伝え方ひとつで

 

2016年9月11日。

所沢駅近くのカフェ。

 

 

中二階にあるお店に行くため階段をのぼるとすぐ、

男性店員が私を出迎えてくれました。

 

 

すぐに来てくれるとは感じがいいですね。

 

 

入り口で店員とこんな会話をしました。

 

 

 

「お一人様ですか?」

 

「はい」

 

「只今カウンター席しかあいていないのですが……」

 

「食事の後、パソコン開いて作業してもいいですか?」

 

「それは構わないですけど、電源とかないですけど……」

 

「あ、電源は必要ないです」

 

「ではどうぞ」

 

 

 

 

この会話により、

最初に感じた良い印象はあっという間に消えました。

 

 

私が言葉に敏感なだけなのでしょうか。

あなたはどう思いますか。

 

 

この店員のセリフに注目してください。

 

 

「只今カウンター席しかあいていないのですが……」

 

「それは構わないですけど、電源とかないですけど……」

 

 

語尾がすべて、

「ない」という否定形なのです。

 

 

だからでしょうね。

なんかいまいちな対応というか、

「う〜ん」と感じてしまうのは。

 

 

もし私だったらこう言います。

 

 

「カウンター席があいております」

 

「電源は必要ですか?」

 

 

これで事足りますよね。

他にもいろいろ言い方はありそうです。

 

 

この店員は、他にもおかしな言い方をしていました。

 

 

私の後ろに座る3人の女性客に、

ランチのパスタをお持ちする場面。

 

 

「ボロネーゼ〜」

「渡り蟹〜」

「明太子〜」

 

 

いやいやいや……

 

 

せめて「ボロネーゼです」とかさ!

なんかもっとないのかね?と思ってしまいました。

 

 
さらに、この店員の最大の欠点は、
「笑顔がない」こと。
 
 
論外ですね。
 
 
 
 
でもこれ、
面と向かっての対話だけでなく、
文章でも起こりえます。
 
 
あなたはこんな書き方、していませんか?
 
 
「○○はできますが、○○はできません」
 
 
相手に「こんなことしてほしくない」
そう思うとつい、こういう書き方になってしまいますね。
 
 
でもこれ、逆にするだけで、
ガラッと印象が変わるのです。
 
 
「○○は専門外ですが、○○はおまかせください!」
 
 
といった具合。
 
 
相手の反応を良くするために、
「否定形」→「肯定形」
という順に書くのです。
 
 
ぜひやってみてくださいね。
 
 
 
 

【東京の他、大阪・島根でも開催!】


【楽しい文章講座】
2018年7月19日(木)東京蒲田 10時半から
2018年7月21日(土)東京蒲田 13時半から

【成功する妄想が止まらないお茶会】
2018年7月19日(木)東京蒲田 12時半から
2018年7月21日(土)東京蒲田 15時から
2018年7月27日(金)新大阪 12時10分から
2018年8月22日(金)島根県出雲市 11時から
 

上記いずれもお申込みは下記リンクをクリックしてね!
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1689
 

 
 

「人の心を動かすもの」とは?

文章プロデューサー大竹ひろこです。

文章ひとつで人生は変わります。

 

 

人の心を動かすもの。

それは一体何か?

 

 

上記質問に対して、

私は明確な回答を持っています。

 

 

まずは自分の心が動かなければ、

他人の心を動かせるはずがない。

 

 

その信念に基づき、

私はさまざまな体験を好みます。

 

 

手軽にできる体験として、

映像を観ること、音楽を聴くことが挙げられます。

 

 

目と耳を使うのです。

 

 

映像と音楽。

そのどちらにも共通することがあります。

 

 

それは何か?

 

 

私が信じるその答えは、

冒頭の質問に対する回答と全く同じものです。

 

 

人の心を動かすもの。

 

 

それは、

「ストーリー」

物語です。

 

 

映画もゲームも旅もスポーツも、

小説も登山もダンスも歌も。

 

 

そのすべてにストーリーがあります。

 

 

だから人は、

それらに心を動かすのです。

 

 

人の心を動かすもの。

それはストーリー。

物語。

 

 

「誰かの心を動かしたい」

そう願うなら。

 

 

あなたがとるべき行動はただ一つ。

 

 

あなたのストーリーを人に伝えることです。

 

 

あなたの物語を、

書いて話して伝えるだけでいいのです。

 

 

 

 

 

文章プロデューサー大竹ひろこです。

今朝、こんな記事を書きました。


 

 

ジョギング・ランニングを始めるまでに、

私にはいくつものきっかけがあったことを思い出します。

 

 

仕事でお世話になっている堀江昭佳さんは、ずーっと前から毎朝走っていると言っていたし、先日お世話になった片山ゆうきさんのご主人は、私が泊めてもらった翌朝に徒歩通勤を始めていたし、先日実家に帰った時、父も母も毎朝ウォーキングをしていたし、気付けば私の体重はやけに増加していたし。

 

 

それとは裏腹に、通っているトレーニングジムが何となく嫌になってきていたこともあります。私はきっと走りたかったんですね。最後のひと押しをきっと待っていたんだ、そんな気がします。

 

 

何かを始めるきっかけなんて、きっとそんなものなのでしょうね。

 

 

ちなみに私はポスチュアウォーキングを習っているので、走っていて疲れてきたらポスチュアウォーキングをしています。手を後ろに振り、足で地面を蹴り上げる。スポーティな格好で妙に女らしく歩いている人がいたら、それは私です(*゚∀゚)

 

 

ポスチュアウォーキングを教える先生は全国に100名程いらっしゃるようですが、私は島根県出雲市で活動されている片山ゆうきさんから習っています。毎月出雲に行くので、その際に習っています。

 

 

片山さんが私の記事をリブログしてくれたわ♡

その記事はこちら


 

 

走るって気持ちいい。

 

 

なんとなくですが、

マラソンに挑戦する人の気持ちが1ミリくらいわかってきた気がします。