田中トシオのあったかぁい元気
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ひと月31日カレンダー発売

                                    

 

6年ぶり、日めくりカレンダー パートⅢを発売しました。

「しあわせは日常にありて」  卓上型カレンダーです。

 

                  表紙

 

一生でただ一度の奇跡の出会い

     無の世界で 私は私の魂と出会ってしまった

   

    私の魂は私に入り込み

        私の全てを突き動かす

 

          朝起きて 夜眠りにつくまで

               奇跡の二人三脚は続いている

 

                

小さい頃は お母さんは

    恋人同士なら いまあの人は

 

     もうつくろえない敗れた愛も

          悲しい永遠の別れの時も

 

            どんな時でも 探し物はいつもあなた

                 そばにいる時も そばにいない時も

 

                       遠いまぼろしであっても

                                探し物はいつもあなた

 

                 

 

雪の下で我慢したぶん

      香りと味は凝縮され 心弾ませてくれる

 

        心折れても 苦しくても

              それも旬

 

                       そう思う心が輝いて

                     美味しくさせる

 

 

こんな「絵ことば」が31枚あります。

毎年の1年カレンダーみたいに沢山は刷らず 2000部と限定で作りました。

 

一応 消費税共で低下は1650円になりますが

部数によっては かなりお安くなります。

 

興味ある方は 下記迄問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。

 

アルティ事務所   0424-21-6511   白取

 

 

 

 

 

 

 

 

春の風が

枯れ草のようだったのが 春の息吹が庭にも届けてくれた。

ムスカリの花   独特の色合いが心を和ませてくれる。毎年会える楽しみ

                           

質の良いアケビの新芽 少し苦みがあるが それがふる里山古志の味

南向きと北向きに植えてあるので この味は5回くらい楽しめ 受粉した花は秋には大きな実になって私を喜ばせる。

毎年必ず行っていた山菜取りは このコロナ禍で中止ばかり

                                                

中一の時 東京に越して来て最初の友達、浅井征(本名)。

  もう60 年以上山菜取りや釣りをする親友。

山菜取りもお盆も なぜか 私の結納の時さえも本当に一年中一緒だった。

 

あれから60年 今じゃ 彫金界の大御所 伊勢神宮や皇室の方々にもご献納させていただいている。

格好つけて 「ともに学び」と書いたが 「ともに滅茶苦茶して」だった。

 

二人とも 足腰が弱くなり 山菜崖登りも 渓流釣り遡上も難しくなった。

会えば古い古い話で笑って盛り上がるが回りは白っとしている。

今でも 一ミリもの友情は揺るがない友がいることはありがたい。

田中トシオ

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagramから投稿

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>