2018年度 全関ジムカーナ | 拓殖大学自動車部 活動報告

拓殖大学自動車部 活動報告

日々の活動をほぼ週刊で配信。


テーマ:

お疲れ様です 一年鈴木です

5月13日に行われた、全関東学生ジムカーナ選手権の様子をお届けします!
 
 
朝一番にコースに駆けつけ早速車検を…と思いきや、この段になってまさかのキルスイッチがうまく作動しないトラブル…
 
しかし、すぐに原因は突き止められ無事に車検を済ませました
 
怪しげな雲に囲まれた富士スピードウェイジムカーナコース
 
午後からは雨の予報が出ていたので、一本目の走りで全てが決まると思われます
 
一走 時田先輩
路面が冷えているのか、外周で振られ気味
最後の270°で思いっきりパイロンを移動させてしまいました…
 
二走 山田先輩
特にミスもなく、手堅くまとめました
 
三走 武田先輩
前半はいいペースでしたが、時田先輩と同じ場所でパイロンにぶつかりかけ、止まってしまう痛恨のミス…
 
四走 野口先輩
部内唯一の1分切り 車のパフォーマンスも結構良かったらしい
 
 
全員一本目を走り終わったタイミングでトラブル発生
 
左のドラシャが脱臼していました
すぐに交換が行われます
 
…とそのとき突然雨が降り始めました
 
 
 
びしゃびしゃになりながら、ドラシャをなんと1時間も掛からずに交換! 
僕も参考にしなきゃ…
 
さて、先程から降り始めた雨のせいで、路面も完全にフルウェットになってしまいました
 
こうなると、もう一本目以上のタイムは期待できません
 
しかし、ここで野口先輩が魅せてくれました
 
なんと、雨の中でのタイムで全体2位に入る素晴らしい走り!
 
ただ、ベストタイムは一本目の方なので最終順位には影響せず…
 
結果はこちらになります
 
 
 
団体順位は9位という、良いとは言えない結果に終わりました
 
とはいえ、去年より4つ順位が上がっているので、着実に進歩はできているはずです!
 
 
 
応援に来てくださった皆様、ありがとうございました!

拓殖大学 自動車部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス