ売りが続くかもしれない余地がある場所。わたし達はこの場所でサイクル、フィボナッチオシレーターでいえばダブストって呼んでるものこうしたもので買うだけの根拠を見出して買いポジションを形成するのよ」「でもまだ売りが続く可能性が大きいわけですよね?」「もちろん。だからさっきいったようなもので狙うターゲットを絞り込んでいく。何も考えず、もうここが底だろーなんて考えない。現在のプライスをみながらそれを判断してるわけ。それに、あそこで買うとリスクリワードがいいわけよ。これをみてさっきの場所で買いをいれた場合損切までの値幅は浅くなるでしょ。で、狙う利幅は大きくなる。このターゲットポイントも節目、PIVOT、フィボナッチこうしたもので予め算出できているの。これが先に出したみんなが狙うダウの押し目だとやっぱり損切幅は大きくなるわよね。わたしたちはリスクリワード1:2を基本としていてそれを狙うにはできるだけ安いところで買う必要があんの。そこで上手く買うことが出来たらリワードもリスクゼロにしながら伸ばすことができて1:3、1:4なんかもでてくるわよね」茜ちゃんと話していると知らない言葉も色々でてきたけどわたしはとにかくメモって分からないところは赤ペンで印をつけた。こうすればあとで調べることもできるし。調べて分からないところは聞けばいいし。「まずはよ、相場の基本を忘れない事。高いところで売って、安いところで買う。上位足には順張りで、トレードする足では逆張り。これよ」時間はあっという間に過ぎ私たちはホテルにあるちょっとお洒落なお店でディナーをとった。その後、場所を変えようという茜ちゃんについていきわたしたちは水辺のリビングに腰をおろした。「どう?」「・・・本当に綺麗」「・・・またこんな場所で過ごしたい?」「もちろん」しばらく沈黙が続いたあと「じゃ、やり遂げなさい」遠くを見つめながら、茜ちゃんは力強くそういった。私は頷きこんな時間に帰ったらまた彼から何されるか分からない、と少し不安になりながらも泣きそうなくらい幸せな空間にいまだけは、と、目を閉じた。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 05May
    • FXは逆張りが基本

      本質に目を向けてこれまでネット検索で出てきたものも彼に隠れてトイレで読んでいた書籍にもトレードの基本戦略は「順張り」だ、と書かれていた。そもそも相場は強気相場のブル、弱気相場のベア、低迷相場のホッグこの3つを形成しながら波形を描いていく。こんな風に安値を切り上げて上昇してるのが、上昇トレンド。強気のブル。で、高値を切り下げながら下落していくのがそのまんま下落トレンドで弱気のベア。ふむふむ。で、上昇でも下落でもない部分がレンジ相場の低迷ホッグ。そしてトレードの基本はレンジ相場では静観して、トレンドを確認できたらその上昇や下落の波動の流れに沿ってポジションを形成することだ、と。上昇の場合、安値を切り上げて高値を更新すれば上昇のN波動が形成されるわけだけどこの時、丸のようなポイントが一旦の押し目って呼ばれる部分になってこの調整波と呼ばれる下落から再度上昇に転ずるところで買いをいれていく、っていうのがわたしが学んできたことだし、みんなが口を揃えていうことなんだけど・・・「逆張りよ、為替の基本は逆ばっちゃうの」茜ちゃん(誰だ?って思った方は前記事参照)は初っ端から私のこれまでの学びを打ち砕いてきたのだった。相場の本質「いまFXで言われてるテクニカルってそのほとんどが株のトレードからきてるわけよ。ダウ理論しかり、グランビルしかりね。株と為替は違うの。株で使ってたテクニカルをそのまま為替に持ち込んでもダメなわけよ。いい、株は順張りが基本だけど為替は逆張りがポジション形成の基本になるの」順張りはその流れを確認して、もうこれは買いだろう売りだろうそれが分かった段階から売買していくんだけど茜ちゃんいわく、それでは遅いんだ、と。「みんなが認識できたトレンドに乗るのは遅い」「いい、トレードは相場の本質を軸に置いておかなきゃいけないわけ。で、その本質ってなーに?って考えると、こういえるの」安いところで買って、高いところで売る。「つーちゃんがさ、欲しい車があって100万だとするわよ?で、それが次の日になると110万になってるわけ。で、また次の日にいくと130万になってるのよ。あんたこれ見て、やったー!130万になったわ!買いよー!!っていう?」「・・・・いわないかな」「でしょー?言わないのよ。高くなってんだから。普通のお買い物だってそうでしょ。お米が段々値上がりしてるのに、やったー!っていうおバカさんいないわよ。セールなんかで値段が下がったからみんな喜んで買うわけ。これが本質なの。高くなったら売るし、安くなったら「それ買いよ!」って買う」茜ちゃんは珈琲を一口飲むとつづけた。「普通の買い物ではみんな安くなったら買うなんて意識してんのに投資になると高い時に買おうとするわけ。そうじゃなくて、安くなって安くなって、そこが底?みたいなポイントでわたしたちは買うのよ」「じゃ、下落してる最中に買って、上昇している最中に売るってことですか?」「はい、正解よ!あんた。いいわね、正解よ。本質でいえば高くなった時に売るんだからチャートでみればそこは上昇トレンドが確認できたりすんの。で、その上昇トレンドの終わりを見極めながら逆張りで売るの」「けど、終わりを見極めるってどうやるんですか?わたしは上昇してるんだから、安易に売りを入れるのは怖いって思うけど」「そうよ、あんたちょっとは勉強してんのね。その通りで、私たちも上がってるんだからやれ売りよ!なんて考えもなしに売っていかないの。上がってるものを売るんだから売るだけの根拠が必要。それを判断するのが、テクニカル分析ってことなのよ!」「なるほど!で、どうやって判断すれば?!テクニカル分析ってダウとかですか?でもダウは株だからそのままじゃ使えない?さっき言われたこと考えるとそうなります?じゃ、ダウも違った・・・・」「ちょっとお待ち!獣?あんた獣?めっちゃ貪ってくるじゃない。飢え?怖いわよ、ちょっと。そんなに焦んないの。どっちにしたってこんなの一朝一夕で理解できるわけなんだからさ。とりあえず私がディックスに与えられてる時間はまだあるしあんた明日にでもわたしの家にきなさい」「・・・家ですか?」「そう、わたしこっちに住んでないからマンションなんかじゃないけど」あ、こっちの人じゃなかったんだ。え?じゃ、わざわざ来てくれての?遠くから?え?でも家に来いって・・・茜ちゃんの顔をのぞくとオカマちゃんの目の奥に、ちょっとだけ男が見えた気がした。まるで獲物を狙う獣のような、するどい目。「こっちに住んでなくて、家って・・・・」「ホテルよ。ホ・テ・ル♡」・・・いやーん♡あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 04May
    • FX バイナリーオプション 第一のメンター 立花 茜

      わたくし? 男ですけど?その人は陽気だった。こっちが緊張して待ってる背後から「だ~れだ」って。後ろを振り返るとひとつ後ろの席で知らない女性が身体をのけぞらせてる。「つばさちゃんでしょ~」って高身長の男性。「・・・いえ、違いますけど」ってひきつった顔の女性。で、その男性とわたしの目があい・・・え?違う?きみ?きみの方?みたいな視線。そだよーっつって。こっちきなーっつって。わたしは苦虫を噛み潰したような顔でそっと手をあげる。「ごめーん。ちょっと間違えちゃった」いやいや白っぽいセーター着てますよっていたけれどもカフェにいるお客さん結構、セーターいるからね。白っぽいのも2~3人いたからね。なんで疑いもせず、そこに行ったの、と。これがディックスが紹介してくれた第一のメンター 立花茜(オカマちゃん)との出会いだった。ATフィールドの正体「で、これに幾ら払ったの?」ディックスが私に合わせてくれたトレーダー立花 茜(たちばな あかね オカマさん)は私が使徒から購入したATフィールドチャートを見ながらいった。「・・・20万です」もうそんな可哀そうな子をみる目はやめて。その眉間にシワよせて小さく「そっか、そっか」って頷くのはやめたげて。。「勉強代にしては高かったわねー」「・・・はい」「ほら、これ見て」そういうとメンター茜ちゃんはわたしのチャートに新しいインジケーターを入れた。「わかる?これはボリンジャーバンドっていってねこのローソク足の周りのぐねぐねラインが、2σっていうのよ」「・・・・はい」「このボリンジャーバンドの2σ間にレートは95.4%の割合でおさまるっていわれてんだけどね。このサインは単純に、ボリンジャーを表示させずローソク足が2σに入った条件でサインをだしてるだけ。だからあんたのいうATなんちゃらの正体はこのボリンジャーバンドの2σってことになるのね。95%もバンド内に収まるんだから上下どちらかにローソク足が到達したら逆方向にいくでしょ?っていう安直な考えでやる人多いんだけどさこんなんやってたら十中八九死亡よ、あんた」「・・・はい」もうわかっていたけどこうも言われると泣きそうだった。ボリンジャーバンドは移動平均線の上下に値動きの幅を示す線を追加した指標で1980年頃、ジョン・ボリンジャーっていうおじさんが価格は移動平均線(平均値)から大きく乖離することはないよね~って考えをもとに考案したインディケーターなわけでしてよく聞くのが、中央の移動平均線の周りにある2σ、3σ間では〇〇%内でレートは収まる、っていわれるもの。この考えがボリンジャーバンド=逆張りの考えになっている、と。ATフィールドも単純にそのバンドにレートが到達したところをサインで表示させているだけでこのレベルのインディケーターなら無料でいくらでも転がっていて無料で転がっているものに、わたしゃ~20万も払った次第です。そりゃ可哀想だっていう目で見つめられるのも当然。わかってます、わかってます。あたしは何も知らずに飛びついたおバカさんです。「ボリンジャーバンド自体は、価格変動を捉えるものであって逆張りに使うようなものじゃないわけ」茜ちゃん(㊚)はいった。「なんでもそうだけど、その使うものは武器なのよ。いい?その武器のことをしっかり知るからこそどんな時に使えて、どんな時には使えないかってわかってくんの」第一のメンターとしてやってきた茜ちゃんは口調はオカマちゃんだけどトレードを話しているときの目は戦う男の目をしていた。「たくさん、インディケーターとかあるけどね大切なのは価格そのもの。あなたにはそれをしっかり叩き込んであげるわね」「本当に、ありがとございます」「・・・なによ、人の顔じっとみつめて?」いまの自分の状況を考えると私は疑問に思っていたことを確認しなければ、と思い勇気を出して茜ちゃんに尋ねてみた。「ディックスさんもそうだけどどうして立花さんも、何の利益にもならないのにわたしに良くしてくれるんです?」茜ちゃんは珈琲をゆっくり飲むと「・・・あとで高額のツールを売りつけれそうなカモだから」と微笑した。「カモ?!!」「・・・冗談よ、あんた。おばか。あんた本当に良くも悪くも素直ね」「ごめんなさい・・・」「・・・・わたしもディックスも最初から勝てるトレーダーじゃなかったわけよ当たり前の話だけど」「え?」「昔はあんたほどじゃなかったかもしれないけど私も親に勘当されたり、色々あってもーこんちくしょう!めっちゃ稼いでバカにしてきたやつの隣をリムジンかなにかで走ってやるんだから!なんて思ってたわけ。で、なけなしのお金ではじめたのが為替でねもちろん最初はボロボロにやられてどうしようもないなーってときあんたがディックに出会ったみたいに私もメンターになる人に出会ったの。私もだけどみーんな、誰かに助けられて生きてるもんよ。だからね、ディックから連絡きてあなたの話聞いたらさなに?むかつくじゃん、おバカな男にやられたままなんて?思ったの。あんたがめーっちゃくっちゃ稼いでこれまで泣いた分、幸せになってもいい、って。その手助けを私はちょっとしてあげてるだけよ。いっぱい耐えてきたあんたなら私の厳しさくらい耐えていけるでしょ?だからいい?自分を惨めに思っちゃダメ!結果を変えたければ行動すんのよ!あんなたならできるって私は思うわ」そこまでいうと茜ちゃんは私の顔をみて少し笑い「ちょっとお手洗い」と、静かに席をたった。私はうつむいたまま泣いていた。絶対あきらめない。私は鼻水をすすりながら、楽しそうに歩く人の群れを見つめ絶対、あんな監獄から逃げ出して本当の幸せを掴むんだ、と何度も心に誓った。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 02May
    • バイナリーオプションと口座凍結

      思いでになるから撮っときなって。えーでも、とかね、ひとり芝居しながらキャプチャしたこの一枚。いまでもフォルダのなかに勲章として残ってるわけでこれを見返すとマサラタウンから出発した直後に使徒と出会いATフィールドなんてものを買ったあの日を思い出す。いまになって思えば若かったよね、と。なんであんなもんに手をだしちゃったんだろう、って。でもあれがあったから投資やそれを取り巻く環境もわかったわけだし物は考えようっていうし。あそこで大敗したから良い出会いもあったし使徒の襲来も、野口英世兵士のポンド円の戦いもえーえーいまではいい思い出といえるわけです。で、このキャプチャを撮った3日後巷で耳にしていた口座凍結ってものを体験するわけですがまさか私に?!ってなるわけ。どっきりでした~なんて看板かかげた芸能人登場を疑ってやまないわけ。でも待てど暮らせど誰も押し入ってこないわけで。カメラが突撃して「どうでした??どうでした??」なんて聞かれることもなく。私やってやったよ、と。ハイローオーストラリアに危険人物称号与えられるくらいになれたよ、と。そんなどこか優越感に浸りながら私は全額出金申請をしてやったのでした。バイナリーオプションの真実他の業者はよくわからないんだけどハイローオーストラリアでいえば口座凍結してもちゃんと出金はできる。ディックスたちは1000万円くらいで凍結するよ、って言ってたけど実際、私の口座は980万を超えた直後に永眠した。1万のポジションを形成しようとすると「あかん、あかん!」っつって突然、千円でしかエントリーできなくなる。え?え?ってバグ?え?って、何回もPC再起動させて確認してみてようやく気付く「winner!」って手を挙げられてることに。ハイローセコンドが投入したタオルにも気づかず「野口の仇!!英世の仇!!」っつってマウントで殴りまくってた私。もう全盛期のヒョードルも顔面腫らすだろう勢い。入場シーンでランバダ踊りながら入ってきた女が形相変えてスピアタックルなんてかますものだから氷の皇帝もそりゃビビっちゃうだろう、って。で、この凍結でバイナリーを卒業したわけだけどこういうの体験すると見えてきたりするものも多々あって。必ず凍結する事実バイナリーってすごくシンプルで簡単ってイメージ。かたやFXは損切やら指値やら、逆指値やら。もうわけわらんわ!って言葉が羅列してるからとくに資金が少ない人は、バイナリーに流れがち。でも実際、取引時間が短くなればなるほど短期売買ってリスクの観点からみてもテクニカル分析からみても難しくて短い=簡単思考でやっちゃう人の多くは資金を溶かす。私みたいに。そんな時に、月500万稼げるこの教材!みたいなものに巡り合っちゃうと前世の記憶でも蘇っちゃたの?って感じで運命を感じる。あーこの人だったのね、っつって。パッケージの販売者も前世で私の旦那さまだったに違いない、っつって。でもトレーダーの負け分が業者の利益になってるってこの構造を知ってると月500万も稼いでる人は目をつけられるのは当然で。自分の利益を脅かす存在なんだからそりゃ凍結という名の鉄槌を食らわせるでしょ、って。月500万稼いで独立しました!なんてブログもあるけどそれリスク管理大丈夫かなってよく思うのは私だけ?資金だけじゃなくて、人生のリスク管理は大丈夫?って。バイナリーで専業になるってことは大体1000万円以内でやってくる凍結対策を考えないといけないわけで凍結したあとどうするの?ってことになっちゃう。だって専業ってその利益で生活してるってことになるけどある日千円しかエントリーできなくなればその一回で1000円に満たない利益しか手にできないってこと。短期でいっても毎分トレードできるわけじゃないから一時間に2、3回のチャンスで連敗すればもうそれバイトした方がいいんじゃない?ってなる。にも関わらず月500万稼いで専業目指そう!なんて一番大切なリスク管理をおなざりにしてるよ、って。500万稼いであとは普通に働いて生活しますよ、っていうならいいけどなかには200万稼いで専業になりました!なんて記事もあってもう恐怖でしかない。貞子もビビッてブラウン管に逆戻り。めっちゃスタンばってたのに、速攻帰宅井戸。だからね、教材なんか出したり専業勧める人はバイナリーで専業になることはできるけどけど、その選手生命は短いって伝える必要があると。もう顔を出すまでには時間がかかっていざ顔だしたらすぐにその寿命つきちゃうセミだよ、と。ましてやハイローで自動売買がすごい!いまならお売りできますよ、なんてあるけどもうそれこそリスク。そもそも自動売買はNGそんな黒船来襲認めんわい、っつってハイローは自動売買を認めていない。それに自動売買って結局はトレードを第三者に委ねてるってこと。サインツールなんかも同じだけどそれでもし稼げたとして、いざツールなくなったとき自分には何が残ってるの?ってことになる。トレード技術なんてもちろんあるわけもなくスマホがあるのが当たり前ってなってる現代大規模トラブル起きて使用不可で、パニック起こすみたいな。「なにこれ、なにこれ、つかえないじゃん!」って「連絡先がわからない~」と叫ぶだけの力。バイナリーもFXもサインツールや自動売買でずっと稼げるほど甘くない。FXなんか相手は銀行たちなわけでそこにサインツールなんかもちこんでも玉砕は目に見えている。こいつ布切れ腰に巻いて竹やりで突っ込んできよった!と。じいさん、ほれ湯をわかしんさい今日はカモ鍋やでーってなっちゃうのよ、と。だから本当に稼ごうと思ったらちゃんとしたことをちゃんと時間をかけて学ぶ必要がある。ちなみに私が体験して学んだことといえばバイナリーオプションは勝てばいつか凍結されちゃう。凍結してもその口座が使えなくなるわけじゃなくて一回の投資額なんかが制限されちゃうって意味。で、制限うけたらどれだけ駄々こねても元には戻らない。「いやだ~いやだ~」全力でガン無視!!もう耳元で叫ぼうがガン無視!凍結しても利益はちゃんと出金できるけどこれは私が取引してたハイローだけの話であとはよくわからない。もし凍結したら、新しい口座を作ればいいけど新しい口座をつくってもハイローはIPアドレスで管理してるからそこを注意しないと同一人物と認識されてNEW口座で戦闘開始後に凍結される。戦う前からHPは0っしゃーいっちょやたろやないかーい!って、横見たらすでに棺桶の中っつー明日のジョーもびっくりの早さで白く燃え尽きちゃいますよ、と。「体力の限界です」がスタート前の準備運動っていうね。そもそも友達のいないわたくしめに口座つくっておくれよ~なんて言えることもなく私は一度の凍結で卒業をしたのでした。再度過去へ「どんな理由があっても男が女性や子供に手をあげることは許されないよ」私はたまたまネット上でみつけた投資家のディックスにメールを送っていた。きっと返信なんてないだろうな~なんて思ってた一週間後に突然返信がきてこのチャンスを逃すまい!と、私は自分の状況を赤裸々に話していた。もう初体験の内容まで話しちゃったんでない?って勢い。あの日は彼からだった・・・・そっと手をつないできて・・・・・っつって。ディックスはメールを送る都度100倍返しだ!って文量で返信をしてくれる。それがまた私には嬉しかった。その言葉は優しかったけど、厳しくもあって「投資は明日の日銭を稼ぐものじゃないんだ。わかるかい? 投資は資産運用なんだ。自分の生活費を削ったり借金して行うことはしちゃだめだ。投資はギャンブルじゃない。一攫千金なんて狙えば確実に無一文さ」いたいいたい痛い-------!!!ぐりぐりきてるから!もう傷口に粗塩がぐりぐりきてるから!!もう溶けてるから!ナメクジのような私はもう溶けて母なる大地に戻ってるから!!っつって。ディックスはお金を貯めろといった。だけどわたしは全て彼氏に奪われてしまう、と返信。「やっぱり何十万も資金がないと投資はできませんか?」って聞く。「元金が多いのは有利なのは間違いない。トレードで重要なのは、リスク管理とメンタルで資金の多さはメンタルの余裕にもつながる。だからといって、少ない資金ならダメかといわれれば、実際はそんなことはなくてね」「本当ですか?」「私の知り合いも1万の証拠金から大金を稼ぐまでなでになった人もいるからね」わたしの頭の上にあった黒く分厚い雨雲の隙間からほんの少しだけ光がさしたように感じた。「あーでも勘違いしないで。その1万でもたたかえるだけの力を育てたからその人は大金を稼いだんだよ。ギャンブルで稼いだわけじゃない。じっと耐えて何度も口座を溶かしながらも諦めず力をつけたのさ」そんなディックスからのメールの最後にはこう書かれていた。「きみにそれができるかい?」そしてメンターへ私は3日間、ディックスに返信ができずにいた。できます!っていうのは簡単だけどそれは本当だろうか?本当に自分にその覚悟があるだろうか。3日間自問自答し、私はディックスにメールをした。ディックス・マーレー様わたしはやるしかないんです。ディックスからの返信にはこうあった。「OK これも何かの縁なんだろう。縁は大切にしきゃいけない。いいかい、これから君を私を含めて3人のトレーダーに会わせる。それが君のメンターになる。そこで投資を一から学ぶといい」と。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 01May
    • バイナリーオプションの敗者

      出直してこい!!「来たきた!!ATフィーーーーールド!!」使徒がくれたインジケーターはいわゆるサインツールと呼ばれるものだったのね。肝心のATフィールドは描写されていなくて最初はそりゃーパニックった。騙された?って。使徒に速攻連絡をいれて「これで全方位からの攻撃を守れるんですか?」っていったらどこでエントリーするか自分で判断するのは大変だからあえて消してるんですよ、と。かわりにローソク足がフィールドに接触すると買いか売りかのサインを出してくれるから。もうなにからなにまで、神!その心遣いが神ってる!使徒神さまのいうようにチャートを動かしていると赤と青のサインが表示された。こんな感じ。んで、私はもう何も考えずそれに従うだけ。もうある意味、工場作業。流れてくる担当の野菜だけを拾うみたいな。「おまえ、キュウリ担当な。しっかり拾えよ」「はい、先輩。 私キュウリ拾います!」ナス、ナス、ナス・・・・( ゚Д゚)じー・・・・・ナス、トマト、トマト・・・・からのーーーーキュウリ!!!「はーーーーーーい!!!!!!!」って。で、時々キュウリと間違えて別の野菜拾い上げてあ、やべっつってこれキュウリじゃなくてズッキーニじゃんっつって。流れてくるキュウリを拾いあげるように画面上に表示されるサインをじーってまってマウスを左クリックする作業。ATフィールドを使い始めて2日目。着実に資金は増えていた。たまにズッキーニを拾い上げてはい、ペナルティーって資金没収されることもあるけどそこも使徒ね。ちゃんと対策ありますよ、っつってね。「もしATフィールドを突き破って負けたら次の足でもトレードするんです。マーチンゲールっていう負け分を取り返す戦略ですから」マーチンゲール!もう名前からして癒してくれそう。これは1000円を投資してもし負けたら、次は倍の金額を投資するものでそこで勝てば先ほどの負けも取り返せる上僅かだけどプラスの収益になるってことらしい。このATフィールドツールとマーチンがあれば私には怖いものなどない。気づけば5万円は7万円になっていてもう私はランバダを踊りまくった。絶望へとりあえず50万。50万稼いだら30万を返しに行こう。お父さんは帰ってくるなっていったけどこのままでいいわけないし。私は彼が居ない間を見計らって1分間の売買をする。これは買いか売りをいれたあと1分後に勝敗が決する超短期売買。1000円を投資すれば、800円程。10000円なら、1分で8000円。一日に稼ぐような金額を僅か一分で稼いでしまえるというなんとも魅力的な投資で私のように隠れながらトレードしてる身にはとてもありがたかった。しかも、その投資のタイミングもすべて使徒から購入したATフィールドが教えてくれる。チャート上にサインが出る売る、800円がチャリーン。イエス!チャート上にサインが出る買う、負ける、倍額かける、負ける更に倍額で取り返す。こうやって私は当初のFXではなくバイナリーオプションで投資を繰り返し元金の5万は瞬く間に9万円を超えていた。そのくらいになると余裕も生まれてきてもうチマチマ稼ぐのも面倒だな、なんて思ってしまった。投資額をあげればもっと早くに稼げるしATフィールドにも慣れたところだしここいらで一気に稼ぎますか!私の腕前も工場だったらもうベテランクラスにはなれてるって自負。「ちょっと新人さん?それキュウリじゃなくてズッキーニよ。気を付けて」って。「ほらほら、そんな落ち込まないの。私だってたまにズッキーニ拾うから。でも心配しないで。もし1本ズッキーニ拾ったら2本のキュウリを一度に拾えばいいからね。さぁ、みておいて。こうやるの!」「ATフィールド確認!!、、、ちっ、ズッキーニ、、、マーチン!、、、ATフィールド確認!!くっ、マーチン!!、、、マーチン!!、、、ズッキーニ多い!!」、、マーチン!!!くっ、、マーチン!!げ、ゲール!!マーチン・・・マーチン・・マーチン・・チン・・Ω\ζ°)チーン私が夢から覚めるのに時間はかからなかった。「やることやって、帰ろうぜ」うん、誰も帰れなかったよね。ハリー、わたし地球を守れなかったの。もう隕石落ちまくり。散ったの、ハリー・・・みんな散っちゃったの。どれだけ負けても確実に取り返せる。サインに従えばどこかで必ず。そう思ってた私のHPは負けを取り返すその前に尽きていた。完全なる玉砕残金0円一時は10万まで増えた口座が瞬く間にマイナスに変わっていた。動悸がする。なんとかしないと。取り返さないと。。。迷った末に、残金5万のなかから1万だけを入金した。この1万から奇跡が起こるかもしれないと信じて。再度投入した1万の最後はポンド円の戦いだった。一人残った「野口英世」兵士。迎え撃つは荒れ狂うポンド軍「わたくし・・・行きます」「でも野口兵士!」「大丈夫です。つばさ大佐少ないですけどね。へへ必ず仲間を連れて帰還しますよ」「・・・ありがとう」それが野口兵士との最後の会話だった。ハイローオーストラリアの戦い野口兵士はただひとり仲間を救出するために荒れ狂うポンド円の海へと飛び立った。彼が売りの爆弾を投下した直後下から突き上げてきた噴煙は白い雲を突き抜けてどこまでも、どこまでも立ち上っていった。投資家 ディックス・マーレー現る私は再び0になった口座をただ呆然とみていた。それからほどなくしてATフィールドを売ってくれた神、使徒は多くの人から詐欺師だとバッシングをあびブログもtwitterも削除して消えた。私に残ったのはキュウリの拾えないツール。もう、いっそのことこいつと逆のことした方が勝てるんじゃない?って思わせてくれるズッキーニ回収ツール。そして残高0になったハイローの口座と縁を切られてまで父親にせびり渡してもらった30万の残り火、残金4万円・・・・気力がなくなり仕事ではミスばかり、彼は暗い態度が気に入らないと怒鳴り散らす毎日。もう投資なんてやめようこの生活に耐えながら生きていこう、なんて思ったけど一瞬でも5万円が10万になりこの苦しさから解放されるかもしれないという可能性をみた私にはどうしても諦めることができなかった。それから3日たちトイレでネットサーフィンをしていたとき「簡単に稼げる」「勝率90%」「自由最高ー!!」と、元神:使徒が口にしてきそうな胡散臭いサイトが並ぶ中他とは違う雰囲気の人を見つけた。投資家:Dix.Murray(ディックス・マーレー)それが私にとって本当の運命の分かれ道だったと知るのはもう少し先のお話。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 30Apr
    • バイナリーオプションとATフィールド

      救いを求めてFXを始めてすぐ、僅かな全財産を失うことになった私。あとから知ったことだったけど私が取引していた時間帯はニューヨークタイムと言われる時間でバリバリのニューヨーカーたちが珈琲片手にトレードしている(勝手なイメージだけど)時間だった、と。しかも金曜日に行われる雇用統計という爆弾が投下される重大な日。落ちたよねー、爆弾。売りを入れていた私の目の前に投下されて。いや、最初は良かったのよ?ズドーンって落ちたもんだから私の利益はちゅどーんって爆上げ。ほら来たよ、ほらもうこれよこれが自由の一歩よ、なんて。したらだよ、爆弾って噴煙あがんのね。でかければでかいほどそりゃ吹き上がりますよ、みたいにね瞬く間にあがった。吹き上がりすぎてもう見上げる首も痛かった。まぁね、首の痛さくらいで済めば御の字。痛いのは心よね。なにやってんの、私。全財産数分でなくなってんじゃんって。自由の一歩だー!!って叫んでた2分前が恥ずかしい。いや~もう絶望通り越して清々しいくらい。もうここまで秒殺でやられちゃうとなんかやられた感がない。剣豪が振るう名刀に切られた相手は、切られたことも気づかないんだって。傷口からは血もでてない、と。で、少したって「あ、やっべ!おれ切られてる!」ってなるみたいだけどまさしくそれ。もうゾロ登場。ロロノアさんの三千世界あたりを食らったみたいな。「こんにちは~よろしくお願いします~」って頭さげてきた相手に奥義うつ? どうやってそれ回してんの? ってくらい3本の刀をぐっるぐる回して突撃してきたよね。いや~そこは峰内でとどめておこうよ、ゾロ先輩。でもそんなこちらの思惑など関係なしに相場は私の資金を全て奪い去っていった。資金を全て失い、日をまたいで絶望が押し寄せてきた。どうしよ、どうしよ、、、私はアザのできた腕をさすりながらトイレで残高のなくなったMT4の口座を眺めていた。どれだけ見つめてもスマホの画面に、逆転チャーンス!なんて出るはずもなく、私はこの生活が続くんだと考えて落胆してた。新たな一歩このままでは終われないと思って、ネットで情報収集していると勝ちすぎて困る~ちょー余裕、って文字。万札がピラミッドみたいに積み上げられてそれ幾らよ?!って時計の写真がバシバシ掲載されてる。なにこの人、神?!「相場にはATフィールドがあってそれさえ見つければトレードなんて簡単」と。ATフィ、フィールド??え?エヴァ??で、送る。もう速攻で「教えてください神よ!」ってメッセージ。したら速攻返ってくるの。「相場で勝つのは簡単だけど、やり方しらないとダメだ」って。もうね、爆弾の投下さえしらなかった私は、ごもっともです!っつてうなずく。「どうやればいいですか?」って尋ねたら「教えてあげてもいいですよ~」って優しいお言葉。なにこの人、神?!「だけど俺が相場で稼ぎ続けてる技法だから、ただじゃ・・・・」私はお金はまったくなかったけどただより怖いものはない、なんて思ってるタイプだったからそれがまた信頼度をあげちゃって、爆上げちゃったものだからごもっともでございます!なんて頷いた。「お、おいくらでございますか・・・?」た、頼みます。。せめて1万あたりで手をうって・・・・・「20万ですね」Ω\ζ°)チーン「・・・・ないです」ないというよりそんなお金あったらここから逃げ出しとるわい、と。「ツールがあるんですよ。ATフィールドを抽出できる。それ使えばすぐ回収できますよ?」本当に大丈夫か不安もあったけど一度払ってしまえばあとはそのツールとやらで?ATフィールドを見つけ出すやつで回収すればいい、なんて考えて。「すぐには準備できないですけど、待ってもらえませんか?」なんてお願いをしていた。禁断の扉の代償そのツールを手にしたのは、連絡をとって1ヶ月後のことだ。20万というお金はその時の私にとっては大金で彼に給料のほとんどを奪われている身において貯金などもあるはずなく。ましてや少しづつ貯めた貯金の2万円は相場に落とされた爆弾により吹き飛んだわけで。だけどツールを手に入れればきっとうまくいく。これが運命の分かれ道に違いない。私は禁断の父親にせびるっていう扉に手をかけた。「久しぶりに顔を見せたと思ったら、金だと??」「、、、、、申し訳ございません」「なにに使う。20万も」どういえばいいだろう。全方位からの攻撃を防ぐシールドが買いたいですなんていえるはずもない。エヴァか?!それはエヴァ系のなにかか?ってなっちゃうもの。あ、いや父親の口から使徒なんて出たら驚きでましてや「ATフィールド、、、なつかしい。お前が言っているのはAbsolute Terror FIELD(絶対恐怖領域)のことなんだな?」なんて言うはずもなく。私は恥を承知で嘘をついた。「夢に挑戦したいの」「・・・夢だと?」「そう、諦めたくない夢。それにはお金がいるの!お父さんには迷惑かけないから!だから・・・・」「金をせがんでる時点で迷惑だけどな」Ω\ζ°)チーンはい、ごもっともでございます。自分の夢なら自分でなんとかしろやってね。はい、返す言葉もございません。「・・・・20万でいいのか」「・・・え?」「だから20万でいいのか?」「・・・・25万」欲が出た。何かいきなり射してきた後光にチャンスを嗅ぎ付けいまなら行けるんじゃない?って。20万でATフィールド買って残り5万をトレードにまわすことができれば・・・父親はなにも言わずに腰をあげると部屋を出た。次に帰ってきたときは、茶色の紙袋を手にしていた。「30万ある。これを使いなさい」か、神!モーゼ降臨!!荒れ狂う波をこの人真っ二つにしちゃったよ。私の生きる道を作ってくれちゃったよ。これで、、、これで私は、、、、「もうこの家には帰ってくるな」え?「このお金を持って好きにしなさい。だけど、もう二度と帰ってくるな」父親は静かに言った。父親は学校では慕われる教師で私には公務員など安定した仕事につけといっていた。私がトリマーになりたいといって反対されその反対を押し切って専門学校に行きだしてからいつも怒鳴っていた父親は何もいわなくなった。就職して半年たち、私が仕事を辞めたと知ると冷めた目が「私に従わないからだ」といっていた。家を飛び出し、帰ってきたら次は夢のために20万。で、チャンスを見て5万も値上げしやがったよ、このバカ娘って感じで愛想をつかしたのかもしれない。それは縁を切る、という意味なのだろう。私はお金を受け取ると「ごめんなさい」とだけ告げて実家を後にした。自宅に帰る道で私は泣いていた。何が悲しいのか、もうわからない。父親に正直なことをいえず、嘘をついた罪悪感か。自分には、もう本当に帰る家がなくなったことか。世界でたった一人。そんな感じがして、私は泣いた。お金は帰り道ですぐに振り込んだ。このお金があれば彼の元から飛び出して一からやり直せるって考えもしたけど借金はどうなる?飛び出しても借金は返せない。稼がないと。投資ならそれができる。目の前に広がる大金っていう誘惑に私は負けた。「ご連絡頂いたメールアドレスにインジケーターとPDFをお送りしますね」お金を振り込んだ後、しばらくたって連絡がきた。で、確かに使徒からメールが届いていた。「あとはそのサイン通りにトレードすればいいから」ただひとつ。それはFXのATフィールドではなくバイナリーオプションというもののツールだった。バイナリーってなに?私の頭にクエスチョンが飛び回っていたけど「FXより簡単だから。それに少ない資金でも稼げる額が違うから」と使徒の言葉。自分なりに調べてみたけど1000円の投資でも勝てば800円程手にできるらしい。しかも1分でそれだけ稼げると。分給??分で800円??時給で考えたら・・・・私はすぐに海外のバイナリー業者で口座をつくって5万円だけを入金した。5ページだけのPDFにはインジケーターの設定なんて書かれていなくて自分でなんとか調べて設定もした。ここから私の人生が変わるって信じてやまなかった。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村

  • 29Apr
    • 監獄トレーダー誕生

      本当の幸せを求めてはじめまして、FXトレーダーのつばさです(*'ω'*)2018年3月からトレードの世界に踏み込みいまではFXで本業以上の利益を手にできている一応トレーダーの女子です。いまではFXの厳しさ、投資の本質などもようやく理解できてきましたが当時のわたしときたら、もうトレードなんて簡単でしょって上から目線で。買いか売りかを当てればいいだけなら2択ってことでしょ?あたしサザエさんのじゃんけんだって結構勝っちゃうし。あまりに勝ちすぎてサザエの舌打ちが聞こえてきそうなほどだし。だから二択なんてなんてことないじゃん、って。どうしてこんなお金の稼ぎ方いままで知らなかったんだろう。もう無知さに悔やむ。でも、これで色々なことから解放されるって思ったら心は踊るよね。もう落ち着きなって~、っていうくらい私の自由達がランバダを踊るわけ。そりゃね、長い苦労で自由さんたちも出番がなかったわけだしとりあえず成功とお金持ちへの前夜祭で私も踊ったの、ランバダを。ひとりで腰をめっちゃ突き出して前後させてるの鏡でみたらもうね、変態とおりこして痴女ってた。まぁまぁ、落ち着こう。成功の背はみえてきたわけだけど、とりあえず始めなければ意味がないよねってネットでおすすめされていた海外のXM口座を開設することに。お金はなかったけどすぐに増えるだろうなんて考えてちょっと迷ったあげくに2万円入金。この2万円が唯一銀行にいたお金。私の全財産。失う怖さがなかったって言えば嘘になるけどMT4に写る2万円の資金が、私の目には200万にも2000万にもみえていた。もうね、神様も微笑んでた。「最愛なる我が子よ。これまで大変だっただろうが、それも今日で終わりだ。これからはバラ色の人生を謳歌するがよい!さぁ、成功者への階段を駆け上がるのだ!」ってね。神様、あたし行くね。これまでの試練は本当に大変であなたの髭をむしり取ってやろうって思ったことも数知れずだったけどいまになればきっと成功という名の幸せをとくと味わうためのものだったのね。ありがとう。本当に。さぁ、準備は整った! あとはわたしの運を見せるとき。上がるか下がるかの2択で私に勝てるかしら?相場に住むサザエたちよ、わたしのカモになるがよい!!!!サザエからの洗礼「・・・うん、そう、ごめん。今日はちょっと用事が入ってて。そうそう、、、、うん、ごめんね! また誘って! 飲みすぎないようにね、わたしの分も楽しんで♡、、、、、ばいばいきーん」薄暗い部屋に、わたしの「ばいばいきーん」がこだましていた。どないしよー(´;ω;`)相場のサザエめっちゃ強いやん。雇用統計?なによそれ。強制ロスカット? 私はまだ戦えた!白旗なんてあげてなかった!っていうか、3分で2万溶かすってどんな?!友達の誘いも受けれない。だって私の全財産溶けちゃったもの。、、、、給料日まであと10日。唯一の救いは職場が米屋だということ。最悪お米はきっと確保できるだろう。あとはシャケフレークがもつか・・・・相場をなめきっていたわたしにビギナーズラックなんて訪れず相場は真顔で近づいてきてわたしの頬にビンタをすると冷めた目で呆然と立ち尽くす私を見つめながらその場を去っていったのでした。FXトレーダーを目指した理由彼は私を好きだといった。だけど、その愛は言葉ではなく暴力だった。まるで私を傷つけることで、自分の愛情が刻まれるとでもいうように。彼は場所も時間も気にすることなく、私に愛情をぶつけた。彼の元を離れなかったのは彼が怖いという理由だけではなかったのかもしれない。いまになって思えば時折みせる優しさや彼の言葉に自分の居場所を見出していたんだと思う。私はどんな形であれ、必要とされている・・・・って、DVやないかい!!めっちゃクビ締められとるやないかい!気付いて、過去の私!そのクビ絞められたあとにそのあとにあんた借金を背負うことにーーーーーーーーΩ\ζ°)チーンって感じで付き合っていた男にDVを受けさらには買ってもいないサーフボードや高額なパソコンの支払いがやってきて気づけば借金まみれ。泣けば怒鳴られ、歯向かえば叩かれる。。知らない間に女の子は父親みたいな男性を好きになるって聞いたことあるけど本当なんだな・・・小さい頃から顔を見れば罵声を浴びせてきた父親。近所の人が心配して、私の顔を見るたびに「大丈夫なの?」って声をかけてくる。私は笑顔で大丈夫だよ、っていってたけど心の底ではギブアップ! もう何度もタオルをセコンドから投げたよね。投げるたびに拾われて、「fight!」って続行。そんな父親のいる実家に逃げるわけにはいかないし友達も居ない。お金もないワタシの居場所はここしかなかった。いつも彼に見つからないように泣いていた。彼が何かを言うたびに、痛む身体をおさえて無理やり笑ってきた。本当に望んでいるのはこんな生活じゃないって思いながら。逃げ出さないと。自分の本当の幸せ掴むために、自分で行動しないと。こんな牢獄のような場所にいても、私は幸せになれないから!彼は私のスマホや持ち物をいつもチェックする。もう空港の保安員?って感じでボディチェックする。浮気を疑っているようだったけど、もうね、異常。いつか金属探知機でも買ってくるんじゃないかと思った。だからその雑誌は風呂場の天井に隠していた。152㎝の小さい私ならそんなところに何かを隠しているなんて思わなかっただろう。見つかることのなかった雑誌ビッグトゥモロー。シャワーを浴びながら濡らさないよう静かにページをめくる先で目に留まった、FXの文字。そこには少ない資金で利益を生み出し自由な生活を送っている主婦の姿が掲載されていた。これだ!このFXとやらでマネーを貯めて、この牢獄から脱出してやろう。彼が仕事終える前にはご飯を作らなくちゃいけないからバイトなんてできない。物販っていう副業もあったけど、家に荷物が届いた時点で脱獄の計画がバレてしまう。FXならきっとバレずにこの計画を実行できる。もう、これしかない。シャワーを浴びながら、挑戦を決意したFX。このFXが、更なる地獄をわたしに味合わせることになるのは、もう少し先のお話。あなたの応援がわたしの励み♡にほんブログ村