最後に…ありがとう。

テーマ:

 男の子Feから男の子

 とうとう、Freedom☆世界一周の旅も終結の時を迎えてしまいました。

10ヶ月という長い旅だったけど、正直短いです短すぎです汗

まだまだ行きたかったっていうのが本音だけど、旅にもいつか終わりがくる、そしてまた新たな旅へと出発する。それがこの日なだけだ

 この旅では本当に色んな人に助けられ、応援され、見守られ、感謝をせねば

 旅中に出会った方々、色んな国で家に泊めてくれ、色んな場所へ連れて行ってくれた外国の友達、本当にありがとう。お陰で誰でもかんでも出来ない、素晴らしい経験が出来たよ。みんな本当にありがとう。

 今思えば、出発前から本当に色んな人に助けられたな~前の会社を辞めるときからね汗

以前働いてた会社で辞職する時に、社長に2時間ほど説教をくらい、それから辞めるまでは社長と上司からのイジメよ。本当に何度も切れそうになったりして、その時に落ち込んでいた俺にパワーをくれたのは同期のやつや、仲の良かった人たちそして、いつも応援してくれたり、勇気をくれたり、叱ってくれたり、俺のことを考えてくれる友達。もちろん、俺にも親友と言えるやつらがいるっビックリマーク 昔からずっと一緒で、離れていてもいつも心のどこかで気にかけていて家族みたいなようなもの、そしていつも野望を持っていて、お互いに刺激し合う仲。お前らが大好きだっ!!みんなありがとっ!!

 そして、家族

 姉が2人いるんだけど、3人とも顔も全然違うし、性格も全然違う。そして友達からも羨ましがられるほど仲がいい。友達みたい昔はずっと一緒だったけど、今はみんな違う世界で頑張っている、そして俺にとって影響力のある2人。

 母親は信じられないほどのポジティブな人で、悲しそうな顔をしているのも見たことないし、言ってるのも聞いたことがない。そして、昔から自分は後回しにして子供たちを最優先してくれて、経験というチャンスを与えてくれる恐ろしいほど前向きな母親

 父親は俺が小さい頃から父親の背中を見て育ち、自分の中で尊敬できる人・男で、いつも俺の立場になって考えてくれ、時には何も言わず背中で語ってくれるに感じるときもある。自分の目指す人であるかもしれない父親。

 離れて初めて知る家族・友達・日本の素晴らしさ、大切さ。

 いつもありがとう。

そして、いつもこのブログを見ていてくれた方、

 たまにブログを見てくれた方、

 ごく稀にブログを見ていた方、

 たまたまこのブログを見つけて見てくれた方、

 ほんとに、ほんとにありがとうございました。

ブログが長くて、読むの面倒になったりしたかもしれないけど、すいません伝えたいことが山ほどあって、ついつい興奮してしまって汗

 

 今、旅を終えて何が変わったって聞かれると少し難しいが、

 人生の素晴らしさを今、実感している。

 もう、こうなったら楽しむまでですよっクラッカー

 目的地はまだ決まってないけど、とにかく前進しますっビックリマーク

 そして、新たな旅へと出発します

 女の子Reから女の子


 今までブログを見てくれていた皆さんどうも有難うございます!!

10ヶ月間という長い旅がついに終わってしまいました…

出発前はバックパッカーなんてした事もない、いつもコロコロが付いたスーツケースでオシャレしてアクセサリーもジャラジャラ、メイクもバッチリして旅行してた時とは正反対で、1番汚いTシャツとパンツ、アクセサリーも付けずほぼすっぴんでの10ヶ月・・・そして、クーラーの無い生活なんて考えれなかったけど今では自然の風がここちいい・・・ジリジリする太陽はエネルギーを感じる!!

 今まで体験した事の無い体験をいっぱいした。

 1番印象に残ってる体験はインドのコルカタにあるマザーテレサの家でボランティアをした事かな。初めて経験したので複雑な気持ちだった。後は色んな国でのホームステイ、家族の暖かさに触れその国の習慣や歴史を色々勉強出来たので、すごく良い体験が出来た。タイ、ヨルダン、ハンガリー、トルコ、ベルギー、フィンランド、グアテマラ、ブラジル、メキシコ、アメリカでお世話になったみなさん!!暖かく迎えて下さってどうも有難うございましたかお

今度、日本に来た時はそれ以上のお礼と思い出をプレゼントしたいので、是非遊びに来てください。

世界中の素敵な物が見れて本当に幸せ。

毎日出会いがあり、発見だらけで、刺激的な10ヶ月だった。

おそらくかなり我慢強くなったし、柔軟になったと思う…グッド!

この旅のおかげで日本の素晴らしさを改めて実感出来、友達と離れてよりいっそう友達の大切さ、そして家族の暖かさ優しさを強く感じた。

みんなの協力が無ければ続けて行けなかった旅。

反対されると思ったけど理解のある両親はしぶしぶいかせてくれた。

いつも心配かけてごめんなさい。なに不自由無く今まで育ててくれて有難う。

そして私はすごく友達に恵まれてると思う…学生時代から今までほんとに色んな事して遊んだねっ。

これからもずっと大親友だよ!おばあちゃんになっても誕生日パーティーしょうね。


これからの人生は第二の人生として新たにスタートしましす!!

まだまだ長い人生、色んな人に出会い色んな体験をしていきたいです。

そしていつか結婚し子供を連れて家族で世界一周!それが夢です

                                           

男の子2人から女の子


この旅も2人だけで成し遂げた旅じゃない、みんなのお陰で達成できた旅。

本当に本当にありがとう、感謝しております。

 そして、これからはこの旅のことをホームページで紹介したり、本を出したりと、この旅を何らかの形で残したいと思っています。

どうなるかまだわからないけどまたその時はよろしくお願いします。

  ではっ!

 みなさんっ!よい旅をロケット


ラスト

       FeRe

    ★FREEDOM

最後の国、アメリカ…

テーマ:

とうとう、この日がやってきました。最後の国、アメリカ。

ここでは姉の彼の家に数日間お世話になることに…最後の最後まで甘え倒してます。

 

 ここはバークレーって町で、大きな声では言えないが、かつてFeは数ヶ月間留学していた町っ!!英語力って聞かれると、「…」だけど、語学力よりも大きなものを手にし、自信を与えてくれた思い出の町だっグッド!

 そして、この町はサンフランシスコからも40分程で行ける町で、電車で遊びに行ったり、最後に自分達の買い物をしたり、お土産を買ったり、俺たちが大好きなアイスを食べに行ったり、アメリカンライフを楽しませてもらったよっビックリマーク

 

 それで、それで俺たちのオススメの場所を紹介します。

 ●アルカトラズ島●

ここはサンフランシスコの海に浮かぶ島でかつては脱獄するのは不可能と言われていた刑務所である。そして、刑務所内のルールもかなり厳しかったそうで、受刑者もかなり辛かったみたい、そして監視官ですらここは地獄だって言っていたそうだ…

 昔のものであるけど、牢屋、食堂、シャワールームや図書室など色々な部屋を見ることが出来、日本語の音声ガイドなどもあったりするので理解度が高く、面白いところよ。

 でも、ここで生活って想像するだけでホント…「ぞっ」てするよ。しかも、入ると何だか寒気がする…汗

US2

旗これが牢屋…伝わる?この雰囲気が…

 

 ●フィッシャマンズワーフ●

場所はアルカトラズ島行きのすぐ近くにある港で魚介類などを売っていたり、アザラシが居て「オェッ、オエッ」って聞こえてきたり、海を見ながら「ボーォ」ってしたり、潮の香りを漂わすようなところ。

 それで行ったら絶対に食べてほしいものがあるっ!!それはクラムチャウダー。

本当に美味しいねんっ!しかも写真で見ればわかるが、器がパンよっ!オシャレ。しかもパンもちゃんと食べれてクラムチャウダーがパンに染み込んでいるので、ほんまっ!旨いっ!アカン、テンション上がってきたっ!!

US1

旗これ、これっ!!とにかく食ってみろ!

 

 ●コールドストーン●

これはアイスクリーム屋で、もうアメリカそのものですっ!!やつらは甘さ控えめなんて言葉を知らない、そしてボリューム満点。満点どころか、アイスが「日本昔話に出てくるお茶碗に盛るご飯」並みにてんこ盛りよっ!そして、チョコやらクッキーやら、とにかく甘いものをさらに混ぜて出来上がるっ!!

 でも、これがマジで美味しいっ!2日に1回は食べてたっけ…汗もう下痢になってもいいくらい…

US3

旗もうたまらん!見ただけで…。ダァァーー!

 

 ●カストロストリート●

ここは名前の通り、道の名前だ。でも、ただの道じゃないっ!!サンフランシスコは同性愛の多い街でゲイパレードがあるほど有名であるが、ここに来ると納得させられる。

 そこら中に男同士で手をつないで歩いていたり、ペアルックで服を着ていたり、とにかく多い…そして、そこら中にレインボーカラーのフラッグがあるんだけど、これは同性愛のフラッグみたいよ。んで、カフェに入れば男同士ばかり、そして壁に書いている絵も男の絵のみ…面白いでしょチョキ

 自慢じゃないけど、Feは高校生の時に同級生のオカマちゃんに「あなたのお尻可愛いわね」って言われたことがあるくらい素晴らしいお尻の持ち主。だからカストロを歩いていると、男たちは俺のお尻にくぎ付けっ!!昔、誘われたことも…汗

 冗談抜きでめっちゃ怖かったって!!目が真剣やもんっ!!!

 

 ●アメリカンブリトー●

ブリトーは数年前に日本でも流行ったらしいが、今はほとんどない…

 ブリトーとはメキシコの食べ物だ、メキシコに居たときはほとんど見たことがなかったけど、アメリカに来るとそこら中にある。でも、メキシコ人に聞くとこれはメキシカンスタイルじゃなく、アメリカンスタイルらしい。メキシカンスタイルは試したことないけど、とにかく旨いんよっ!!アメリカ人が好きそうな味で、これもまたボリューム満点!!

 そして、Feの姉の彼に連れて行ってもらったブリトー屋がめちゃめちゃめちゃデカイっ!お皿からはみ出るくらいで、しかも太いっ!!味も美味しいし、1日では食べれないほど大きいんだっ!!

US4

旗どうよこれっ!お皿2枚分くらいあるでしょ?あり得ない…

 

 ということで、これで本当に本当にこの旅もおしまいか。

もう帰るって考えると寂しく…なってきたわ汗

 では、最後に2人から…男の子女の子


 それは最終回のブログで…

メキシコ色に染まった!

テーマ:
Mexico1
旗メキシコって感じでしょ??

 ガテマラのソロラからメキシコの町までツアーを使って移動!

んで、またよっ!!またっ!面倒なことが…プンプン


 ガテマラとメキシコの国境沿いに着くと、ドライバーが「ハイ、ここまでっ!!」って…でも、俺たちがツアーを組んだのはメキシコの国境から少し行った町までで、ここはまだガテマラよっ!!

 そう、騙されたのっ!!でも、「はい、分かりました、ありがとう」では終わるはずがないっ!

 俺たちはデポジットでツアー料金の半額を前日に支払っていて、その残りの半分を着いたら支払うってことになっていたんだけど、俺たちの目的地まで着いてないのに「そんなん払えるはずがないっ!」、もちろん旅行会社は「払えっ!」って…ショック!

 でっ、ケンカがスタートっ!!周りに居たガテマラ人も寄って来てさ~。本当にもめたよ…気が付けば1時間以上はもめたかな。マジで面倒くさい、しかも太陽がギラギラでクソ暑いし、最低っ!

 そして、ドライバーがボスに電話をかけて、ボスと話せって。でっ!声を聞くと昨日に予約したときと同じやつよっ!!それから事情を説明すると…返ってきた言葉がこれよ。

 「俺はガテマラの国境沿いの町で予約した、だから払えって」、マジで呆れるよ。昨日は何回も何回も確認して予約したのに、それで返ってきた言葉がそれかよっ…しかも、昨日そのボスが書いた予約レシートにはちゃんと俺たちが行きたかった町の名前を書いているっ!うわ~、すごい嘘をつきやがる。堂々と嘘をつく事は褒めてやるが、許せないっ!!俺たちが日本人って分かったから騙そうとしたんだろうが、甘いっ!甘いっ!!この旅で何回もの苦難を乗り越えて来たと思ってるんだっ!!あ~ぁ、腹が立つ!!悔しいっ!!

 そして、それから「払えっ!」だの「払わないっ!」だのの繰り返しで、何も進まない、そして、俺たちが「目的地まで連れて行けばちゃんと払う」って言っても連れて行かない、何を言ってもどうしても話が進まない…

 本当に面倒くさいでしょ~こういうのプンプン

「じゃ~ここまででいいけど、支払わない」って、言ったら、次に返ってきた言葉がこれよ…

 「○uck You!!」やら「Mother ○ucker」やら、汚い言葉よ…そして、極め付けには、「I dont like you」よ…

 まじで、「はっぁ!?」って感じで、日本にはあまりそういう汚い言葉も無いし、別に言われても何とも思わないし、それがどうしたって感じで。

 そしてさらにもめて、最終的にはボスは何も言わず諦め、俺たちがその場から去ると悔しそうに俺たちを眺めるドライバーのみ…

 そう、勝利っ!!僕たちは達成感に満ち溢れていますっ!!でも今回の俺は冷静だった、姉が横に居たってこともあってかな。チョキ

 結局、その町からは自分達の足で行くはめになったんだけど、最後にはタクシーにぼられました…

 今、僕たちは悔しさで一杯ですっ!!

 

 ということがありましたっ!!もうたくさんですっ…

 

 そしてやっと目的の町に着き、その日の夜行バスで移動!

ここはオアハカというコロニアル建築な町で、先住民の濃い州でもある。

そして、ここでは姉のメキシコ人の友達と合流して、マーケットへ行ったり、一緒にご飯を食べたり、遺跡を見に行ったりしたけどやはり俺たちが気に入ったのは民族衣装っ!!マジでカワイイよっ!!色鮮やかでデザインも形も色々あり、とにかくカワイイのよ。この旅で1番かもっビックリマーク

見てくださいっ!可愛すぎてReは何枚も買ってしまいました。

Mexico4

旗何か民族衣装や刺繍の入ったものが今流行っているみたいね…

 

 そして、ここで素晴らしい教会やにいったけど…ホントよかったわ。とにかく豪華でさらに規模がデカイっ!これは見る価値があるっ

たまたま、今日は日曜日で結婚式とかもやっていたけど、いや~素晴らしい建築物!

Mexico2

旗この教会もまた今まで見たことのない教会っ!

 

 そして、次に向かった場所はFeの姉の彼の町。でも、彼は今アメリカなのでここに居ない。そして、姉のメキシコ人の友達もまたここに住んでいるので、また色んな場所に連れて行ってもらうことに…

 ほんとに色々お世話してくれた…ありがとうニコニコ

久々こんなに小さな町に着たけど~何かいいよな。町民もみんな顔見知りなような小さな町で温かみのあるような町、そして、2ブロックか3ブロックほど歩けば、もう町の外れ、そして、習慣もオアハカやメキシコシティーとは全然違うみたい。なんだろう、落ち着くような雰囲気グッド!

 そして、メキシコではトルティージャというコーンで作られたものがある、それは日本でいうお米みたいなもので、いつも食卓に出てくるようなものだ。そして、そのトルティージャというものを今でも一般家庭で手作りで作っているお家がある。これは田舎でもかなり珍しいらしく、もちろん都会に行けば誰一人手作りで作っておらず、ほとんどが機械など工場で作っている。

 そして、姉の友達の家はまだトルティージャをコーンを乾燥させた状態からから作っているので、トルティージャ作りを体験させてもらうことに…

見た目は簡単な作りなんだけど、時間と手間が掛かりかなり大変! こりゃ~誰も作らないわっ!だって、そこら辺の店に行けば売ってるし、安いし。でも、どこの国も昔は昔ながらの手法で、手間隙かけて愛を込めてその家庭の食卓に出てくる。味はもちろん格別なものに違いない、愛がこもっているからね。でも、最近は何でも機械で大量生産で時間も手間も掛からずに作れる。

 なんだか、寂しいものだ…汗

 それで、その手作りトルティージャの味のほうはというと、めちゃめちゃ旨いっ!!焼き立てで美味しすぎっ!いつも何かを付けないと食べれないのに、そのままで食べれる!そう、コーンの味がめちゃめちゃ出てて、さすがやわっ!香りも最高!

 やっぱり手作りに勝るものはないっグッド!

Mexico3

旗全てがナチュラル。火もガスじゃなく薪だから美味しいんだろうっ! 

 

 久々に田舎でゆっくりさせてもらい、次は最後の国っ!アメリカっ!!

もうこの旅も終わる…もう目の前に迫ってきているよ。

 もうこのブログも書くのも次で終わりかもね…

なんだか寂しいなぁ。汗