うたし日記3

うれしい・たのしい・しあわせな日常を綴っています。

NEW !
テーマ:
ご存知でしょうか?
グッズに「で・かっぷ」というでっかいカップがあります。



これは「わらしべ長者」ので・かっぷ
出演してる人の顔が全員正観さんという
斎灯サトルさんのイラストが楽しいグッズです。

昨日は「ありがとう湯呑」の話でしたが、
実はこのカップもご注文をいただいて、
メーカーさんへ連絡すると
こちらも残り2つとか、
そいうい状態でありました。

実は2001年に、
くれいん舎が店舗展開を始めた時に、
皆様からお祝いを頂いて、
そのお返し用に作らせていただいたのが、
この「くれいん舎・で・かっぷ」です。

感謝の記念グッズと畑の恵み


まるでお花屋さんのような、、、。感謝です。





斎灯サトルさんにイラストを描いていただいて、
特別バージョンので・かっぷです。


残っているのも全てではありませんが、
数点ををメーカーさんから送ってもらいました。




七福神・で・かっぷには、
正観さんのことばが書いてあります。




こちらは、正観さんの七福神が描かれています。




この他にも、「チョーすごい ・で・ かっぷ 」と「ふぉっと・で・かっぷ」があります。

こちらから ご覧ください。


我が家の水切りかごには、
ありがとう茶碗とお皿が、
ご常連です。



で・かっぷというネーミングも正観さんです。

Dカップからじゃないようで(笑)
たんなる「でっかいカップ」からの「で・かっぷ」らしいけど、
そうなのかどうなのかは、
今は聞くことができません。

今は私に質問される事が多くて、
正観さんが言われていたことを思い出しながら
質問に応えることで、
改めて教えていただいてるような気がします。

今日はガスの給湯器が壊れてしまって、
取り替える手配をしていただきました。

この前は洗濯機を買い換えたばかりなのですけど~。

なのに、感謝の気持ちが溢れてきて
ありがとうの心のこもった「うたしグッズ」には、
やはり素晴らしいエネルギーがあるということを
自分の体験を通して感じています。

「鶴田さんは私の話を幾度も聞いていて、よく飽きませんね」
そう正観さんに言われたことがあります。
「はい、飽きないで聞いていたら、商いになっていました」
飽きないことを商いにできている私って
すごく幸せ者だと思います。

感謝あるのみです。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日「ありがとう湯呑」の終了をお伝えしましたが、
本日は「ありがとう皿」も終了になりました。
残るは「ありがとう茶碗」だけですね。




ありがとう湯呑み2個ご注文いただいたことから
日月窯さんとのやりとりで在庫が分かりました。


そのご注文いただいた方から
追加でお皿とお茶碗のご注文が来ました。







そしたらお皿も最終在庫だったというわけです。


日月窯の福村さんはご自分の作品に「誇りと責任」を
持っていらっしゃるので、
おかしなものを売ることはありません。

日月窯じゃらんNet (福村元宏さん)

息子さんのブログ福村龍太さん)

正観さんを通じて、
日月窯さんから「本物」とは何かを学ばせていただきました。

昨年の夏合宿中に立ち寄らせていただいた日月窯さんの様子です。
こちらからどうぞ

今は2階でカフェもされてるので、
どうぞ皆様お立ち寄りください。


正観さんは「私の文字などを入れない方が、素晴らしい作品になるのに」と
冗談のように言われていました。


2000年の8月に九州ボンテン主催の
「正観さんと行く九重赤川荘」がありました。

その帰路に日月窯さんに立ち寄って、
それぞれが湯呑みを作ったのです。

私が作ったのはこちらです。
ニコちゃんとありがとうの文字は、
正観さんがみんなの湯呑みに書いてくださいました。











       


       


























その時に自分用に「ありがとう」がたくさん入った
ものを作られました。
それが出来上がって九州ボンテンに届いたので、
私がそれを陳列していると
コレがほしいと言われるお客様が多いのです。


まさかそれを売るわけには行かないので、
正観さんに話すと福村さんと相談されて、
このお湯のみが生まれました。

現在のはVoL2で、
前のは「ありがとう」の数が少ないものでした。

VOL2は、540個のありがとうが入っています。
正観さんが、使う人お一人お一人の幸せと元気と健康との祈りを込めて直筆で
「ありがとう」の文字540個を書いてくださいました。
持つと優しく手になじみ、あたたかさが伝わってきます。


正観さんが一つ一つに書いているわけではありませんが、
直筆を有田焼の技術でプリントにして、
そちらを用いて日月釜で焼かれています。

福村さんの作品は我が家に数点あり、
現役で活躍してくれています。

盛り付けが美味しく見える
割れにくい
使用感がたまらなくいい


昨年買ってきたこのお茶碗は、
ありがとう茶碗と交互に愛用しています。




ありがとう湯呑さん、
誕生から最終販売までお付き合いさせていただけて光栄でした。
ありがとうございます(^o^)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の感謝する会の様子を掲載していませんでした。
なにせ今年の11月はイベントモリモリでしたので、
フェースブックの方へ載せてましたが、
こちらへはまだでしたね(^o^)




前年の伊勢で謎?のおじいちやんから
「大井川へ行きなさい」と言われて
素直にそうした今年の感謝する会。

前入りして、久美ちゃんと会ったり、
「正観塾」へ参加したりして、
東京ライフを楽しみました。







高島さんの左耳あたりの文字が怪しいでしょ。
この夜は、まるで正観さんが乗り移ったかのように、
シルクロードの話になっちゃって、、、。


9日は富士山を眺めながら、
高島さんたちと静岡入りしました。






おまかせしたのが良かったのか?
すっごくお天気に恵まれました(^o^)



自然の中へ出ていく時に
一番肝心なのはお天気です。
講演会など室内のイベントは
あまりお天気には左右されませんが、
アウトドアの場合はこれこれ。



日頃から実践者の皆さんとご一緒ですから
当然といえばそうかもしれませんが、
快晴に恵まれてありがたしです。



大井川鉄道金谷駅へ集合して、
高島さんのご挨拶です。



千頭駅へ到着です。




千頭駅はトーマスくんが走るところなので、
チビっ子には大人気の知られざるスポット。
トーマスくんが走るのは10月までの期間ですから、
今は静かな千頭駅です。



音戯の郷は音と戯れる広場で、
この奥にまり子さんのカフェがあるのです。




千頭駅前から寸又峡温泉へは路線バスで向かいますが、
まるで貸し切りバス状態でした(^o^)


寸又峡温泉はとろりとしたお湯が気持ちよかったですが、
写真がない~。






さて、千頭へ戻って、
山本屋さんで正観さんの誕生日の宴会が始まりました。
正観さんに、かんぱ~いです。



おなじみのあの方も登場して、
わたくしもコスプレをしましたが、
画像がなくてよかったさ~。


お部屋を移動して、
誕生会第2部の開始です。


ケーキは、
まり子さんのところに頼みましたが、
これがまた美味しくて感激しました。



スイーツ大好きは、
正観さんも高島さんも、
共通してますね。



山本屋の女将さんから、
正観さんとの思い出話しをお聞きしました。






朝食も美味しくいただきました。
お見送りありがとうございました。








全員集合してるかな?



千頭駅まで5~6分、
歩いて移動する皆さんです。


大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとライン。大井川鐵道井川線とも呼び、大井川水系のダム建設のために作られた歴史を持ち、今は奥大井の観光列車として運行しています。90パーミルという日本一の急勾配や、日本一の高さの鉄道橋(関の沢橋梁)、せっそ湖に浮かんだように見える湖上駅など、見どころがたくさん。赤いトロッコ列車に乗って、自然豊かな奥大井の旅をお楽しみください。by大井川鉄道HP


いよいよこれからアプト式の列車で出発です。


下見に来たので二度目の乗車の二人ですが、
わたくしの後ろで信子さんが笑っている理由は、
さてなぜなのでしょう??(ここ覚えててくださいね)


いうことなしの快晴でした。


南アルプスあぷとラインの“アプトいちしろ駅”〜“長島ダム駅”間は、日本の鉄道路線で最も急な区間となっています。この坂を登るため、列車にアプトいちしろ駅でアプト式機関車を連結します。それぞれの駅では列車から降りて連結作業をご覧いただくことができます。by大井川鉄道HP








途中の長島ダムで放水中の景色が見れました。












湖上駅で降りるとこのネットのところを歩くのですよ。



空気もきれいで、
美しい光も現れてくれてます。




ガッタンゴットンとゆっくり走るので、
身を乗り出して写真を撮る人もいます。



こういう写真が撮れるんですね。



こちらは井川ダムです。


背の高い人は天井に届いてしまう
トロッコ列車です。





まあなんとも、ひなびてのんびりした駅が続きます。






 

山の十二単と呼ばれる景色です。


南アルプスあぷとラインの終点井川に到着です。


ここはもう、日本アルプスの麓です。
ここで、ワインと日本酒で奥地到着を祝って乾杯しました(^o^)


列車が好きでこの仕事についたという
かわいい車掌さんでした。
お世話になりました(^o^)




帰路はバスに乗り換えました。
車掌さんが「違う景色が楽しめますよ」と
すすめてくれたのですが、
揺れ具合が良くて私はグ~グ~寝てしまいました(^o^)



またまた戻って千頭駅近くの
カフェうえまるさんです。



お好きなランチを選べます。
このお二人は焼きカレーランチですね。



私はダムカレー(並)お隣はスモールサイズです。



デザートも


コーヒーもすっごく美味しくて、
ここ超おすすめです。





さてここからいよいよSLへ乗り込みます。


くつろいでいると、
ハーモニカを持った車掌さんが現れて、
懐メロオンパレードで吹いてくださいました。


そうしていると次は、
車内販売の方が来られて、
なにを思ったか師範代が販売助手になってしまって!
盛り上がる~~~。


次は、写真撮影です。
悦ちゃんがかぶっている駅長さんの帽子は、
以前嵐の櫻井さんがかぶったとかで、
人気がありました。


なんだかワイワイしてる内に
金谷駅へ到着してしまいました~。



さて2日目の宴会が始まりますよ。


皆さんが色々な形で参加してくださいました。











テラスターズさんが加わると、
華やかさがちがいますね。
ありがとうございました。


なにやってるかは、
来ないとわからないかも?




正観さんが現れてくれて、
浜松クラウンパレスホテルの夜は更けていきました。


ハハハ 少し体がスリムなマツコさんです。(実はマリコ)





11月11日の最終日「浜松正観塾」が始まりました。










終了後希望者のみで
浜松うたし会とランチ会です。






浜松名物のギョウザは
もやしがついてるのが面白いです(^o^)



ご参加の皆様も、
ご覧いただいた皆様も、
ありがとうございました。

覚えておいてくださいねと書いていた
信子さんのご指示により、
来年の行き先も、
早々と決定したようです(^o^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。